トレードを学ぶ

通貨インデックス

通貨インデックス
▼ドルインデックスと円インデックスの比較チャート

バークレイズ・キャピタル、新興市場取引可能自国通貨建て債券インデックスの算出を開始

バークレイズ・キャピタルは、バークレイズ・バンク・ピーエルシー(バークレイズ銀行)の投資銀行部門です。 独自のビジネスモデルに基づき、世界中の政府、金融機関、事業法人に向けて広範囲にわたる戦略的アドバイス、資金調達およびリスク管理に関するサービスを提供しています。バークレイズ・キャピタルは、世界各国で25,000人以上の社員を擁し、世界中のお客様のニーズに的確に対応する業務体制を敷いております。詳しくはバークレイズ・キャピタルのウェブサイトをご参照ください。 www.barclayscapital.com

報道関係者からのお問い合せ先:
バークレイズ・キャピタル 広報: 林原麻里子 / 戸塚真理奈 TEL +81 3 4530 5623 / 5602

その他のお問い合わせ先:
バークレイズ・キャピタル インデックス・ポートフォリオ・リスク・ソリューション部門:
多湖 理 TEL +81 3 4530 1722

New York/London (January 11, 2010) – Barclays 通貨インデックス 通貨インデックス Capital, publisher of leading fixed income benchmark indices, today announced the launch of a new Emerging Markets Tradable 通貨インデックス Local Currency Bond (EMLOCAL) Index. The EMLOCAL Index is the latest addition to the Barclays Capital Emerging Markets (EM) index platform, which includes benchmark bond indices (hard currency, local currency and inflation-linked indices), tradable bond indices, 通貨インデックス 通貨インデックス FX indices, equity indices, and interest rate swaps indices.

The EMLOCAL Index is a rules-based tradable subset of the flagship Barclays Capital Emerging Markets Local Currency Government benchmark index, and is composed of debt from up to 16 EM countries. The EMLOCAL Index is rebalanced semi-annually and includes representative and liquid benchmark-eligible bonds from four 通貨インデックス 通貨インデックス 通貨インデックス different regions (Latin America, Eastern Europe, Middle East and Africa), with caps and floors by both country and region to ensure diversification across markets.

“The Barclays Capital EMLOCAL Index is a result of the significant investment we have made in our EM Index platform,” said Waqas Samad, Head of Index, Portfolio and Risk Solutions for Barclays Capital. “Global investors seeking an increased EM allocation and dedicated EM investors both benefit from the market clarity offered by our extensive family of benchmark and tradable EM indices.”

The EMLOCAL index broadens 通貨インデックス the suite of available Barclays Capital local currency debt index products and represents the latest in a steady 通貨インデックス pipeline of EM tradable bond indices, including the recently launched EM Tradable Government Inflation-Linked Bond (EMTIL) Index.

About Barclays 通貨インデックス Capital Index, Portfolio and Risk Solutions

The Barclays Capital Indices platform offers market-leading benchmarks and other index products to meet the diverse needs of global investors including investment and market analysis of both alpha and beta sources, portfolio benchmarking and performance measurement, asset allocation, and the creation of index tracking funds and index-based structured products.通貨インデックス

About Barclays Capital

Barclays Capital is the investment banking division of Barclays Bank PLC. With a distinctive business model, Barclays Capital provides large corporate, government and institutional clients with a full spectrum of solutions to their strategic 通貨インデックス 通貨インデックス 通貨インデックス advisory, financing and risk management needs. Barclays Capital has offices around the world, employs over 25,000 people and has the global reach, advisory services and distribution power to meet the needs of issuers and investors worldwide. For 通貨インデックス further information about Barclays Capital, please visit our website www.barclayscapital.com.

Contact:
Seth Martin
+1 通貨インデックス 212 412 7565
[email protected]

【Tradingview講座】通貨インデックスの比較チャート作成方法

Tradingviewで表示した通貨インデックスの比較チャート例

▼主要通貨インデックスの比較チャート(クリックで拡大します)

・基軸通貨である米ドルは安定した強さ
・オージー、カナダの資源国は3月中盤から買われる
・欧州通貨は似たりよったり

ちなみに通貨の強弱は下記でも解説してるようなサイトやツールでも分かります。

FX侍です、こんにちは。 今回は「通貨強弱が見れるツール」のまとめ。 ホームページとインジケーターをご紹介します。 強い通貨を買って弱い通貨を売る 効率的なFXのトレード戦略として広く知られていますが、通貨強弱を知ること通貨ペア選定に役立ちます。 ただし通貨強弱は.

Tradingviewで通貨インデックスの比較チャートを表示する方法

まずは基準となるドルインデックスを表示しましょう。
(別にドルインデックスじゃなくて他の通貨インデックスでもOKですが)

ドルインデックスを表示する

▼ドルインデックスを表示させる 通貨インデックス

表示したドルインデックスに、他の通貨インデックスを重ねていきます。
シンボルの追加からJXY(円インデックス)を入力し、同じ%スケールで追加しましょう。

ドルインデックスに円インデックスを重ねて表示する

▼円インデックスを重ねて表示する

FX侍です、こんにちは。 今回はTradingviewで異なる通貨ペアのチャートを重ねて表示する方法を図解で分かりやすく解説します。 こういう感じのチャートですね。 ▼ドルインデックスとユーロドルを重ねた比較チャート こうした異なる銘柄を1つのチャートで比較する.

比較チャートの表示がズレた場合の対処法

▼比較チャートの表示がズレた場合の対処法

右側のバーの上で右クリック→パーセント表示を選択しましょう。

比較チャートの表示がズレた場合の対処法

▼比較チャートの表示がズレた場合の対処法

これで左端を起点とした変化率が比較できるようになります。

ドルインデックスと円インデックスの比較チャート

▼ドルインデックスと円インデックスの比較チャート

後は他の通貨インデックスを入力していくだけでOKです。
(同じ%スケールで追加するのを忘れずに)

主要な通貨インデックスのシンボル

▼主要な通貨インデックスのシンボル

【主要な通貨インデックスのシンボル】
AXY:オージー
BXY:ポンド
CXY:カナダ
DXY:ドルインデックス
EXY:ユーロ 通貨インデックス
FXY:スイスフラン
JXY:日本円

世界で初めて暗号通貨インデックス投資商品取引を承認

ビットコインの硬貨とスイス国旗

Amunは28にものぼる地域の法的枠組みを精査し、スイスでの上場を選択しました。

チューリヒに拠点を置くスイス証券取引所(SIX)は、世界初となる暗号通貨インデックス投資商品が取引を開始します。「Amun Crypto ETP」と呼ばれる商品は、時価総額上位4つの暗号通貨で構成される金融資産に応じて変動します。 公式の証券取引所に上場した世界初の暗号通貨インデックスのETPとなります。

「Amun Crypto ETP」は、英国・ロンドンを拠点とする金融テクノロジー企業であるAmunによって運営されます。 CEOのHany Rashwan氏によると、同社は28地域の法的枠組みを精査し、スイスでの上場を選択しました。

我々は、当初から、スイスは素晴らしく条件に適した国であると考えていました。 スイスが誇る国としての主権、中立性、専門性などにおける豊かな歴史は、素晴らしいものです。それに加えて、未来志向の行政機関や、仮想通貨国家(クリプトネーション)のビジョンを実現しようとする情熱を持ったパートナーたちの共同作業に喜びを感じていました。 Amunが、その過程における小さな一歩となり得ることを願っています。

スイス証券取引所が、道を開拓

チューリヒに本拠を置くスイス最大の証券取引所であるスイス証券取引所(SIX)は、世界で初めて複数の暗号通貨によって構成される上場取引型金融商品(ETP)の上場を承認しました。 スイス証券取引所は、多様なセキュリティを扱っており、ヨーロッパの資本市場にとって重要な流動性をもたらしています。SIXの時価総額は1.6兆ドルで、ヨーロッパで4番目に大きい証券取引所です。 SIXは、取引、清算、決済システムの完全自動化を取り入れた世界で最初の証券取引所で、暗号通貨に対する積極的で友好的な姿勢でも知られています。

米ドルインデックス| チャート ローソク足パターン 相場情報


エネルギー・貴金属:週次レビューと見通し

執筆:Barani Krishnan Investing.com -- 連邦準備制度理事会(FRB)は、過去一世代で最も積極的な利上げを行い、エネルギー価格の上昇に伴うインフレを抑.

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 128.79/81 1.0414/18 134.13/17 .

エネルギー・貴金属:週次レビューと見通し

執筆:Barani Krishnan Investing.com -- 米連邦準備制度理事会(FRB)は5月の<にて50bps、または0.50%の.

米ドル指数先物 分析


主要4株価指数はすべて上昇し、7週連続の下降に歯止め ドルは再び下落 金は上昇 <<166|S&P500>とダウ工業株30種平均の両方が先週金曜日に2020年1.

テクニカルサマリー

通貨インデックス
タイプ 5 通貨インデックス 分 15 分 1時間足 日足 月単位
移動平均 強い売り 売り 強い売り 中立 買い
テクニカル指標 買い 強い売り強い売り 強い売り 強い買い
サマリー 中立 強い売り 強い売り 売り 強い買い

ローソク足パターン

通貨インデックス
パターン 時間枠 信憑性 数ローソク前 ローソク時
完結パターン
Three Black Crows 1D 9 2022年05月17日
Three Outside Up 1H 9 2022年05月28日 00:00
Bullish Engulfing 1H 10 2022年05月27日 23:00
Doji Star Bearish 1D 16 2022年05月06日
Morning Doji Star 15 42 2022年05月27日 23:15

米ドル指数先物 相場情報

通貨インデックス
取引市場 現在値 売値 買値 出来高 変化率 % 通貨 時間
リアルタイムCFD 101.570 - - - -0.13% USD 12:49:38
ICE 101.60 101.60 101.60 1,117 -0.10% USD 12:39:00
ICE101.36 101.40 101.43 72 -0.15% USD 12:02:00
ICE 101.10 101.06 101.22 1 -0.13% USD 11:15:00

業界トップの証券会社とトレードを始める

証券会社 規制機関 最小入金金額
キプロス証券取引委員会 (キプロス), オーストラリア証券投資委員会 (オーストラリア), 国際金融サービス委員会 (ベリーズ) $5 トレードを始める
  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 通貨インデックス 通貨インデックス
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 日本語での コメントのみ許されています。

米ドル指数先物 口コミ

伝染病の後の株式市場はどうなりますか?短期的に市場の個別銘柄は非常に異なり、市場の潜在的な損失も非常に深刻です。 [Stock Exchange Group]個別の投資家を心から招待しての議論と交換、純粋な投資の技術交換、株式市場の情報、および個人株式共有に参加してください!このグループは、毎日の株式市場の情報は、各株式の人気テーマと各株式の共有を提供しています。技術共有!個人の株式保有ソリューションの場合には、グループに参加して学び、意思を分割したい友人は、まずグループの管理者グループを追加した後、次へをクリックしてください。 a123wei

通貨エクスプローラー

日経平均株価27,313.50+531.82+1.通貨インデックス 99%
日経225先物 (F)27,318.0+158.0+0.58%
韓国総合株価指数2,669.95+31.90+1.21%
NYダウ33,212.通貨インデックス 96+575.77+1.76%
独DAX14,462.19+230.90+1.62%
S&P/ASX 2007,257.70+75.00+1.04%
米ドル指数101.通貨インデックス 570-0.128-0.13%
1,857.30+6.00+0.32%
原油 WTI116.02+0.95+0.83%
22.195+0.099+0.45%
米国綿花2番139.20-1.41-1.00%
排出権83.98-0.78-0.92%
米国シカゴコーン776.00+11.60+1.52%
米国コーヒー228.通貨インデックス 65+2.05+0.90%
ドル/円126.99-0.12-0.10%
ドル/ウォン1,247.42-10.95-0.87%
ユーロ/ドル1.0742+0.0015+0.14%
ユーロ/円136.41+0.06+0.04%
トルコリラ/円7.7759-0.0438-0.56%
豪ドル/円91.12+0.39+0.43%
ポンド/円160.58+0.22+0.14%
大塚ホールディングス4,390.0+59.0+1.36%
ソフトバンクグループ5,375.0+34.0+0.64%
トヨタ自動車2,115.通貨インデックス 通貨インデックス 5+31.5+1.51%
三菱UFJフィナンシャル・グループ738.1-0.7-0.09%
ブイ・テクノロジー2,885.0+59.0+2.09%
東芝5,831.0+71.0+1.23%
みずほフィナンシャルグループ1,535.5+14.0+0.92%
名前価格前日比変動%
米ドル指数101.570 -0.128 -0.13%

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

三菱UFJ国際投信

ドローンとは人間が搭乗しない無人飛行機のことで、UAV(Unmanned Aerial Vehicle)やUAS(Unmanned Aircraft System)とも呼ばれています。
ドローンは当初軍事用途で普及しましたが、現在は娯楽や商業の分野での利用が注目されています。運搬容量が増加した非軍事の多様なドローンの登場により、空中映像撮影、難所での設備点検、農業、物流、レース競技など、多くの分野で活用が期待され、一部は既に実用化されています。
2020年には、米国において米連邦航空局(FAA)がドローンの商用利用の拡がりを見据えて、機体登録とIDやコントローラーの位置情報の送信を義務付ける新たな規制を発表しました。ドローンの利用に関する法整備が進む中、ドローンが日常生活の一部を担う未来もそう遠いものではないのかもしれません。

[S&P Kensho Drones Index(配当込み、円換算ベース)]

*出所:Statistaを基に三菱UFJ国際投信作成
数値はThe Space Report 2020による。

[S&P Kensho Space Index(配当込み、円換算ベース)]

ロボットは数十年にわたり製造業の一部を担ってきました。
近年、より洗練された処理能力や高度なセンシング技術が登場したことで、産業部門だけでなく、医療や日常生活などにロボットが用いられる新たな時代が到来しました。 世界のロボット産業の市場規模は2018年に約640億米ドルとなっていますが、2025年には約2,100億米ドルに成長すると予測されています。 人手不足への対応や社会課題の解決など、ロボットの活躍する可能性が世界中に広がっています。 ますます進化し身近になるロボットから、目が離せません*。

[S&P Kensho 通貨インデックス Robotics Index(配当込み、円換算ベース)]

遺伝子工学

[S&P Kensho Genetic Engineering Index(配当込み、円換算ベース)]

クリーンテック

*出所:IRENA「GLOBAL RENEWABLES OUTLOOK 2020」のデータを基に三菱UFJ国際投信作成
数値は上記レポート作成時点におけるIRENAの予測値

[S&P Kensho Cleantech Index(配当込み、円換算ベース)]

電気自動車

[S&P Kensho Electric 通貨インデックス 通貨インデックス 通貨インデックス Vehicles Index(配当込み、円換算ベース)]

水素エコノミー

水素エコノミーとは水素をエネルギー、燃料として活用する経済活動全般を指し、水素の生産や貯蔵、輸送に関連する製品の製造などが含まれます。
脱炭素社会の実現に向けて、米国や欧州など多くの国・地域において水素エネルギーの活用が政策課題として挙げられています。2020年11月には、米国エネルギー省が水素研究開発に向けた「Hydrogen Program Plan」を公表し、国全体で水素の利活用を行う方向性を示しました。
このような背景の中で、米国における水素経済の市場規模は2030年に1,400億米ドル、2050年には7,500億米ドルまで達することが予測されています*。

*出所:Statista、米国エネルギー省(Department of Energy)のデータを基に三菱UFJ国際投信作成
2030年、2050年の数値は2020年時点の予測値。

[S&P Kensho Hydrogen Economy Index(配当込み、円換算ベース)]

コミュニケーションDX

*出所:Statistaのデータを基に三菱UFJ国際投信作成
2025年の数値は2020年時点の予測値。
※当ファンドでは、S&P Kensho Enterprise Collaboration IndexのテーマをコミュニケーションDXと呼びます。

[S&P Kensho Enterprise Collaboration Index(配当込み、円換算ベース)]

ランキング

  • +2.85%
  • +5.34%
  • -25.97%
  • -20.27%
  • -
  • -16.20%
  • -1.10%
  • -9.通貨インデックス 74%
  • -32.61%
  • -34.61%
  • +74.24%
  • +57.01%
  • -1.79%
  • -8.46%
  • -25.70%
  • -25.33%
  • -
  • -19.48%
  • -2.10%
  • -13.17%
  • -26.34%
  • -22.45%
  • +194.35%
  • +177.66%
  • -2.95%
  • -4.49%
  • 通貨インデックス
  • -12.64%
  • -9.06%
  • +48.12%
  • +38.61%
  • -3.28%
  • -8.21%
  • -25.82%
  • -31.41%
  • +20.58%
  • +20.58%
  • -3.82%
  • +7.34%
  • +6.49%
  • +3.21%
  • +45.41%
  • +42.52%
  • -4.29%
  • -13.97%
  • 通貨インデックス
  • -32.75%
  • -22.56%
  • +148.26%
  • +148.26%
  • -4.66%
  • +7.63%
  • +7.84%
  • -3.00%
  • +61.64%
  • +62.通貨インデックス 97%
  • -5.78%
  • -6.71%
  • -15.60%
  • -15.20%
  • +114.38%
  • +114.38%
  • -8.75%
  • -11.25%
  • -34.57%
  • -36.47%
  • -7.25%
  • -15.09%
  • -4.66%
  • +7.63%
  • +7.84%
  • -3.00%
  • +61.64%
  • +62.97%
  • -3.82%
  • +7.34%
  • +6.49%
  • +3.21%
  • +45.41%
  • +42.52%
  • +2.85%
  • +5.34%
  • -25.97%
  • -20.27%
  • -
  • -16.20%
  • -2.95%
  • -4.49%
  • -12.64%
  • -9.06%
  • +48.12%
  • +38.61%
    通貨インデックス
  • -5.78%
  • -6.71%
  • -15.60%
  • -15.20%
  • +114.38%
  • +114.38%
  • -3.28%
  • -8.21%
  • -25.82%
  • -31.41%
  • +20.58%
  • +20.58%
  • -1.79%
  • -8.46%
  • -25.70%
  • -25.33%
  • -
  • -19.48%
  • -1.通貨インデックス 10%
  • -9.74%
  • -32.61%
  • -34.61%
  • +74.24%
  • +57.01%
  • -8.75%
  • -11.25%
  • -34.57%
  • -36.47%
  • 通貨インデックス
  • -7.25%
  • -15.09%
  • -2.10%
  • -13.17%
  • -26.34%
  • -22.45%
  • +194.35%
  • +177.66%
  • -4.29%
  • -13.97%
  • -32.75%
  • -22.56%
  • +148.26%
  • +148.26%
  • -4.66%
  • +7.63%
  • +7.84%
  • -3.00%
  • +61.64%
  • +62.97%
  • -3.82%
  • +7.34%
  • +6.49%
  • +3.21%
  • +45.41%
  • +42.52%
  • -2.95%
  • 通貨インデックス
  • -4.49%
  • -12.64%
  • -9.06%
  • +48.12%
  • +38.61%
  • -5.78%
  • -6.71%
  • -15.60%
  • -15.20%
  • 通貨インデックス 通貨インデックス
  • +114.38%
  • +114.38%
  • -1.79%
  • -8.46%
  • -25.70%
  • -25.33%
  • -
  • -19.48%
  • -3.28%
  • -8.通貨インデックス 通貨インデックス 通貨インデックス 通貨インデックス 21%
  • -25.82%
  • -31.41%
  • +20.58%
  • +20.58%
  • +2.85%
  • +5.34%
  • -25.97%
  • -20.27%
  • -
  • -16.20%
  • -2.10%
  • -13.17%
  • -26.34%
  • -22.45%
  • +194.35%
  • +177.66%
  • -1.10%
  • -9.74%
  • -32.61%
  • -34.61%
  • +74.24%
  • +57.01%
  • -4.29%
  • -13.97%
  • -32.75%
  • -22.56%
  • +148.26%
  • +148.26%
  • -8.75%
  • -11.25%
  • -34.57%
  • -36.47%
  • -7.25%
  • -15.09%
  • -3.82%
  • +7.34%
  • +6.通貨インデックス 49%
  • +3.21%
  • +45.41%
  • +42.52%
  • -4.66%
  • +7.63%
  • +7.84%
  • -3.00%
  • +61.64%
  • +62.通貨インデックス 97%
  • -2.95%
  • -4.49%
  • -12.64%
  • -9.06%
  • +48.12%
  • +38.61%
  • -5.78%
  • -6.71%
  • -15.60%
  • -15.20%
  • +114.38%
  • +114.38%
  • +2.85%
  • +5.34%
  • -25.97%
  • -20.27%
  • -
  • -16.20%
  • -2.10%
  • -13.17%
  • -26.34%
  • -22.45%
  • +194.35%
  • +177.66%
  • -4.29%
  • -13.97%
  • -32.75%
  • 通貨インデックス 通貨インデックス
  • -22.56%
  • +148.26%
  • +148.26%
  • -1.79%
  • -8.46%
  • -25.70%
  • -25.33%
  • -
  • -19.48%
  • -3.28%
  • 通貨インデックス
  • -8.21%
  • -25.82%
  • -31.41%
  • +20.58%
  • +20.58%
  • -1.10%
  • -9.74%
  • -32.61%
  • -34.61%
  • +74.24%
  • +57.01%
  • -8.75%
  • -11.25%
  • -34.57%
  • -36.47%
  • -7.25%
  • -15.09%
  • -2.10%
  • 通貨インデックス
  • -13.17%
  • -26.34%
  • -22.45%
  • +194.35%
  • +177.66%
  • -4.29%
  • -13.97%
  • -32.75%
  • -22.56%
  • +148.26%
  • +148.26%
  • -5.78%
  • -6.71%
  • -15.60%
  • -15.20%
  • +114.38%
  • +114.38%
  • -1.10%
  • -9.74%
  • -32.61%
  • -34.61%
  • +74.24%
  • +57.01%
  • -4.66%
  • +7.63%
  • +7.84%
  • -3.00%
  • 通貨インデックス 通貨インデックス
  • +61.64%
  • +62.97%
  • -2.95%
  • -4.49%
  • -12.64%
  • -9.06%
  • +48.12%
  • +38.61%
  • -3.82%
  • +7.34%
  • +6.49%
  • +3.21%
  • +45.41%
  • +42.52%
  • -3.28%
  • -8.21%
  • -25.82%
  • -31.41%
  • +20.通貨インデックス 58%
  • +20.58%
  • -8.75%
  • -11.25%
  • -34.57%
  • -36.47%
  • -7.25%
  • -15.09%
  • -1.79%
  • -8.46%
  • -25.70%
  • -25.33%
  • -
  • -19.48%
  • +2.85%
  • +5.34%
  • -25.97%
  • -20.27%
  • -
  • -16.通貨インデックス 20%
  • -2.10%
  • -13.17%
  • -26.34%
  • -22.45%
  • +194.35%
  • +177.66%
  • -4.29%
  • -13.97%
  • -32.通貨インデックス 75%
  • -22.56%
  • +148.26%
  • +148.26%
  • -5.78%
  • -6.71%
  • -15.60%
  • -15.20%
  • +114.38%
  • +114.通貨インデックス 通貨インデックス 38%
  • -4.66%
  • +7.63%
  • +7.84%
  • -3.00%
  • +61.64%
  • +62.97%
  • -1.10%
  • -9.74%
  • -32.通貨インデックス 61%
  • -34.61%
  • +74.24%
  • +57.01%
  • -3.82%
  • +7.34%
  • +6.49%
  • +3.21%
  • +45.41%
  • +42.通貨インデックス 通貨インデックス 52%
  • -2.95%
  • -4.49%
  • -12.64%
  • -9.06%
  • +48.12%
  • +38.61%
  • -3.28%
  • -8.21%
  • -25.82%
  • -31.41%
  • +20.58%
  • +20.58%
  • -8.75%
  • -11.25%
  • -34.57%
  • -36.47%
  • -7.25%
  • -15.09%
    通貨インデックス 通貨インデックス
  • +2.85%
  • +5.34%
  • -25.97%
  • -20.27%
  • -
  • -16.20%
  • -1.79%
  • -8.46%
  • -25.70%
  • -25.通貨インデックス 通貨インデックス 33%
  • -
  • -19.48%
  • ・上記ランキングはファンドの優劣を示すものではなく、投資対象の違いによるファンドの性格の差を示すためのものです。
  • ・販売額(月次)ランキングのデータは、個別販売会社におけるランキングではありません。
  • ・本情報は参考情報の提供を目的としているものであり、特定のファンドの購入、売却、保有を推奨するものではありません。
  • ・上記ランキングはファンドの優劣を示すものではなく、投資対象の違いによるファンドの性格の差を示すためのものです。
  • ・純資産残高(月次)ランキングのデータは、個別販売会社におけるランキングではありません。
  • ・本情報は参考情報の提供を目的としているものであり、特定のファンドの購入、売却、保有を推奨するものではありません。
  • ・上記ランキングはeMAXIS Neoシリーズのファンドのみを対象としたものです。
  • ・上記はファンドの優劣を示すことを目的とするものではありません。計測期間が異なる場合は、結果も異なる点にご注意ください。
  • ・「リターン(騰落率)」は、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しております。また、ファンドのリターン(騰落率)は、実際の投資者利回りとは異なります。
  • ・本情報は参考情報の提供を目的としているものであり、特定のファンドの購入、売却、保有を推奨するものではありません。
  • ・上記は過去の実績であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。また、税金・手数料等を考慮しておりません。

比較チャート

Kenshoテクノロジーズの指数に関するご注意

eMAXIS Neoの各ベンチマーク(「本指数」)はS&P Dow 通貨インデックス Jones Indices LLCまたはその関連会社(「SPDJI」)の商品であり、これを利用するライセンスが三菱UFJ国際投信株式会社に付与されています。Standard & Poor's®およびS&P®は、Standard & Poor's Financial Services LLC(「S&P」)の登録商標で、Dow Jones®は、Dow Jones Trademark Holdings LLC(「Dow Jones」)の登録商標です。指数に直接投資することはできません。本商品は、SPDJI、Dow 通貨インデックス Jones、S&P、それらの各関連会社(総称して「S&P Dow Jones Indices」)によってスポンサー、保証、販売、または販売促進されているものではありません。S&P Dow Jones Indicesは、本商品の所有者またはいかなる一般人に対して、株式全般または具体的に本商品への投資の妥当性、あるいは全般的な市場のパフォーマンスを追跡する本指数の能力に関して、明示または黙示を問わず、いかなる表明または保証もしません。指数の過去のパフォーマンスは、将来の成績を示唆または保証するものでもありません。本指数に関して、S&P Dow Jones Indicesと三菱UFJ国際投信株式会社との間にある唯一の関係は、当インデックスとS&P Dow Jones Indicesまたはそのライセンサーの特定の商標、サービスマーク、および商標名のライセンス供与です。本指数は三菱UFJ国際投信株式会社または本商品に関係なく、S&P Dow Jones Indicesによって決定、構成、計算されます。S&P Dow Jones 通貨インデックス Indicesは、本指数の決定、構成または計算において三菱UFJ国際投信株式会社または本商品の所有者のニーズを考慮する義務を負いません。S&P Dow Jones Indicesは、本商品の価格および数量、または本商品の発行または販売のタイミングの決定、もしくは場合によっては本商品が将来換金、譲渡、または償還される計算式の決定または計算に関して、責任を負わず、またこれに関与したこともありません。S&P Dow Jones Indicesは、本商品の管理、マーケティング、または取引に関して、いかなる義務または責任も負いません。本指数に基づく投資商品が、指数のパフォーマンスを正確に追跡する、またはプラスの投資収益率を提供する保証はありません。S&P Dow Jones Indices LLCは投資または税務の顧問会社ではありません。免税証券のポートフォリオへの影響や特定の投資決断の税効果の評価は、税務顧問会社に相談してください。指数に証券が含まれることは、S&P Dow Jones Indicesがかかる証券の売り、買い、またはホールドの推奨を意味するものではなく、投資アドバイスとして見なしてはなりません。

S&P Dow Jones Indicesは、本指数またはその関連データ、あるいは口頭または書面の通信(電子通信も含む)を含むがこれに限定されないあらゆる通信について、その妥当性、正確性、適時性、または完全性を保証しません。S&P Dow Jones Indicesは、これに含まれる過誤、遺漏または中断に対して、いかなる義務または責任も負わないものとします。S&P Dow Jones Indicesは、明示的または黙示的を問わず、いかなる保証もせず、商品性、特定の目的または使用への適合性、もしくは本指数を使用することによって、またはそれに関連するデータに関して、三菱UFJ国際投信株式会社、本商品の所有者、またはその他の人物や組織が得られる結果について、一切の保証を明示的に否認します。上記を制限することなく、いかなる場合においても、S&P Dow Jones Indicesは、利益の逸失、営業損失、時間または信用の喪失を含むがこれらに限定されない、間接的、特別、懲罰的、または派生的損害に対して、たとえその可能性について知らされていたとしても、契約の記述、不法行為、または厳格責任の有無を問わず、一切の責任を負わないものとします。S&P Dow Jones Indicesのライセンサーを除き、S&P Dow Jones Indicesと三菱UFJ国際投信株式会社との間の契約または取り決めの第三者受益者は存在しません。

取扱販売会社

【eMAXIS Neoのリスク】

■基準価額の変動要因
基準価額は、株式市場の相場変動による組入株式の価格変動や為替相場の変動等により上下します。また、組入有価証券の発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の影響を受けます。これらの 運用により信託財産に生じた損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。
したがって、 投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
投資信託は預貯金と異なります。
主な変動要因は、価格変動リスク、為替変動リスク、信用リスク、流動性リスク、特定のテーマに沿った銘柄に投資するリスクです。
上記は主なリスクであり、これらに限定されるものではありません。くわしくは投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる