オプション取引活用術

個人投資家必見

個人投資家必見
■口座開設数1位、IPO取扱数1位、投信本数1位、外国株取扱国数1位
>> SBI証券の口座開設はこちら

個人投資家が効率よく資産を増やす
一番おすすめの投資法とは?

◎ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円!
小型株は伸びしろが大きいわりに、目を付けている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分目狙える。 個人投資家必見
資産100万円になれば銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”へ!
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
今度は『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブル』として、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

◎ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分目狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”個人投資家必見 に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブル 』として、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

個人投資家が効率よく資産を増やす<br /></p>
<p>一番おすすめの投資法とは? Photo: Adobe Stock

小型株集中投資と
FXや先物との違いとは?

「小型株集中投資」と聞くと、このようなトレードをイメージする人もいますが、それは勘違い。
まったくの別ものです。

その会社の価値が上昇すれば、「全体のパイ」(=時価総額:会社を丸ごと買ったときの値段)も増えるので、その会社に投資した全員が儲けることが可能です。これを「プラスサム・ゲーム」(サムは英語で「合計」の意味)といいます。

「ゼロサム・ゲーム」より「プラスサム・ゲーム」がおすすめなのはもちろんですが、「プラスサム・ゲーム」のなかでも、元手が限られる個人投資家が効率よく資産を増やすには、小型株集中投資がいちばんなのです。

個人投資家が効率よく資産を増やす<br /></p>
<p>一番おすすめの投資法とは?

10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブル

◎ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円! 小型株は伸びしろが大きいわりに、目を付けている投資家が少ない。 それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。 大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。 いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。 10万円から株式投資をスタートしたとしても、 収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、 1年で資産100万~200万円は十分目狙える。 資産100万円になれば銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。 資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、 この壁を突破すれば10万円を100万円、 100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”へ! ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。 今度は『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブル』として、 小型株集中投資のテクニックを全公開!

「資産が増える個人投資家とそうでない投資家」考え方の決定的差

日本株ファンドマネジャー歴25年。年間100社を超える調査取材をこなし、公的年金・投資信託・NY上場ファンドなど20代で1000億円以上、40代で2000億円超の日本株運用を担当。ベンチマークである東証株価指数(TOPIX)を大幅に上回る運用実績をあげてきた。
ファンドマネジャー時代の1999-2013年に毎週書いてきた投資情報「黒潮週報」は、英語・中国語に翻訳され、海外機関投資家に配布されてきた。中東・中国・東南アジアに出張し、機関投資家と直接対談してきた経験から、外国人投資家事情に精通。
楽天証券では2014年から現在まで、同社投資メディア「トウシル」にて月曜日から木曜日まで「3分でわかる!今日の投資戦略」を連載。月間200万ページビューを超える人気コラムとなっている。
企業会計基準委員会「ディスクロージャー専門委員会」委員、内閣府「女性が輝く先進企業表彰選考会」委員など歴任。
著書に『IFRSで企業業績はこう変わる』(日本経済新聞出版)、『クイズ会計がわかる70題』(中央経済社)、『NISAで利回り5%を稼ぐ高配当株投資術』(日本経済新聞社)など。

株式投資をする人にぜひ読んで欲しい1冊が『株トレ――世界一楽しい「一問一答」株の教科書』だ。クイズを解きながら「株のトレードで勝つ技術」を身につける画期的な1冊だ。著者は、 ファンドマネジャー歴25年、2000億円超を運用してTOPIXを大幅に上回る好実績をあげたスペシャリスト の楽天証券・窪田真之氏。何万回にも及ぶ膨大な数のトレードから確立した「トレードで勝つ技術」を1冊に凝縮した本書から、特別に一部を抜粋して紹介する。

株トレ

Photo: Adobe Stock

株式投資のクイズにチャレンジ

売り、買い、様子見、どうする?

あなたならどう考える? この株は、売り、買い、様子見、どうする?

あなたならどう考える? この株は、売り、買い、様子見、どうする?

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる