オプション取引とは

流動性の定義

流動性の定義
貸借対照表では、左側が「資産の部」、右側が「負債の部」「純資産の部」に分かれていて、右側と左側の金額は一致する仕組みとなっています。

三和銀行(現三菱UFJ銀行) 市場営業部、資金証券為替部 マネックス・オルタナティブ・インベストメンツ株式会社 流動性の定義 代表取締役社長CIO アストマックス投信投資顧問株式会社 取締役CIO 1995年以降、一貫してPEファンド、ヘッジファンド等オルタナティブ投資、資産運用業務に携わり、海外、国内の独立系運用会社の調査、ファンド投資実行数ともに多数
主な著書、論文に「投資ファンドのすべて(きんざい)」、「PEファンドの運用成績計測手法について(証券アナリストジャーナル2018年10月号)」等 ロンドン・ビジネス・スクール 金融修士号取得

2.それぞれのアセットクラスへの投資実践
(1)投資の意義・目的
(2)PEファンド投資~探索から投資・事務管理のモデルケース~
(a)投資対象ユニバースの構築
(b)調査・投資の実施
(c)ポートフォリオの構築方法
(流動性の定義 d)投資実行後の管理・モニタリング
(3)調査・モニタリングの要点
(a)調査項目の概要:投資戦略、投資プロセス、運用会社組織等
(b)投資後モニタリング項目
(4)投資契約時の要点
~契約書実務について-根拠法の確認、会計基準、ターム等

3.リスク管理について
(1)リスク管理の要点
(a)ファンドのレポート、開示資料の読み方
(b)パフォーマンス比較方法
(2)金融機関に求められる低流動性資産のリスク管理内容
(a)低流動性資産に対する公正価値評価のあり方
(b)投資目的とリスク管理
(3)最新のリスク管理手法
(a)GIPS(グローバル投資パフォーマンス基準)での考え方
(b)PME(パブリック・マーケット・エクイバレント)の考え方

4.投資家の検討するPEファンド投資の諸形態
-ストラクチャとメリット/デメリット
(1)国内の投資ビークルを活用した場合
(a)投資事業組合-ファンド・オブ・ファンズ形式
(b)匿名組合型
(c)特金一任形式
(2)外国籍ビークルを活用した投資の場合
(a)リミテッド・パートナーシップ
(b)ユニットトラストの活用

PDF

※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。

バーゼルⅢ流動性リスク管理強化――金融機関に今必要な態勢強化策とは

バーゼル銀行監督委員会(BCBS)は、2010年12月に銀行セクターの強靭性を高めることを目的として、資本・流動性規制を強化するための改革を打ち出しました。バーゼルⅢでは流動性管理の枠組みのさらなる強化として、銀行が流動性リスクに対する短期的・長期的な強靭性を高め、将来の流動性リスクを削減するという目的を達成するために、資金流動性に係る2つの最低基準が策定されました。流動性カバレッジ比率(Liquidity Coverage Ratio:LCR)と安定調達比率(Net Stable Funding Ratio:NSFR)です。

武田 光司
(EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 FSRM シニアマネージャー)

この記事について

EY Japan 金融 コンサルティング EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社 パートナー

EY | Assurance | Consulting | Strategy and Transactions | Tax

About EY

EY is a global leader in assurance, consulting, strategy and transactions, and tax services. The insights and quality services we deliver help build trust and confidence in the capital markets and in economies the world over. We develop outstanding leaders who team to deliver on our promises to all of our 流動性の定義 stakeholders. In so doing, we play a critical role in building a better working world for our people, for our clients and for our communities.

EY refers to the global organization, and may refer to one or more, of the member firms of Ernst & Young Global Limited, each of which is a separate legal entity. Ernst & Young Global Limited, a UK company limited by guarantee, does not provide services to clients. For more information 流動性の定義 about our organization, please visit ey.com.

© 2020 EYGM Limited. All Rights Reserved.

This material has been prepared for general informational purposes only and is not intended to be relied upon as accounting, tax, or other professional advice. Please refer to your advisors for specific advice.

EY.comへようこそ

本ウェブサイトを運用する上で不可欠なクッキーに加え、利用者の利便性とEYのサービス向上のために、次の種類のクッキーを使用しています。機能性クッキー:利用者の操作性を向上させるために使用します(例:選択した設定の記憶)。パフォーマンスクッキー:ウェブサイトのパフォーマンスを測定し、利用者のサイト上での利便性を向上させるために使用します。広告/ターゲティングクッキー:広告キャンペーンを行う第三者の広告サービス提供者により設定されるもので、利用者に関連性の高いコンテンツを提供することができます。

流動資産とは|貸借対照表での見方・分析方法

企業は、現金がなければ材料を仕入れることができず、従業員に給料を支払うこともできません。つまり資産の中でも現金は経営の基となるものであり、現金化しやすいものほど資産としての重要性は高くなります。
そこで、区分する時の具体的な基準のひとつに 「1年以内に現金化されるか」 という基準を設けたのです。そして、 1年以内に現金化されるなら「流動資産」に区分し、そうでない場合には「固定資産」として区分することとされています。

(2)そもそも貸借対照表とは

貸借対照表では、左側が「資産の部」、右側が「負債の部」「純資産の部」に分かれていて、右側と左側の金額は一致する仕組みとなっています。

(3)貸借対照表の流動資産のバランスの見方

流動資産>流動負債
流動資産は、現金や預金、売掛金など短期間に現金化できる資産です。一方、流動負債とは短期間に返さなければならない負債です。そこで、流動資産が流動負債より大きければそれだけ、余裕のある会社であるといえます。

流動比率 (%) = 流動資産 / 流動負債 × 100

固定資産<固定負債+純資産
固定資産とは、現金化するのに1年超する資産です。
固定資産が固定負債+純資産より小さければ、長く保有する「固定資産」を、安定した資金である「固定負債」と返す必要のない「純資産」の範囲内で購入したことを示していることになります。

流動性の定義 流動性の定義 流動性の定義
固定比率 (%) = 固定資産 / 自己資本 × 100

流動資産を構成する勘定科目

貸借対照表の大まかなしくみと流動資産・固定資産の意味をとらえたところで、貸借対照表の「資産の部」に表示される「流動資産」の中身を見ていきましょう。
これまでご紹介してきたように、流動資産は貸借対照表の左側の「資産の部」に表示されるもので、「短期間で現金化できる資産」が含まれます。
現金や預金のほかに、商品や売掛金なども流動資産になります。
商品は売れれば現金化できますし、売掛金も回収できれば現金になるからです。

②棚卸資産
棚卸資産とは、販売を目的とした商品や製品のことで、いわゆる「在庫」にあたるものです。これらの資産は販売されて初めて現金化されるものですから、当座資金と比べると現金化には時間を要する資産といえます。

(1)現金および預金

(2)受取手形・売掛金

(3)有価証券

有価証券には、株式や債券などが含まれます。
売買目的で持っている有価証券と満期保有目的の有価証券のうち、1年以内に満期日の到来するものが含まれます。
有価証券については、その価値が貸借対照表に表示されているとおりのものであるか、つまり有価証券そのものの価値が下がっていないかをチェックするため、投資先の財政状態を確認する必要があります。
また、上場株式の場合には、現在の取引額はいくらかなどもあわせて確認する必要があります。

(4)商品・製品・原材料

棚卸資産には、商品、製品、原材料など、一般的に「在庫」と呼ばれるものが該当します。
商品とは、販売目的で他社から仕入れたもののうち、決算期末に残っている在庫のことです。
製品とは、販売目的で自社で生産したものです。
そして、原材料は、原料、材料、買入部品などが該当します。

(6)未収入金

(8)前払費用

(9)貸倒引当金

期末時点で残っている売掛金、受取手形、貸付金等の債権は、すべてが回収できるとは限りません。
取引先が倒産してしまえば、売掛金や受取手形は回収できなくなってしまうリスクがあります。
そこで、決算時において、売掛金などのうち一定の割合を過去に回収できなかった割合を示す貸倒実績率を参考にして計算し、「回収不能見込額」を貸倒引当金として計上しておきます。
これが、流動資産の一番下にある「貸倒引当金」です。

流動資産のチェックポイント

それでは、流動資産の中身をチェックし、改善させるためにはどのような対策が必要なのでしょうか。
事業を経営していくうえでは、一番大切な資産はやはり現金・預金です。
しかし、流動資産には、現金・預金だけでなく「将来的に、現金に変わるかもしれない資産」も含め構成されています。
資産として投資した分のお金はできるだけ有効活用することが大切です。なぜなら、現金・預金以外の流動資産が、少しでも将来の利益につながらなければ、それらはムダになってしまうからです。

(1)在庫は持ちすぎない!

(2)不良債権予備軍に注意する

次に、流動資産の中に表示される「売掛金や受取手形」の中身もしっかりチェックすることが大切です。
売掛金や受取手形は、一定の支払条件に従って支払ってもらえるはずのものですが、期末時支払条件どおりに入金されていない売掛金が残っているということは、 不良債権予備軍のリスクを疑ってみることが大切です。

そして、このような売掛金の管理に活用したいのが、「freee会計」 入金管理レポート です。

「freee会計」 を活用すると、銀行口座の明細が自動反映されるため、自社の財務状況をリアルタイムで把握できるというメリットがあります。

「freee会計」 では、記帳業務がそのまま債権管理につながるようなしくみになっています。つまり取引を記帳していくことで、入金管理レポートに債権の発生金額がそのままデータに反映されるのです。


「freee会計」 の活用法については、以下の記事で説明しているので、あわせてご覧ください。

流動資産について相談できる税理士をさがす

freee税理士検索 流動性の定義 では2,000以上の事務所の中から、流動資産のチェックや改善方法、在庫管理や売掛金管理などについて相談できる税理士を検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」 もあるので併せてご利用ください。

税理士の報酬は事務所によって違いますので、「税理士の費用・報酬相場と顧問料まとめ」 で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。

一橋大学経営管理研究科 ファイナンス研究センター

関連リンク関連リンク みずほ証券、ファイナンス用語集 関連リンク

銀行は非流動的な貸付を企業などに行う一方で流動的な預金を預金者に供給しており、流動性の創出(Liquidity Creation)を行う経済主体である。この銀行の流動性創出機能は、 例えば金融危機時において企業の資金繰り問題に対して、一時的に大量に供給するなどし て破たんを阻止するなど重要な役割を果たす。しかしながら、この銀行の流動性の創出を具体的に測ることは基本的に極めて難しい。 この難題に対して、Berger and 流動性の定義 Bouwman (2009) は、銀行の財務データに基づき流動性創出を測る指標を構築した。

基本的な指標構築のアイデアは以下の通りである。まず、銀行の貸借対照表の全ての項 目に対して、銀行活動が流動性を創出する程度に応じて、流動的(liquid)準流動的 (Semi-liquid)、非流動的(illiquid)に分類する。 これはオンバランスシート上のみならず、デリバティブやローンコミットメントを反映するオフバランスシート上の項目に対しても 同様に分類を行う。 次に、流動性創出の程度に応じて、ウェイト付けを行う。例えば、企業への貸付(資産項目)は非流動的な資産であり、流動性を企業に創出しているのでプラ スの0.5となる。同様に、負債項目の要求払い預金も預金者に対して流動性を共有しているのでウェイトはプラスの0.流動性の定義 5となる。 他方で、有価証券の保有(資産項目)は、流動性の資産であるが、貸付を行う機会を失うことで流動性の創出をむしろ阻害しているので、ウェイトはマイナスの0.5といった具合である。最後に、これらのウェイトで項目を乗じて合計した金額を流動性創出の指標として算出する。

Berger and Bouwman (2009)によると、1984年から2008年にかけての流動性指標は基 本的に増大傾向にあり、特にオフバランスシートを通じた流動性創出が大きいことを示し ている。また、銀行の自己資本の水準と流動性創出の関係については、大銀行においては、 規模の大きな銀行ほど流動性を創出していることを確認している。他方で、小銀行では、規模が小さな銀行の方が流動性創出を行っていることを確認している。Berger and Sedunov (2017)によると、銀行の流動性創出と実質的な経済成長(GDP)と正の相関関係 があることを発見している。 また、オンバランスの流動性創出指標は特に規模の小さな銀 行にとって重要であり、他方で、オフバランスシートのそれは大銀行にとって重要であることを実証的に確認している。

関連キーワード: 流動性創出、デリバティブ、ローンコミットメント、オフバランスシート

Berger, N.A., and Bouwman, C.H.S., 2016. Bank Liquidity Creation. Review of Financial Studies 22, 3779-3837.

Berger, N.A., and Sedunov, J., 2017, Bank Liquidity Creation and Real Economic Output, Journal of Banking and Finance 81, 1-19.

従来の金融論は主に銀行と借入企業の関係性に注目しており、銀行間の関係にはあまり注目してこなかった。しかし、1970年以降の 流動性の定義 金融機関に関する規制緩和に伴い、銀行は市場競争原理に晒されるようになり、今日でも貸出金利や預金金利などさまざまな側面で 銀行は他の銀行と競争している。以下では、銀行間競争と銀行行動の関係に焦点をあてた研究を紹介する。

まず、銀行間競争が銀行行動に与える影響を分析した研究では、Boot and Thakor(2000)は、銀行行動を貸出技術の選択として みなし、銀行間競争が激しくなると銀行はリレーションシップ型の貸出を行う傾向にあることを示した。これは、価格(この場合、 利子率)競争が激しくなると同質財を提供することによる損失が大きくなるため、差別化を行えるリレーションシップ型の貸出が 重要視されるというロジックに基づいている。

一方、銀行行動が銀行間競争に与える影響を分析した研究では、Hauswald and Marquez(2006)は、銀行行動を情報獲得のための 投資水準としてみなし、情報獲得のための投資を行うほどスクリーニングの精度が上がる結果、競合する銀行はより大きな逆選択 の脅威に直面すること、すなわち情報獲得のための投資は、銀行間競争を弱めることを示した。この結果は、獲得された情報が ソフト情報であるとき、銀行間競争が激しいほどリレーションシップ型貸出が重視されるというBoot and Thakor(2000)のモデルと 整合的である。

一方、上述の研究の前に提示されたInformation仮説によれば、市場において支配力の高い銀行ほど、すなわち銀行間競争の程度 が低いほど、借手を横取りされるリスクが小さいため、時間やコストのかかるリレーションシップ型貸出を行いやすいとされる。 これは、Boot and Thakor(2000)とは逆の帰結を意味する。これを踏まえてLove and Martínez Pería(2014)は53か国のデータを 用いて、どちらの仮説が実態に即しているかを実証分析した。分析の結果、競争度と資金調達可能性の間にある負の相関が、 資本市場の透明性によって弱まっていることから、Information仮説は棄却されると推論している。

関連キーワード: 市場競争、銀行貸付、リレーションシップバンキング

Boot, A. W., and Thakor, A. V. 2000. Can relationship banking survive competition?. The journal of Finance, 55(2), 679-713.

Hauswald, R., and Marquez, R. 2006. Competition and strategic information acquisition in credit markets. The Review of Financial Studies, 19(3), 967-1000.

Love, I., and 流動性の定義 Martínez Pería, M. S. 2014. How bank competition affects firms' access to finance. The World Bank Economic Review, 29(3), 413-448.

金融仲介機関の一つである銀行は、資金の最終的貸し手と資金の最終的借り手の間の資金のやり取りを円滑に仲介している。銀行は、 多くの資金の貸し手から主に預金の形で資金を集め、集めた資金を多くの資金の借り手へ貸し出す。そのため、銀行にとって預貸業務 からの収益は重要な収益源であり、預貸業務の収益性の指標の一つが預貸利鞘である。

預貸利鞘を決定する要因は様々あり、多くの研究がなされている。例えば、Entrop et al. (2015) では、預貸利鞘の決定要因として 市場の競争度、リスク回避度、コスト、金利リスクや信用リスク、貸出と預金の満期の違いから生じるリターンが存在することを 示している。特に、金利リスクと貸出と預金の満期の違いから生じるリターンについては、金融仲介機関が行う満期変換によって 生じており、このリスクとリターンが預貸利鞘に反映されていることを彼らは示唆している。

また、銀行は投資銀行業務や投資信託や保険の窓口販売などの預貸業務以外の業務を行っており、これらの業務も預貸利鞘に影響を 与える要因の一つである可能性がある。Valverde and Gernándes (2007) は、非利息収入を生む預貸業務以外の業務が預貸業務と 代替関係にあること、預貸業務以外の業務によって収益が得られることによって、預貸業務以外の業務と預貸業務の関係が生じている と示している。特に、預貸業務以外の業務によって得られた収益を預金市場あるいは貸出市場における競争力を獲得するために用い、 結果として預貸業務以外の業務の収益の増加が預貸利鞘を増加させることを示している。

預貸利鞘は規制の影響も受けうる。Birchwood et al. (2017) では、銀行部門への参入障壁や情報の透明性(財務状況の開示透明性) が預貸利鞘に与える影響に着目している。参入障壁が高いほど市場の競争が妨げられ、預貸利鞘が低下することを示している。また、 情報の透明性が低いほど情報の非対称性が大きくなり、預貸利鞘が上昇することを示している。

関連キーワード: 金融仲介機関、銀行、信用金庫、情報の非対称性

Birchwood, A., M, Brei., and Noel. M. D. 2017. Interest margins and bank regulation in central America and Caribbean. Journal of Banking & Finance 85, 56-68.

Entrop, O., Memmel, C., Ruprecht, B., and Wilkens, M. 2015. Determinants of bank interest margins: Impact of maturity transformation. Journal of Banking & Finance 54, 1-19.

Valverde, S. C., and Fernández, F.R. 2007. The determinants of bank margins in European banking. Journal of Banking & Finance 31, 2043-2063.

流動性の定義

「流動資産と流動負債」

正常営業循環基準とは「商売の基本」

1年基準(ワン・イヤー・ルール)は企業の流動性を重視した考え方

株や債券、貸付金や金融機関預金などのうち1年以内に現金化するモノや権利は流動資産、1年を超えて所有・使用するモノや権利は固定資産に分類されます。

借入金の場合は1年以内に返済が到来する「短期借入金」「1年以内返済長期借入金」は流動負債、1年を超えて返済期日が到来する「長期借入金」は固定負債に分類されます。
他にもリース取引などで代金を分割で支払っているようなものや、資産運用として所有している株式や債券などで、すぐ手放す予定なのか1年以上保有するものなのかなど、「1年」という期間を基準にして「流動=1年以内」「固定=1年超」の判断をします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる