FXのやり方は簡単

デイトレーダーには投資初心者でもなれる

デイトレーダーには投資初心者でもなれる
投資家 / オープンエデュケーション株式会社代表取締役。1964年大阪生まれ。甲子園出場経験者。大学卒業後、証券会社に勤務し、事業法人、金融法人営業、自己売買部門を担当。証券会社退職後、株式投資をはじめ、 日経225先物、FX等の売買指導を行い、個人投資家から絶大なる信頼を得ている。証券会社時代に培ったスキルを投資初心者でも理解できるよう売買指導を行い、今では3000人以上の受講生を抱え、「真に自立できる個人投資家」を輩出するために積極的に活動している。著書に『初心者でもがっぽり儲かる大化け「低位株」投資法』(幻冬舎)『億を稼ぐ投資法則』(ユウメディア)『少額資金で儲ける株ゴー ルデンルール』(ユウメディア)がある。

株初心者がデイトレードを始める為の入門知識

【デイトレ入門】株初心者がデイトレードを始める為の7つの項目

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰候補銘柄を無料で配信。最新マーケット情報から個別銘柄の分析・展望など、豊富な投資情報を"ワンパッケージ"で利用可能!!

  • デイトレ株初心者入門 デイトレーダーには投資初心者でもなれる 1.デイトレードとは?

デイトレ株初心者入門
1.デイトレードとは?

デイトレードの特徴・魅力とは?

まず先に、「デイトレード」とは、購入した株を翌日に持ち越さず、 その日(デイ)の内に売買を完結させる短期トレードを代表する取引手法 のことを言います。

デイトレードの2つの特徴

  1. リスクの大半を株価の変動に限定することが出来る。
  2. ループトレードを活用することで少額資金でも効率良く利益を狙える。

デイトレは日々チャートの動きを監視しトレードを繰り返すのが大変ではあるかもしれませんが、 投資機会を常に狙っていくことが出来る ので、投資資金が少額でも資金効率が高いトレードを見込むことが出来るのです。

なので世間一般的なネガティブなイメージとは逆に、 デイトレードは初心者でもスタートしやすい優れた取引手法 と言えるのです。

デイトレ株初心者入門
2.デイトレードは午前中だけでも利益を狙える投資手法

あなたの生活リズムに合った投資スタイルを見つける

  • 今の職場環境でもデイトレで利益を出していけるだろうか?
  • プロのように一日中チャート画面を見ていないとダメなのか?
  • サラリーマン・主婦でもデイトレードで儲けれるのだろうか?

デイトレ株初心者入門
3.デイトレードを始めるための資金について

デイトレードを始めるための資金について

重要なことは、“ 自己資金の中でどのようなトレードが出来るのか? ”を前もって知っておくことです。

  • デイトレ銘柄の選択肢を狭くしない資金量
  • 資金配分・取引手法の選択肢を広くできる資金量

資金の目安となる上記2点を踏まえるとデイトレードを始めるには 最低資金として50万円~100万円は用意したい ところでしょうか。

デイトレ株初心者入門
4.ロスカット(損切り)の重要性

運用資金を守るための損切りと管理方法を決める

デイトレードに限らず、株初心者の方が一番始めに考えておくべき重要なことが「大切な資金を減らさないための方法」つまり「 資金管理のルール 」です。

デイトレードにおける基本的な3つの損切りライン

  1. 予め決めた含み損の金額を損切りの基準にする。
  2. 値動き幅のパーセンテージを損切りの基準にする。
  3. サポートライン(支持線)を損切りの基準にする。

個人投資家で有名なBNF氏やcis氏もロスカットの大切さについて名言されているかと思いますが、BNF氏は“ デイトレーダーには投資初心者でもなれる 大事なのは損切りを早くすることでしょうか ”“ 想定より下がった場合には、上がるまで待つことはせず、早めに損失を確定させています ”などと話されています。

ロスカット後すぐに株価が上がることもあるかと思いますが、ウォール街でも「Cut loss and let profit run.(損は落とせ、さらば利益は大ならん)」と言われていたり、ロスカット関連の格言は他にも「損切りはすばやく」「迷いが出たら売れ」「引かれ玉は投げよ」等々たくさんあります。

デイトレードにおける資金管理のルールを決める3つの目安

  1. ワントレードで発生する損失額を想定する。
  2. コントロールできる許容量・資金の範囲で株を買う。
  3. 銘柄の値動きクセや値幅の特徴を把握する。

一概に株価が何%下がったらロスカットするべきとは言えませんが、ロスカットのタイミングについて、BNF氏は“ 想定より下がった場合 ”としています。

米国の投資家で世界的に有名なウォーレン・バフェットの名言に“ ルール1:損しないこと、ルール2:ルール1を忘れるな ”というのがありますが、株式投資は誰しも資金を増やすために行うものだと思うので、ロスカットが遅れ資金を大きく減らしてしまわないように、デイトレードを行う際は、自分なりに資金管理のルールを予め決め、決めたルールをしっかりと守りトレードするようにしましょう。

デイトレ株初心者入門
5.取引コストを抑えた証券会社を選ぶ

取引コストを抑えたコスパの優れた証券会社を選ぶ

こうした取引コストの負担を軽減するには、 取引金額や投資スタンスに合った証券会社 を選ぶことが重要です。

デイトレ株初心者入門
6.スピード感に慣れる

デイトレ銘柄ならではの「スピード感のある値動き」に慣れる

デイトレードに適した銘柄の特徴として、“ 1日の値動きが大きく出来高も多い(流動性が高い) ”というのがありますが、デイトレ銘柄を選ぶ基準となるのが以下の3点です。

デイトレ銘柄を選ぶ際の基本的な3つの基準

  1. 取引が活発(出来高が多い)銘柄
  2. 株価の値動きの幅が大きい銘柄
  3. 板に注目がたくさん入っている(板が厚い)銘柄

この3つの基準を満たすことで、「 買いたいとき・売りたいときに売買できる(流動性が高い) 」デイトレ銘柄を選ぶことが出来ます。

証券会社のランキングを使ったデイトレ銘柄の選び方

松井証券が提供する「デイトレ適正ランキング」を例にすると、デイトレ銘柄の特徴である「値動きの大きさ」「流動性の高さ」を数値化し、ランキング形式で表示することができ、 今、盛り上がっている旬なデイトレ銘柄をいち早く見つけることができる のです。

初心者の方はまず、“ デイトレ銘柄を良く観察して触れること ”が大切です。

デイトレ株初心者入門
7.デイトレードに適したパソコンとトレード環境

デイトレードに適したパソコンとトレード環境

これからデイトレードを始める初心者の方であれば、まず銘柄の値動きや取引スピードに慣れることが大切になるので、 パソコンとモニター1台ずつあれば十分 です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる