ポイント投資

三角保ち合い(Triangle)

三角保ち合い(Triangle)
TradingViewチャートでは機能をフルに使って三角持ち合いを探せます。
まず、チャートを拡大しましょう。
トレード画面でこのマークの部分をクリックすると別ウィンドウで全画面表示できます。

重要パターンの三角持ち合い(トライアングル)がブレイクされると大きく動く

FXで覚えておくべき重要ポイントはテクニカル指標だけではありません。相場には似た様な、どこかでみたことがあるようなパターンが存在します。相場と言うものは人間の集団真理が反映されてできるものなので 『ここまできたら買いたい・・・』、『ココまで来たら耐えられない』、といった人の心理を反映した動きをします。その人の心理というものは過去も現在も未来においても絶対に変わりません。全員が全員とも 『損をしたくない・大儲けしたい』 と思っています。そういった理由で同じようなチャートになることが多く、このチャートの形をパターンとして覚えておくことで先の予測がしやすくなり 勝率が格段に上がるのです 。

パターンで重要視されるのは前回の高値や安値です。前回の高値を更新してくれば上昇が見込めますし、安値更新なら下落が見込めます。しかし何度も何度も高値も安値も更新ができない相場というものがあります。それが三角持ち合い(トライアングル)というパターンです。このパターンではダブルトップのような一方向の動きが抑制された相場ではなく、上と下の両方で動きが抑制された相場になっています。上が押さえられれば下方向、下が支えられれば上方向へ動きますが、両方が抑えられた三角持ち合い(トライアングル)というのは どちらにも動きにくい相場 になっています。

三角持ち合い(トライアングル)が終わると大きく動く

三角持ち合い(トライアングル)は重要シグナルである高値更新も安値更新もできずに、上下のトレンドラインの中に相場が完全に納まっている状態です。そのため、『ちっとも動かない・・・イライラする相場だな』 と多くの人が鬱憤を貯めるようになります。しかし上下のトレンドラインは幅が狭くなっていくのでいつかはどちらかがブレイクするはずなので、市場参加者は 『上でも下でもどっちかのラインを割ったら取引だ』 と待ちます。そして三角持ち合いが上でも下 どちらかにブレイクしたら 、待ってた人たちが鬱憤を晴らすかのように大きな取引をして、相場が一気に大きく動きます。

三角持ち合い(トライアングル)のシグナルの目安は、上でも下でもいいので どちらかのトレンドラインがブレイクした時 です。重要な上のラインがブレイクされれば相場は一気に上昇しますし、下がブレイクされれば一気に下落していきます。ダブルトップのような上昇幅の目安といったものはありませんが、大きく動くことでトレンドが形成されるので、相場に順張り取引をするで大きく儲けることができます。これが三角持ち合い(トライアングル)のパターンです。

三角持ち合い(トライアングル)の別名はP波動

ちなみにこの三角持ち合い(トライアングル)は、相場が三角形の中に納まることがその呼び名がつけられていますが、一目均衡表の波動論ではこの相場を ” P波動 ” と読んでいます。三角持ち合い(トライアングル)の相場を三角形ではなく、アルファベットのPの中に納まるという見方をされているためです。ちなみに三角持ち合い(トライアングル)とは逆に、高値安値がどちらとも広がっていく相場のことを逆P波動やY波動相場と呼ぶことがあります。

トライアングル

PL1!: 【プラチナ】焼け野原から最初に立ち上がるのは誰か

■現状 連日、すごい相場が続いていますね。 昨日、一昨日のチャートなんてチャートの博物館みたいでしたね(笑) 私自身は3月末から4月中旬までの暴騰で相当な含み益を出し、その後の暴落ですべて利益を吐き出した精神的ショックで一時相場を休んでいました。 そしたらまさかの暴落相場。 図らずも、キャッシュポジション100%でこの暴落を傍観するだけの非常にラッキーな位置にいます。 ■反省.

XRPUSD: XRP 週足レベルで割るか否かの重大局面

上半期は下落、下半期は上昇。 見立ては変わりません。 X(´(ェ)`)X 備えあれば憂い無しの重大局面。

5186: [アクビ・ウォッチ]5186 ニッタ 巨大トライアングルをブレイクするまでは静観したい状況

教科書どおりなのは、点線の流れだが、ご覧のように上下赤線内は巨大トライアングルの檻の中。ここを出ない限り乱高下に悩むことになる。 備えあれば憂い無し N(´(ェ)`)N

BTCJPY: 暗号資産/BTC・ETH三角保合いの行方は

環境認識(暗号資産BTC・ETH) 先週は下落継続から一旦反転、そこからLSそれぞれの思惑が交錯し大きな値動きはなくこのトレンドの流れを占いそうな位置で三角持ち合いを形成しています。個人的には明確なエントリーポイントがなく暇な1週間となりました。 しかし三角保合いが収縮し今週中には何れかにブレイクアウトしそうな流れとなってきています。どの足で見るかにもよりますが上位足で見ればサポートされ再上昇を目指しているように見えますがなかなか明確に反転しないので大衆としてはロングの目線から次第にショート目線が増えてきているように思います。だましには注意が必要な局面ですがブレイクアウトした方向に大きく動くと思いますので上に抜ければ押し目でコツコツ増やし下に抜ければ慌てず欲張り、可能な限り下で反転を待ちます。

DXY: ドルインデックス-2022/3/25-

ドルインデックの4時間足です 上値を徐々に切り下げていますが、下値も切り上げています。 いわゆる三角持ち合い状態です。 このところ、FRBのメンバーがタカ派発言を連発してますが、 市場は織り込み済なのかもしれません。

【BTC・FX実践チャート分析】三角保ち合いの全パターンと特徴

手法

以前チャートパターンの基本記事を書きました。チャートパターンは基本的に相場の天井大底を見極めるのに使用されます。

下の簡単な図を見てもらえればわかりやすいと思います。

  • 天底のチャートパターン(三尊等)に比べ短期で形成される
  • 値動きが徐々に小さくなっていく(売買が拮抗)
  • トレンド方向にブレイクするときもあれば、トレンド転換のきっかけとなることもある
  • ブレイク方向に大きく伸びることが多い

対照型トライアングル

上辺・下辺ともに下降・上昇をしている三角に挟まれたチャートパターンです。上下どちらの辺もある程度の角度をもってトレンドを描いている為対称型トライアングと言われます。

三角保ち合いを下抜けるパターンの話

2019年11月のマーケット動向と投資戦略

本日の注目イベント&経済指標

  • 日10月貿易統計
  • 日10月訪日外国人客数
  • 日10月全国コンビニエンスストア売上高
  • 独10月生産者物価指数(PPI)
  • 米MBA住宅ローン申請指数 議事要旨(10月分) ※
  • ラジコンのボディーの切り取りと塗装で大失敗|charTradeラジコン
  • charTradeラジコン(テクニカル分析が凝縮されたラジコン)PR動画

TOPIX見直し

  • 2019年11月20日、金融庁の金融審議会は東証にTOPIX(東証株価指数)を見直して採用銘柄を絞り込んだ新たな指数を作るよう求める。時価総額が大きく売買が活発な銘柄で構成し、投資マネーが有力な銘柄に集まりやすくするもよう。20日の会合でその考え方を示し、TOPIXの見直しのほか、東証一部・東証二部、マザーズ、JASDAQの4市場の再編も議論する。

ビットコイン

  • 2019年11月20日、金融活動作業部会が日本政府や金融機関への実地審査に入った。仮想通貨の規制や交換業者の対策が焦点となっている。

ツイッター

ブログ|カテゴリー

charTradeとは

charTrade(チャートレード)とは、チャートを見て、トレードができるようになるトレード手法です。「テクニカル分析」と「徹底したリスク管理」を基に、トレードを仕掛けるタイミングや損切りポイント、利益確定ポイントを全て詳しく解説しています。charTradeを学習すれば、チャート上で実際の価格の値動きが示す意味を理解しながらトレードができるようになります。charTradeは、こちら!

アセンディングトライアングル/ディセンディングトライアングル(三角持ち合い)のFXダマシ回避トレード

アセンディングトライアングル/ディセンディングトライアングルでFXトレード脅威の勝率!三角持ち合いダマシ回避手法

チャートパターン

今回は、よくお目にかかるチャートパターンである「 三角保ち合い(トライアングル・フォーメーション) 」の見方・使い方について解説したいと思います。

この中でも アセンディングトライアングル・ディセンディングトライアングルを意識したトレードをすることで80%以上の勝率を叩き出すこともできます 。
チャートパターンはこれだけ覚えておけばいいと言っても過言ではないでしょう。

トレードするにあたって、逆三尊(ヘッドアンドショルダー) やダブルトップ&ボトム などのテクニカル指標はわかりやすく効果も強いのでもちろん覚えておくべきですが、テクニカル指標だけを見ていてもチャンスをものにするには不十分です。

三角保ち合い(トライアングル・フォーメーション)とは


チャートには似たようなパターンがいくつか存在します。

三角持ち合いは三種類に分類することができる

  • シンメトリカル(対称)・トライアングル
  • アセンディング(上昇)・トライアングル
  • ディセンディング(下降)・トライアングル

シンメトリカル(対称)・トライアングル

  • シンメトリカル(対称)・トライアングル = 前のトレンド継続
  • アセンディング(上昇)・トライアングル = 上昇トレンド継続
  • ディセンディング(下降)・トライアングル = 下降トレンド継続

シンメトリカル(対称)・トライアングルは、山と山、谷と谷を結んだトレンドラインが上下対称になるように引ける三角保ち合いのチャートパターンのことで、 基本的に前のトレンドの一時的な小休止を表し、再び直近のトレンドが継続する ことが多いです。

また、 シンメトリカル・トライアングルの場合は利確ポイントも明確に予測できます 。
ブレイク後の利確ポイントは、トライアングルの頂点(三角保ち合い(Triangle) 起点)からトライアングル下限ラインまでの垂線の幅と同幅をブレイクポイントから計測したA地点、同じ幅でAPEX(頂点)から計測したB地点、そして頂点(起点)から下限ラインと平行なライン(パラレル・ライン)の延長線上のCの3通りのいずれかに絞ることができます。

ここでとるべき トレード戦略は、直近のトレンドが上昇トレンドであれば、買い先行で回転売買を行っていき、三角保ち合いを上にブレイクしたのを確認してさらにロングを積む という戦略になります。

アセンディング(上昇)・トライアングル

アセンディングトライアングル

ディセンディング(下降)・トライアングル

ディセンディング(下降)・トライアングル

ディセンディング(下降)・トライアングルは、上側は下降トレンドライン、下側が水平線のサポートラインになっている三角保ち合いのチャートパターンです。

高値が徐々に切り下がり、 売り圧力が次第に強まっていることを表しています 。
トレンドには逆らわず、売り先行の回転売買で、サポートラインを下にブレイクしたところでショートでエントリーするのがセオリーです。

ビットコインFXに限らず、大口投資家が敢えて下にブレイクさせてから上昇させるというダマシもあるので、実際には「このラインまで反発したら撤退・損切りする」というストップ価格を決めてエントリーすると勝率の高いトレードになります。

三角保ち合いディセンディングトライアングルFXトレード例

巨大なディセトラ

まず、ビットコインの日足チャートで起きた代表的なディセンディングトライアングルを例に挙げます。
この下落はインパクトがありましたが、巨大なディセトラでした。

次に一般的な三角持ち合いの例を挙げます。

    三角保ち合い(Triangle)
  1. 二度更に下を目指そうとしたが否定しダブルボトム形成→トレンド転換?
  2. 直近の高値を更新できずレンジ→三角持ち合い形成と判断。
  3. トライアングルが1/2~3/4の間でブレイクする可能性大なので、ブレイクしたのを確認してショートエントリー。

さらに、利確ポイントもある程度目星がつく感じになっていたので追記しました。

アセンディング・ディセンディングトライアングルの勝率は?

アセンディング・ディセンディングトライアングル

また、成立する確率はせいぜい47~53%前後、つまりほぼ半々であり有意性はないというデータもあるそうです。

アセンディング・ディセンディングトライアングルを探す方法

TradingViewチャートでは機能をフルに使って三角持ち合いを探せます。
まず、チャートを拡大しましょう。
トレード画面でこのマークの部分をクリックすると別ウィンドウで全画面表示できます。

この部分をクリックすると拡大表示にできます。

チャートの左サイドにラインツールがあります。このアイコンです。

チャート上をドラッグしてトレンドラインを引くことができます。

こんな感じでチャートでどのラインが意識されているのか、ちょっとでも気になったらラインを引いて検証してみましょう。

この画像では「トレンドライン」を使っていますが、三角持ち合いを探すには「延長線」がおすすめです。

アセンディング/ディセンディングトライアングルの動画解説

三角持ち合い(トライアングル)の別名

この三角持ち合い(トライアングル)は、相場が三角形の中に納まることがその呼び名がつけられていますが、一目均衡表の波動論ではこの相場を「 P波動 」と呼んでいます。

ちなみに三角持ち合い(トライアングル)とは逆に、高値安値がどちらとも広がっていく相場のことを 逆P波動 や Y波動 、逆三角持ち合い、逆ペナント型と呼ぶこともあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる