投資徹底攻略

ETFの概要

ETFの概要
日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

投資初心者や主婦に人気のポイント投資。本当に落とし穴はないの?

ポイント投資とはTポイントやdポイントなど、普段の生活でおなじみの各種ポイントを活用して投資が行えるサービスを指します。現金を使った投資よりもハードルが低いため、誰でも気楽に始められるのがメリットです。ポイント投資の運用先は投資信託やETFが多いですが、なかには株に投資できるサービスもあります。 株の場合、値動きによって価格が大きく左右されますので、ややリスクが高いです。投資信託やETFは複数の金融商品に分散して投資ができるため、よりリスクを抑えた運用が可能になります。自分が求める運用方法に合わせて投資先は決めるようにしましょう。 ポイント投資は自動的に貯まったポイントで運用を行いますので、元手の資金が特に必要ないのもメリットです。また、投資といえば証券口座の開設が必須ですが、ポイント投資はサービスの内容によっては証券口座がなくても始められるものもあります。申し込んですぐに始められるところもポイント投資の魅力の一つです。

初心者がポイント投資をするときに気をつけたいこと

ポイント投資を始めた人がやりがちな失敗例として、ポイントを貯めようとして無駄遣いをしてしまうケースがあります。近頃はキャッシュレス決済が増えてきており、ポイントの還元率が高いキャンペーンもよく見かけます。ポイント投資を始めたことで、ついついいらないものまで購入し、出費が増えてしまうのは本末転倒な状況です。 ポイント投資は投資する額が小さいため、いくら買い物をしようと大きなリターンをすぐに求めるのは難しい面があります。また、ポイント投資のサービス内容によっては現金ではなく、ポイントが増えるだけのものも多いです。ポイントは用途が限られますので、現金を増やす投資とは異なる点に注意しましょう。 ポイント投資は元本の保証がないのもデメリットです。頑張って貯めたポイントが株や投資信託の値動きによって元本割れすることも珍しくありません。これはポイント投資に限った話ではなく、投資をする以上避けられないリスクです。たとえポイント投資であっても自分が取れるリスクはどの程度なのかを意識するようにしましょう。大きな利益を得ようとするほど、元本を割るリスクが高くなるのは普通の投資もポイント投資も同じです。

ポイント投資はコツコツと資本を増やすものと考えよう

ポイント投資は、今まで投資に興味があったものの、現金を失うリスクが心配で手が出せなかった人に向いています。投資である以上、ポイントが減ってしまうリスクは当然ありますが、現金が減るわけではないため、投資の入門にはぴったりです。 また、短期的に稼げるものではありませんので、長い目でじっくり取り組めるかどうかも重要です。ポイントを一気に貯めようとして無駄な買い物をするのは避けるようにしてください。 執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

【市況】 ETF売買動向=7日前引け、アセアン50、iS米債13が新高値

日経平均 ETFの概要 <1分足> 「株探」多機能チャートより

個別ではWisdomTree WTI 原油上場 、NEXT NOTES野村AIビジネス70 、NEXT FUNDS 日経平均高配当株50指数連動型上場投信 、NEXT 原油ブル 、NEXT 野村日本株高配当 など17銘柄が新高値。ダイワ日経ダブルインバース・インデックス 、NEXT FUNDSFTSE世界国債 、NEXT NOTES ドバイ原油先物 ベア ETN が新安値をつけた。

そのほか目立った値動きではサムスンKODEX200証券上場指数投資信託 が7.07%高、WisdomTree ニッケル上場投資信託 が4.42%高、WisdomTree ブロード上場投資信託 が3.79%高、中国H株ブル2倍上場投信 が3.53%高、ChinaAMC CSI300 Index ETF が3.11%高と大幅な上昇。

その他の日経平均ETFでは日経平均ブル2倍上場投信 が163億3800万円、楽天ETF-日経レバレッジ指数連動型 が136億200万円、NEXT 日経平均ダブルインバース・インデックス が106億3000万円、楽天ETF-日経ダブルインバース指数連動型 ETFの概要 が63億800万円、日経平均ベア2倍上場投信 が47億7000万円の売買代金となった。

  • ・本日の【ストップ高/ストップ安】 前場 S高= 5 銘柄 S安= 1 銘柄 (6月7日)
  • ・話題株ピックアップ【昼刊】:Jパワー、三菱UFJ、ソフトバンクG (06/07)
  • ・注目銘柄ダイジェスト(前場):ランサーズ、豊和工、極東開など (06/07)
  • ・訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ.. (06/06)
  • ・雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集> (06/06)
  • ・前場のランキング【値上がり率】 (6月7日)
  • ETFの概要
  • ・前場のランキング【値下がり率】 (6月7日)
  • ・東京株式(前引け)=続伸、2万8000円台を回復 (06/07)
  • ・東証グロース(前引け)=値下がり優勢、CANBASが一時S高 (06/07)
  • ・東証スタンダード(前引け)=値上がり優勢、シンワワイズ、ガーラがS高 (ETFの概要 06/07)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で一段高
  • 後場に注目すべき3つのポイント~相場は今年の正念場を迎えようとしている
  • 話題株ピックアップ【昼刊】:Jパワー、三菱UFJ、ソフトバンクG
  • <動意株・7日>(前引け)=Jパワー、モロゾフ、ランサーズ
  • 前場のランキング【値上がり率】 (ETFの概要 6月7日)
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集>

人気ニュース【ベスト5】

  • 今朝の注目ニュース! ★マーチャント、極東開発、ジョイ本田などに注目!
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月6日発表分)
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(ETFの概要 1) <相場観特集>
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>
  • 本日注目すべき【好決算】銘柄 フジコーポ、モロゾフ (6日大引け後 発表分)

お薦めコラム・特集

  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月7日記)
  • 大谷正之氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(2) <相場観特集>
  • 訪日客受け入れ再開迫る、需要復活で「翻訳ビジネス」に開花宣言 <株探トップ特集>
  • 雨宮京子氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(1) <相場観特集>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる