おすすめ記事

マーチンゲール法とは

マーチンゲール法とは

ここでは、 実際のカジノのギャンブルで活用できるマーチンゲール法を利用した攻略法 を紹介していきます。

She'sOnlineGAMBLER

89095619-sexy-d

マーチンゲール法では、単にギャンブルをしているだけに過ぎないのです。

最初の マーチンゲール法とは 賭け金を100円 にしたとして、もし 10連敗すると5万1,200円 も一度に賭けなくてはいけなくなります。

これはその名の通り、負けた時ではなく、 勝った時に賭け金を倍にしていく方法 です。

12806006-3d-rendering-conceptual-image-dollar-tunnel

どこでゲームから降りるかをコントロールすればいいのでしょうが、必ず負けは発生するので、いくら繰り返してもプラマイゼロ、もしくはマイナスになってしまう可能性の方が高いです。

65251783-beautiful-young-model-drinking-cocktail-in-casino

その後、世界中の多くのギャンブラーがこのマーチンゲール法を「必勝法」として使ってきました。
しかし、 カジノ側が設けたベットリミット(賭け金の上限)により、いくら資産のあるVIP客あっても損失を取り返せないで終わる 、という結果となっています。

なお、 オンラインカジノにも「ベットリミット」がある ので、マーチンゲール法を使ってみたい方はその辺りもご注意ください。

ベラジョンカジノは日本人に最も選ばれているオンラインカジノです。

スマホからでも簡単に遊ぶことができ、完全日本語対応しています。

登録だけでもらえる30ドルのボーナスと、入金ボーナスと合わせると最大530ドルもらうことができる のでオススメです。

ルーレット基本戦略

Casitabi

Casitabi

Cherry Casino

Cherry Casino

Eldoah Casino

Eldoah Casino

満18歳以上|責任あるプレイ|gamblingtherapy.org/ja/ | 新規プレイヤー限定:【入金不要ボーナス】2000円、 出金条件1倍, 有効期限30日間 【初回入金キャッシュバック】損失額の50%、 最大50,マーチンゲール法とは 000円 | 利用規約が適用されます

マーチンゲール法

マーチンゲール法とは、「倍賭け方法」「2倍賭け」とも呼ばれるギャンブルの戦略で、「負けた2倍の額を永遠に賭け続けることで必ず勝てるテクニック」として知られています。

マーチンゲール法の使い方

マーチンゲール法の使い方はいたって簡単。上述したように「負けた後は2倍賭け!」を徹底する、それだけです。

マーチンゲール法をシミュレーションしてみた【検証】

マーチンゲール法検証ツール

勝率50%のゲーム ヨーロピアンルーレット アメリカンルーレット 検証開始 »

カジノテーブルとチップ

  1. 通貨は日本円(¥)とする
  2. 勝利金は賭け金の2倍とする

マーチンゲール法で3回まわした場合

回数結果ベット額リターン損益
1負け100円-100円-100円
2負け200円-200円-300円
3勝ち!400円+800円+100円

3回目でやっと勝つことができたので、ベット額の400円が+800円(2倍)となり見事ハッピーエンド…かのように思いますが、全体の損益を計算するためには+800円から「今回の賭け金」と「これまでの損益」を引かなくてはなりません。

  • 今回の賭け金:400円
  • これまでの損益:-300円
  • 800円-(400円+300円)=100円

マーチンゲール法で10回まわした場合

マーチンゲール法はカジノの必勝法だ!そんな微々たるカネなわけがない!」筆者も最初はそう思いました。けど、シミュレーションすればするほど、その希望は失せる結果となってしまったのです。

回数結果ベット額リターン損益
1負け100円-100円-100円
2負け200円-200円-300円
3負け400円-400円-700円
4負け800円-800円-1,500円
5負け1,600円-1,600円-3100円
6負け3,200円-3,200円-6,300円
7負け6,400円-6,400円-12,700円
8負け12,800円-12,800円-25,500円
9負け25,600円-25,600円-51,100円
10勝ち!51,200円+102,400円+100円

そして、勝ち金(リターン)も10万を超えたと思いましたが、先ほどのように「今回の賭け金」と「これまでの損益」を差し引いたら、最終的に手元に残ったお金はたったの+100円。

マーチンゲール法のデメリット

カジノチップ

マーチンゲール法のシミュレーション表を見て分かったと思いますが、倍賭けし続ければいずれ勝つときが訪れ、「たった一回の勝利」でこれまでの損益を一瞬で取り戻すことができます。

ミニマムベットによる最低額の制限

先程のように賭け金が100円($1)くらいであれば数万で済みますが、ブラックジャックやバカラが遊べるカジノテーブルには「ミニマムベット(最低賭け金)」というものが設置されています。

賭け金(ベット額)が膨らみすぎて手持ちが尽きる

つまり、「んじゃ初期ベット額を数万にすればいいじゃん」というさっきの回答としては「大富豪ならできるよ」ですね。

テーブルリミットによる回数制限

これは「このテーブルではMAX〇〇円まで賭けられます」を表すもので、それ以上の金額は賭けることができません。

  • ミニマムベット(最低額):約500円~約2,000円
  • マックスベット(最高額):約40万円

ハウスエッジの存在

また、カジノを含むギャンブルには「ハウスエッジ(控除率)」と呼ばれる胴元の取り分が発生するため、カジペディアスタッフの知る限りでは勝率50%というゲームはまずありません。

カジノゲーム(勝率50%)の連敗率は?

勝率50%

のどちらかとなり、当然ですが、連続の結果がでるパターンは何度プレイしようとも「1通り」となります。つまり皆さんが学生のころ勉強した「確率計算式」をつかえば総プレイ数の連敗率が求められちゃいます!あらカンタン!

プレイ回数計算式連敗率
11÷2×10050%
21÷2 2 ×10025%
31÷2 3 ×10012.5%
41÷2 4 ×1006.25%
51÷2 5 ×1003.12…%
61÷2 6 ×1001.56…%
71÷2 7 ×1000.マーチンゲール法とは 78…%
81÷2 8 ×1000.39…%
91÷2 9 ×1000.19…%
101÷2 10 ×1000.097…%

確かに確率だけみれば連敗する確率は低いといえますが、「その数パーセントがどのタイミングで起こるのか」は神のみぞ知ることです。

【結論】マーチンゲール法はハイリスクローリターン

まとめますが、マーチンゲール法は以下の条件によって縛られているので「ハイリスクローリターン」といえる戦略です。長時間耐えて、耐えて、勝ち金は一定。

クソも使えません!

  • 〇回負け続けたら辞める
  • 資金が+10%になった時点で速攻テーブルを離れる

マーチンゲール法が必勝法と言われる所以

マーチンゲール法は負けたらベットを倍にするという簡単な手法なので、”続けることができれば”確かに負け知らずの必勝法と言えます。

世の必勝法はすべてマーチンゲール法の亜流

パーレイ法とは?

パーレイ法

マーチンゲール法の追いかける戦術(負けたら2倍賭け)から打って変わり、勝利したときに倍プッシュしていくのが特徴で、成功すると莫大な利益を獲得することができます。

また、勝てば2倍というように、マーチンゲール法と逆の賭け方をすることから、別名「アンチマーチンゲール法」「逆マーチンゲール法」と呼ばれることもあります。

パーレイ法の使い方

パーレイ法は究極のハイリスク・ハイリターン

出目の期待値が赤黒など2分の1のゲームでは、1回目は2分の1の50%、2回連続で勝つ確率は1回目の勝率と2回目の勝率を掛けて25%となります。それは0.5をどんどん掛けていくこととなり、言い換えれば、「連勝する確率は0.5倍ずつ少なくなる」ということです。

パーレイ法をシミュレーションしてみた【検証】

パーレイ法検証ツール

勝率50%のゲーム ヨーロピアンルーレット アメリカンルーレット 検証開始 »

こちらの記事にあるように、ルーレットでマーチンゲール法を試してみた当メディアのスタッフがまさかの一撃死してしまったため、納得がいかずスタッフの総力を結集してマーチンゲール法のシミュレーターを開発!!

その流れでパーレイ法のシミュレーターも作ってみた模様です!勝率が50%のゲーム、ヨーロピアンルーレット、アメリカンルーレットのケースでシミュレーションできます!

積み上げられたチップ

  1. 通貨は日本円(¥)とする
  2. 勝利金は賭け金の2倍とする
  3. 勝率50%

パーレイ法で3連勝した場合

回数結果ベット額リターン損益
1勝ち100円+200円+100円
2勝ち200円+400円+300円
3勝ち400円+800円+700円

パーレイ法で9連勝したが10連勝目で負けた場合

回数結果ベット額リターン損益
1勝ち100円+200円+100円
2勝ち200円+400円+300円
3勝ち400円+800円+700円
4勝ち800円+1,600円+1,500円
5勝ち1,600円+3,200円+3100円
6勝ち3,200円+6,400円+6,300円
7勝ち6,400円+12,800円+12,700円
8勝ち12,800円+25,600円+25,500円
9勝ち25,600円+51,200円+51,100円
10負け51,マーチンゲール法とは 200円-51,200円-100円

勝って2倍なので、損益的にはたったの-100円ですが、パーレイ法の恐ろしさは「これまでの連勝が一瞬で消えてしまう」ということです。

パーレイ法のメリット・デメリット

まとめられたチップ

先程の表を見てもらえれば分かると思いますが、パーレイ法のメリットは「連勝したときの爆発力」。一方デメリットは「欲望にかられると一瞬でマイナスに」です。

連勝したときの爆発力

回数結果ベット額リターン損益
5勝ち16万円+32万円+31万円
6勝ち32万円+64万円+63万円
7勝ち64万円+128万円+127万円

例えば、最初のベットを1万円でスタートさせると、7連勝した暁には+127万円の利益が発生します。これがパーレイ法最大のメリットである「連勝による爆発力」です。

欲望にかられると一瞬でマイナスになる

回数結果ベット額リターン損益
8勝ち128万円+256万円+255万円
9勝ち256万円+512万円+511万円
10負け512万円-511万円-1万円

100万以上もベットできるテーブルなんてのはVIPルーム以外にまず有り得ませんが、仮に1万円を転がして9連勝(+511万円)まで膨れ上がったとしても、「もう一回勝てば1024万円!」と欲望にかられて負ければ、これまでの約500万は水の泡どころか、1万のマイナスになります。

これだけ見れば「連勝したときに辞めれば勝てるじゃん!」と思いますが、見たこともない札の束が脳裏をよぎった時、その欲に勝てないのが僕たち人間

パーレイ法が使えなくなることも

モノクロのチップ

しかもパーレイ法はカジノのテーブルルールが邪魔となり、「永遠に倍賭けすることができません」。

テーブルリミットとは、「このテーブルは〇〇円までが上限です」というその場の最高賭け金をあらわすもので、マックスベットが40万円であれば40万以上は賭けられないですし、10万であれば10万以上は賭けられません。

カジノゲーム(勝率50%)の連勝率は?

勝率50%

  • 勝率50%ジャストのゲームであること
  • 勝ったら2倍の配当金がもらえること

プレイ回数計算式連勝率
11÷2×10050%
21÷2 2 ×10025%
31÷2 3 ×10012.5%
41÷2 4 ×1006.25%
51÷2 5 ×1003.12…%
61÷2 6 ×1001.56…%
71÷2 7 ×1000.78…%
81÷2 8 ×1000.39…%
91÷2 9 ×1000.19…%
101÷2 10 ×1000.097…%

数字だけみると、4、5連勝までだと運がよければ当たりそうな気がします。しかし、6連勝目からは1%代。10連勝なんてのは約0.1%と1000分の1の確率です。

「じゃあどうすればいいんだよ!!」

パーレイ法をうまく使えるギャンブラーの共通点

  1. 大金を逃しても微動だにしない鋼のメンタル
  2. 経験を積み重ねて得たテーブル(場)の読み
  3. 損切り(〇回やったら辞める)など自分への鬼ルールを設定

つまり「自分との闘いに打ち勝ち、運を呼び込む」ということ。文字にするとなんだかイカサマ占いみたいな感じになってしまいますが、そもそもほとんどのギャンブルは運ですからね。

パーレイ法まとめ

10ユニット法

ルーケット 真ん中に勝負

ルーレットにも様々な攻略方法がありますが、その中の1つに「10ユニット法」というものがあります。

10ユニット法でプレイする前に決めること2つ

10ユニット法のやり方(ルーレット編)

赤/黒の賭け

奇数/偶数の賭け

ハイロー賭け

10ユニット法のやり方・使い方

  1. 手に入れたい金額(目標とする利益額)
  2. なくなってもいい金額(上限金額)
  3. 1ユニット分の金額(賭け金の基本単位)

ゲーム開始

勝った場合

負けた場合

10ユニット法を検証(シミュレーション)

10ユニット法まとめ

カジノでルーレットをプレイする場合、上級者になればなるほど、ゲームに勝利し利益を得るためには、どんなプレイスタイルで挑むかということを考えています。ただ単に無計画でプレイすることは決してしません。1回のゲームの勝敗の結果ではなく、長期的にプレイを継続して、自分で設定した目標に対して結果を出すことにルーレットの楽しさを感じているのです。10ユニット法はそうしたプレーヤーに最適な攻略方法といえるのではないでしょうか。

65パーセント法

ルーレット

65パーセント法の命名由来

65パーセント法のやり方

それでは「65パーセント法」のやり方についてご紹介していきます。まず「65パーセント法」を実践するにあたって、賭ける前に「ダズンベット」に賭けるか、「カラムベット」に賭けるかを決めておく必要があります。

65パーセント法の検証

大きなルーレット

65パーセント法は戦略のひとつであり攻略法ではない

65パーセント法まとめ

ベアビック法

ルーレットは「カジノの女王」とも呼ばれ、多くの人がプレイする人気ゲームです。しかしこのルーレットには0から36までの37通りがある「フレンチルーレット(ヨーロピアンルーレット)」と0から36、そして00の38通りがある「アメリカンルーレット」の2つが主流とされます。この2つのルーレットはカジノのある国や地域によって採用しているものに違いがあります。
またルーレットの賭け方も当たる数字ひとつに賭ける「ストレート」や隣り合うふたつの数字に一度に賭ける「スプリット」などさまざまな種類があります。
また数字に賭ける「インサイドベット」、列などのカテゴリーに賭ける「アウトサイドベット」とあり、倍率なども変わってくるので見た目のシンプルさとは裏腹に賭け方や勝つための戦術も奥深く、勝つのはなかなか難しいものです。
そんなルーレットの攻略法として「ベアビック法」と呼ばれるものがあります。「ベアビック法」はルーレットの戦術のひとつですが、ゲームごとの勝率が94.5%というかなりのハイアベレージを誇る戦術で、オンラインカジノなどで実践するプレイヤーも少なくありません。
この「ベアビック法」とはヨーロピアンルーレットであれば37通りのうち、0と「前のゲームで出た数字」のふたつを除き、残りの35カ所すべてにストレートベットするというものです。
ストレートベットは的中すれば賭け金が36倍になるもので、全37通り中35通りが的中となるので、的中率は94.5%となり、ベアビック法で35ドル賭けても当たれば36倍ドルになるので、勝率も94.5%になるのです。

ベアビック法のやり方

それでは「ベアビック法」はどのようにして行うか、やり方をご紹介していきます。
ゲームが始まったらディーラーがベットの終了となる「ノーモアベット」の言葉と共に、レイアウト(賭ける部分)を手でかざすまでの間はベットが可能なので、0と前回出た数字を除く35カ所にベットします。
前回出た数字がわからない場合は1から36の中で好みの数字ひとつをはずして賭けます。
例として前回の結果が「28」であれば、0と28を除くすべてにベットをしますが、自分が座っている位置によっては場所が遠いことがあります。また35カ所にベットをするのは時間がかかるので賭け終わる前に時間切れになってしまい、賭けきれなかった場所がヒットして負けてしまう、ということもあります。
これを防ぐために、「インサイドベット」と「アウトサイドベット」を複合させた「ベアビック法」を行うプレイヤーもいます。
これは前回出た数字がある列はストレートベットをし、残りの列はコラムベットに数字分(1ドルであれば12ドル)をベットすることで、複合させて「ベアビック法」を成立させるというものです。またオンラインカジノであればベットまでの時間制限がないところもあるので、こういったところでは「ベアビック法」がやりやすいと言えるでしょう。
「ベアビック法」のもうひとつのデメリットとして、1ベットが1ドルであれば毎ゲームごとに35ドルが必要となり、当たってもプラスは1ドルなので大きく勝てるものではありません。
さらに勝率は94.5%と高いものの、決して100%ではないので結果が偏った場合、資金的に余裕がなければすぐにお金が尽きてしまうこともあります。このため「ベアビック法」はある程度資金に余裕があるプレイヤーが実践できるルーレット戦術と言えます。

ベアビック法の検証

ルーレット戦略-ベアビッグ法

ベアビッグ法まとめ

日本人にピッタリのカジノをお探し? それならカジノドカン!! は要チェック! オンラインカジノの日本市場をしっかりと調査し、お得なボーナスや最高のゲームラインナップを誇るカジノを厳選して集めました。もちろん、信頼性や安全性もしっかりとチェックしているので、安心してプレイできるサイトを選択していただけます。 オンラインカジノ体験に役立つ情報も常にアップデート、多数掲載。最高のプレイを楽しむなら、今すぐドカンに入っちゃおう!

マーチンゲール法の使い方や応用テクニックとは?カジノ攻略法を完全解説


ここでは マーチンゲール法とはどんな攻略法なのか 解説を行っていきます。
万能な攻略法ではなく、 「競馬」「競艇」など不向きなギャンブルも存在する ので使いどころには注意が必要です。

  • 理論上勝率100%の手法?
  • マーチンゲール法の由来は?
  • マーチンゲールの利用方法は?
  • マーチンゲールのデメリット
  • マーチンゲール法の税金に注意!

理論上勝率100%の手法?

マーチンゲール法は 理論上の勝率が100%あるカジノ必勝法 として有名です。
しかしどんなゲームにも使用できる訳ではなく、「賭け対象の倍率が2倍」、「資金が無限にあること」が条件となっています。
この条件を満たせば、 賭け方も簡単で理論上は負けることがありません。 ただあまりに強力な必勝法のため、カジノ側で対策をとっていることが一般的。しかし、使用できる場面は多くあります。
またマーチンゲール法の考え方は、数多くのカジノ攻略法の元となっているものです。マーチンゲール法を理解することが勝ち組プレイヤーになるための最初の一歩と言えるでしょう。

マーチンゲール法の由来は?

マーチンゲール法はその昔、 マーティギュー というところに住んでいた人が好んで使っていたため「マーティギューシステム」と呼ばれていました。
負けたら倍プッシュする定番の攻略法ですが、元々は全く違う名前だったのです。他に伝わるうちにいつの間にかマーチンゲール法になったと言われています。

マーチンゲールの利用方法は?

マーチンゲール法の利用方法は簡単ですぐに覚えられます。
まずマーチンゲール法を利用できるのは、ルーレットの赤黒賭けのように 的中倍率が2倍のもの。 これは大事なことなので必ず覚えておきましょう。
あとは ベットして負けた場合に、次のベットで負けた時の賭け金の2倍をベットする だけです。
なぜこれが必勝法になるのか、実際にシミュレーションしてみると簡単に理解できます。
次の表はルーレットの赤黒賭けでマーチンゲール法を利用したものです。最初の2回は外れて、3回目に的中しています。

ゲーム(数)賭け金損益合計損益
11-1-1
22-2-3
3441

計算上は何回負けが続いても、その次に負けた時の金額の2倍を賭けて勝つことができれば、必ず利益がでます。
つまりマーチンゲール法は理論的には期待値が必ずプラスになる必勝法というわけです。
しかしプレイヤー側の期待値がプラスであれば、カジノ側がマイナスになり運営を続けられなくなってしまいます。
実はマーチンゲール法には、デメリットと言える点が存在するのです。

マーチンゲールのデメリット

マーチンゲール法は、理論上は1回でも勝つことができれば収支がプラスになる必勝法です。
しかし、実際には カジノ側の対策で賭けることができる上限金額が決まっていたり、プレイヤーの資金に限りがあったりします。
そのため、マーチンゲール法はどんな場面でも使える必勝法ではありません。
倍賭けができなくなった時点で負けた資金の回収が不可能になり、マーチンゲール法は失敗に終わります。
失敗した際には賭け金が膨れ上がっていることが多いので、大金を損切りしなくてはいけなくなることも多いです。
倍率2倍の勝負で連敗する確率は低くなっていきますが、マーチンゲール法にはこういったデメリットが存在します。

マーチンゲール法の税金に注意!

大勝ちした時に覚えておいて欲しい点があります。それは オンラインカジノのギャンブルで得た勝利金は税金の対象となる マーチンゲール法とは ことです。

マーチンゲールを活用した攻略法


ここでは、 実際のカジノのギャンブルで活用できるマーチンゲール法を利用した攻略法 を紹介していきます。

  • 攻略法①マーチンゲール法とパーレー法を組み合わせる
  • 攻略法②空回し(様子見)をして勝率を上げてからマーチンゲール法を利用する
  • 攻略法③3倍マーチンゲール法

攻略法①マーチンゲール法とパーレー法を組み合わせる

逆マーチンゲール法と呼ばれる パーレー法 は、マーチンゲール法との相性がとても良いです。

その パーレー法の損失分を取り戻すためにマーチンゲール法が有用 です。 マーチンゲール法とは
バーレー法は連勝を狙うためうまくいく確率が低いですが、逆にマーチンゲール法は連敗の阻止を狙うため成功率が高い攻略法になります。

ゲーム(数)賭け金損益合計損益
1111
2223
34-4-1
41-1-2
5220

攻略法②空回し(様子見)をして勝率を上げてからマーチンゲール法を利用する

マーチンゲール法で負け続けた時は、 空回し を利用することが効果的です。

空回しはベットをせずにルーレットの出目などを見ること。同じ出目は連続して出る確率が低いことを利用し、 的中する確率を上げる攻略法 です。

ゲーム(数)賭け金ベット出目損益合計損益
11-1-1
22-2-3
3-3
4-3
5-3
6441

攻略法③3倍マーチンゲール法

3倍マーチンゲール法 は、 負けた時に賭ける金額を3倍にする というマーチンゲール法を応用した攻略法です。
この攻略法は、ベット上限が高めに設定されているゲームや資金に余裕がある方におすすめの攻略法になります。

ゲーム(数)賭け金損益合計損益
11-1-1
23-3-4
39-9-13
427-27-40
5818141

マーチンゲールを上手く活用しよう!


マーチンゲール法は理解するのが簡単な攻略法ですが、 理論上の勝率は100%であるとても利用価値のある攻略法 です。
ベット金額の上限やプレイヤーの資金に上限があるなどで、マーチンゲール法が失敗に終わるデメリットはあります。
しかし、他の攻略法と組み合わせることで失敗をうまく回避し、大きな利益を得ることが可能です。
どれだけ有効な攻略法であるか気になった方は、ご自身の手でマーチンゲール法を試してみるのをおすすめします!

ハイローオーストラリアはマーチンゲールの法則禁止!口座凍結の恐れあり!

ハイローオーストラリアはマーチンゲールの法則禁止!口座凍結の恐れあり!

7.3.いかなる理由によっても、(当社がブラックボックス取引、スキャルピングまたはその他の類似の取引手法と認定した場合を含みますが、それらに限りません)任意の注文の拒絶、制限、指示また注文指示を受けた後条件追加を行うことができます。

7.4.当社は、以下の場合に本注文を取り消すか変更することができます。
(c)お客様のアカウント上で「禁止行為」が行われたまたはお客様が「禁止行為」に参加または介入したとの疑念を当社が持った場合。

【PDF】口座契約条件 より抜粋

結論:ハイローオーストラリアで高リスク取引はやめとけ!

長年バイナリーオプション取引でハイローオーストラリアを使っている身の私からすると、言える事はただ一つ。 口座凍結や出金が行えなくなリスクのある取引に手を出すな ということです。

  • 自動売買ツールを使用した取引
  • スキャルピング
  • マーチンゲール
  • グループ取引やミラトレ(ミラードレード)
  • 諸外国居住地、海外IPからの取引
  • 複数デバイスからの同時ログイン取引
  • その他、不正取引を疑われる取引

マーチンゲール法を使わずに勝つ戦略を身に着けよう

サッカー初心者にオーバーヘッドキックを教えるパンダ専務

これは例えるならば、サッカー初心者にボールに慣れる事、ドリブルやパスと言った基本的な技術を教える前に「オーバーヘッドキックの練習をして覚えよう!」と教えているようなものです。

しかし、初心者向けにバイナリーオプションを紹介しているサイトには「バックテストが大事」「相場分析が大切」などと素人が知っている単語を並べた様な記事が非常に目立ちます。

デモ取引で力量を図り、己の弱点を知れ!

しかし自分の弱点を知るために、投資資金をドブに捨てることはありません。バイナリーオプション業者の中には、無料デモ取引を提供している業者もあるため、これを有効活用しましょう。

ハイローオーストラリアのデモ取引画面ハイローオーストラリアのデモ取引画面

  • 通貨ペアの特徴など基礎的な為替知識が欠けている
  • 取引時間帯による為替の動向を把握していない
  • 自身が使えるインジケーターが少ない
  • テクニカル分析による分析方法がわからない
  • ローソク足チャート分析が苦手
  • そもそも為替取引の分析にどんな手段があるかわからない…etc.

これらの弱点分析を行うためにはデモ取引は非常に優秀なツールです。「本番の取引とは緊張が違う」と一定層のデモ取引否定派が居るのも事実ですが、そんなものは関係ありません。

  • マーチンゲール法は倍々法。負けが嵩む毎に投資額が爆発的に増えるため莫大な資金力が必要
  • ハイローオーストラリアでは口座凍結などのリスクが伴うためマーチンゲール法は使えない
  • マーチンゲール法などの取引方法に頼らず勝率を上げるためには自身の弱点分野を知る必要がある
  • 自身の弱点分析には無料で使えるデモ取引を有効活用しよう

何度も言いますが、 ハイローオーストラリアの取引ではマーチンゲール法を使わないで下さい! 口座凍結されて出金ができないと泣きを見ないように、リスクの伴う取引は避けましょう。

ハイローオーストラリアの無料デモ取引を始める

Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面Highlow.com(ハイローオーストラリア)デモ取引画面

マーシャル諸島でHLMI Ltdが運営する海外バイナリーオプション業者。出金の安全性やプラットフォームの使いやすさから 日本人利用率No.1 の海外業者で、初心者でも安心して利用できる。2022年1月にはプラットフォームの大規模アップデートが実施され、取引環境が大幅リニューアル!

マーチンゲール法とパーレー法の組み合わせ|おすすめベットシステム!

バカラには、100%勝てる攻略法は存在しません。ただ、勝率を上げるための努力をすれば少しずつでも収益を上げていくことは不可能ではありません。

この方法は、基本的なベットシステムの組み合わせなので、 誰でもすぐに実戦することができるので初心者の方にもおすすめです。 ただし、注意すべき点もいくつかありますので、注意点も踏まえて具体的に解説致します。

1. マーチンゲール法とは?

マーチンゲール法

まず、知っておきたいことは、 システムベットは大きく2種類に分かれます。 一つは「勝利した時」に駆使するベット方法、そしてもう一つは「負けた時」に駆使するベット方法の2つに分かれます。

マーチンゲール方は、後者の 「負けた時」に駆使するベットシステム で、ベットして負けた額の倍を次のゲームで賭けていく方法です。連敗が続けば、倍々にベット金額が膨れ上がりますが、勝利した時には今まで勝利した金額が全て戻って来るというシステムベットです。

マーチンゲール法の動きを具体的に見てみる!

マーチンゲール法のベット額と資金の動き方 マーチンゲール法とは
ゲーム回数 ベット額 勝敗 累計損益 解説
1 $1 負け -$1 負けた場合前回の2倍を次のゲームでベット
2$2 負け -$3 1ゲーム目のベット額の2倍をベット
3 $4 負け -$7 2ゲーム目のベット額の2倍をベット
4 $8 負け -$15 3ゲーム目のベット額の2倍をベット
5 $16 勝ち $1 4ゲーム目のベット額の2倍をベット
6 $1 勝ち $2 5ゲーム目で勝利したのでベット額をリセット

2. パーレー法とは?

パーレー法

先程、システムベットには「勝利した時」に駆使する方法と、「負けた時」に駆使する方法があると説明しましたが、パーレー方は前者の 「勝利した時」に駆使するベット方法です。

パーレー法の動きを具体的に見てみる!

パーレー法のベット額と資金の動き方 マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは
ゲーム回数 ベット額 勝敗 累計損益 解説
1 $1 勝ち $1 勝利した場合前回の2倍を次のゲームでベット
2 $2 勝ち $3 1ゲーム目のベット額の2倍をベット
3 $4 勝ち $7 2ゲーム目のベット額の2倍をベット
4 $8 勝ち $153ゲーム目のベット額の2倍をベット
5 $16 負け -$1 4ゲーム目のベット額の2倍をベット
6 $1 負け -$2 5ゲーム目で負けたのでベット額をリセット

3. マーチンゲール法とパーレー法を組み合わせる!

P_M法

マーチンゲール法は、負けを取り戻すシステムベット。そしてパーレー法は利益を増やしていくベットです。

この組み合わせの最重要ポイント!

ですので、 予め勝利回数を決めておく必要があります。 どういう事かと言うと、例えば3連勝と決めていれば、3連勝した後にパーレー法を リセット するということです。そうすれば、利益を確保しながらパーレー法を実行することができます。

具体的には以下の様に資金が動くことになります。

マーチンゲール法のベット額と資金の動き方
ゲーム回数 ベット額 勝敗 累計損益 解説
1 $1 勝ち $1 勝利した場合前回の2倍を次のゲームでベット
2 $2 勝ち $3 1ゲーム目のベット額の2倍をベット
3 $4 勝ち $7 2ゲーム目のベット額の2倍をベット
4 $1 勝ち $8 3連勝したのでベット額をリセット
5 $2 勝ち $10 4ゲーム目のベット額の2倍をベット
6 $4 負け $6 5ゲーム目で負けても累計$6の利益は残る

VITO

更に重要なのがこの勝利回数!

「バカラ実戦ブログ」を見て頂いた方は、わかると思いますが、「第1弾」は惜しくも失敗に終わりましたが、「第2弾」は見事30回成功しました。 成功理由はただ一つ「設定勝利回数」にあります。 勝利回数を変更
①第一弾 ②第二弾
ストレートで4連勝 (負けからの勝利を含めると5連勝) ストレートで3連勝 (負けからの勝利を含めると4連勝)

VITO

設定勝利回数の変更で改善されたこと

改善1:利確スピード(プレイ時間)
まず利確スピードですが、勝利回数を一つ落とすだけで 利益を確定できる時間が明確に短縮 されました。バカラは長くプレイすればするほど、精神的、資金的に追い込まれ胴元が勝つ仕組みになっていますので、プレイ時間は短ければ短いほど良いと言って良いでしょう。 利確スピード比較
①第一弾 ②第二弾 ②-①(差)
91.05分 21.78分 – 69.27分
改善2:コミッション率

次に改善されたのは、コミッションの変化です。今回、バカラ実戦ブログでは、「第1弾」の時の計測が上手くいってなかったので、正確なコミッション率は出ていないのですが、プレイ時間が減ると言うことは、ベット数が少なくなると言うことになります。 ベット数が少なくなると言うことは、必然的にバンカー勝利も減ります ので、コミッション率も下がることになります。

改善3:利確率

そして、今後も続けていけば利益がどんどん増えていきますので、その分 マーチンゲール法を駆使できる幅(即ち、自己資金)も深まり、更に勝率は上がっていきます。 (利益が増えれば、連敗できる回数が増える)

マーチンゲール法の負け回数も想定しておこう!

そして第2弾の初回ベット額は$2で、8連敗で累計ベット額が$510程初期費用として投入しております。

$1ベットから開始して10連敗した場合(第1弾 / 第2弾) マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは
ゲーム回数 ベット額(第1弾 / 第2弾) 累計ベット額(第1弾 / 第2弾)
$1/ $2 $1/ $2
$2/ $4 $3/ $6
$4/ $8 $7/ $14
$8/ $16 $15/ $30
$16/ $32 $31/ $62
$32/ $64 $63/ $126
$64/ $128 $127/ $254
★8(連敗ポイント) $128/ $258 $255/ $512
$256/ $512 $511/ $1024
10 $512/ $1024 $1,023/ $2048

4. この方法を使う時の注意点

なかなか勝ちきれない時は損切り!

4連敗 or 5連敗程度で一度休憩を挟む

ギャンブルの波にあまり固執しすぎない!

相性のいいギャンブルの波は、人それぞれあると思いますが、あまり 自分の相性に合うギャンブルの波で決めると固執し過ぎず、そのテーブルの波に合わせてプレイする ことをおすすめします。

5. VITO(ヴィト)のおすすめセッティング!

VITO(ヴィト)のおすすめのセッティングは、第二弾と同じくこんな感じです! マーチンゲール法とは マーチンゲール法とは
初期投入額 $550 想定負け回数によって金額変更する。
ベット開始額 $2 想定負け回数と目標収益によって調整する。
想定負け回数 8回(必要金額$510) 可能な限り深めに想定する。
目標勝利数 3回可能な限り少なめに設定する。

VITO

この方法を実践するとこんな感じで動く!

マーチンとパーレー組み合わせ

VITO

6. 最後にお伝えしたいこと

今回お伝えしたベットシステムに関しては、 「バカラ実戦ブログ第2弾」の最終一発ベットの前に動画で実践 しておりますので、そちらも参考にして頂ければと思います。

VITO

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる