概要

バイナリー オプション 投資 助言

バイナリー オプション 投資 助言
(1)担保文言 日本国内の投資者が当該サービスの対象とされていない旨の文言が明記されていること。
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①当該担保文言を判読するためには、広告等を閲覧する以外の特段の追加的操作を要しないこと。
②担保文言が、当該サイトを利用する日本国内の投資者が合理的に判読できる言語により表示されていること。 (2)取引防止措置等 日本国内にある投資者との間の有価証券関連業に係る行為を防止するための措置が講じられていること。
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①取引に際して、投資者より、住所、郵送先住所、メールアドレス、支払い方法その他の情報を提示させることにより、その居所を確認できる手続を経ていること。
②明らかに日本国内の投資者による有価証券関連業に係る行為であると信ずるに足る合理的な事由がある場合には、当該投資者から注文に応ずることのないよう配意していること。
③日本国内に顧客向けのコールセンターを設置する、或いは国内投資者を対象とするホームページ等にリンクを設定する等を始めとして、日本国内にある投資者に対し有価証券関連業に係る行為を誘引することのないよう配意していること。 また、以上に掲げる措置はあくまで例示であり、これらと同等若しくはそれ以上の措置が講じられている場合には、当該広告等の提供は、国内投資者向けの「勧誘」行為に該当しないものとする。 (3)なお、以上に掲げるような合理的な措置が講じられていない場合には、当該広告等の提供が国内投資者向けの「勧誘」行為に該当する蓋然性が極めて高いことから、当該外国証券業者は、日本国内の投資者との間で勧誘を伴う実際の有価証券関連業に係る行為が行われていない旨を証明すべきである。 X-1-2 外国証券業者によるインターネット等を利用したクロスボーダー取引

オプザイル 法令上の問題

金融商品取引法第29条によれば、投資助言業を含む「金融商品取引業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ、行うことができない」 [8] とされており、内閣総理大臣の登録を受けずに金融商品取引業を行った者は、5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処される、または併科を受けることになることが金融商品取引法第197条の2第10号の4に規定されている [9] [10] 。オプザイルの勧誘行為は、金融商品取引法第2条8項11号イおよびロに規定される投資助言業に当たる行為とみなされる可能性があり、弁護士の荒井哲朗によると、前述の業登録を義務付けた法令に違反している可能性があるという [5] [11] 。

ハイローオーストラリア

2013年以降、日本国内では、「1分や5分で満期を迎えるような短期商品」の取扱いを金融庁が禁止し [1] [3] 、さらに日本証券業協会がバイナリーオプション取引に関する規則を制定し、同規則第5条において「バイナリーオプション取引について、各銘柄の取引期間を2時間以上となるよう、また、各銘柄の判定期限を同時又は間隔が2時間以上となるよう設定しなければならない」としたため、日本国内のバイナリーオプション業者は、取引期間を2時間未満とする商品は販売していない [1] [12] 。しかしながら、外国のバイナリーオプション業者が、取引期間を2時間未満とする商品を日本国内で販売することは、規制されていないため、日本国内でも超短期でのバイナリーオプション取引を希望する者がこうした外国の業者を使っての取引を行っている [1] 。そのような中、オプザイルのメンバーらも、Highlow Markets社なる外国の業者が運営するハイローオーストラリアを経由しての取引を実行し、また勧誘の対象者にもハイローオーストラリアの利用を推奨している [1] 。しかしながら、このハイローオーストラリアを運営するHighlow Markets社については、金融庁が警告書を発出しており、利用業者そのものにも危険がある [13] 。そのような危険から国民を保護するため、金融庁では、ハイローオーストラリアなどの無登録の海外所在業者について、「業務の実態等の把握が難しく、仮にトラブルが生じたとしても業者への追及は極めて困難です。契約は行わないでください」と日本国民に対して求めているという実態がある [3] 。

バイナリーオプション取引の違法性

(1)担保文言

日本国内の投資者が当該サービスの対象とされていない旨の文言が明記されていること。
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①当該担保文言を判読するためには、広告等を閲覧する以外の特段の追加的操作を要しないこと。
②担保文言が、当該サイトを利用する日本国内の投資者が合理的に判読できる言語により表示されていること。

(2)取引防止措置等

日本国内にある投資者との間の有価証券関連業に係る行為を防止するための措置が講じられていること。
上記措置が十分に講じられているかを判断する際には、以下に掲げる事項に留意する必要がある。
①取引に際して、投資者より、住所、郵送先住所、メールアドレス、支払い方法その他の情報を提示させることにより、その居所を確認できる手続を経ていること。
②明らかに日本国内の投資者による有価証券関連業に係る行為であると信ずるに足る合理的な事由がある場合には、当該投資者から注文に応ずることのないよう配意していること。
③日本国内に顧客向けのコールセンターを設置する、或いは国内投資者を対象とするホームページ等にリンクを設定する等を始めとして、日本国内にある投資者に対し有価証券関連業に係る行為を誘引することのないよう配意していること。

バイナリー オプション 投資 助言

また、以上に掲げる措置はあくまで例示であり、これらと同等若しくはそれ以上の措置が講じられている場合には、当該広告等の提供は、国内投資者向けの「勧誘」行為に該当しないものとする。

(3)なお、以上に掲げるような合理的な措置が講じられていない場合には、当該広告等の提供が国内投資者向けの「勧誘」行為に該当する蓋然性が極めて高いことから、当該外国証券業者は、日本国内の投資者との間で勧誘を伴う実際の有価証券関連業に係る行為が行われていない旨を証明すべきである。

X-1-2 外国証券業者によるインターネット等を利用したクロスボーダー取引

機関投資家向け業務の登録免除

IBの適法性

アフィリエイトの適法性

取引被害の法的保護

海外無登録業者に対して日本の金融当局が規制監督をすることは不可能です。そのため、無登録業者に対しても、警告を発するに留まっています。また、金融商品取引法違反であっても現実的に被疑者を逮捕、起訴することは不可能に近いです。

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

会社を設立したいと思ってます 事業内容は、投資顧問業ですよく女性や男性が有料でLINEでバイナリーオプションの上がる下がるを指示するのは 違法です、金融商品取引法違反になります ですので、この投資顧問業等の会社を設立して、金融商品取引するには どんな資格か届け出が必要なのか? 資格では無く、金融庁などに届け出や説明聞いただけで大丈夫なのか? まったくわかりません、昔あった今でも娘さんが引き継いでるのかな? 村上ファンドのような事業で小さな規模でしたいと思ってます 必要な資格などを教えてください

ベストアンサーに選ばれた回答

投資顧問業は開業では資格は必須でなく、「届け制度」だった筈です。 数年前までは 届け+開業手数料 なるものを納める事で、登録できました。 ところが 日本国内に不正業者が多発している現状から、届け制度が厳しくなりました。 実態は多くの”大陸勢”が存在し、詐欺・窃盗ともいえる事件が目立ったことで金融庁も腰を上げたようです。 それまでに金融庁はこれら”大陸勢らのゴキブリ” を一掃するが為、外国為替市場での証拠金取引(FXのこと)での規制をかけました。 バイナリー オプション 投資 助言 そして 今現在はバイナリーオプションへの規制をした段階です。 YouTubeやSNSなどによる勧誘で投資指示・誘導活動には、「投資顧問業」の届け出・登録が必須です。 今現在この届けには、【500万円】の手数料を要します。 そこまでして開業したい「事業」なのでしょうか。 これは明らかに”某国輩” への対策です。 バイナリー オプション 投資 助言 それを証拠に「純日本人が投資活動にて明らかな行政障壁はない」筈です。 バイナリーオプション取引であっても、利用禁止にはなってなく自由です。 ところが 某国の連中は、FXもバイナリーオプションもできる環境になく日本国の冬眠口座などを狙い窃盗同然の詐取をして取引している裏情報があります。 貴殿が純日本人であるならば、「決まり・規則を守りさえすれば」活動は自由です。 ただし、 投資顧問業はその歴史的背景から「開業しづらくなって」しまいました。 バイナリー オプション 投資 助言 ここに【行政が国内投資顧問業者でない者の活動】に甘過ぎる態度である理由があります。 ご参考に

その他の回答

信用がなければあなたに現金を預けません。 投資ファンドに勝てますか? 考えはよいかと思いますが、信用がなければ事業としては成り立ちません。

13年ほど前に、不祥事から証券取引法等が改正され金融商品取引法が成立しました。当時出来立ての法制の下で投資顧問業の資格を登録した者です。 主管の財務局の金融監督課に申請するのですが、法律が出来立てすぎて担当官も判らない点があり、あれこれやり取りしながら進めたのを覚えています。 金融商品取引業は、第一種金融商品取引業、第二種金融商品取引業、投資運用業、投資助言・代理業の4つに分類されています。全て内閣総理大臣への申請・登録が必要となり、財産的基盤(最低資本金など)や事業者としての適格性の規定などを満たす必要があります。 投資顧問業者としての営業資格の認可基準は、あなたが投資助言・代理業型の投資顧問業を営むか、投資運用型の投資顧問業を営むかでも変わります。 具体的には、登録申請者に破産者などの不適格者はいないか、投資家保護の体制が整っているのか、証拠金で預けるお金(バイナリー オプション 投資 助言 500万)があるのかです。 上記のうち助言のみ行うとする申請は、最も難易度が低いです。 ただし、これだけではいわゆるファンドの運営は出来ません。出来るのはこの銘柄がいいよという「助言」だけです。 村上ファンドは、少なくとも第二種、投資助言、投資運用業の3つの資格を持っているということです。そうでないとファンドの運営は出来ません。 以下参考 第一種金融商品取引業は、有価証券の売買(みなし有価証券を除く)、店頭デリバティブ取引等、引受業務、私設取引システムの運営、有価証券等管理業務などを指し、主に証券会社などが営んでいる。 第二種金融商品取引業は、集団投資スキーム等の自己募集、みなし有価証券の売買等、市場デリバティブ取引(有価証券を除く)などを指し、主に自己募集のファンドなどが営んでいる。 投資助言・代理業は、投資顧問契約に基づく助言、投資顧問契約や投資一任契約締結の代理・媒介等を指し、主に投資顧問業者(投資助言・代理業者)などが営んでいる。 投資運用業は、投資一任契約等に基づく運用、投資信託等の運用、集団投資スキーム等の運用等を指し、主に投資信託委託業者(運用会社)や投資顧問業者(投資運用業者)などが営んでいる。

営みたいのは、投資助言業務なんですか?投資一任業務なんでしょうか。 投資顧問業と書いているので、投資助言業務なのかも知れません。「金融商品取引する」と書いてありますので、一任かもしれませんが、不明瞭です。 いずれにしても、金融庁に登録を行う必要があります。登録手続き、必要書類は同庁および所管の財務局のホームページで確認してください。 財務局に相談に行った方が早いと思います。 なお、供託金および登録免許税が必要です。登録拒否事由も法定事由としてあります。

シストレ口座 年次報告書の見方

取引損益

  1. 個人口座の確定申告の場合、各年の1月1日から12月31日までの各取引口座での実現損益の合計金額を申告していただく必要があります。
  2. 通常、キャッシュバックやアフィリエイト報酬等は一時所得に該当しますが、個人口座の場合、雑所得として課税対象となることがあります。詳細は管轄の税務署や税理士等へお問合せください。
  3. 本内容は、個人口座の確定申告を前提としております。法人口座の場合は申告金額等が異なりますので、管轄の税務署や税理士等へお問合せください。

お客様サポート

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 バイナリー オプション 投資 助言 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

バイナリー オプション 投資 バイナリー オプション 投資 助言 助言

平成29年8月15日
令和3年6月14日改訂
トレイダーズ証券株式会社

最高の取引環境の追求

当社は、常にお客様の取引環境の向上に努めることが、お客様の利益を追求することであると考え、創業当初からお客様のニーズに耳を傾け、金融商品の提供、取引システムやサービスの改善、改修に取り組んでまいりました。例えば、お客様のアンケートをもとに取引システムの操作性を改修し、カスタマーサポートに寄せられたご意見・ご要望をもとに注文画面のデザインや操作マニュアルを変更してまいりました。また、初心者の方でも安心して取引いただけるよう万全のサポート体制を整えており、少額からの取引、カスタマーサポートによる電話サポート、初心者向けコンテンツの充実など、業界に先駆けていち早く取り組んでまいりました。お客様の資産を安心してお預けいただくための信託スキームも当社が業界で最初に導入しており、現在は法令における分別管理に関する外部監査の他、任意で外国為替関連取引に係る区分管理の状況について監査法人による外部監査を受検し適切に資産管理を行っております。
当社は今後も、これまでに培った高度な専門知識と職業倫理を保持し、誠実・公正に業務を行い、お客様本位の良質なサービスを提供してまいります。また、こうした業務運営が企業文化として今後も定着するよう、役職員の意識向上のため教育を行ってまいります。
【ご参考】
経営方針
「みんなのFX」「みんなのシストレ」「みんなのオプション」お客様の声を形にした改善レポート

利益相反の適切な管理

手数料の明確化

当社が提供する店頭外国為替証拠金取引(以下、「FX」といいます。)の「みんなのFX」「みんなのシストレ」及び「LIGHT FX」、店頭通貨バイナリーオプション取引(以下、「オプション」といいます。)の「みんなのオプション」は、取引手数料及び取引口座管理費は無料となっております。お客様に直接ご負担いただく費用はないものの、FXにおいては通貨ペアの売値と買値の差額(スプレッド)の一部が、またオプションにおいては総取引金額(お客様のオプション購入金額の合計額)と総支払金額(当社がお客様へ支払った金額の合計額)の差額が当社の収益となっています。お客様に対してFXの売値と買値の差額をスプレッドとして取引ツールやwebページで表示し、オプションの総取引金額に対する総支払金額の割合等の実績を毎月開示することで、透明性の向上を図っております。当社では、主要通貨ペアのスプレッドを原則固定(時間指定)で配信しており、安定した価格提供に努めております。また、「みんなのシストレ」では、助言報酬として、「片道:0.2pips」に「お客様の取引数量」を乗じて得た金額(税込)を徴収いたします。ただし、助言報酬は、「みんなのシストレ」で提供するスプレッドに含まれております。助言報酬は、「みんなのシストレ」でのFX取引の約定時毎に発生し、その約定時毎に徴収いたします。
【ご参考】
「みんなのFX」固定スプレッド配信実績
「LIGHT FX」固定スプレッド配信実績
「みんなのオプション」取引実績

重要な情報のわかりやすい提供

お客様にふさわしいサービスの提供

当社は、創業以来、個人投資家向けに最先端の金融デリバティブ取引サービスを提供するリーディング・カンパニーとなることを目指して商品を提供してまいりました。日本で初めてFXのオンライン取引サービスを開始し、その後もバイナリーオプションやシステムトレード(自動売買)など、常にお客様のニーズをとらえた商品・サービスを開発しております。
今後も、お客様の資産状況、投資経験、知識及び取引目的・ニーズを把握し、お客様にふさわしい商品・サービスの提供を行ってまいります。また、適合性の原則に基づき、商品・サービスの提供については、お客様一人ひとりの適切性・妥当性を判断しております。
【ご参考】
投資勧誘方針

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる