トレーダーが解説

取引通貨ペア

取引通貨ペア

取引通貨ペア

USD/JPY通貨ペアの「買い」ポジションを3ロット持つ場合の取引量は300,000 USDです。100,000 USDの取引毎にポジションの発注と決済それぞれに5 USDが請求されますので、本取引の手数料は、2 x (5 x 300,000 / 100,000) = 30 USDとなります。手数料はお取引発注時に往復分(発注と決済)がまとめてお口座から差し引かれます。

EUR/USDの「買い」ポジションを2ロット持つ場合の取引量は200,000 EURであり、EUR/USDの為替レートを仮に1.10000とした場合、220,000 USD相当となります。100,000 USDの取引毎にポジションの発注と決済それぞれに5 USDが請求されますので、本取引の手数料は、2 取引通貨ペア x (5 x 220,000 / 100,000) = 取引通貨ペア 22 USDとなります。手数料はお取引発注時に往復分(発注と決済)がまとめてお口座から差し引かれます。

RUB取引時間
(時刻帯はGMT+2、夏時間に注意)

月曜日 – 金曜日: 10:05 - 17:55

FX取引時間
(時刻帯はGMT+2、夏時間に注意)

月曜日 – 金曜日: 00:05 – 23:50

* ここに記載されている平均スプレッドは、一日を通して算出されます。通常の市場コンディションにおいてスプレッドはより狭くなる傾向があります。しかしながら、重要なニュースの結果や政治的に不安定な期間、予期しない出来事によって市場コンディションが不安定となる可能性がある場合、セッション終了直前や週末など流動性の低い時間帯では、スプレッドが広がる可能性があります。お客様が弊社にて取引する際、Tradexfin Limitedがお客様のパートナーとなります。お客様の取引のニーズ及びリスクは、全て現在の市場スプレッドにて弊社のリクイディティープロバイダーの協力のもとヘッジされます。しかしながら、市場コンディションが不安定で流動性が低い場合は、弊社のリクイディティープロバイダーは通常よりも大きなスプレッドを請求します。そのような場合には、Tradexfin Limitedはそのスプレッドの増加の一部をお客様にご負担いただくことを余儀なくされます。

個人口座 取引ルール 取引通貨ペア | GMOあおぞらネット銀行

The following pages are about services provided for foreigners who live in Japan.
Please agree after 取引通貨ペア 取引通貨ペア confirming the following items.
- The Bank's original web site in Japanese uses the automatic translation system to translate in foreign languages. Please note that the contents of translated plages might not the same 取引通貨ペア as the original Japanese pages. In case that there is any discrepancy between the Japanese original and such post-translational, the Japanese original is assumed to be correct.
- In addition, our company holds no responsibility for translations.
- Customer services are only available in Japanese. Please make note that inquiries in other languages 取引通貨ペア cannot be made. (Customer services include call center, Q&A, 取引通貨ペア email notification, important notice, letters, and etc..)

GMOあおぞらFX

  • 外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生じることがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受け取りから支払いに転じることもあります。さらに、取引金額がその取引についてお客さまが預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。
  • 相場状況の急変により、売付価格と買付価格のスプレッド幅が広くなったり、レートの提示が困難になる場合があり、お客さまの意図した取引ができない可能性があります。
  • 外国為替証拠金取引の取引手数料は1万通貨未満は3銭(片道1通貨あたり)、1万通貨以上は無料です。
  • 強制決済およびロスカット時には片道1通貨あたり、南アフリカランド/円とメキシコペソ/円の場合は0.5銭、その他通貨ペアについては5銭が手数料としてかかります。
  • 取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。

取引ルール

取扱通貨ペア スプレッド

  • ※ 広告掲載日:2022/4/4
  • ※ 通常時は上記スプレッドを設定しておりますが、マーケットの流動性が著しく低下し、インターバンク市場の実勢レートが一定期間拡大した場合、当社では、当該実勢レートに基づいた取引レートをお客さまに提示しているため、広告表示値のスプレッド提示が困難となる可能性があります。また、実際の取引時のスプレッドを保証するものではなく、お客さまの約定結果による実質的なスプレッドが必ずしも上記のスプレッドと合致するものではありません。実際の取引時のスプレッドは、必ず取引画面にてご確認下さい。
    例:クリスマスならびに年末年始、米国総選挙、英国国民投票など
  • ※ 表のPはpipsを表します。
  • ※ レート提供元に異常レートが発生した場合、当社はお客さまに適正なレート表示ができなくなるため、その間は取引ができなくなります。
  • ※ 上記スプレッドは固定されたものではありません。市場急変時(震災などの天変地異、各国中央銀行の市場介入、その他外的要因)、市場流動性が低下している状況下(米国東部時間午後5時前後、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などは、スプレッドが拡大する場合やスリッページが発生する可能性があります。
  • ※1 トルコリラ/円の取引に関して市場環境が不安定となっている状況を受けて、トルコリラ/円のスプレッド広告を休止いたします。
    【スプレッド広告休止期間】2021年11月25日(水)~当面の間
    トルコリラ/円のスプレッドはインターネットバンキングへログインし、FX取引画面よりご確認ください。
  • ※2 ポーランドズロチ/円の取引に関して市場環境が不安定となっている状況を受けて、ポーランドズロチ/円のスプレッド広告を休止いたします。
    【スプレッド広告休止期間】2022年3月11日(金)~当面の間
    ポーランドズロチ/円のスプレッドはインターネットバンキングへログインし、FX取引画面よりご確認ください。
  • ※3 市場環境が不安定となっている状況を受けて、スプレッド広告を休止いたします。
    【スプレッド広告休止期間】2022年3月29日(火)~当面の間
    各通貨ペアのスプレッドはインターネットバンキングへログインし、FX取引画面よりご確認ください。
  • ※4 「 高金利通貨ペアスプレッド縮小キャンペーン」のスプレッドです。
    対象期間:2022年4月4日(月)午前7:00~6月4日(土)午前5:50まで

必要証拠金

2倍コース 取引通貨ペアの想定元本に 50% を乗じた金額
25倍コース 取引通貨ペアの想定元本に 4% を乗じた金額
  • ※ 法人のお客さまについては、通貨ペアごとに必要証拠金率を設定しています。必要証拠金率は、毎週土曜日のニューヨーククローズ後に見直しを行います。見直し後の必要証拠金率は、毎週土曜日の定期メンテナンスが終了次第、当社ホームページでお知らせいたしますので、必ずご確認ください。
  • ※ 保有ポジションに係る必要証拠金と新規注文に係る必要証拠金を合計した金額のことを「使用中証拠金」といい、取引に使用可能な証拠金のことを「使用可能証拠金」といいます。
  • ※ 両建て(同一通貨ペアの買いポジションと売りポジションを同時に持つこと)の場合、取引数量の多いポジションにのみ必要証拠金が必要となります。(MAX方式)
  • ※ 両建ては、取引レート及びスワップポイントに売りレート、買いレートの開き(スプレッド)があるため、お客さまの負担するスプレッドコストが2倍となること等のデメリットがあり、経済合理性を欠くことから、当社は一切お勧めしていません。また、短期間内に両建てとなる取引等については禁止しています。

取引数量上限

  • ※ 経済指標発表時、または震災などの天変地異、外部要因、その他過度な相場変動に見舞われるリスクがあると当社が判断した場合には、
    新規注文数量を制限する場合があります。
  • ※ ポジション件数が50件を超える複数決済注文は受付けられません。
    ・PC-Web:ポジション件数 > 50件、有効決済注文件数+ポジション件数 > 100件
    ・アプリ :ポジション件数 > 50件、有効決済注文件数+ポジション件数 > 50件

建玉保有限度額

取引件数の上限

各種手数料

【取引手数料】

【強制決済・ロスカット手数料】

  • ※ 強制決済・ロスカット手数料には、消費税が含まれます。
  • ※ 強制決済・ロスカット手数料は、お客さまが ご自身で設定された逆指値注文が執行された場合には適用されません。
  • ※ 強制決済・ロスカット手数料は、強制決済あるいはロスカットが執行された場合のみ適用されます。
  • ※ 1万通貨未満のお取引については、強制決済あるいはロスカットが執行された場合、注文手数料(Web)と強制決済・ロスカット手数料の両方が適用されます。

スワップポイント

ロスカット

GMOあおぞらFXでは、1分以内の間隔でお客さまの取引口座残高の時価評価を行います。
お客さまの時価評価総額 ※ が使用中証拠金の25倍コースおよび法人のお客さまについては80%、
2倍については50%を下回っていた場合、
お客さまの保有するすべての未決済ポジションを決済します。

基準スプレッド一覧

※2022年4月1日(金)AM6:00~2022年7月1日(金)AM5:30 において 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)、NZドル/円(NZD/JPY)のスプレッド縮小キャンペーン実施しております。詳細はこちら
ただし、2022年4月15日(金)AM6:00~2022年4月19日(火)AM5:30、2022年4月29日(金)AM6:00~2022年5月6日(金)AM5:30は、キャンペーン適用除外期間とさせていただきました。

カナダドル/円(CAD/JPY)
取引通貨数 スプレッド(原則固定※)
1~500 1.7
501~1,000 1.7
1,001~10,000 2.8
10,001~3,000,000 2.9
スイスフラン/円(CHF/JPY) 取引通貨ペア
取引通貨数 スプレッド(原則固定※)
1~500 1.取引通貨ペア 7
501~1,000 1.7
1,001~10,000 5.8
10,001~3,000,000 5.9
南アフリカランド/円(ZAR/JPY)
取引通貨数 スプレッド(原則固定※)
1~500 1.0
501~1,000 1.0
1,001~10,000 2.1→1.5 (※)
10,001~3,000,000 2.2→1.5 (※)

※2022年4月1日(金)AM6:00~2022年7月1日(金)AM5:30 において 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)、NZドル/円(NZD/JPY)のスプレッド縮小キャンペーン実施しております。詳細はこちら
ただし、2022年4月15日(金)AM6:00~2022年4月19日(火)AM5:30、2022年4月29日(金)AM6:00~2022年5月6日(金)AM5:30は、キャンペーン適用除外期間とさせていただきました。

取引通貨ペア

LINE FX 口座の開設申請後に、口座開設審査を行っております。
審査にあたり、当社が必要と判断した場合はお電話で確認させていただくことがあります。
口座開設基準を満たしていても審査によりご希望にそえないことがあります。当社はその理由については開示いたしませんのでご了承ください。
審査結果は、LINE メッセージにてお送り致します。

LINE FXにおける取扱通貨ペア・取引単位・呼値の単位は次の通りです。
取引通貨ペア 取引通貨ペア
通貨ペア 取引単位 呼値の単位
米ドル/円(USD/JPY) 1千米ドル 0.001円
ユーロ/円(EUR/JPY) 1千ユーロ
ポンド/円(GBP/JPY) 1千ポンド
豪ドル/円(AUD/JPY) 1千豪ドル
NZドル/円(NZD/JPY) 1千NZドル
カナダドル/円(CAD/JPY) 1千カナダドル
スイスフラン/円(CHF/JPY) 1千スイスフラン
南アフリカランド/円(ZAR/JPY) 1千南アフリカランド
メキシコペソ/円(MXN/JPY) 1千メキシコペソ
トルコリラ/円(TRY/JPY) 1千トルコリラ
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 1千ユーロ 0.00001米ドル
ポンド/米ドル(GBP/USD) 1千ポンド
豪ドル/米ドル(AUD/USD) 1千豪ドル
NZドル/米ドル(NZD/USD) 1千NZドル
ユーロ/ポンド(EUR/GBP) 1千ユーロ 0.00001ポンド
ユーロ/豪ドル(EUR/AUD) 1千ユーロ 0.00001豪ドル
ポンド/豪ドル(GBP/AUD) 1千ポンド
ユーロ/NZドル(EUR/NZD) 1千ユーロ 0.00001NZドル
ポンド/NZドル(GBP/NZD) 1千ポンド
豪ドル/NZドル(AUD/NZD) 1千豪ドル
米ドル/スイスフラン(USD/CHF) 1千米ドル 0.00001スイスフラン
ユーロ/スイスフラン(EUR/CHF) 1千ユーロ
ポンド/スイスフラン(GBP/CHF) 1千ポンド

※米国夏時間は3月第2日曜日から11月第1日曜日まで
※NZドルの通貨ペアについては、原則として、ウェリントン市場オープン前後の時間帯に最大5分程度、レートの提示を停止します(ただし、停止しない場合もございます)。
※また、いずれの通貨ペアについても、経済指標の発表前後に、レートの提示を停止することがございます。停止する場合、停止時間の目安は原則として数秒程度となります。
※上記以外にも、取引時間中に一時的にレートの提示を停止し、取引できなくなる場合がございます。
※レートの提示を停止している間は、お取引はできません。詳細は「店頭外国為替証拠金取引約款」および「店頭外国為替証拠金取引の契約締結前交付書面」でご確認ください。

注文価格は、提示価格との間に下記の価格差がないと注文できません。
通貨ペア 必要な価格差
南アフリカランド/円、メキシコペソ / 円 1pips
上記以外の通貨ペア 3pips
取引通貨ペア
通貨ペア 新規取引上限数量
トルコリラ/円、南アフリカランド/円、メキシコペソ / 円 2,000万通貨
上記以外の通貨ペア 1,000万通貨
合計 2,000万通貨
通貨ペアごとおよび合計の建玉上限は次の通りとなります。
取引通貨ペア取引通貨ペア 取引通貨ペア 取引通貨ペア
通貨ペア 最大建玉数量 最大建玉件数
トルコリラ/円、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円 2,000万通貨 1,300件
上記以外の通貨ペア 1,000万通貨 1,300件
合計 2,000万通貨 1,300件
※建玉数量、建玉件数の計算には、未約定の注文数量も含みます

3)他サービスの口座(証券口座、各CFD口座)からの振替入金
・営業日15:00までの振替は当日付け、それ以降の振替(土・日・祝日を含みます)は翌営業日付けとなります。
・振替できる金額は振替元となる口座における振替可能額の範囲内となります。

4)LINE Payからの入金
・LINE 取引通貨ペア Payの銀行振込サービスを利用して、LINE Payの残高から2)のお客様専用の入金口座へ振込を行います。
※入金に際して、お客様の口座名義などの入金に必要な情報をLINE Payとの間で相互連携いたします。
※連携の結果、LINE FX口座の名義とLINE Payの名義が一致する場合のみ、振込が可能となります。

①利用条件
LINE PayのMoneyアカウントが必要となります。
※LINE PayのアカウントをMoneyに変更するためには、LINE Payの本人確認の手続きが必要です。
詳しくはこちらをご確認ください。
②受付時間
原則24時間
※LINE FXの入金サービスおよびLINE Payの銀行振込サービスがシステムメンテナンス中の場合はご利用いただけません。
③反映タイミング
当社にて入金確認が取れ次第、FX口座に反映されます。
④入金手数料
LINE Payの定める手数料をご負担いただきます。詳しくはこちらをご確認ください。
➄入金上限額
LINE Payのご利用限度額によります。詳しくはこちらをご確認ください。

2)他サービスの口座(証券口座、各CFD口座)への振替出金
・営業日15:00までの振替は当日付け、それ以降(土・日・祝日を含みます)は翌営業日付けとなります。
・振替できる金額は振替可能額(出金可能額)の範囲内となります。

【ご注意事項】
※入金元の金融機関口座及び出金先の金融機関口座は、LINE FX 口座と同一名義である必要があります。
※入金、出金は原則 24 時間、毎日受付けます。ただし、次の時間を除きます。
・金融機関のサービス利用時間外(入金の場合のみ)
・定時メンテナンス時間
金曜日の取引終了後(土曜日朝)~土曜日 12:00
・臨時メンテナンス時間
※お客様からの入金を確認した後であっても、当社および金融機関の事務処理の都合上、入金の反映までに時間がかかる場合があります。
※インターネットの通信環境や当社および金融機関のシステム障害等の諸事情により入金の反映タイミングが遅延する場合があります。

取引通貨ペア

LINE証券株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役Co-CEO:落合 紀貴・米永 吉和)は、外国為替証拠金取引(取引通貨ペア 以下、FX取引)サービス「LINE FX」において、取引通貨ペアを10通貨ペアから23通貨ペアに拡大いたしました。あわせて取引単位を引き下げ、1,000通貨単位で取引が可能になりましたのでお知らせいたします。

「 LINE FX 」は、変動を分かりやすくお届けする「 LINE 」ならではの通知機能で、必要な情報に素早くアクセスし、タイミングを逃さずに取引できる FX サービスです。サービスローンチから約8か月で口座開設数が 10 万人を突破し、サービスを開始した 2020 年 3 月から 9 月において新規口座開設数が業界 No1* となりました。

この度、「通貨ペアの数を増やして欲しい」や「最小取引単位を引き下げて欲しい」といったユーザーからの要望を受け、ユーザーニーズの高い 13 通貨ペアを追加し、取引単位を 1,000 通貨へ引き下げを実施いたしました。これによって、一部の新興国通貨では数百円からの取引ができるようになり、幅広い通貨での取引が可能となります。加えて、注文画面のアップデートも実施しております。

■取引通貨ペアに関して
取扱通貨ペアは、 10 通貨ペアに 13 通貨ペアが追加され、合計 23 通貨ペアとなります。「メキシコペソ 取引通貨ペア / 円( MXN/JPY )」、「カナダドル / 円( CAD/JPY )」などをはじめとした対日本円の通貨ペアや、「ポンド/豪ドル( GBP/AUD )」、「ユーロ/豪ドル( EUR/AUD )」など、取引が多くユーザーニーズが高い通貨を中心に通貨ペアを追加致しました。「 LINE FX 」で利用できる 23 通貨ペアは以下となります。

【既存取扱通貨ペア】
米ドル / 円( USD/JPY )、英ポンド / 円( GBP/JPY )、豪ドル / 円( AUD/JPY )、ユーロ / 米ドル( EUR/USD )、ユーロ / 円( EUR/JPY )、英ポンド / 米ドル( GBP/USD )、豪ドル / 米ドル( 取引通貨ペア AUD/USD )、 NZ ドル / 円( NZD/JPY )、南アランド / 円( ZAR/JPY )、トルコリラ / 円( TRY/JPY )

【新規取扱通貨ペア】
英ポンド / 豪ドル( GBP/AUD )、メキシコペソ / 円( MXN/JPY )、ユーロ / 豪ドル( EUR/AUD )、ユーロ / 英ポンド( EUR/GBP )、スイスフラン / 円( CHF/JPY )、カナダドル / 円( CAD/JPY )、米ドル / スイスフラン( USD/CHF )、 NZ ドル / 米ドル( NZD/USD )、豪ドル / NZ ドル( AUD/NZD )、英ポンド / スイスフラン( GBP/CHF )、ユーロ / スイスフラン( EUR/CHF )、ユーロ / NZ ドル( EUR/NZD )、英ポンド / NZ ドル( GBP/NZD )

■取引単位に関して

取引単位を 1,000 通貨へ引き下げを実施し、現在の 10,000 通貨単位の取引に加え、 1,000 通貨単位での取引が可能となりました。これによって、一部の新興国通貨では、数百円からの取引も可能になる他、米ドル / 円の取引の場合で例えると、今まで、約 41,取引通貨ペア 500 円から取引できていたのが、約 4,150 円から取引ができるようになります。また、「 LINE FX 」では、手数料無料、業界最狭水準の低スプレッドでの取引が可能で、スワップポイントも高水準となっており、初心者の方でも投資スタンスに合わせたお取引が可能です。

■注文画面のアップデートに関して
新たにクイック注文画面が追加され、 FIFO が ON/OFF のみで簡単に設定できるようになった他、注文画面からの一括決済もより便利にお使いいただけるようになりました。チャートを横画面に表示してのクイック注文も引き続き可能です。

「 LINE FX 」は、今後も機能拡充を進めていくことで、「働く世代」にご利用いただきやすいサービスを目指してまいります。

【 LINE 証券について】
「 LINE 証券」は、 2019 年8月のサービス開始以来、 取引通貨ペア 取引通貨ペア 1 株単位で取引ができる「いちかぶ(単元未満株)」、投資信託、 FX 取引サービス「 LINE FX 」、取引所取引(現物取引・信用取引)の取扱いと、わずか 1 年にも満たない期間で株式取引に関するサービスについてフルラインナップを取り揃え、直近では、「投資信託のつみたて投資」の提供など、お客さまのニーズに寄り添いながらサービスラインナップを拡充しております。総口座数は 取引通貨ペア 31 万口座を突破しております。( 2020 年 8 月時点)

■ LINE 公式アカウント: LINE 取引通貨ペア ID : @linesec

■ LINE 証券株式会社の概要

(1) 名称 LINE 証券株式会社

(2) 所在地 東京都品川区西品川一丁目 1 番 1 号 住友不動産大崎ガーデンタワー 22 階

(3) 代表者 代表取締役 Co-CEO 落合 紀貴( LINE 株式会社)、米永 吉和(野村證券株式会社)

(4) 事業内容 資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジおよび非対面証券投資コンサル ティングサービスの提供等

(5) 資本金及び資本準備金 400 億円( 2020 年 4 月 10 日時点)

(6) 設立年月日 2018 年 6 月 1 日

FX 取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取 引です。多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。 預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他 の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがありま す。 取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)がありま す。注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して 4 %以上(レバレッジ 25 倍)の証拠金が必要になりま す。 当社でお取引を行うに際しては、「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容 や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる