無料セミナー

FXのスキャルピング手法徹底解説

FXのスキャルピング手法徹底解説

「MATSUI FX」の「米ドル/円」のスプレッドは0.2銭と、こちらも業界最狭クラス。取引通貨単位も1通貨からなので、デモトレード感覚で始められます。
パソコンの操作から取引まで全面的にサポートしてくれるコールセンターも設置されており、初心者にもおすすめです。

FXのスキャルピング手法で利益を出すコツは?初心者におすすめの方法や通貨ペア

FXのスキャルピング手法で利益を出すコツは?初心者におすすめの方法や通貨ペア

外貨ex byGMO


「外貨ex byGMO」では、「米ドル/円」のスプレッドが0.2銭原則固定と業界最安クラス。さらに、1,000通貨ごとの取引が可能で、初心者にも扱いやすい業者です。
取引手数料のほか、口座維持手数料や出金手数料などがすべて無料なのもうれしいポイント。24時間(土日を除く)電話サポートもついているので、初心者でも安心して取引ができます。

SBI FXトレード

SBI FXトレード


「SBI FXトレード」は、「米ドル/円」のスプレッドが約0.09銭と業界最狭値。さらに1通貨から取引可能なので、数百円単位の取引から気軽に始められるのが特徴です。

MATSUI FX

松井証券


「MATSUI FX」の「米ドル/円」のスプレッドは0.2銭と、こちらも業界最狭クラス。取引通貨単位も1通貨からなので、デモトレード感覚で始められます。
パソコンの操作から取引まで全面的にサポートしてくれるコールセンターも設置されており、初心者にもおすすめです。

ユーロ/円でおすすめの業者

LIGHTFX

LIGHTFX<


「LIGHTFX」は、「ユーロ/円」のスプレッドが0.4銭と業界最狭水準です。最低取引単位も1,000通貨からと、数千円の資金から始められるのが特徴です。

米ドル/ユーロでおすすめの業者

ヒロセ通商

ヒロセ通商

FXのスキャルピング手法徹底解説
「ヒロセ通商」の米ドル/ユーロのスプレッドは0.3銭と非常に狭く設定されており、公式サイトでも「業界最狭水準」と謳われています。
取引単位も1,000通貨からOK。また、公式サイトで「PCでもスマホでもスキャルピングOK」と記載されており、安心してスキャルピングに取り組めるのも魅力的です。

スキャルピング手法を解説 | FXで億稼ぐプロの勝ち方・利益を出すコツのまとめ

スキャルピングで 勝つ方法は?-min

スキャルピングで「スプレッド提示率」や「約定されるレート」が非常に重要で、ここが悪ければいくら提示されているスプレッド条件が良くてもそれは「絵に描いた餅」であって意味がないと言いましたが、その点で言うと、このセントラル短資FXは、きちんと約定される原則固定スプレッドの会社ということで、スキャルピングで使う上で、非常に安心して使える口座と言えて、実際に、私の知人のスキャルピングをやってる 専業トレーダーでも、「信頼性」を理由にここを使っている人も複数います

さらに、ここはツールを使った不正な取引を除けば、 スキャルピングもOK ということもあり、口座凍結を恐れることなくトレードができるという点でも人気です。

このように、「スプレッドがしっかりしている」という安心感と、トップレベルの原則固定スプレッド、スキャルピングもOKということから、人気が高いのがセントラル短資FXです。ここは 1,000通貨単位取引 もできるので、少額から取引したり、細かく値を刻んでいくというようなことも可能です。

また、 当サイト限定・期間限定 で、当サイトからセントラル短資FXに口座開設を行うと、 当サイトオリジナルのFX投資戦略マニュアル+5,000円のキャッシュバック をもらえるキャンペーンも行っておりますので、口座開設は当サイトから行うのがおすすめです。

このマニュアルの内容をざっくりと言うと、このレポートは、認定テクニカルアナリストでもある管理人が、 チャート分析の手法 について徹底解説したもので、スキャルピングをやる上では必見の内容です。

FXのスキャルピングとは?メリットや注意点・取引手法を解説

<テクニカル分析>
過去の値動きから将来的な値動きを判断する分析手法
<トレンド>
相場の勢い(買い注文が強くチャートが右肩上がりであれば上昇トレンド、逆は下落トレンド)
<レジスタンス・サポートライン>
チャートが反発している価格(上昇が反転して下落している場合はレジスタンス、逆はサポートと呼ぶ)
<移動平均線>
過去の値動きを平均化して1本のラインにしたインジケーター(価格が触れると反発する傾向がある)

取引は1分足チャートでおこなう

分析によって相場全体のトレンドと反発ラインが把握できたら、1分足チャートを表示して早速注文をしていく。

  • 始値、終値、高値、安値といった値動きをローソクの形状にしたもの
  • その時間の最後の価格である終値が始値より高ければ陽線、逆なら陰線となる

一方、反対に含み損が10pips程度発生してしまった場合は、それ以上損失が膨らまないように躊躇なく損切りすることが大切である。

  • 建玉に発生している利益であり、決済することで確定する
  • この反対を含み損と呼ぶ

スキャルピングはどのような人に適したトレードなのか

ある程度まとまった時間が確保できる人

スキャルピングは取引している間、チャート画面をチェックし続ける必要があるため、1日の間に1から2時間程度のまとまった時間が確保できる人に適しているトレードスタイルだ。

しっかり損切りができる人

損切りはスキャルピングにおいて最も重要な要素の一つであるため、しっかりと自分で定めたルールを守って、実行することが大切だ。

長期的にコツコツ利益を重ねていける人

スキャルピングは1度に得られる利益が少ないため、長期目線でコツコツ資産を増やしていくスタンスを持った人に適したトレードスタイルといえるだろう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる