FX基本用語

スプレッドについて

スプレッドについて
Googleトップページ

Titan FXのスプレッドについて教えてください。

リスクに関する警告: 外国為替金取引やデリバティブ取引は高リスクを伴います。損失に耐えうる範囲の資金でお取引されることをお勧め致します。デリバティブ取引は全ての投資家に適しているわけではございません。取引に伴うリスクを充分に理解された上で、必要に応じて専門家にご相談下さい。金融サービスガイド(FSG)および金融商品開示文書(PDS)は、当Titan FX Ltdのウェブサイトよりダウンロード頂くか、郵送をご希望の場合はTitan スプレッドについて FXのオフィスへお問い合わせ下さい。Titan FX Ltd でデリバティブ取引を始められる前に、金融サービスガイド(FSG)および金融商品開示文書(PDS)の内容を慎重に考慮してください。

運営会社とライセンス: Titan FX Ltd はバヌアツ金融サービス委員会(会社番号:40313) に登録されています。

制限地域: 米国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、朝鮮民主主義人民共和国、イラン、バヌアツ共和国のお客様もしくはFATFまたは同様の国際機関がAML-CFT対策が万全でないとしている特定管轄区地域在住のお客様を対象としておりませんので、ご注意ください。 当ウェブサイト上の情報は、FXおよび/またはCFD商品取引が法律や規制によって制限または禁止されている国在住のお客様を対象としておりません

  1. 名称 Titan FX Limited
  2. 所在地 1st Floor, Govant Building, Kumul Highway Port Vila, Vanuatu
  3. 取扱許可 バヌアツ共和国金融当局(VFSC)No.40313
  1. 提供企業 PLUS INVESTMENT CORP.
  2. 所在地 2140 S. Dupont Highway, Camden, DE 19934
  3. 登録番号 NO. 203112727 (Delaware Registered Corporations)

このサイト(Titan FX 新規口座開設プロモーションサイト)は、Titan FX(Titan FX Limited)からキャンペーンを委託された、PLUS INVESTMENT CORP.により運営されています。

スプレッドについて

file

Pending Literature Order ( Items )

Internal Server Error

There was a スプレッドについて problem contacting the server, please try after スプレッドについて sometime.

Sorry, we are unable to process your request.

マーケット インサイツ

米国ハイイールド債:10年を経て振り返るスプレッドについての考察

米国ハイイールド債の信用スプレッドは2007年6月に史上最低をつけました。それでもなお、その後10年間のハイイールド債のパフォーマンスは、他の主要資産クラスを上回っています。

2017年ここまでの米国ハイイールド債は力強いリターンを示しています。代表的な指数であるBofAメリルリンチ米国ハイイールドコンストレインドインデックス(以下、「ハイイールドインデックス」と呼びます)は、今年7月末までに6%超の上昇を記録しました。堅調な信用力ファンダメンタルズ、低い債務不履行率、そして緩やかながら安定した米国景気拡大の中、信用スプレッドの縮小が続いています。こうしたパフォーマンスに伴って、ハイイールド債の対米国債平均スプレッドは長期平均を下回って推移しています。2017年6月30日時点のハイイールドインデックス平均スプレッドは390ベーシスポイント(bps)と、長期中央値である513bpsを下回っています。(図1参照)(他のハイイールド債指数も、数値に若干の違いはあるものの、似たようなトレンドを示しています。)

図1.米国ハイイールド債スプレッドは2007年6月に史上最低を記録

史上最低をつけるまでのBofA メリルリンチ米国ハイイールドコンストレインドインデックスの信用スプレッド推移、1997年6月30日から2017年6月30日まで

出典: BofA メリルリンチ。利回りスプレッドはBofA メリルリンチ米国ハイイールドインデックスによる。
過去のパフォーマンスは、将来の成果に関する信頼に足る指標あるいは保証ではありません。ハイイールド市場が将来同様の状況下で同様のパフォーマンスを示さない可能性があることに注意することが必要です。上記の図に示された過去のデータは事例を目的としたものに過ぎず、ロードアベットが運用する特定のポートフォリオあるいはいかなる特定の投資を示すものでもありません。各指数は非マネージド型であり、手数料や費用の控除は反映されておらず、また直接に投資することはできません。

しかし、スプレッドは平均を下回っているものの史上最低にはまだ達していないことに注意する必要があります。史上最低を記録したのは10年あまり前の2007年6月初め、対米国債スプレッドは240bpsでした。そこで私たちは考えました。スプレッドが史上最低水準をつけた局面でハイイールド債に投資した投資家がいたと仮定して、その後の10年間(2017年5月31日まで)を振り返ってみることは有益なのではないか、と。図2に示される通り、そうした投資家はかなりの好成績を上げたはずです。ハイイールド債のリターンは年率平均7.4%に達し、米国や海外の株式及び債券クラス双方のほとんどの主要インデックスを上回りました。 [無論、本レポートで示されている資産クラスにおける過去の様々なパフォーマンス特性については、米国ハイイールド債が将来同様の環境下で同様のパフォーマンスを示す保証はありません。]

図2.米国ハイイールド債の過去10年間のパフォーマンスは他の多くの資産クラスを上回っている

図に示された資産クラスの過去のトータルリターン、2007年5月31日から2017年5月31日まで

出典:ブルームバーグ、BoFAメリルリンチ。ハイイールド債=BofAメリルリンチ米国ハイイールドコンストレインドインデックス。米国大型株=S&P® 500種株価指数。米国小型株=ラッセル2000®インデックス。投資適格社債=ブルームバーグ・バークレイズ米国投資適格社債インデックス。米国総合債券=ブルームバーグ・バークレイズ米国総合債券インデックス。米国債=ブルームバーグ・バークレイズ米国債インデックス。グローバル総合債券= ブルームバーグ・バークレイズグローバル総合債券インデックス。海外株式=MSCI EAFE インデックス。

過去のパフォーマンスは、将来の成果に関する信頼に足る指標あるいは保証ではありません。ハイイールド市場が将来同様の状況下で同様のパフォーマンスを示さない可能性があることに注意することが必要です。上記の図に示された過去のデータは事例を目的としたものに過ぎず、ロードアベットが運用する特定のポートフォリオあるいはいかなる特定の投資を示すものでもありません。各指数は非マネージド型であり、手数料や費用の控除は反映されておらず、また直接に投資することはできません。

§ 2011年 – ギリシャ債務危機が欧州で進む中、S&Pグローバルは8月に米国債の信用格付けを引き下げるという歴史的な一歩に踏み切りました。こうしたリスクオフ環境のなか、ハイイールドスプレッドは2月から10月にかけて450bps拡大しました。

§ 2013年 –米連邦準備理事会(FRB)が、景気刺激策としての債券購入プログラムの終了を開始すると示唆したことから、市場の「テーパータントラム(市場のかんしゃく:量的緩和縮小による市場の動揺)」が引き起こされ、米国債利回りの大幅な上昇につながり、信用市場のボラティリティに拍車をかけました。ハイイールドスプレッドは5月から6月にかけて100bps以上拡大しました。

§ 2014–15 年– 石油価格や他のコモディティ(商品)価格の崩壊はハイイールド市場に大きな圧力をかける形となり、2014年6月から2016年2月にかけてスプレッドは550bps拡大しました。

出典:モーニングスター。ハイイールド債=BofA メリルリンチ米国ハイイールドコンストレインドインデックス。米国大型株=S&P500種株価指数。米国小型株=ラッセル2000インデックス。海外株式=MSCI EAFEインデックス。

過去のパフォーマンスは、将来の成果に関する信頼に足る指標あるいは保証ではありません。ハイイールド市場が将来同様の状況下で同様のパフォーマンスを示さない可能性があることに注意することが必要です。上記の図に示された過去のデータは事例を目的としたものに過ぎず、ロードアベットが運用する特定のポートフォリオあるいはいかなる特定の投資を示すものでもありません。各指数は非マネージド型であり、手数料や費用の控除は反映されておらず、また直接に投資することはできません。

図3.米国ハイイールド債のリスク調整後リターンは、歴史的に米国株式を上回る

各資産クラスのシャープレシオ。2007年1月1日から2016年12月31日まで

出典:ゼファー。ハイイールド債はBofAメリルリンチ米国ハイイールドコンストレインドインデックスによる。米国株式はS&P 500種株価指数による。

過去のパフォーマンスは、将来の成果に関する信頼に足る指標あるいは保証ではありません。ハイイールド市場が将来同様の状況下で同様のパフォーマンスを示さない可能性があることに注意することが必要です。上記の図に示された過去のデータは事例を目的としたものに過ぎず、ロードアベットが運用する特定のポートフォリオあるいはいかなる特定の投資を示すものでもありません。各指数は非マネージド型であり、手数料や費用の控除は反映されておらず、また直接に投資することはできません。

本資料は、情報提供を目的とした参考資料であり、有価証券の取得の申込み・取得の申込みの勧誘・売付けの申込み・買付けの申込みの勧誘、有価証券に関する投資助言をするものではなく、以上のいずれの行為に関しても一切用いることができません。また、本資料は金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。

業界最狭水準スプレッドを提示するゴールデンマネパタイム(スプレッドについて 17:00~26:00)キャンペーン継続のご案内

(※)PCからのPFXストリーミング注文は当社独自の非スリッページ仕様となっているため、スリッページ・約定拒否ともに発生いたしません。
※主要経済指標発表時等の急変時、国内外の休日や平日早朝など著しい流動性低下時はやむをえずスプレッドを拡大する場合がございます。 メンテナンス時間(火曜日~金曜日 各日5:55~6:10、土曜日5:50~月曜日7:00)は適用時間に含まれません。
----------------------------
株式会社マネーパートナーズ

URL https://www.moneypartners.co.jp/
会社名 株式会社マネーパートナーズ
〈金融商品取引業の登録番号〉
関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉
日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
日本商品先物取引協会
一般社団法人日本暗号資産取引業協会
〈資金移動業の登録番号〉
関東財務局長第00022号
〈加入協会〉
一般社団法人日本資金決済業協会
所在地 東京都港区六本木3-2-1六本木グランドタワー33階
設立 2008年5月9日
代表者代表取締役社長 福島秀治
事業内容 金融商品取引法に基づく外国為替証拠金取引、有価証券関連業務及びこれに付随する一切の業務
外国通貨の売買、売買の媒介、取次ぎもしくは代理、その他これに付随する業務
金融商品取引業及びこれに付随する業務
資金移動業、商品先物取引業
資本金 31億円(2022年3月31日現在)
----------------------------
FX取引(外国為替証拠金取引)、商品CFD取引、証券取引、および暗号資産CFD取引(暗号資産関連店頭デリバティブ取引)に関するご注意

【パートナーズFXおよびパートナーズFXnano
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoの取引に必要な証拠金は、取引の額の4%以上の額で、証拠金の約25倍までの取引が可能です。法人コースの建玉必要証拠金金額は原則、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額とします。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
取引手数料は無料です。なお、外貨両替については1通貨あたり0.20円、受渡取引については1通貨あたり0.10円の手数料をいただきます。

【CFD-Metals】
CFD-Metalsは、取引時の価格またはスワップポイントの変動、およびスワップポイントは支払いとなる場合があることにより、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
CFD-Metalsの取引に必要な証拠金は、取引の額の5%以上の額で、証拠金の約20倍までの取引が可能です。

【証券】
国内上場有価証券の売買等に当たっては、最大で約定代金の2.75%の手数料(消費税込み)、最低手数料は取引形態等により異なり最大で2,750円(消費税込み)をいただきます。有価証券のお預りが無く、一定期間証券口座のご利用が無い場合等は、別紙 ①「手数料等のご案内」に記載の 証券口座維持管理手数料1,100円(消費税込み)スプレッドについて をいただきます。国内上場有価証券等は、株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況を含む)の悪化等それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)があります。

【暗号資産CFD】
暗号資産は法定通貨(本邦通貨又は外国通貨)ではなく、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。暗号資産は、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。
暗号資産CFDは、取引時の価格の変動により、売付時の清算金額が買付時の清算金額を下回る可能性があるため、損失が生じるおそれがあります。また、証拠金の額以上の投資が可能なため、その損失の額が証拠金の額を上回るおそれがあります。売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があります。
暗号資産CFDの取引に必要な証拠金は、取引の額の50%以上の額で、証拠金の約2倍までの取引が可能です。
取引にあたり、営業日をまたいで建玉を保有した場合にはレバレッジ手数料が発生します。
取引開始にあたっては契約締結前書面を熟読、ご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願い致します。

〈商号〉株式会社マネーパートナーズ(金融商品取引業者・商品先物取引業者)
〈金融商品取引業の登録番号〉関東財務局長(金商)第2028号
〈加入協会〉日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 日本商品先物取引協会 一般社団法人日本暗号資産取引業協会

【Google フォームの使い方】回答を確認する方法・スマホでのやり方・メール通知の設定方法

Google フォーム 回答 概要

[概要]タブをクリックすると、回答の全体像を確認できます。

Google フォーム 回答 概要 グラフ

Google フォームの内容によって、回答状況・件名・内容などが確認でき、質問の種類によってはグラフで視覚的に確認できます。

回答を質問ごとに確認

[質問]タブをクリックすると、Google スプレッドについて フォームに設けた質問ごとに回答を確認できます。

Google フォーム 回答確認 質問

プルダウンボックスから質問を選び、回答を確認できます。

Google フォーム 回答確認 質問

ひとつずつ質問を確認したい場合は、[>]または[<]で次の質問、前の質問の回答を順番に確認できます。

回答を個別に確認

Google フォーム 回答 個別

[個別]タブをクリックすると、回答者ごとに回答を確認できます。 スプレッドについて

[>]をクリックすると次の回答者の回答を確認することができます。 Google フォームを「お問合せフォーム」として使っている場合は[個別]タブで回答を確認しましょう。

回答確認できない場合

  • アクセス権があるか
  • スプレッドについて スプレッドについて
  • アクセス権のあるアカウントでログインしているか

企業のアカウントで作成されたフォームは、初期設定では組織内のユーザーのみが閲覧できるようになっています。 プライベートのアカウントでログインしている場合は、企業のアカウントにログインし直しましょう。

Google フォームに回答があった場合に確認メールを受信する方法

Google フォームをお問合せフォームとして利用する場合は、顧客からの問い合わせを見逃さないためにもチェックを付けることをおすすめします。

Google フォームの回答をスプレッドシートで確認する方法

Google フォームの回答をスマホから確認する方法

Google フォームの回答をスマホから確認するには、確認したい Google フォームのURLに直接アクセスします。 URLがわからない場合は Googleフォーム にアクセスして、確認したい Google フォームを選択します。

スマホからの編集方法

Google フォームにはスマホアプリがないため、ブラウザ上で編集を行います。 作成済みのフォームを編集するにはフォームのURLにアクセスします。

Google Workspaceの基本的な使い方 効果的な活用法も

Google Workspaceの基本機能とメリット一覧

Google Workspaceの基本機能とメリット一覧(デザイン:吉田咲雪)

Google Workspaceとは

Google Workspaceのプランと選び方

スプレッドについて
エディション名 Essentials エディション Business エディション Business エディション Business エディション Enterprise エディション Enterprise エディション Enterprise エディション
プラン名 Essentials
Starter
Business
Starter
Business
Standard
Business
Plus
Enterprise
Essentials
Enterprise
Standard
Enterprise
Plus
月額料金
(一人あたり)
無料 680円 1360円 2040円 非公開
利用可能なユーザー数 最大25ユーザー 最大300ユーザー 無制限
1ユーザーあたりの保存容量 15GB 30GB 2TB 5TB 1TB 必要に応じて拡張可能
共有ドライブ利用
ビデオ会議の参加者数の上限 100人 100人 150人 500人 150人 500人 500人
メールセキュリティ -
※メール利用不可
-
※メール利用不可
セキュリティと管理機能

※Essentials StarterとEnterprise Essentialsは、Gmailが利用できない特殊なプランです。他のメールサービスを利用しながら、Google Workspaceのコラボレーションサービスのみ利用する場合に選択します。あまり無いケースかと思いますので、本記事では除外して考えます。

301人以上で利用する場合は、Enterpriseエディションの利用となります。Enterprise Standardか、より高機能なセキュリティと管理機能があるEnterprise Plusか、要件に合わせて選択してください。

Googleドライブを、共有フォルダのように利用するのであれば、共有ドライブが利用可能なBusiness Standardを、そうでないならBusiness Starterをまず購入するのが良いでしょう。共有ドライブについては「Google ドライブ」の章でお伝えします。

Google Workspaceの基本機能とそれぞれの使い方

Googleトップページ

スプレッドについて Googleトップページ

Gmail

メールアドレスが @gmail.com のような無料ドメインよりも、企業ドメインになっていたほうが、他社や顧客から見たときの信頼を得やすいです。

Googleドライブ

Googleドライブ検索結果

Googleドライブ検索結果

Googleドライブ共有設定

Googleドライブ共有設定

Google スプレッドシート

Google スプレッドシートは、ブラウザで利用可能な Microsoft Excelのようなもので、同時編集に優れています。

スプレッドシート作成

スプレッドシート作成

スプレッドシート同時編集

スプレッドシート同時編集

  • セルごとの更新履歴を確認可能
  • セルごとにURLで指定して共有可能
  • 誤って編集しても過去バージョンに戻すことが可能

Googleドキュメント

Google ドキュメントは、ブラウザで利用可能なMicrosoft Wordのようなものです。Google スプレッドシート同様に、簡単に、安定して複数人で同時編集が可能です。

Google スライド

Google スライドは、ブラウザで利用可能なMicrosoft PowerPointのようなものです。Google スプレッドシートやGoogle ドキュメント同様に、簡単に、安定して複数人で編集が可能です。

Googleカレンダー

カレンダー自動辞退予定

カレンダー自動辞退予定

Google フォーム

Google Chat

Google Chatは、ビジネスチャットツールです。Google Chatの画面からはもちろん、Gmailの画面からも、チャットのやり取りを検索することが可能です。

チャット検索

チャット検索

Google Meet

Google Meetはビデオ会議ツールで、Google Workspaceの様々なサービスから、簡単に始めることが可能です。ここではサンプルとして3つ紹介します。

Google ChatからGoogle Meetのリンクを発行可能 Google カレンダーからGoogle Meetのリンクを発行可能 スプレッドシートからGoogle Meetのリンクを発行可能

Google Keep

Google サイト

Google Workspaceをさらに活用する方法

Googleアカウントを、他のクラウドサービスでも利用する

Googleアカウントでログイン

Googleアカウントでログイン

  • クラウドサービスごとに、IDとパスワードを覚える必要がなく、GoogleアカウントのIDとパスワードを覚えれば済むようになるため
  • 従業員の退職時に、クラウドサービスごとにアカウント削除を行わなくとも、Googleアカウントのみ削除すれば済むようになるため(クラウドサービス側でもアカウント削除が必要な場合もあり)

アドオンを活用する

アドオンを取得

アドオンを取得

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる