オプション 取引ルール

バイナリー オプション 通貨 おすすめ

バイナリー オプション 通貨 おすすめ
攻略テクニック

【全部わかる】通貨ペアの基本や特徴、選択方法をまとめてみた

通貨ペア選びのコツ

攻略テクニック

私

悩む女性

悩む女性


私としてもいつでも勝てる魔法の通貨ペアをお教えしたい気持ちはあるのですが、通貨の価格は 買いたい人・売りたい人のバランスの変化で変わってくる ので、一概に勝ちやすい通貨はコレ!と提案するのは難しいです💦

ただ、時間帯や通貨ごとの特徴といった 予め予測できる要因でも価格の変動に影響を与える ので、私達トレーダーが通貨ペア選びの前に備えられることももちろんあります^^

仮に予め価格変動に影響する要因を知っていれば、相場の方向性を読み取ることも容易になり、結果として 勝ちやすい通貨ペアが選びやすくなる バイナリー オプション 通貨 おすすめ はずですよね?😊

そういった 知っているだけで優位性が持てる情報 をキチンと把握していればその時の勝ちやすい通貨を見つけることができますし、勝ちを拾いやすい環境でトレードしていくことも可能です🎶

この記事ではそんな知っておくだけで通貨選びの確度を高められる情報をご紹介していきますよ〜(゚∀゚)!

通貨ペアの基本!主要通貨の特徴を把握しよう!

ご存知の通り、通貨とは各国のお金・貨幣のことを表し、日本なら円、アメリカなら米ドルといったものが当てはまります💡

一口に通貨と言っても信用が厚くリスクオフとして買われることの多い日本円や、値動きが激しく投機の対象にされやすいポンドなど、通貨による特徴は様々です💡

日本円を例にしてみても、世界情勢が不安定になって自分の資本をどこか安全な国に置いておこうとトレーダーたちが考える事態に陥った時、「とりあえず安全だから」と有事の円買いが行われることもしばしば。

リスクオフで需要が高まる日本円

このような 通貨独自の特徴で相場の動きに違いが出る ことを知っておけばリスクの高い通貨ペアを選択する確率が下がるので、結果的に勝ちやすい通貨ペア選びができるようになってきます😳

通貨の特徴を知ることは勝ちやすい通貨ペアを見つけることに繋がっていく ので、通貨の特徴を把握しておくこともとっても大切💡

全ての通貨の特徴を見るのは骨が折れるので、今回は相場に影響を与えやい主要通貨(①日本円=JPY、②米ドル=USD、③ユーロ=EUR、④ポンド=GBP、⑤豪ドル=AUD)の特徴やポイントをご紹介していきます😊

①日本円(JPY)は安定感抜群。でも貿易国の景気などにも影響される

日本円

日本円は米ドル、ユーロに次いで取引量が第三位で、日本は輸出業が盛んなことから原材料価格の高騰や貿易相手国の景気など、 経済の動向に左右されやすい です😊

そして自国通貨ともあってニュースで様々な情報を得ることができるので、他国に住んでいるトレーダーと比べると 日本円の情報に対してかなり優位性を持って戦える でしょう🎶

また超低金利通貨としても日本円は有名であり、金利が低い日本でお金を借りて高金利通貨で投資を行う「 円キャリートレード 」が多いことも取引量が多くなる要因の一つですね^^

世界全体で使用されているため 通貨の価格が比較的安定であり、突発的な値動きが少ないことが特徴 なんです😆

こうした特徴から相場の方向性が読みやすく、特に取引量の多い米ドルと日本円の売買が行われるドル円(USD/JPY)は初心者向けと言われています💡

  • 日本円は自国通貨で情報を得やすい為、他国のトレーダーと比べて有利に戦える
  • 世界全体で使用されていることから流動性が高く、その結果突発的な値動きをしにくい
  • 取引量の多いドル/円(米ドル/日本円)は相場が安定しているので初心者向き

②米ドル(USD)はアメリカの金利政策に影響されやすい

米ドル

世界最大の経済大国でもあるアメリカの通貨で、国際金融取引の基準として採用されていることから 『世界の基軸通貨』 と呼ばれています😊

雇用統計は毎月の第一金曜日に発表される ことが決まっているので覚えやすいですし、経済指標カレンダーを常に確認するように癖付けておけば他国の経済状況も把握できトレードを有利に進められるでしょう😊

そしてもう一つは有事の時。

基軸通貨である米ドルが買われやすいことは確かですが、 ドル/円の通貨ペアに関してはドル売りの傾向になる ことは頭に入れておきましょう💡

  • 米ドルは取引量No.1の通貨なので流動性が高く価格も安定しやすい
  • 注目度の高いアメリカの経済指標発表前後は相場が荒れやすい
  • 有事の際は米ドルが買わられる傾向にあるが、米ドル/円だけはドル売り傾向にある

③ユーロ(EUR)は加盟国の経済状況に影響されやすい

ユーロ

また、 変動幅も主要通貨と比べて大きくなりやすいのも特徴 です💡

通貨の価格は国の経済状況や信用も反映されるとお伝えしましたが、ユーロの場合19カ国も加盟国がいるので全ての経済状況を把握するのは難しいです💦

加盟国の中でも経済規模の大きい国(ドイツやフランス、スペインなど)だけでも確認しておくと、ある程度把握することができるでしょう😊

ただ 経済が不安定な国がユーロ内にあると敬遠されることも珍しくない 為、経済規模の大きい国に加えて不安定な経済状況の加盟国もチェックしておくと良いですね🎶

  • ユーロは取引量No.2ではあるが、加盟国が複数あるので安定しにくい
  • 経済による影響を受けやすく、変動幅も上振れ・下振れする傾向にある
  • 経済規模の大きい国と経済状況が悪い加盟国の情勢をチェックしておくと相場の方向性が読み取りやすい

④ポンド(GBP)は主要通貨の中でトップの値動きの荒さが特徴

ポンド

ポンドも米ドル・ユーロ・日本円といった主要通貨と同様に取引量が多いですが、今までの通貨と比べて 最も値動きが激しいことが特徴 です😊

ポンドは値動きが荒い

しかしながら価格が動いている時はその方向に進みやすい特徴もあるため、 バイナリーオプションでは相場の流れに沿った連続トレードが狙いやすいというメリットもあったりします 🍀

一言でポンドを言い表すなら「長期的な目線で相場を捉えることは難しいが、一方向に価格が伸びやすいので短期的なトレードは狙いやすい通貨」

  • イギリス…ヨーロッパ圏の国ではあるが、通貨はポンドを使用している
  • その他のEU加盟国…通貨はユーロを使用している

さらにポンドはユーロと同じような値動きを見せることも多く、ユーロ関連とポンド関連の複数の通貨をチェックしておくことで信頼性の高いトレードも可能になります🎶

ただ市場規模ではポンドの方がユーロよりも小さいので、「 ポンドの値動きがユーロに影響を与えることは少ないが、ユーロはポンドに影響を与えやすい 」という関係性はキッチリ覚えておきましょう💡

バイナリーオプションで勝ちやすい通貨ペアはどれ?通貨選びの基礎知識からおすすめの組み合わせまで徹底解説

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

【基礎知識】バイナリーオプションにおける「通貨ペア」とは?

バイナリーオプション取引をするときには、通貨ペアの選択が鍵になります。

通貨ペアとは為替取引における2つの通貨の組み合わせ のことで、たとえば「ドル円」なら米ドルと日本円の組み合わせを指すものです。

通貨ペアの見方

始めに通貨ペアの見方を正しく知っておきましょう。 通貨ペアは「/(スラッシュ)」を使って二つの通貨の名称を組み合わせて表示するのがルール になっています。

ドルと日本円なら「ドル/円」
ユーロとドルなら「ユーロ/ドル」
オーストラリアドルと日本円なら「豪ドル/円」

主要な通貨の種類とコード一覧

バイナリー オプション 通貨 おすすめ
日本 JPY(日本円)
アメリカ USD(ドル)
イギリス GBP(ポンド)
オーストラリア AUD(ドル)
EU(欧州連合) EUR(ユーロ)
カナダ CAD(カナダドル)
ニュージーランド NZD(ニュージランドドル)
スイス CHF(フラン)

なお、通貨ペアの書き方は 通貨の組み合わせによってはどちらが基軸通貨になるかが決まっています。 ドル/円なら円/ドルとすることはなく、基軸通貨はドルとするのがルールです。

バイナリーオプションで通貨ペアの選択が重要な理由

バイナリーオプションはあまり深く考えずに通貨ペアを選んで取引することも可能です。しかし、 通貨ペアによって相場の動き方に癖があり、その傾向を理解していると予想が当たりやすくなります

あらゆる通貨ペアを追っていくこともできますが、 通貨ペアを絞り込むとニュースなどから値動きに影響する情報を集める範囲を狭められ、効率的な情報収集が可能 になりバイナリーオプション取引がしやすくなります。

バイナリーオプションの主要通貨の特徴

どの通貨ペアが良いのかについて考えるためには、各国の通貨についてもある程度の知識が求められます。その通貨の特徴によって相場の変化の仕方にも特色が生まれることが多いからです。

JPY(日本円)

日本の通貨なので 通貨の価値を変動させるような政治経済の動きに関する情報量が多く、タイムラグなしで手に入れられます 。バイナリーオプション取引をする人が多い昼間に市場が動いているので市場情報も得やすいのも魅力です。

また、 他の通貨に比べても価格が比較的安定しているのも特徴 で、急な値動きを起こすことはあまりありません。

USD(米ドル)

米ドルは、 アメリカの雇用統計を代表とする経済指標の発表による値動きが大きい のが特徴です。金融政策による影響も大きく、政治経済の動きに敏感なトレーダーによる売買が多いことがわかります。

また、米ドルは世界的に取引量が多いことから「有事のドル買い」が起こることも知られています。テロなどの 有事の際にはこぞってドル買いに走るトレーダーがいるので注意 が必要です。

AUD(オーストラリアドル)

オーストラリアドルはオーストラリアの法定通貨で豪ドルとも呼ばれます。

オーストラリアドルは高金利を維持していることから、 FX取引では低金利の通貨との金利差を活用するスワップトレードでよく用いられています 。また、金利の高さに着目して外貨預金で資産運用をしているケースも少なくありません。

オーストラリアは資源国なので金などの値動きにつられる傾向があります。また、輸出先となっているアジア圏の国の経済状況による影響も受けやすいことから、 通貨価値を考えるときにはオーストラリアだけでなく関連国の状況も確認するのが重要 です。

EUR(ユーロ)

ヨーロッパ圏の19か国が加盟国となっている影響で、 それぞれの国で起こった経済状況の変化によって値動きを起こす のが特徴です。不安定な経済状況の国も少なくないため、年間を通して変動幅が大きい傾向があります。

GBP(ポンド)

イギリスはEUを離脱してからは単独で国家経営を行うようになりましたが、それでもEU諸国とのつながりは強いので取引も活発です。そのため、 イギリスのポンドとEUのユーロの値動きは相互に関連し合う ことがあります。イギリスの国内情勢だけを追っていても予想外の値動きを起こすケースも多々あるので注意が必要です。

ここまでに挙げたバイナリーオプションでよく用いられている通貨の中でも、 ポンドは最も値動きが激しい のも特徴です。ユーロとの違いはありますが、ヨーロッパの通貨は値動きが大きくてあまり初心者向きではないと考えると良いでしょう。

バイナリーオプションの通貨ペアを決めるときのポイント

通貨について理解できたところで、次に通貨ペアを決めるときに考慮すべきポイントを押さえておきましょう。

通貨の取引量で決める

個々のトレーダーが「買い」と「売り」をして値動きを起こさせる要因を作りますが、 大勢のトレーダーが参入していると均されてしまって急激な変動が起こりにくくなる ものです。

しかし取引量が少ない通貨の場合、トレーダーはその通貨の売買をあまり行っていません。相場の方向性がわかりにくいことから特に初心者にとっては難易度が高いでしょう。 無難に勝ちたいときには取引量が多い通貨を選んでおく に越したことはありません。

取引時間帯で決める

取引時間帯によって市場の影響の受け方が違うため、通貨の値動きの仕方が大きく変化します。

バイナリーオプションで取り扱う通貨は世界中のもので、 その通貨を使用している国の市場が開いているときには活発な価格変動を起こします

このように どの時間帯にどの市場が開いているのかを頭に入れ、時間帯に応じた値動きの傾向を押さえておく と、通貨ペアの相場の流れを読みやすくなります。予想も立てやすくなるため、バイナリーオプションの勝率も上がっていくでしょう。

相場の状況で決める

バイナリーオプション取引で勝ちやすくするためには、方向性が明確なトレンド相場を選ぶのが基本です。 トレンド相場になっているかを通貨ペアごとに確認していって、はっきりとわかりやすいトレンド相場を見つけたらエントリーする というやり方は合理的でしょう。

ただ、 レンジ相場は基本的に相場の方向性がわかりにくい 状況なので、避けて通った方が失敗を減らせます。

【おすすめ】バイナリーオプション初心者が勝ちやすい通貨ペア

通貨ペアの選び方のポイントはわかったけれど、具体的に勝ちやすい通貨ペアなのがどれなのか教えて欲しいと考えるのももっともなことです。

USD/JPY

ドル円はバイナリーオプションで使用される通貨ペアの中でも 取引量が比較的多いことから、相場が安定している のが特徴です。

しかし、 急激なトレンドの変化が起こるタイミングを見極めやすいため、エントリーポイントを判断するのが比較的容易 です。トレンドに沿って順張りをしても、転換点を狙って逆張りをしても勝ちやすいので、初心者だけでなく上級者からも人気が高い通貨ペアです。

EUR/JPY

ユーロ円は先進国通貨ペアなので比較的相場が安定していますが、ユーロの動きが読みづらい分だけドル円に比べると予測の難易度は上がります。

アメリカの経済指標による変動も受けやすいことから、ドルの動きも合わせて見ておく必要があります。 ドル円を追っていると類似性を見出せることが多く、相場の動きを予測しやすくなる でしょう。

ユーロ円も順張り、逆張りのどちらも勝ちやすいので、初心者も選んでみるべき通貨ペアです。 ユーロ円はロンドン市場が開いた直後は値動きが激しい傾向 があるので、落ち着いてきた時間帯を狙った方がバイナリーオプション取引はリスクが少なくて済みます。

EUR/USD

相場の動きが安定している点では突出しているので値動きを追いやすいでしょう。よく知られている テクニカル分析が通用しやすいため、きちんとチャート分析を学べば勝ちやすい 通貨ペアになります。

上述の ドル円やユーロ円との親和性も高いため、三つ合わせて相場を追う ようにするのが初心者にはおすすめです。

【要注意】バイナリーオプション初心者は避けるべき通貨ペア

ここまでに挙げたのとは逆に、バイナリーオプション初心者が避けるべき通貨ペアもあります。通貨ペアの選び方のところでも説明したように、予測が難しい通貨ペアもあるので注意が必要です。

GBPとのペア

イギリスのポンドと各通貨のペアは、 値動きが突出して激しい通貨ペア として知られています。

しかし目立った前触れもなくトレンドが大きく変わることがよくあるのでポンドとの通貨ペアは予測が困難です。 長時間の取引では予想外のトレンドが発生したり、レンジ相場に入ったりして失敗するリスクが比較的高い ので注意しましょう。

AUD・NZDなどオセアニア通貨とのペア

なぜなら 各国との通貨ペアはオセアニア時間に値動きするため、日本では夜間に市場が動いて状況を追いにくい からです。また、資源国なので金などの価格の影響を受けやすく、輸出先や同じ資源国の経済状況の影響も受けて相場が変わっていきます。

特に中国やアメリカの経済に左右されやすいことから中国時間・アメリカ時間の市場変動も大きくなり、 十分な情報量を手に入れて網羅的に分析しなければ予測が難しくなる のが特徴です。

取り扱い通貨ペアが多いバイナリーオプション業者

通貨ペアの選び方によってバイナリーオプションの取引のしやすさも勝ちやすさも違うことがわかってくると、 できるだけ取り扱っている通貨ペアが多いバイナリーオプション業者が良い と思うでしょう。

国内のバイナリーオプション業者

オプトレは、取引タイプとしてラダー取引だけでなくレンジ取引も取り入れていることで幅広い戦略をとれる魅力があります。 取り扱い通貨ペア8種類というのは国内でもトップクラス で、オーストラリアドルやイギリスポンド、ニュージーランドドルの取り扱いが多いのが特徴です。

またYJFX!ではこの 8つの通貨ペアのチャートを同時に表示できるツールがある ため、バイナリーオプション初心者のうちからこれらの通貨ペアも見慣れておくことができます。

海外のバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリアは 日本円を決済通貨とする7種類を含む合計17種類の通貨ペアで取引ができます 。他にも株価指数や仮想通貨、金や石油などの指標による取引も可能で、取引の幅を飛躍的に広げられます。

スマホOK!ハイローオーストラリアの口座開設の方法【登録手順・必要書類・審査時間まで詳しく解説】 「ハイローオーストラリア(HighLow.com)」の口座開設は、スマホで5分もあれば完了します。 本記事では、口座開設に必要な書.

バイナリーオプションを通貨ペアで攻略する方法!

バイナリーオプションはどの通貨ペアで取引するかによって勝ちやすいかどうかが大きく左右されるため、そのことがわかるようになると通貨ペアで攻略したいという気になってくるでしょう。

自分の取引スタイルから考えて、今の状況で最もチャンスが多い通貨ペアはどれかという視点で考えてみると、候補をスムーズに絞り込めます。 タイムリーにチャートを見て分析できれば、より勝ちやすいタイミングでエントリーできる でしょう。

しかし、実際にやってみようとすると一朝一夕にして勝率が急騰するわけではありません。
自分の取引スタイルを確立するにも時間がかかり、さらに通貨ペアとの相性を判断できるようになるには努力が必要になります。 独学ではなかなか通貨ペアでの攻略を達成できない でしょう。

最短最速で成功できるトレーダーになりたいと思ったら、バイナリーオプションで頂点に立つプロを味方につけるのが最適です。 プロトレーダーなら時間も手間も省いた有効な攻略法を伝授 してくれるでしょう。

上の画像をクリックしてLINE登録していただくだけで、私独自の 「勝ちのノウハウ」を惜しみなく詰め込んだプレゼント をお受け取りいただけます。

LINEで繋がったあなたは、いわば私の戦友です
何も遠慮することはありません

バイナリーオプションでは、ドル円、ユーロ円、ユーロドルといった安定性のある通貨ペアが初心者にはおすすめです。

バイナリー オプション 通貨 おすすめ

バイナリーオプションは時間帯でラダー制とレンジ制を使い分ける

バイナリーオプションでは「ラダー制」「レンジ制」の2つの取引方法があり、それぞれの取引方法で向いている為替の状況が異なるからです。

バイナリーオプション、トレンド相場ではラダー制が向いている

【ラダー制】
判定時刻に通貨ペアの為替レートが、指定したレートよりも高いか低いかを予測する取引です。

高いか低いかを予測するため、値動きのある相場が向いています。

バイナリーオプション、値動きが少ないときはレンジ制が向いている

【レンジ制】
判定時刻に通貨ペアの為替レートが、目標レンジの内になるか外になるかを予測する取引です。

そのため、値動きの安定している相場の方が予測しやすくなります。

ラダー制はトレンド相場の時間帯が勝ちやすい

バイナリーオプション、ラダー取引が勝ちやすい時間帯

・日本時間 9時~10時
・日本時間 17時~19時
(サマータイムは16時~18時)
・日本時間 22時~翌1時(サマータイムは21時~翌0時)

バイナリーオプション、ラダー取引が勝ちやすい時間帯(夏時間)

ラダー制は値動きのある方が予測しやすいため、トレンドの発生する時間帯が向いています。

レンジ制は値動きが無い時間帯が勝ちやすい

バイナリーオプション、レンジ取引に向いてる時間帯

【レンジ制に向いている時間】
・日本時間 11時~15時
(サマータイムの影響は受けない)

先ほどのラダー制とは反対に、 レンジ制は 為替相場の安定度を予測する取引であるため、 値動きの落ち着く時間帯が向いています。

各市場がオープンしてしばらくすると、値動きは落ち着く傾向にあるので、その時間を狙いましょう。

勝ちやすい時間帯と為替市場の関係

為替で勝ちやすい時間帯と市場の関係

3つの為替市場は値動きが大きくなる

中でも三大市場と呼ばれている、東京、ロンドン、ニューヨークの市場が注目すべき市場です。

通貨ペア別為替取引量シェアの推移

上記表を見てもらうと、 上位3つの通貨ペアが世界の取引量の46.8%を占めている のがわかります。三大市場はこれらの通貨発行国(地域)にあたります。

東京市場(アジア地域)

東京為替市場は午前9時頃から活発になってきます

9時から9時55分までは、仲値に合わせて取引量も増えて、米ドル/円の値動きが活発になってくるのです。

【ラダー取引が勝ちやすい時間帯】
・米ドル/円の値動きが活発となる日本時間 9時~10時

【レンジ取引が勝ちやすい時間帯】
・米ドル/円の値動きが落ち着く日本時間 11時~15時

ロンドン市場(ヨーロッパ地域)

ロンドン市場が開く17時からは取引参加者が増えるめ、値動きが活発になります。

19時頃になると欧州では昼休みに入るため、値動きは一旦落ち着つく傾向にあります。

【ラダー取引が勝ちやすい時間帯】
・ユーロ/米ドルとポンド/米ドルの値動きが活発となる日本時間 17時~19時

ニューヨーク市場

「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」をはじめとした、米ドルを含んだ通貨ペアの取引が活発になる時間です。

特にロンドン市場と、ニューヨーク市場が重なる 日本時間22時~翌午前1時は、取引が最も活発になるトレンドの発生しやすい時間帯です。

日本時間22時〜24時:各種経済指標
ニューヨークの午前中には経済指標の発表が控えています。雇用統計など影響の大きい発表は相場を大きく動かします。

日本時間0時:ニューヨークオプションカット
通貨オプションの権利行使の期限時刻となっており、この時間の前後に為替相場が変動します。

日本時間1時:ロンドンフィックス(ロンドン市場の仲値)
実需要だけでなく、機関投資家の多くがこの時間を利確の目安しているため値動きが活発となります。
ロンドンフィックスの後は、東京の仲値後と同様に値動きは落ち着つく傾向にあります。

勝率72%アリ!初心者におすすめの国内バイナリーオプション2選

おすすめのバイナリーオプション口座

おすすめのバイナリーオプション口座「選べる外為オプション」

同じくGMO系列のFXプライムbyGMOもおすすめです。

GMOクリック証券ほどではありませんが 受取総額割合も高水準なうえ、次のような利点がある からです!

  1. ぱっと見テクニカルで自動分析できる
  2. 10時締切の取引がある

未来のレート変動を予測し視覚的にわかりやすく表示してくれる 『ぱっと見テクニカル』 は、FXプライムbyGMOならではの機能です。

おすすめのバイナリーオプション口座「選べる外為オプション」のチャート分析

もう一つ、選べる外為オプションをおすすめする理由は 取引時間 です!

この時間帯は、 日本の仲値発表を利用した手法 を使うことができ、 選べる外為オプションでしかできません。

バイナリーオプションを攻略!プロ実践の初心者でもデキる4つの手法

選べる外為オプションの取引概要

ペイアウト額(1枚あたり) 購入金額(1枚あたり) 取引回数(1日あたり) 通貨ペア数 デモトレード
1,000円 約50円~999円 10回 5種類 あり
  • 第1回号 8:00~10:00
  • 第2回号 10:00~12:00
  • バイナリー オプション 通貨 おすすめ
  • 第3回号 12:00~14:00
  • 第4回号 14:00~16:00
  • 第5回号 16:00~18:00
  • 第6回号 18:00~20:00
  • バイナリー オプション 通貨 おすすめ バイナリー オプション 通貨 おすすめ
  • 第7回号 20:00~22:00
  • 第8回号 22:00~翌0:00
  • バイナリー オプション 通貨 おすすめ
  • 第9回号 翌0:00~翌2:00
  • 第10回号 翌2:00~翌4:00

おすすめのバイナリーオプション選べる外為オプションの取引手順1

おすすめのバイナリーオプション選べる外為オプションの取引手順2

おすすめのバイナリーオプション選べる外為オプションの取引手順3

レンジオプションもしたいなら外貨ex byGMOもおすすめ

GMOクリック証券やFXプライムbyGMOは、取引タイプがラダーのみとなっていますが、 外貨ex byGMOではレンジも可能。

最短60秒で判定! 隙間時間に取引できる「外貨ex byGMOのオプトレ」

1日の開催号数 通貨ペア 取引タイプ
11回 8 ラダー・レンジ
1枚あたりの
ペイアウト額
デモトレード 詳 細
1,000円(固定)
    バイナリー オプション 通貨 おすすめ
  • レンジ取引の 受取総額割合は100%越えを連発!
  • 最短60秒で判定! すぐにトレード結果が出る
  • 取引は8つの通貨ペアから選択可能!

日本の大手FX会社で レンジ取引ができるのは、外貨ex byGMOの「オプトレ」 だけなので、必ずほしい口座です!

バイナリーオプションの分析におすすめ!3つのツール

バイナリーオプションの分析にはFXの取引ツールを使いますが、中でも初心者にもおすすめなのが 次の3つ です。

  • プラチナチャート
  • ぱっと見テクニカル
  • FXTFシグナルパネル
【初心者でも勝率UP】バイナリーオプションのツールは無料がおすすめ

多彩な分析手法に対応!プラチナチャート

バイナリーオプションの分析におすすめのツールプラチナチャート

GMOクリック証券のFXツール、プラチナチャートは、 多彩な分析手法 に対応しています。

ハイローオーストラリアで勝ちやすい通貨ペアは2種類!選び方は通貨ペアの取引量で決めよう!

AUD/JPY(豪ドル/日本円)
AUD/USD(豪ドル/米ドル)
CAD/JPY(カナダドル/日本円) バイナリー オプション 通貨 おすすめ
CHF/JPY(スイスフラン/日本円)
EUR/AUD(ユーロ/豪ドル)
EUR/GBP(ユーロ/英ポンド)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/米ドル)
GBP/AUD(英ポンド/豪ドル)
GBP/JPY(英ポンド/日本円)
GBP/USD(英ポンド/米ドル)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
NZD/USD(ニュージーランドドル/米ドル)
USD/CAD(米ドル/カナダドル)
USD/CHF(米ドル/スイスフラン)
USD/JPY(米ドル/日本円)

AUD/JPY(豪ドル/日本円)
AUD/USD(豪ドル/米ドル)
EUR/JPY(ユーロ/日本円)
EUR/USD(ユーロ/米ドル)
GBP/JPY(英ポンド/日本円)
NZD/JPY(ニュージーランドドル/日本円)
USD/JPY(米ドル/日本円)

通貨ペアには攻略難易度が存在する

通貨ペアにも難易度が存在する

通貨ペア選びのおすすめですが、実は通貨ペア毎に難易度が存在します。何だか分かりますか?それは「 取引量 」です。 取引量が多ければ多いほど攻略の難易度が下がります。

そのため 分析を行っても予想通りの動きをせずに勝率が下がる事があります。

取引量の多い通貨ペア:
緩やかに為替が進むため予想外の動きが少なく 攻略難易度が低い

取引量の少ない通貨ペア:
為替の動きが大きく上がった瞬間に大きく下がるといった予想外の動きがあり 攻略難易度が高い

おすすめ通貨は「EUR/USD」「USD/JPY」

おすすめの通貨ペアは「EUR/USD」「USD/JPY」

その理由として 取引量の多い通貨ペアは集団心理が強く働きます。 上昇、下降の気配が見えるとトレンドが形成され、続くように投資家の売買が始まるのでそれに乗るような形でエントリーを行えば勝ちやすいです。

EUR/USD
・世界で一番取引量の多い通貨ペア
・トレンド方向に対し動く
スプレッド取引も積極的に狙える
・3分、5分、15分、1時間取引がおすすめ

USD/JPY
・世界で一番取引量の多い通貨ペア
・トレンド方向に対し緩やかに動く
スプレッド無しで勝率重視で狙う時
・5分・15分、1時間取引がおすすめ

まとめ「取引量=勝ちやすさ」

通貨ペアの選び方の基準で最も大事なのが「取引量」です。 取引量の多い通貨ペアは予想外の値動きを起こす事が少なく、分析が行いやすいためです。

そして取引量の多い通貨ペアは「EUR/USD」「USD/JPY」の2種類。 どちらの通貨ペアも3分以上の取引であればトレンド方向への順張り取引が有効です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる