海外バイナリーオプション

ストップロス注文

ストップロス注文
追加のRFQサポート プロトコルにより、見積もり要求「RFQ」(特定量の仮想通貨を購入または販売するための注文) を実行できます。

指値注文・逆指値注文の活用方法

menu

【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(ストップロス注文 レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

ストップロス注文

ポジションを開いた履歴はチケットで追跡できます。

取引操作の一般的な枠組み

  • 指定されたパラメータとの約定を実行するために注文が取引プラットフォームからブローカーに送信されます。
  • サーバで注文の正しさ(価格等の正確性、口座資金の利用可能性)がチェックされます。
  • チェックに合格した注文は取引サーバ上で処理されるのを待ちます。その後注文は
  • 実行される(ディーラーによって実行モードのいずれかで)
  • 失効に伴って取り消しされる
  • 拒否される(資金不足、マーケットで適切なオファーがない、ディーラー拒否)
  • トレーダによって拒否される
  • 約定とは成行注文の実行または未決注文のトリガです。
  • 銘柄がポジションを持たない場合、約定の締結の結果としてポジションが開かれます。銘柄がポジションを持つ場合、約定はポジション数量を増減、ポジションを決済、または反転できます。

注文作成からブローカーによる実行までの取引操作の枠組み

ポジション会計システム #

ネッティングシステム #

  • 銘柄の既存ポジションと同じ方向に取引を実行すると、このポジションの数量が増加します。
  • 約定が逆方向に実行された場合、既存のポジションの数量が減少する、ポジションが決済される(取引量がポジション数量に等しい場合)または反転される(取引量がポジション数量より大きい場合)ことがあります。

成生注文の実行や未決注文 のトリガなど、何が 反対方向の約定を引き起こしたかは重要ではありません。

2つの買い約定の実行は1つのネットポジションをもたらしました。

ヘッジシステム #

2つの買い約定の実行は2つのトレーディングポジションをもたらしました。

選択されたシステムの影響

  • 決済逆指値及び決済指値の継承ルールが変わります。
  • ネッティングシステムでのポジション決済では、同じ銘柄と数量で反対方向の取引操作が行われるべきです。ヘッジシステムでのポジション決済には、ポジションのコンテキストメニューで明示的に「ポジション決済」コマンドを選択します。
  • ヘッジシステムではポジションは反転することはできません。この場合、現在ポジションが決済され、残りの数量を持つ新しいポジションが開かれます。
  • ヘッジシステムでは、ヘッジ対象証拠金という、新しい証拠金計算の条件が使用可能です。

注文の種類 #

  • 指値買い — 注文で指定された価格以下の買値(アスク)での買いの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より高いです。通常、この注文は、株価が一定水準に下落した後に上昇することを予想して出されます。
  • 逆指値買い — 注文で指定された価格以上の買値(アスク)での買いの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より低いです。通常、この注文は、株価が一定水準に達した後に上昇を続けることを予想して出されます。
  • 指値売り — 注文で指定された価格以上の売値(ビッド)での売りの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より低いです。通常、この注文は、株価が一定水準に上昇した後に下落することを予想して出されます。
  • 逆指値売り — 注文で指定された価格以下の売値(ビッド)での売りの取引リクエスト。現在の価格は注文で指定された価格より高いです。通常、この注文は、株価が一定水準に下落した後に下落を続けることを予想して出されます。
  • ストップリミット買い — 逆指値注文であって指値買い注文を出すこのタイプは、最初の2つのタイプを組み合わせたものです。買値(アスク)が注文 (価格フィールド)に示されている逆指値レベルに達すると、Stop Limit price フィールドで指定された値段で買い指値注文が出されます。逆指値レベルは現在の買値(アスク)を超えて設定され、ストップリミット価格は逆指値レベル未満で設定されます。
  • ストップリミット売り —逆指値注文であって指値売り注文を出します。売値(ビッド)が注文 (価格フィールド)に示されている逆指値レベルに達すると、Stop Limit price フィールドで指定された値段で売り指値注文が出されます。逆指値レベルは現在の売値(ビッド)未満で設定され、ストップリミット価格は逆指値レベルを超えて設定されます。
  • 取引所株式、為替先物と先物Fortsを持つ銘柄の計算モードでは、全ての種類の未決注文は、取引が行われる交換の規則に従ってトリガされます。通常、最終価格(最後に行われたトランザクションの価格)が適用されます。言葉を変えると、注文は直近価格が注文で指定されて価格になるとトリガされます。しかし、注文のアクティベーションよる売買は、常にビッド及びアスク値で行われることにご注意下さい。
  • 「エクスチェンジ実行」モードでは、指値注文を出す時に指定される価格は検証されません。これは、(買い指値注文の場合)現在の買値(アスク)を超えるか(売り指値注文の場合)売値(ビッド)未満で指定することができます。このような価格で注文を出すと、それはほとんど即座にトリガされ、成行注文になります。しかし、トレーダが非指定の現在の市場価格で取引を行うことに同意する成行注文とは違って、未決注文は指定されたものよりも悪くない価格で実行されます。
  • 未決注文のアクティベーション中に対応する市場操作が実行できない場合(たとえば、口座の余剰証拠金が不十分)、未決注文はキャンセルされて「拒否」ステータスで履歴に移動されます。

未決注文の種類

逆指値注文 #

決済逆指及び決済指継承の規則(ネッティング): #

  • ポジション数量が増加したりポジションが逆転されると、決済逆指及び決済指注文がその最新注文(成行またはトリガされた未決注文)に従って出されます。つまり、同じポジションの各後続の注文の逆指値レベルが以前のものから変わります。注文にゼロ値が指定されている場合は、ポジションの決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • ポジションが部分的に決済された場合、決済逆指及び決済指値は変わりません。
  • ポジションが完全に決済された場合、それに関連付けられていて独自に存在できないため決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • ポジションが存在する銘柄の取引操作が実行された場合、ポジションの現在の決済逆指及び決済指は自動的に注文ウィンドウに挿入されます。これは、現在の逆指値注文の誤操作による削除を防止することを目的とします。
  • ポジションを持つ銘柄のワンクリック取引操作(チャートパネルや気配値表示 )では、現在の決済逆指及び決済指は変更されません。
  • OTC 市場(外国為替、先物)では、ポジションが次の取引日に移動された場合(スワップ、再度のオープンに寄ったものを含む)、決済逆指及び決済指は変更されません。
  • 為替市場では、ポジションが次の取引日に移動した場合(スワップ)、また別のアカウントに移動された場合や決済中に決済逆指及び決済指は初期化されます。

決済逆指及び決済指継承の規則(ヘッジ):

  • ポジションが部分的に決済された場合、決済逆指及び決済指値は変わりません。
  • ポジションが完全に決済された場合、それに関連付けられていて独自に存在できないため決済逆指及び決済指値は削除されます。
  • t0>ワンクリック取引操作(チャートのパネルまたは板情報)では、決済逆指及び決済指は設定されません。
  • トレール注文は決済逆指値が自動的に価格とともに変動させるのに使用されます。
  • 決済逆指及び決済指のアクティベーションはポジションの完全な決済につながります。
  • 取引所株式、為替先物と先物Fortsを持つ銘柄の計算モードでは、逆指値注文と指値注文は、取引が行われる交換の規則に従ってトリガされます。通常、最終価格(最後に行われたトランザクションの価格)が適用されます。言葉を変えると、逆指値注文は直近価格が注文で指定されて価格になるとトリガされます。しかし、逆指値注文のアクティベーションよる売買は、常にビッド及びアスク値で行われることにご注意下さい。

トレール注文 #

トレール注文を有効にするには、ポジションのコンテクストメニューを開いて値を指定します。

トレール注文操作の枠組み

  • 新しい相場が出現すると、プラットフォームはポジションが有益かどうかをチェックします。
  • ポイントでの利益が示したレベル以上になると、現在の価格から指示された距離でストップロスを配置する自動コマンドが生成されます。
  • 価格が移動してポジションの利益が増える場合は、「ストップロス」は自動的に価格と共に移動します。
  • 他の場合、注文は変更されません。このように、取引ポジションの利益が自動的に固定されています。
  • ポジションにストップロスが設定されている場合、それはポジション利益が増加した場合は価格とともに移動し、減少した場合には変化しません。
  • 未決注文がトリガされると、同じ銘柄の現在のポジションのトレール注文が注文に指定されたトレール注文で置き換えられます。
  • 未決注文の結果として実行された約定が銘柄の現在ポジションと逆方向で、数量がそれ以下の場合、トレール注文は置き換えられません。

トレール注文を無効にするには「 なし」パラメータをコントロールメニューで設定します。「 全てを削除」 コマンドはポジションと未決注文のトレール注文をすべて無効にします。

Forex Testerトレーディングシミュレーターでの素早く、簡単な注文方法[ステップバイステップガイド]

テスト開始後、注文を入れられるようになります。2つの注文タイプがあります。成行注文(現在のマーケットプライスですぐに売買する)と指値/逆指値注文(プライスを指定し、そのプライスにチャートがタッチしたら執行される注文) 注文タブの次のボタンで、注文・注文の変更・削除できます:


ストップロス注文

1. 新規成行注文を入れる - 成行注文ダイアログを開きます。(キーボードのF2ボタンでも開きます。)

2. 指値/逆指値注文を入れる - 指値/逆指値注文ダイアログを開きます。(またはF3キー)

3. 注文の修正(F4キー) - "オープンポジション"タブ、もしくは、"指値注文"タブから、注文を選択してください。 注文が入っているポジションの利確と損切を設定できます。 指値/逆指値注文の場合、エントリープライス、利確、損切を設定できます。 また、注文を決済するときにも、このウィンドウから行えます。

4. 選択したポジションの決済 - ポジションを決済します。(F5キー) 最初に、"オープンポジション"タブから注文を選択してください。右クリックのメニューで注文すると指値注文のタブを開けます。このメニューでボタンが追加できます。ホーム(Home)タブの注文メニューから、これらのボタンを複製できます。

5. 全てのポジションと注文を決済(Ctrl+C) - "オープンポジション"タブ、もしくは、"指値注文"タブにある、エントリーしている全てのポジションを決済し、指値/逆指値注文を削除します。

6. 発注グループを開く(Ctrl+O) - 事前定義したパラメータで発注グループの注文ができます。

7. ポジションを複製 - 選択した発注と同じ損切り/利確/ロット数の注文を複製できます。

8. 損益分岐点で損切りする - オープンプライスから素速く損切り値の設定ができる。

9. 証拠金の追加 - 仮想口座に証拠金を入金できます。

10. FXスピードアップを開始 - ワンクリック・トレードツールを走らせる。

ストップロス注文

11. 一部のポジションを決済 (Ctrl+F5)-選択したオーダーを部分的に閉じます。

12. 指値注文の削除 (F6) - 選択した保留中の注文を削除します。

成行注文ダイアログ. このダイアログから新規に成行注文を入れられます。スポイトボタンを使って、チャートから直接プライスを設定します。 また、損切、利確のプライスを直接入力したり、右側のピップス数値を使って損切、利確を自動計算していれることもできます。 "sell"、"buy"ボタンは、自動計算するときの計算モードの選択になります。売りか、買いか。 「リスク」と「ロット」のラジオボタンを使用して、手動またはリスク管理に基づくロットの計算方法を選択できます。リスクベースのロット計算を選択した場合は、ストップロス値を入力する必要があります。 トレイルストップのタブでは、この注文でトレイルストップを入れるときのパラメーターを設定できます。

  • シンボル - 取引可能な通貨ペアのドロップダウンリストです。
  • ロット - ドロップダウンリストで、手動で設定できる注文のロットサイズを表示します。
  • 「リスク%で計算」オプションでは、リスク管理に基づいてロットサイズを定義します。
    * リスクベースのロット計算を選択した場合は、ストップロスの値を入力する必要がありますのでご注意ください。
  • 「買い」と「売り」のラジオボタンは、計算モード(売りか買いか)を定義します。
  • 「ストップロス」と 「利食い」オプションは、SLとTPの値を調整するために使用します。価格を定義するには、単純に直接入力するか、ドロップレットボタンを使ってチャートから直接拾う手動の方法と、右の簡易計算機を使って自動的に行う方法があります。
  • すぐに - 注文後すぐにトレーリングストップが有効になります。
  • 利益が大きいか同じ場合 - 注文の利益が選択された値以上の場合にトレーリングストップが有効になります。
  • トレーリングストップ(ポイント): - トレーリングストップのサイズをポイントで指定します。
  • 変更のステップ(ポイント): - 利益が以前の固定値から選択されたポイント数を超えた場合にストップロスが変更されます。

新規指値/逆指値注文ダイアログ. このダイアログでは新しい指値/逆指値注文を入れることができます。 スポイトボタンを使ってチャートからプライスを選択します。 また、損切、利確のプライスを直接入力したり、右側のピップス数値を使って損切、利確を自動計算していれることもできます。(この設定により、注文内容が変わる場合があります。) トレイルストップのタブでは、この注文でトレイルストップを入れるときのパラメーターを設定できます。


    ストップロス注文
  • 買い指値、売り指値、買い逆指値、売り逆指値など、保留中の注文の種類。
  • どの価格で注文を執行するか。


このメニューでは、マウスの右ボタンでクリックした地点の価格をチャート上で表示できます。 するとこのように、メニューに価格が表示されます。(107.05508)。この例では、3つの選択肢があります - 事前に定義されたストップロスで107.05508で売り、その後、この価格で買いストップ注文を出すか、この価格で売り指値注文を出すことができます。

他に2つの注文オプションがあります - 事前に設定したパラメーターで売り、買い注文 ホットキー(Ctrl+B and Ctrl+S)を使えば、事前に設定したパラメーター(損切、利確、トレイルストップ、ロットなど)で簡単に注文を行えます。 設定タブで、デフォルトの発注のパラメータを定義できます。




注意: 設定タブでこの項目にある動作を定義するホットキーを、変更できます。



フォレックステスター5には、注文メニューのワンクリック・FXスピードアップツールが搭載されています。では、始めましょう。

FXスピードアップツールを有効にするには、動作/発注- 矢印↗️の先にある∨バーのメニュー→FXスピードアップを開くを選択して開きます。



また、ホーム(Home)タブのアクション/注文メニューからこのボタンを探せます。





ダウンロードボタンをクリックしてください。ツールはダウンロードされ、あなたのフォレックステスター5に自動追加されます。

設定ボタン このボタンをクリックすると設定画面を呼びだせます。

設定画面



画面には2つのタブがあります: 一般エイリアスです。

一般タブでは、次の設定ができます。

  • 不透過率 ストップロス注文 - 画面表示色の透明性の設定ができます。
  • 注文画面を表示 - チェック☑️を入れると、注文リストが有効になります。
  • 常に最前面に表示 - このモードでは他のソフトウェア画面の最前面に表示できます。

エイリアスタブでは、シンボル・リストの別名が確認できます。 別名を追加したい場合には、新規追加ボタンをクリック→入力欄に入力→エイリアスを追加できます。

BINANCE (バイナンス) のストップリミット注文のメリットと使い方を画像付きで解説

BINANCE (バイナンス) ストップリミット注文のメリットや使い時

  • 損切りのための売りのストップリミット注文
  • 上昇トレンドに乗るための買いのストップリミット注文

損切りのための売りのストップリミット注文

損切りを行うことで損失を限定することができるため、 レバレッジ取引やスポット取引などリスク管理が必要な取引ではより重要 です。

そこでストップ価格を51万円、リミット価格を50万円に設定してストップリミット注文を行います。このストップリミット注文により、イーサリアム (ETH) の価格が55万円から51万円に下がると、50万円で売る指値注文が市場に出されます。

上昇トレンドに乗るための買いのストップリミット注文

ストップリミット注文は、 上昇トレンドに乗るために買い注文を入れたい時 にも使えます。

例えば、1ETH=45万円のときにイーサリアム (ETH) のチャートをテクニカル分析した結果、1ETHが50万円を超えた場合に上昇トレンドが始まると推測できたとします。そこで、ストップ価格を50万円、リミット価格を51万円に設定してストップリミット注文を行います。これで、イーサリアムの価格が50万円に達した場合、51万円で購入する指値注文が市場に出されます。

こうすることで、 相場を見ていなくても買い注文から利益確定の決済まで自動で行う ことができます。

BINANCE (バイナンス) では、逆指値注文 (ストップリミット注文) と指値注文を同時に出すOCO取引も可能です。

1inch指値注文プロトコル

Start image

手数料なし

手数料なし 1inchの指値注文プロトコルは無料です。 これにより、プロトコルはガスに関して非常に効率的になります。

ダイナミックプライシング

ダイナミックプライシング 価格計算は、需要と供給に基づいたスマートコントラクトによって行われ、ユーザーにとって一番良い取引を促進します。この機能は、オークションで特に便利です。

条件付き注文

条件付き注文 ユーザーは注文に特定の条件を設定して、取引からの収益を最大化できます。

追加のRFQサポート

追加のRFQサポート プロトコルにより、見積もり要求「RFQ」(特定量の仮想通貨を購入または販売するための注文) を実行できます。

マルチチェーン

マルチチェーン このプロトコルは、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Gnosis、Avalanche、Fantom、Ethereum L2ネットワーク(OptimismとArbitrum)で動作します。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる