バイナリーオプション攻略

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか

上側と下側にほぼ平行で走るトレンドラインの中でチャートが行き来している。
(上下の平行に走るトレンドラインがチャネルライン。その中の太い赤線は単にチャートの動きを表したもの。)全体的にはロングが優勢な局面である。
ショート側からすれば上のトレンドラインの接点からショートをするのが良く、
ロング側から見れば下のトレンドラインの接点からロングをするのが良い。
最後に下のトレンドラインを割ったあとは、トレンドラインブレイクとなり、
相場は乱高下して混沌としやすい状態となる。
その場合はまたトレンドが定まるまで様子見に徹すること。

・企業情報
決算、設立、上場、特色、連結事業、業種コード、業種名、解説記事、本社、電話番号、従業員、証券、銀行、URL、株式、包括利益、東経業種別時価総額順位、株主・役員構成
・業績
業績(売上、営業利益、経常利益、利益、1株益(円)、1株配(円))、配当、BPS(円)
・財務
指標等(ROE、ROA、調整1株益、最高純益、設備投資、減価償却、研究開発)、
キャッシュフロー(営業CF、投資CF、財務CF、現金等)、財務(総資産、株主持分、株主持分比率、資本金、利益剰余金、有利子負債)、資本異動(年月、内容、株数)、年足株価(FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか 高値、安値)、月足株価(高値、安値、出来)

・概要
証券コード、銘柄名、決算期、設立、特色、発行者、住所、電話番号、証券、URL、発行済口数、優待
・投資主
投資主名
・業績 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
営業収益、純利益、1口配(円)
・配当
予想配当利回り
・財務
総資産、純資産
・年足株価
・月足株価

【適時開示】
適時開示履歴

【業績】
進捗状況、進捗状況(経常利益)、財務状況(売上高、営業利益、経常利益、当期利益)

【指標】
基本情報、コンセンサス情報、銘柄属性、財務(連)、テクニカル、テクニカル指標

【業績予測】
業績予想コンセンサス&コメント、レーティング分布、企業分析指標の平均と同業種(サービス業)
他社比較、株価とアナリスト予想の推移、コンセンサスの推移

【株主優待】
権利確定日、優待内容、優待イメージ写真

【参考銘柄】
よく一緒に見られている銘柄(国内株式、米国株式合わせて10銘柄)

お気に入り

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
楽天証券に口座をお持ちの方
(ログイン時)
楽天証券に口座をお持ちでない方
(未ログイン時)
お気に入りWEB、マーケットスピード、iSPEED for iPadのお気に入り銘柄と連携 端末上のみ登録可能
登録箇所 1ページ国内株式100銘柄+米国株式100銘柄、最大10ページ

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
シンプル 注文種別 プロ
現物買い
現物売り
訂正・取消
通常
× 逆指値付通常
× 逆指値
× セット
× アルゴ注文

PCサイト/モバイルサイト
下記機能についてはPCもしくはモバイルサイトをご参照ください。 リアルタイム入金/出金/手数料コース/通常振込入金口座/信用保証金振替など

楽天証券に口座をお持ちの方
(ログイン時)
楽天証券に口座をお持ちでない方
(未ログイン時)
総合サマリー 各資産の時価評価額を表示
日本株式、米国株式、中国株式、債券、MMF[円建]、公社債投信、株式投信、預り金、信用取引保証金、国内先物OP取引証拠金、海外先物取引証拠金合計、外貨建MMF、外国為替(各通貨毎)、アセアン株式、楽ラップ
-
余力・維持率 現物買付可能額、NISA買付可能額、信用新規建余力、出金可能額、保証金維持率、保証金維持率(リアル)、米国株式 買付可能額(円貨)、米国株式 買付可能額(外貨) -

ウィジェット

Apple Watch

Apple Watchの仕様については、Apple Watchページにてご確認ください。

指数(一覧、チャート)

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
指数名称 指数種別 ログイン時 未ログイン時
日経225 国内株式 リアルタイム 20分
TOPIX 国内株式 リアルタイム 20分
JPX日経400 国内株式 リアルタイム 20分
東証プライム市場指数 国内株式 リアルタイム 20分
東証スタンダード市場指数 国内株式 リアルタイム 20分
東証グロース市場指数 国内株式 リアルタイム 20分
旧東証市場第一部指数 国内株式 リアルタイム 20分
東証グロース市場Core指数 国内株式 リアルタイム 20分
東証マザーズ指数 国内株式 リアルタイム 20分
東証REIT指数 国内株式 リアルタイム20分
日経225先物(期近) 国内先物 リアルタイム 20分
225ミニ先物(期近) 国内先物 リアルタイム 20分
TOPIX先物(期近) 国内先物 リアルタイム20分
JPX日経400先物(期近) 国内先物 リアルタイム 20分
東証マザーズ先物(期近) 国内先物 リアルタイム 20分
金先物大阪(中心) 商品先物 リアルタイム 20分
白金先物大阪(中心) 商品先物 リアルタイム 20分
銀先物大阪(中心) 商品先物 リアルタイム 20分
NYダウ30種 米国株式 15分 15分
NASDAQ 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ100 米国株式 リアルタイム 15分
S&P100指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P500指数 米国株式 リアルタイム 15分
VIX指数 米国株式 リアルタイム 15分
VVIXインプライド・ボラティリティ指数 米国株式リアルタイム 15分
NASDAQ100ボラティリティ指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P素材セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&Pエナジー・セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P金融セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P不動産セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P公益事業セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P一般消費財セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P通信サービス・セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P資本財セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&P生活必需品セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&Pテクノロジー・セレクト・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
S&Pヘルスケア・セレクト・セクター指数米国株式 リアルタイム 15分
S&P500 ESG指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ米国大型株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ米国中型株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ米国小型株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ工業株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ銀行株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ保険株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ不動産株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ輸送株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ通信株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQコンピューター株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQバイオテクノロジー株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQヘルスケア株指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ CTAサイバーセキュリティ指数 米国株式 リアルタイム15分
ISE CTAクラウドコンピューティング指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ CTA AI&ロボティクス 米国株式 リアルタイム 15分
BVP NASDAQエマージング・クラウド指数 米国株式 リアルタイム 15分
PHLXゴールド/シルバー・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
PHLX半導体・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
PHLXハウジング・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
PHLX石油サービス・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
PHLX公益事業・セクター指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQネクスト・ジェネレーション100指数 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ金融100 米国株式 リアルタイム 15分
NASDAQ100 テクノロジー・セクター 米国株式リアルタイム 15分
NASDAQゴールデン・ドラゴン・チャイナ指数 米国株式 リアルタイム 15分
上海総合指数 中国株式 15分 15分
上海A株指数 中国株式 15分 15分
上海・香港ストックコネクト 中国株式 15分 15分
ハンセン指数 中国株式 15分 15分
H株指数 中国株式 15分 15分
レッドチップ指数 中国株式 15分 15分
225先物CME(期近) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
225先物SGX(期近) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
mini Dow(期近) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
mini NQ100(期近) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
mini S&P500(期近) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
WTI原油先物(NYMEX) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
天然ガス先物(NYMEX) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Gold先物(COMEX) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Silver先物(COMEX) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Cooper先物(COMEX) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Corn先物(CBOT) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Wheat先物(CBOT) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
Soybean先物(CBOT) 海外先物 リアルタイム ※1 10分
為替レート FX リアルタイム リアルタイム

テクニカルチャート(大チャート、小チャート)

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
テクニカル名称 足種 パラメーター設定可能値(デフォルト値)
単純移動平均線 分足
日足
2-100 (短期:5、中期:25、長期75)
週足 2-100(短期:13、中期:26、長期52)
月足 2-100(短期:9、中期:24、長期60)
ボリンジャーバンド (※3) 分足
日足
期間:2-100(25)、乖離率σ:1-3(3)
週足 期間:2-100(26)、乖離率σ:1-3(3)
月足 期間:2-100(24)、乖離率σ:1-3(3)
一目均衡表 分足
日足
週足
月足
2-100(基準線:26、転換線:9、スパン:26)
多重移動平均線 分足
日足
期間:2-100(最短:5、最長:75)、本数:2-15(15)
週足 期間:2-100(最短:13、最長:52)、本数:2-15(15)
月足 期間:2-100(最短:9、最長:60)、本数:2-15(15)
指数平滑移動平均線 分足
日足
2-100(短期:5、中期:25、長期75)
週足 2-100(短期:13、中期:26、長期52)
月足 2-100(短期:9、中期:24、長期60)
VWAP 分足
日足
週足
月足
設定項目なし
価格帯別出来高 分足
日足
週足
月足
設定項目なし

FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
テクニカル名称 足種 パラメーター設定可能値(デフォルト値)
出来高 分足
日足
週足
月足
設定項目なし
RSI 分足
日足
週足
月足
2-100(短期:9、長期:14)
RCI 分足
日足
週足
月足
2-100(短期:9、長期:27)
移動平均乖離率 分足
日足
2-100(短期:5、長期:25)
週足 2-100(短期:13、長期:26)
月足 2-100(短期:9、長期:24)
MACD (※4) 分足
日足
週足
月足
2-100(短期:12、長期:26、シグナル:9)
ストキャスティクス 分足
日足
週足
月足
2-100(期間:5、平均期間:3)
DMI 分足
日足
週足
月足
2-100(DI:14、ADX:9)
サイコロジカルライン 分足
日足
週足
月足
期間:2-100(12)
標準偏差 分足
日足
週足
月足
期間:2-100(26)

※2 移動平均および標準偏差の算出に終値を用いています。
(MarketSpeedはTP(ティピカル・プライス:高値,安値,終値の平均値))

(テクニカルを極める)チャネルラインを使ったトレード戦略の立て方


相場はトレンドラインに沿って上昇をしていたが、
Aの地点でラインを割って下がってしまった。
Aの地点はトレンドラインブレイクとなるため、
相場はいきなり混沌とした状況になる。
もう一度トレンドラインに乗ろうと相場は反発上昇をするが、
Bの地点に来たときは、サポートラインであるはずのトレンドラインがレジスタンスラインとなっていた。
このようにチャートがトレンドラインを割り込んだあとは、
トレンドラインの性質は逆転して上記例ではサポートからレジスタンスに変化する。
トレンドラインをブレイクしてしまったら、そこで損切や利益確定をするのがベストです。 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
つまり、トレードの出口に使うわけです。
なお、トレンドラインをブレイクしたときは、
まだ逆側に進んでいくと決まったわけではないので、そこからのエントリーは危険性が高いので注意が必要です。
ブレイクしてしまった場合は、混沌とした相場になるので、
しばらく様子を見ることが必要なのです。

チャネルライン

トレンドラインの応用編として、2本の平行のトレンドラインを引く方法があります。 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
これを チャネルライン と呼びます。
チャートの上値部分を結んだトレンドラインと、下値部分を結んだトレンドラインを引いてみると、下図のように値動きの範囲がトレンドライン内に収まるケースがあります。

上昇チャネルライン


上側と下側にほぼ平行で走るトレンドラインの中でチャートが行き来している。
(上下の平行に走るトレンドラインがチャネルライン。その中の太い赤線は単にチャートの動きを表したもの。)全体的にはロングが優勢な局面である。
ショート側からすれば上のトレンドラインの接点からショートをするのが良く、
ロング側から見れば下のトレンドラインの接点からロングをするのが良い。 FXや株の売買でトレンドラインをどう使うのか
最後に下のトレンドラインを割ったあとは、トレンドラインブレイクとなり、
相場は乱高下して混沌としやすい状態となる。
その場合はまたトレンドが定まるまで様子見に徹すること。

下降チャネルライン


上側と下側にはほぼ並行で走るトレンドラインの中でチャートが行き来している。
全体的にはショートが優勢な局面。
ショート側からすれば上のトレンドラインの接点からショートをするのが良く、
ロング側からみれば下のトレンドラインの接点からロングをするのが良い。
チャネルラインの活用法としては、エントリーとエグジットに使います。
例えば上昇チャネルラインの場合は、下のトレンドラインの接点でロングして、
上のトレンドラインの接点で利益確定をすればいいでしょう。
下降チャネルラインの場合は、上のトレンドラインの接点でショートエントリーをして、
下のトレンドラインで利益確定をするべきです。これも立派な戦略となります。
チャネルラインの中心部では値動きが激しくなるので、
そこでエントリーをしないように心がけているだけで、損失は少なくなり、
利益を伸ばしていくことができるでしょう。
デイトレードをしなくても、FXで月5万円の利益を生む方法を知りたい人はこちら

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる