オンライントレード

理にかなったトレード手法

理にかなったトレード手法
【免責事項】1.「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」自体及び「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切の知的財産権を有している。2.「日経」及び「日経平均株価」を示す標章に関する商標権その他の知的財産権は、全て株式会社日本経済新聞社に帰属している。3.「本件カバードワラント」は、乙の責任のもとで運用されるものであり、株式会社日本経済新聞社は、その運用及び「本件カバードワラント」の取引に関して、一切の責任を負わない。4.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延又は中断に関して、責任を負わない。5.株式会社日本経済新聞社は、「日経平均株価」の構成銘柄、計算方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利及び公表を停止する権利を有している。
©2021- CAICA Securities Inc.

トレンドフォローを継続するには何が必要か?

トレンドフォロー(順張り)というのは相場の王道で、理にかなった最強の取引手法なのであるが、知性が邪魔をするのでほとんどの人が継続できないのである。読者も「筆者のように頭の悪いタイプでない限り、アホになって相場に付いていくことは困難だ」と思われるであろう。しかし、頭の悪い筆者もトレンドフォローという売買手法ではさんざん頭を悩ませてきたのである。この問題を解決したのは「1σの外だけでトレードする」というルールである。

ボリンジャーバンド1σ抜けでトレードを行う前は、ボリンジャーバンド1σの代わりに移動平均線を使っていたことがあった。しかし、相場の<平均=真ん中>でポジションをとる移動平均線を使った売買手法はダマシが多く、取引1回当たりの損失も大きくなる。1σ抜けでポジションを取り、1σの内側に相場が入ったら手仕舞うという手法は、あらかじめ損に対する臆病さが取引に組み込まれているのだ。この手法でやっている限り、筆者は「買われすぎ」「売られすぎ」という恐怖を感じることはない。相場が1σ(べつに0.8σでも0.7σでも構わないが……)の中に入れば相場を止めればいいだけだ。移動平均線ではなく、移動平均線からのレンジ抜け(これを相場の世界では「ボラティリティ・ブレイクアウト」と呼んでいる)というという手法に切り替えたことで、損に対する恐怖は相当軽減された。

この楽天証券の連載で「標準偏差ボラティリティ」や「ADX」を使ったトレンドフォローの売買手法を公開して以来、多くのコピーキャット(物まね猫)商売が出現していると聞く。楽天証券の読者に注意したいのは、「重要なことは1σのラインで仕切る」ということである。筆者の経験から言うと、少ないリスクで大きなトレンドを狙える「1σのライン」がなければトレンドフォローを続けていくのは難しいと思われる。

9月は米国株が上昇し、月間ベースではSP500とナスダックが2009年4月以来の好パフォーマンスとなった。9月の米株価上昇の背景はPOMOと呼ばれる公開市場操作(Permanent Open Market Operations)にある。

一般的なFX トレード戦略

Learn about forex trading strategies

責任ある取引: EF Worldwide Ltdは、この広告、電子メール、またはその関連ウェブサイトで言及されているいかなる金融商品のメリットについても推奨を行っておらず、含まれている情報は、 お客様の個人の目的、財務状況、およびニーズを考慮していません。従って、これらの商品のお取り扱いに伴うリスクを考慮するだけでなく、お客様の目的、財務状況、およびニーズを考慮しながら、これらの商品が適切であるかどうかを検討す 理にかなったトレード手法 る必要があります。 EF Worldwide Ltdは、EF Worldwide Ltdの金融商品に関するいかなる決定をも下す前に、クライアント契約を必読することをお勧め致します。取引にはかなりの損失リスクが伴います。お客様の損失許容範囲を超えるほど の金額のお金を投資しないようにしてください。 EF Worldwide Ltdは、JFSAの監督下にはなく、金融商品の提供や金融サービスの勧誘を目的としたいかなる行為にも関与しておらず、このウェブサイトは日本の居住者を対象としていません。」 EF Worldwide Ltd(セーシェル金融サービス局 - ライセンス番号SD056)

easyMarketsは、EF Worldwide Ltdの商号です。登録番号:84227941このウェブサイトは、EF Worldwide Limited(Blue Capital Markets Groupの一部)によって運営されています。

制限地域: easyMarketsは以下の国や地域の居住者にサービスを提供していません:アメリカ合衆国、イスラエル、ブリティッシュコロンビア、マニトバ、ケベック、オンタリオ、アフガニスタン、ベラルーシ、ブルンジ、カンボジア、ケイマン諸島、チャド、コモロス、コンゴ、キューバ、コンゴ民主共和国、赤道ギニア、エリトリア、フィジーなど 、ギニア、ギニア-ビサウ、ハイチ、イラン、イラク、ラオス、リビア、モザンビーク、ミャンマー、ニカラグア、北朝鮮、パラオ、パナマ、ロシア連邦、ソマリア、南スーダン、スーダン、シリア、トリニダードとトバゴ、トルクメニスタン、バヌアツ、 ベネズエラ、そしてイエメン。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる