FXの取引方法

オプションの計算について

オプションの計算について

Azure Application Gateway と Web アプリケーション ファイアウォールの価格について

Application Gateway に関連する事前コストや解約手数料は発生しません。 事前にプロビジョニングし、利用したリソースに対して、実際の時間単位の消費量に基づいて課金されるだけです。 Application Gateway に関連するコストは、固定コストと変動コストという 2 つのコンポーネントに分類されます。 コンポーネントごとの実際のコストは、利用されている SKU によって異なります。

この記事では、各 SKU に関連するコストについて説明します。このドキュメントを利用して、Azure Application Gateway に関連するコストの計画と管理を行うことをお勧めします。

V2 の SKU

Application Gateway V2 と WAF V2 の SKU では、自動スケーリングがサポートされ、高可用性が既定で保証されます。

容量ユニット

容量ユニットは、複数のパラメーターにわたる Application Gateway の容量使用率のメジャーです。

  • 2500 個の永続的な接続
  • 2.22 Mbps のスループット
  • 1 コンピューティング ユニット

これらのパラメーターのいずれか 1 つを超過した場合、他の 2 つのパラメーターがこの 1 つの容量ユニットの制限を超えていなくても、別に n 個の容量ユニットが必要です。 上記の 3 つのうち最も使用率の高いパラメーターが、容量ユニットの計算のために内部的に使用され、されに対して課金が行われます。

コンピューティング ユニット

コンピューティング ユニットは、使用されたコンピューティングの容量のメジャーです。 コンピューティング ユニット消費量に影響する要因は、1 秒あたりの TLS 接続数、URL 書き換え計算、WAF ルールの処理です。 コンピューティング ユニットが処理できる要求の数は、TLS 証明書のキーのサイズ、キー交換アルゴリズム、ヘッダーの書き換え、WAF での着信要求のサイズなど、さまざまな条件に依存します。

Standard_v2 - 各コンピューティング ユニットは、RSA 2048 ビット キーの TLS 証明書で 1 オプションの計算について 秒あたり約 50 の接続に対応します。

WAF_v2 - 各コンピューティング ユニットは、70% が 2 KB 未満の GET/POST 要求、残りがそれ以上の要求の混合で、1 秒あたり約 10 件の同時要求をサポートできます。 WAF のパフォーマンスは、現在、応答のサイズによる影響を受けません。

Instance Count

Application Gateway V2 SKU のリソースの事前プロビジョニングは、インスタンス数に基づいて定義されます。 各インスタンスでは、処理能力の観点から最低 10 容量ユニットが保証されます。 同じインスタンスが、容量ユニットのパラメーターに応じて、トラフィック パターンごとに 10 を超える容量ユニットをサポートする可能性があります。

自動スケーリング (最小または最大) のために手動で定義したスケールと制限は、インスタンス数に基づいて設定されます。 インスタンス数に対して手動で設定したスケールと自動スケーリング構成の最小インスタンス数によって、インスタンスあたり オプションの計算について 10 容量ユニットが予約されます。 これらの予約 CU オプションの計算について は、実際のリソース消費量に関係なく、Application Gateway がアクティブである限り、課金されます。 実際の消費量がインスタンスあたり 10 容量ユニットのしきい値を超えた場合、追加の容量ユニットは変動コンポーネントで課金されます。

V2 SKU は消費量に基づいて課金され、次の 2 つの部分で構成されます。

Application Gateway V2 と WAF V2 がプロビジョニングされた、要求を処理するために利用可能になっている時間に基づくコスト。 これにより、自動スケーリングの一部として最小インスタンス数に 0 を指定することによって予約されているインスタンスが 0 の場合でも、高可用性が保証されます。

固定コストには、Application Gateway に接続されているパブリック IP に関連するコストも含まれます。

任意の時点で実行されているインスタンスの数は、V2 SKU の固定コストに関する要因とは見なされません。 同じ Azure リージョン内で実行されているインスタンスの数に関係なく、Standard_V2 (または WAF_V2) を実行するための 1 時間あたりの固定コストは同じになります。

コール オプション価格についてのブラック・ショールズの公式

次に、同じストック オプションで、満期までの期間が変わり、日々の株価がわからないとします。満期までの期間 T を 0~0.25 年まで変動させ、スポット価格 S を 50 ドル~140 ドルまで変動させた場合の、このコール オプションの価格を求めます。行使価格 ( K )、ボラティリティ ( sigma )オプションの計算について 、および金利 ( r ) は、前の例の値を使用します。この場合、満期までの期間 T と日々の株価 S を変量として使用します。

シンボリック式 C を定義し、 T と S を未知の変数として使用してコール オプション価格を表現します。

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type functionsurface.

満期までの期間 0.1 年、スポット価格 105 ドルで、コール オプション価格を計算します。 オプションの計算について subs を使用して T と S の値を式 C に代入します。 vpa を使用して価格を数値結果として返します。

スポット価格を求める

オプション価格が変化した場合に、原株価にどのような影響があるかを知りたいとします。これは、既知のパラメーター K 、 σ 、 T 、 r 、および C を与えたブラック・ショールズの公式から S を求める問題です。

たとえば、1 か月後に、同じコール オプション価格が満期までの期間 2 か月で 15.04 ドルで取引されるとします。原株のスポット価格を求めます。未知のパラメーター S をもつブラック・ショールズの公式を表現するシンボリック関数 C(S) を作成します。

vpasolve を使用して原株のスポット価格を数値的に解きます。正の数値でのみ解を求めます。原株のスポット価格は 106.162 ドルです。

インプライド ボラティリティを求める

オプション価格が変化した場合に、インプライド ボラティリティがどうなるか知りたいとします。これは、既知のパラメーター S 、 K 、 T 、 r 、および C を与えたブラック・ショールズの公式から σ の値を求める問題です。

95 ドルの行使価格で、3 か月で有効期限が切れる、同じストック オプションを考えます。原株が 100 ドルで取引され、無リスク金利が年間 1% であると仮定します。6 ドル~25 ドルの範囲のオプション価格の関数としてインプライド ボラティリティを求めます。オプション価格の範囲のベクトルを作成します。未知のパラメーター sigma をもつブラック・ショールズの公式を表現するシンボリック関数 C(sigma) を作成します。 vpasolve を使用してインプライド ボラティリティを数値的に解きます。

オプションの計算について

指数先物・オプション取引を行うためには、現物の取引と異なり、建玉に対して決済の履行を確保できるようにするため、一定金額の証拠金を差入れる必要があります。ここでは主にOSE(大阪取引所)上場の日経225先物・日経225mini・日経225オプションに関する証拠金についてご説明します。

【もくじ】
証拠金が必要なポジション 証拠金の所要額
追加証拠金
当社の各サービスチャネルでの指数先物・オプションのお取引方法はこちら!

証拠金が必要なポジション

指数先物 買建・売建ともに証拠金を差入れる必要があります。
買・売いずれのポジションも予想が外れると損失が拡大するため、双方とも証拠金を差入れなくてはいけません。
コールの売・プットの売の場合に証拠金を差入れる必要があります。
オプションの売建玉は、予想が外れると受取ったプレミアム以上に損失が拡大する場合があるため証拠金の差入れが必要です。
オプションの買建玉は、はじめに支払ったプレミアム代金以上の損失は権利放棄により発生しないため証拠金の差入れは必要ありません(約定プレミアム代金の支払が必要です)。

証拠金の所要額

大阪取引所(以下:OSE)上場の日経225先物・日経225min・日経225オプションでは、証拠金の所要額にSPAN®証拠金を採用しています。SPAN®証拠金は、シカゴ・マーカンタイル取引所(以下:CME)の開発した証拠金の計算方法で、将来の損益に関するリスクのシミュレーション等を行うことにより求めた金額およびポジションの保有状況を加味して証拠金として差入れるべき金額を算出する仕組みです。

証拠金所要額=SPAN証拠金額-ネット・オプション価値の総額

■SPAN証拠金額
リスクのシミュレーション等により将来の相場変動により損失となる可能性があると算出された金額です。この額はOSEでは毎週見直しが行われています。その中でも、指数先物の建玉を1枚取引するために必要な金額はプライス・スキャン・レンジとして発表されます。
見直しに伴い、SPAN証拠金額が変更になった場合、既存の建玉の証拠金所要額もその額を基に計算されたものが適用されますのでご注意ください。

■ネットオプション価値の総額
オプションが権利行使された場合に生じるコスト等をカバーするために考慮される額で、買いオプション価値(プレミアム)の総額から,売りオプション価値の総額を差し引くことによって求めます。

ネット・オプション価値の総額= 買いオプション価値の総額-売りオプション価値の総額

買いオプション価値= ロング・ポジション(買い超建玉)×清算価格×取引換算額

売りオプション価値= ショート・ポジション(売り超建玉)×清算価格×取引換算額

日経225先物 買建3枚、売建2枚=買建1枚分の600,000円
(売買両建部分はリスクが相殺されるので1枚分の差入れ)

追加証拠金

証拠金として差入れている金額(委託証拠金)が、建玉の損失発生等により全体の証拠金所要額を下回ってしまった場合、追加証拠金(追証)として、証拠金所要額以上の額に達するまでの不足分を差入れていただく必要がありますので、余裕を持った証拠金および建玉でお取引していただきますようお願いいたします。

当社の各サービスチャネルでの指数先物・オプションのお取引方法はこちら!

  • 対面取引(店舗でのお取引)
  • オプションの計算について
  • コールセンター取引(お電話でのお取引)
  • インターネット取引(インターネット取引システムでのお取引)
  • 指数先物・オプション取引の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失が発生することがあります。
  • 指数先物・オプション取引は、差し入れた証拠金の額を上回る取引を行うことができることから、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときは、短期間のうちに証拠金の額を上回る損失が生じるおそれがあります。
  • 指数オプション取引の買方は、期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅し投資資金の全額を失うことになります。
  • 指数オプション取引の売方は、証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対方向に変化したときの損失が限定されていません。
  • 指数先物・オプション取引を行うにあたっては、以下の売買委託手数料をいただきます。
  • 指数先物・オプション取引を行うにあたっては、以下の証拠金(インターネット取引)を差し入れ又は預託していただきます。証拠金の額は、SPANにより先物・オプション取引全体の建玉から生ずるリスクに応じて計算されますので、事前に記載することはできません。

新規建てに必要な証拠金「未決済建玉および未約定注文について「ブル方向の証拠金所要額」と「ベア方向の証拠金所要額」の大きい方の金額-ネットオプション価値総額(新規建て最低必要証拠金:10万円)」が必要です。
ブル方向の証拠金所要額とは「先物買い」、「コールオプション買い」、「プットオプション売り」の未決済建玉および未約定注文に係るSPAN証拠金×当社所定掛け目(120%~200%)、
ベア方向の証拠金所要額とは「先物売り」、「プットオプション買い」、「コールオプション売り」の未決済建玉および未約定注文に係るSPAN証拠金×当社所定掛け目(120%~200%)です。

オプションFX

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

オプション取引基礎知識

オプション取引とは

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及び ロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります(トルコリラ/円はみんなのFXのみ)。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。 オプションの計算について
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる