トレーディング手法

FXと株の違い

FXと株の違い
fa-volume-up 今だけ!お得なキャンペーン情報

株とFXの違い

FXは通貨に投資するのですが、実際に投資できる通貨はせいぜい10か国くらいです。世界の基軸通貨である、米ドル、日本円、英国ポンド、欧州のユーロ、カナダドル、高金利通貨として人気の豪ドル、NZドル、南アフリカランドと一般的にはこれら8か国の通貨へ投資できます。これらに加え、最近では香港ドル、シンガポールドル、人民元、ノルウェークローナ、超高金利のトルコリラ、メキシコぺソを売買できるFX会社もあります。

しかし、上記の通貨はマイナー通貨と呼ばれており、流動性(売買量)が小さく、安定しておりません。銀行や証券会社のディーラーもほとんど売買することはありませんので、個人投資家が手を出すことはしないのが無難でしょう。

株は約4,000種類

一方、株式取引での投資対象は日本株では約4,000種類もあります。そのため、株の取引ツールにはスクリーニング機能が備わっており、銘柄を絞り込むことが大変だということもあります。

FXは金融政策や経済に依存

FXの変動要因は、その国の金融政策や経済に大きく依存します。その為、ニュージーランド中央銀行が利上げをするとニュージーランドドルが大きく買われますし、ECB(欧州中央銀行)が金融緩和をするとなると、ユーロが大きく売られることとなります。

株は企業業績に依存

一方、株の方は企業業績が大きな変動要因になります。その為、決算が予想以上だと連日ストップ高になります。そして、関連会社も株価もつれ高になることがあります。

また、グローバル企業だと海外の株式市場の変動にも連動しますし、為替が関係してきますから、例えばドル円が円安方向に振れると、トヨタやマツダなどの企業の株価は上昇します。同様に、材料を海外から輸入している企業だと、原油や小麦の価格にも大きく影響します。

値動きの違い

FXにはレバレッジと流動性

そのことから、FXはレバレッジという資金を有効に使うシステムが使えるのです。また、流動性があるという面では、買いたい時に買え、売りたい時に売れるというメリットがあります。

株は銘柄によってはハイリスク・ハイリターン

このことから、銘柄によってはハイリスク・ハイリターンということになります。しかしながら、良い銘柄に巡り合えば、1年で投資資金が10倍になるという非常に夢があるのが株式投資です。

金利差の受け取りの違い

FXはスワップ(ポイント)

FXにはスワップ(ポイント)と呼ばれる金利差を受け取るまたは支払う仕組みがあります。これは、365日で割った金利差を営業日ごとに受け取る、または支払うものです。金利差を受け取る側になるには、金利の高い通貨を買いで保有します。金利差を受け取ることができ、またその金利差も投資資金に連動して25倍もらえることは大きな魅力です!

株は配当金

一方株式には配当金があります。みずほフィナンシャルグループなどは4%程度の高配当利回りがあり、個人投資家にも人気の銘柄となっています。この配当金は、年に1回か2回(会社ごとに違います)もらえることができ、権利確定日にだけ持っていればもらえるという高いメリットがあります。もちろん、権利を獲得した直後に大きく売られる場合もあるので、リスクは高いですが、こちらも大きな魅力ですよね!

資金効率(レバレッジ)の違い

FXにはレバレッジ

FXのメリットにレバレッジがあります。これは、投資資金の25倍の金額を動かせるというFXの大きな魅力のひとつです。また、海外業者では100倍、200倍のレバレッジを使用できる業者もあることから、ギャンブルのようにトレードを行う人もいます。

株は自己資金の3倍まで取引可能

逆に、株式取引は値動きが大きいことから、信用取引では自己資金の3倍までの取引を行えます。しかし、信用取引は「6ヶ月以内に清算の義務」があることと、お金を借りていることから毎日僅かながら「金利の支払い」が発生します。また、FXではほぼ皆無である追証が発生することもあります。

しかし、最近では無期限信用取引(一般信用取引)という返済期限なしの信用取引もあります。
(⇒松井証券:一日信用取引|信用取引の売買手数料はいくら取引しても無料。さらに、1注文あたり300万円以上の取引をすると金利も無料)

取引時間の違い

FXは平日24時間

FXは平日であれば24時間売買可能です。このあたりが、FXが主婦やサラリーリーマン、学生にも人気である証拠でしょう。FX会社やラジオ日経なのどの番組で、「雇用統計スペシャルイベント」などと題して、ビックイベントをカウントダウン形式に盛り上がるイベントも人気です。

株は9時~11時30分、12時30分~3時

一方、株式取引は前場は9時~11時30分、後場は12時30分~3時までとなっております。しかし、意外と知られていませんが、株式取引にはPTS(私設取引)と呼ばれる夜間取引があります。通常の取引時間が終わったあと、17:30~23:59(証券会社により異なります。)までに行われる時間外取引のことをいいます。また、デイタイムセッションという、8:20~16:00の間行われる取引もあります。

株とFXではどちらが良いのか?

「FXとは」記事一覧

初心者におすすめFX会社特集

こだわり条件でFX会社を選ぶ

FX取引を始めるにはまずFX会社に口座が必要です。 FX会社によって取扱通貨ペアや取引コストにあたるスプレッドなど、サービスに違いがあります。 こだわりの条件でFX会社を選んでみましょう。

スプレッドの狭さ

スワップの高さ

スマホ取引比較

FX入門知識 記事一覧

口座を準備しよう!初心者におすすめのFX口座

初心者おすすめポイント みんかぶFXから申し込むと条件達成で4,000円キャッシュバック LINE問い合わせでオペレーターに気軽に質問できる 電話問い合わせも平日24時間対応 DMMFX を詳しくチェック

初心者おすすめポイント FX取引高世界第一位(ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月)の大手FX会社 預かり資産は3年連続で国内No,1 FXの他に株式やCFDも取り扱っている GMOクリック証券 を詳しくチェック

注目サービス

FXアプリ スマホランキング

ドル円スプレッド 0.2 銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 4 円
最小取引単位 10,000 通貨
テクニカルの種類 13
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
GMOクリック証券 のアプリ詳細
ドル円スプレッド 0.2 銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 4 円
最小取引単位 1,000 通貨
テクニカルの種類 15
チャート画面で発注
自動利食い・損切り
外貨ex byGMO のアプリ詳細
ドル円スプレッド 0.2 銭(原則固定・例外あり)
豪ドル円スワップ 3 円
最小取引単位 1,000 通貨
テクニカルの種類 20
チャート画面で発注
自動利食い・損切り

カテゴリからFX会社を探す

関連サイト

米ドル円の取引情報

FXと株の違い
会社名 スプレッド 買スワップ 売スワップ 取引単位

詳しく見る
0.0 銭 4 円 -161 円 100 通貨

詳しく見る
0.2 銭 35 円 -38 円 10,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 31 円 -34 円 10,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 30 円 -50 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 29 円 -32 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 29 円 -32 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 FXと株の違い 銭 22 円 -47 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 14 円 -47 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 3 円 -79 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.2 銭 2 円 -78 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.3 銭 30 円 -53 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.3 銭 27 円 -42 円1,000 通貨

詳しく見る
1.0 銭 14 円 -54 円 1,000 通貨

詳しく見る
0.1〜7.8 銭 31 円 -35 円 1 通貨

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 FXと株の違い キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

FXと株の違いとは?比較項目やメリット・デメリットを紹介

FXと株の違いとは?比較項目やメリット・デメリットを紹介

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

FXと株の違いを徹底解説!どっちが初心者向け?

FXと株の違いを徹底解説!どっちが初心者向け?

DMM FXキャンペーン情報

fa-volume-up FXと株の違い 今だけ!お得なキャンペーン情報

  • 新規口座開設+取引で最大200,000円キャッシュバック ※1
  • CHF/JPY、NZD/JPY、CAD/JPYスプレッド縮小キャンペーン ※2

※1 修了期間未定/2021年2月1日以降に口座開設が完了した方 3か月以内に指定の新規取引数量を満たした方に最大で『200,000円』をキャッシュバック!

※2 期間:2022年3月1日(火)7時00分 ~ 2022年6月1日(水)5時59分まで

GMOクリック証券

GMOクリック証券

  • 新規FX口座開設+新規取引で 最大300,000円のキャッシュバック
  • FX取引高世界1位 ※ で国内では9年連続1位の取引量
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月
  • 最低取引単位 10,FXと株の違い 000通貨 から取引可能
  • 各種手数料が無料

GMOクリック証券は FX取引高世界1位 ※ で国内では9年連続1位(2012年~2020年)の取引量 を誇る、業界最安水準の手数料体系を実現したFX口座サービスです。
※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2021年12月

その他にも業界最狭水準のスプレッド幅 ※ や各種取引手数料が0円など、 快適なトレード環境を提供してくれている至れり尽くせりなFX会社 がGMOクリック証券です。

GMOクリック証券の基本情報

最低取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 20通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 下限なし

GMOクリック証券 キャンペーン情報

  • はじめてのFX口座開設+お取引で最大30万円キャッシュバック! ※1

LINE FX

  • 口座開設+1取引だけで最大5,FXと株の違い 000円プレゼント
  • 最低取引単位1,000通貨 から取引可能
  • 新規口座開設数が業界トップ ※
  • 各手数料が無料

LINE FXと株の違い FXと株の違い FXは、スマートフォンのチャットアプリである LINE株式会社が提供するFX口座サービスです。

LINEと聞くと連絡手段の一つのイメージがありますが、 LINEは積極的に様々な金融関連のサービスを提供 しており、お金と人との距離を近づけています。

そのため、2020年の3月にLINE FXがプレスリリースされ、9月までの6ヶ月の期間で 新規口座開設数が業界トップ ※ に 君臨し鳴り物入りでFX業界にきました ※ 。

LINE FXの基本情報

最低取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 23通貨ペア
スプレッド
※原則固定、例外あり
米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

LINE FXのキャンペーン情報

外為どっとコム

外為どっとコム

  • 新規口座開設+取引量に応じて 最大30万円キャッシュバック
  • 最低取引単位1,000通貨 から取引可能
  • 取り扱い通貨ペアが 30種類 と豊富
  • 各種手数料が無料

外為どっとコムは 口座開設数が55万件を突破 しており、DMM FX・GMOクリック証券・外為オンラインなどの大手企業に次いで第4位となっています。

外為どっとコムではサポート体制も充実しており、WEB問い合わせは 365日24時間利用可能 です。何かわからないことがあった場合や緊急時にすぐにサポートを受けられるのは大きなメリットでしょう。

外為どっとコムの基本情報

FXと株の違い FXと株の違い
最低取引単位 1,000通貨〜
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数30通貨ペア
スプレッド※原則固定、例外あり 米ドル/円(非公開)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

外為どっとコムキャンペーン情報

  • 新規口座開設+1万通貨の取引を1回で2,000円キャッシュバック!さらに取引量に応じて最大30万円キャッシュバックキャンペーン実施中! ※1
  • 新スマホアプリ限定キャンペーン、取引数量に応じて最大100万円キャッシュバック ※2
  • 過去平均値の30%上乗せで、業界最高水準のスワップポイントを提供キャンペーン ※3
  • 高金利通貨のお取引で最大 100万相当 のFXポイントをプレゼント! ※4

外貨ex byGMO

外貨ex byGMO

  • 新規口座開設+取引で FXと株の違い 最大15万円キャッシュバック
  • 口座開設申し込みは最短5分で完了
  • FXを学べるコンテンツ が豊富
  • 各種手数料が無料

外貨ex byGMOは「 GMOインターネットグループ」によって運営されているFXサービスです。24種類の通貨ペアを各種手数料無料で取引できるため、初心者にも使いやすいでしょう。

外貨ex byGMOではFXに関するコンテンツ 「 外貨exアカデミー」 を配信しています。ここでしか読めないFXレポートや著名トレーダーのコラムなど内容は豊富です。

また マルチデバイス対応の取引ツール「 外貨ex」 が無料で利用することができます。手軽にFX取引をしたいという方は要チェックです。

FXと株の違い

外貨ex byGMOの基本情報

最低取引単位 1,000通貨〜
取引手数料 無料
取扱通貨ペア数 24通貨ペア
スプレッド※原則固定、例外あり 米ドル/円(0.2銭)
レバレッジ 最大25倍
最低入金額 制限なし

  • 新規口座開設&取引金額で最大15万円キャッシュバック! ※1
  • 取引に応じで毎月現金キャッシュバックキャンペーン中!FXの取引をするたび毎月最大100万円が取引額に応じて返ってくる! ※2

※1 口座開設申込期間:2022年4月1日(金)~2022年6月30日(木) / 取引対象期間:口座開設完了月の翌々月最終営業日ニューヨーククローズ

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

FXと株における5つの違いとトレード方法を分かりやすく解説!

FXは店頭市場であり、伝統的な取引所では取引されません。取引はインターバンク市場を通じて行われます。つまり、さまざまな国の営業時間や取引セッションに合わせて、世界中で取引を行うことができるのです。そのため、FXトレーダーは、 1日24時間、週5日 ほぼ取引を行うことができます。一方、主要株価指数は、取引の時間帯や影響を受ける要因が異なります。 主要指数のページ では、取引時間などこれらの市場に関する詳細をご覧いただけます。

ほとんどのFXブローカーは手数料を取らず、その代わりに スプレッド (買値と売値の差)をマージン(手数料)としています。株や先物、あるいは米国市場の S&P 500指数 のような主要株価指数の取引においては、多くの場合トレーダーはブローカーに委託手数料に加えてスプレッドを支払う必要があります。

Deal ticket showing spread cost of forex pair, EURUSD

FXと株のどちらを取引すべきか?

トレーダーのタイプ 定義 メリット デメリット FXと株の比較
短期 (スキャルピング)小さな値動きを利用して、数分以内にトレードを完結させる取引スタイル。トレーダーは、ボラティリティをより重視し、市場を動かすファンダメンタル要因をあまり重視しないこともある。取引回数が増えるため、初心者のトレーダーは戦略を微調整しないと損失が大きくなる可能性がある。ポジションを執行するためのコストが安いため、FX取引に適している。一部の取引所では、売買のために多額の資金残高を必要とする。ほとんどのFX取引所は、証拠金を維持できるだけの資金を要求する。
中期 トレーダーが1日またはそれ以上の日数でポジションを保有することを目的とした取引スタイルで、取引はテクニカル分析を基にしてポジションを構築することが多い。トレーダーがより大きな動きを求めているため、他のスタイルに比べて必要な資金が少ない。トレードには分析がつきものだが、分析には時間がかかる。FXや株の取引に適している。
長期 トレーダーが数カ月から数年間にわたってポジションを保有することを目的とした取引スタイルで、長期的なファンダメンタルズに基づいて判断することが多い。トレーダーは、分析に多くの時間を費やす必要がない。価格の乱高下をカバーするために、多額の資金を必要とする。外国為替市場は株式市場に比べて方向性が変わりやすいため、株取引に向いている。

FX初心者の方は、 無料の初心者のためのFXガイド をダウンロードしてご覧ください。また、株式市場の取引をサポートするための 株式市場の見通し も無料で提供しています。

外国為替市場(FX)と他の市場の比較に関するよくある質問(FAQ)

FX取引から株取引に移行するためには、FXと株の基本的な違いを理解する必要があります。すなわち、FXの動きは、 金利 と予想される金利動向が要因となります。株価は、収益、バランスシートの予測、そして経済の動向などに左右されます。 FXから株取引への移行 方法についての詳細をご覧ください。

最新の通貨、コモディティ、インデックスの価格については、 トップ画面のレートのページ をご覧ください。 また、 株や主要通貨の 米ドルや ユーロに関する専門家の見通しもご覧いただけます。成功している トレーダーの特長ガイドでは、トレーダーが犯しがちなミスについて解説しています。

例えば、高い金利を狙うFXトレーダーに人気のトルコリラと、日本円との組み合わせ<トルコ/円>を10万トルコリラを買います(10万日本円を売ります)。且つ、現在の10万トルコリラあたりのスワップポイントが一日あたり200円とします。
仮に今後スワップポイントに変動がない場合、1か月トルコ円(買い)を持ち続ければ200円×30日=6,000円、一年間で6,000円×12か月=72,000円のスワップポイント益を受け取ることができます。なお、これを実現するためにいくら資金が必要になるかは、1トルコリラ=20円とすると、最小でおよそ80,000 円程度となります。(参考:<1.少額から取引可能>)

3.FXと株の違い 出社前でも帰宅後でも日中でも24時間取引可能!

みなさんが投資活動に使える時間帯は1日のうちの何時頃でしょうか。
普段お仕事をされているサラリーマンの方は帰宅後や朝の電車の時間、主婦の方はご家族がまだ帰宅されていない日中、投資サークルに所属する大学生の方は休み時間の合間に、など、人によってさまざまだと思います。
株取引ですと、取引可能時間は株式市場が開いている9時から15時の間で限定されていて、その時間を投資活動にあてられない方は短期投資や値動きを見ながら売買するスタイルが難しいなどの制限がでてくるかもしれません。

4.下落相場でも利益のチャンス

私たちの身近な生活の中でも日々価格が変わるものがありますが、たとえば野菜です。野菜が高騰しているときは何となく「今買うのはお金がもったいないかな・・」と思って買わないこともあるかと思います。安くなるまで数日くらいは待って、安くなったときに買えるのならばその方がいいですよね。
投資の世界、たとえば株でも同じことが言えます。株を買うときは、やはり買い値が安ければ安いほどお得です。
ではFXはどうでしょうか。
実はFXの場合は「買い」だけでなく、「売り」から入ることができるので、価格が安いときでも高いときでも利益が出るチャンスがあるのです。つまり、価格がすでに高い水準まできているときに「売り」から入ることで、その後価格が下落すればするほど利益になっていきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる