FX取引の仕組み

日本国内の証券取引所一覧とその歴史

日本国内の証券取引所一覧とその歴史

難しい舵取りを迫られるFRBのパウエル議長(FRB公式サイトより)

日本国内の証券取引所一覧とその歴史

- 4月19日に厚生労働省より製造販売承認を取得した武田薬品の新型コロナウイルス感染症ワクチン
- 特例臨時接種の指定を受け、「ヌバキソビッド ® 筋注」接種に向けた体制が整う

当社ジャパン ファーマ ビジネス ユニット ワクチン事業部の事業部長である今川昌之は、「パンデミックワクチンは我が国の安全保障において重要な施策です。当社として2剤目の新型コロナウイルスワクチンとなるヌバキソビッドは国内製造ワクチンであり、これまでに他のワクチンで接種実績がある組み換えタンパクワクチンです。日本の皆様に新たな選択肢として本ワクチンを提供できることを誇りに思います」と述べています。

本ワクチンおよび接種に関する詳細は厚生労働省の下記サイトをご覧ください。
<新型コロナワクチン接種総合案内サイト「コロナワクチンナビ」>
https://v-sys.mhlw.go.jp/

<武田薬品の新型コロナウイルス感染症への取り組みについて>
  • ワクチン:当社は、新型コロナウイルス感染症ワクチンの日本への導入と安定的な供給確保のため、日本政府、Novavax社およびModerna社と提携しています。当社は、Novavax社との提携を通じて、これまで培ってきたグローバルレベルの製造・供給能力を活かし、Novavax社の新型コロナウイルス感染症ワクチン候補の開発と商業化の責務を負っていきます。またModerna社および厚生労働省との三者間提携の一環として、Moderna社の新型コロナウイルス感染症ワクチンを輸入し、供給しています。また、当社はJohnson & Johnson社グループのJanssen Pharmaceutical社が開発した1回投与の新型コロナウイルス感染症ワクチンを製造するために、当社のデング熱ワクチン候補の製造用に確保していたIDT社の生産施設を3か月間活用することについて契約しました。なお、この3か月の期間は終了しました。新型コロナウイルス感染症対策に効果的な治療薬やワクチンを迅速に研究・開発・提供し、また将来のパンデミックへの対策を備えるという共通の目標に向けて、パートナー企業およびアライアンスメンバーと取り組みます。
  • 高度免疫グロブリン:当社は、CoVIg-19 Plasma Alliance を共同設立し、世界をリードする他の血漿分画製剤企業と共にグローバル試験を実施し、高度免疫グロブリン製剤の評価に取り組んできました。評価項目は達成しなかったものの、この取り組みはウイルスに対する抗体を用いた治療の可能性への科学的理解に寄与し、希少疾患の治療に用いられる血漿分画製剤の科学的な価値と重要性をより広く明らかにしました。
  • その他の治療薬:当社は、COVID R&D Allianceに参画し、既存医薬品について、新型コロナウイルス感染症に対する評価を行っています。加えて、IMI Care Alliance、Accelerating COVID-19 Therapeutic Interventions and Vaccines (ACTIV) partnershipおよびCOVID RED projectにも参画しています。
<武田薬品のワクチンに対する取り組みについて>
<武田薬品について>

本留意事項において、「ニュースリリース」とは、本ニュースリリースにおいて武田薬品工業株式会社(以下、「武田薬品」)によって説明又は配布された本書類、口頭のプレゼンテーション、質疑応答及び書面又は口頭の資料を意味します。本ニュースリリース(それに関する口頭の説明及び質疑応答を含みます)は、いかなる法域においても、いかなる有価証券の購入、取得、申込み、交換、売却その他の処分の提案、案内若しくは勧誘又はいかなる投票若しくは承認の勧誘のいずれの一部を構成、表明又は形成するものではなく、またこれを行うことを意図しておりません。本ニュースリリースにより株式又は有価証券の募集を公に行うものではありません。米国 1933 年証券法に基づく登録又は登録免除の要件に従い行うものを除き、米国において有価証券の募集は行われません。本ニュースリリースは、(投資、取得、処分その他の取引の検討のためではなく)情報提供のみを目的として受領者により使用されるという条件の下で(受領者に対して提供される追加情報と共に)提供されております。当該制限を遵守しなかった場合には、適用のある証券法違反となる可能性がございます。

金融業界における脱炭素を支援するサービスの提供を開始 気候変動管理・会計プラットフォームのリーディングカンパニーPersefoni社と協業

株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:柴原 節男、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、気候変動管理・会計プラットフォームのリーディングカンパニーであるPersefoni AI, Inc.(CEO兼 共同創設者:ケンタロウ・カワモリ、本社:米国/以下、Persefoni社)とCO2換算排出量の算定と分析を行う炭素会計プラットフォームのクラウドサービス「Persefoni」のリセラー契約を締結しました。日立システムズでは、すでに社内データを活用して「Persefoni」の実証実験を完了しており、その経験を基に日本国内でのライセンス販売や導入・運用支援を本年7月から本格的に開始する予定です。
「Persefoni」によりお客さまのCO2排出量の可視化、サステナビリティレポートの開示を支援するとともに、日立システムズが持つ設備関連ソリューション・サービスなどを併せて提供することにより、お客さまのカーボンニュートラルの達成をワンストップで支援していく予定です。今後は金融機関と脱炭素化を進める中堅・中小企業および地方自治体の炭素会計を支援し、関連事業とあわせて2024年度に45億円の事業規模をめざします。

■概要
・企業や金融機関は、財務、事業活動、サプライチェーンに関するそれぞれのデータを「Persefoni」に入力することで、国際基準に則したかたちでCO2換算排出量を算定・可視化し、一元的に管理することができます。
・日立システムズでは、2012年度からの自社データを活用した実証実験を行い、オフィスおよびデータセンタのCO2排出量が継続的に削減されていることを可視化できました。その知見を生かした導入コンサルティング、CO2排出データの登録支援など、本サービス利用時に、お客さまに寄り添ったサポートサービスを提供します。
・まずは金融機関を中心に導入、炭素会計ノウハウを蓄積していき、その後、他業種企業や地方自治体へ拡大していく予定です。また、日立システムズが持つ設備関連ソリューション・サービスや、今後提供していくオフセット関連ソリューション・サービスなどを併せて提供することにより、お客さまのカーボンニュートラルの達成をワンストップで支援していきます。


・炭素会計(コア機能):自社や投融資先企業の温室効果ガス排出量(スコープ1、2、3)の算出※1・報告※2
※1.GHGプロトコル、PCAF(金融向け炭素会計パートナーシップ)規準に準拠
※2.TCFD、SASB、GRIなどのサステナビリティレポートに適合
・気候変動ベンチマーク:自社の温室効果ガス排出量をCDPデータを基に競合他社と比較 日本国内の証券取引所一覧とその歴史
・気候変動モデリング:SBTiに適合したカーボンニュートラル目標の策定、達成シミュレーションと実際数値の比較

■背景
・炭素会計とは、企業がCO2排出または削減に寄与したかを算定・集計することです。世界的な脱炭素の流れの中で、日本でも今後すべての企業がCO2の排出または削減に寄与したかを算出し、集計・報告することが求められます。東京証券取引所は2021年のコーポレートガバナンスコードの改定により、国際イニシアティブに沿った報告を一部上場企業へ義務化。また、金融庁は金融機関に対し、同様の情報開示を要請しました。
・金融機関では投融資先を含めた算定が必須となっており、今後業界全体に広がる見通しです。しかし、CO2排出量の算定には非常に複雑なデータの分析が必要となり、お客さまの対応負荷が大きな経営課題となっています。

■日立システムズとしての今後
日立システムズは、地球環境の保全が人類共通の重要課題との認識の下、社会課題の解決に継続的に取り組んでいます。今回、脱炭素への入り口となる「CO2排出量の可視化」をPersefoni社との炭素会計ソリューションで対応し、金融機関から幅広い産業、自治体へサービスを拡大することで、脱炭素への取り組み支援を進めていくとともに、日立グループがめざす「生活の質の向上と持続可能な社会の両立の実現」に努めてまいります。

■Persefoni 社からのコメント
日立グループは日本で100年以上の歴史を誇ります。業界屈指のソリューションを顧客へ提供していることでその名を世界に知られており、現在は企業の脱炭素化の分野でもリーダー的役割を果たしています。今回、パーセフォニは、日立システムズとのパートナーシップを通じて、数々の受賞歴を持つわれわれの気候管理・炭素会計プラットフォーム(CMAP)を彼らのお客さまへお届けし、お客さまの炭素会計におけるデータ収集、管理、開示、そしてサステナビリティに向けた経営戦略の立案を支援できることを嬉しく思っています。
Persefoni AI, Inc. CEO兼共同創設者 ケンタロウ・カワモリ

金融業界における脱炭素を支援するサービスの提供を開始 気候変動管理・会計プラットフォームのリーディングカンパニーPersefoni社と協業


<下へ続く>


株式会社日立システムズ(代表取締役 取締役社長:柴原 節男、本社:東京都品川区/以下、日立システムズ)は、気候変動管理・会計プラットフォームのリーディングカンパニーであるPersefoni AI, Inc.(CEO兼 共同創設者:ケンタロウ・カワモリ、本社:米国/以下、Persefoni社)とCO2換算排出量の算定と分析を行う炭素会計プラットフォームのクラウドサービス「Persefoni」のリセラー契約を締結しました。日立システムズでは、すでに社内データを活用して「Persefoni」の実証実験を完了しており、その経験を基に日本国内でのライセンス販売や導入・運用支援を本年7月から本格的に開始する予定です。
「Persefoni」によりお客さまのCO2排出量の可視化、サステナビリティレポートの開示を支援するとともに、日立システムズが持つ設備関連ソリューション・サービスなどを併せて提供することにより、お客さまのカーボンニュートラルの達成をワンストップで支援していく予定です。今後は金融機関と脱炭素化を進める中堅・中小企業および地方自治体の炭素会計を支援し、関連事業とあわせて2024年度に45億円の事業規模をめざします。

■概要
・企業や金融機関は、財務、事業活動、サプライチェーンに関するそれぞれのデータを「Persefoni」に入力することで、国際基準に則したかたちでCO2換算排出量を算定・可視化し、一元的に管理することができます。
・日立システムズでは、2012年度からの自社データを活用した実証実験を行い、オフィスおよびデータセンタのCO2排出量が継続的に削減されていることを可視化できました。その知見を生かした導入コンサルティング、CO2排出データの登録支援など、本サービス利用時に、お客さまに寄り添ったサポートサービスを提供します。
・まずは金融機関を中心に導入、炭素会計ノウハウを蓄積していき、その後、他業種企業や地方自治体へ拡大していく予定です。また、日立システムズが持つ設備関連ソリューション・サービスや、今後提供していくオフセット関連ソリューション・サービスなどを併せて提供することにより、お客さまのカーボンニュートラルの達成をワンストップで支援していきます。


・炭素会計(コア機能):自社や投融資先企業の温室効果ガス排出量(スコープ1、2、3)日本国内の証券取引所一覧とその歴史 の算出※1・報告※2
※1.GHGプロトコル、PCAF(金融向け炭素会計パートナーシップ)規準に準拠
※2.TCFD、SASB、GRIなどのサステナビリティレポートに適合
・気候変動ベンチマーク:自社の温室効果ガス排出量をCDPデータを基に競合他社と比較
・気候変動モデリング:SBTiに適合したカーボンニュートラル目標の策定、達成シミュレーションと実際数値の比較

■背景
・炭素会計とは、企業がCO2排出または削減に寄与したかを算定・集計することです。世界的な脱炭素の流れの中で、日本でも今後すべての企業がCO2の排出または削減に寄与したかを算出し、集計・報告することが求められます。東京証券取引所は2021年のコーポレートガバナンスコードの改定により、国際イニシアティブに沿った報告を一部上場企業へ義務化。また、金融庁は金融機関に対し、同様の情報開示を要請しました。
・金融機関では投融資先を含めた算定が必須となっており、今後業界全体に広がる見通しです。しかし、CO2排出量の算定には非常に複雑なデータの分析が必要となり、お客さまの対応負荷が大きな経営課題となっています。

■日立システムズとしての今後
日立システムズは、地球環境の保全が人類共通の重要課題との認識の下、社会課題の解決に継続的に取り組んでいます。今回、脱炭素への入り口となる「CO2排出量の可視化」をPersefoni社との炭素会計ソリューションで対応し、金融機関から幅広い産業、自治体へサービスを拡大することで、脱炭素への取り組み支援を進めていくとともに、日立グループがめざす「生活の質の向上と持続可能な社会の両立の実現」に努めてまいります。

■Persefoni 社からのコメント
日立グループは日本で100年以上の歴史を誇ります。業界屈指のソリューションを顧客へ提供していることでその名を世界に知られており、現在は企業の脱炭素化の分野でもリーダー的役割を果たしています。今回、パーセフォニは、日立システムズとのパートナーシップを通じて、数々の受賞歴を持つわれわれの気候管理・炭素会計プラットフォーム(CMAP)を彼らのお客さまへお届けし、お客さまの炭素会計におけるデータ収集、管理、開示、そしてサステナビリティに向けた経営戦略の立案を支援できることを嬉しく思っています。
Persefoni AI, Inc. CEO兼共同創設者 ケンタロウ・カワモリ

■Persefoni(パーセフォニ)について
Persefoni社は、気候変動管理・会計プラットフォーム(CMAP)のリーディングカンパニーです。炭素会計分野で世界のベンチャー企業10社に選出、世界大手銀行10社中5社に導入されるなど海外で高い評価を受けています。企業や金融機関は、SaaS型ソリューションを利用することにより、ステークホルダーや規制当局が求める気候変動情報の開示を、高い信頼性、透明性、利便性をもって行うことができます。Persefoni社のプラットフォームは、「炭素分野のERP」ともいえます。炭素管理の一元化を実現し、企業は従来の経理業務と同様の厳密さと信頼性をもって、炭素会計・管理業務を進めることができます。
詳細はhttps://persefoni.com/ja をご覧ください。

■日立システムズについて
株式会社日立システムズは、幅広い規模・業種システムの構築と、データセンター、ネットワークやセキュリティの運用・監視センター、コンタクトセンター、全国約300か所のサービス拠点などの多彩なサービスインフラを生かしたシステム運用・監視・保守が強みのITサービス企業です。多彩な「人財」と先進の情報技術を組み合わせた独自のサービスによってお客さまのデジタライゼーションに貢献し、新たな価値創造に共に取り組み、お客さまからすべてを任せていただけるグローバルサービスカンパニーをめざします。
詳細は https://www.hitachi-systems.com/ をご覧ください。

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

米国経済、1930年代「大恐慌」以来の悪さ? エコノミストが指摘. 「景気が急激に失速する」3つの理由

歴史的な下落となったニューヨーク証券取引所


歴史的な下落となったニューヨーク証券取引所

市場の目は「金利ショック」から「景気ショック」に

記録的インフレに見舞われるニューヨーク市のタイムズスクエア


記録的インフレに見舞われるニューヨーク市のタイムズスクエア

難しい舵取りを迫られるFRBのパウエル議長(FRB公式サイトより)


難しい舵取りを迫られるFRBのパウエル議長(FRB公式サイトより)

「弱気」が支配する市場心理、売られ過ぎの面も

石黒氏によると、米個人投資家協会が毎週実施している調査では、株式相場に「強気」と答えた割合から「弱気」 と答えた割合を差し引いた値が4月28日にマイナス43%ポイントと、リーマン・ショック後の2009年以来の弱気に傾いた=図表1参照

(図表1)S&P500と米個人投資家「強気」-「弱気」差(野村アセットマネジメントの作成)


(図表1)S&P500と米個人投資家「強気」-「弱気」差(野村アセットマネジメントの作成)

「ただ、同値が大きく弱気に傾いた時が相場の反転のシグナルとなってきたこともあり、きっかけ次第で過度な悲観の修正が起きやすいことを示唆しています(再び、図表1参照)。ここにきて米CPI(消費者物価指数)の伸びが鈍化し始めたほか、中国上海市が都市封鎖解除への道筋を示すなど、明るい兆しも見え始めました。下落が続く米国株の自律反発局面は近づきつつあるかもしれません」

たしかに、図表1の米個人投資家の「強気」-「弱気」の2009年を見ると、マイナス43%ポイント以上沈み込んだのを機に「S&P500種株価指数」が上昇に転じているが. 。

消費者心理の悪化から「米国景気は正念場へ」

図表2は、米消費者信頼感指数の変化と、景気動向を表すグラフだ。米消費者信頼感指数とは、消費者の観点から米国経済の健全性を図る指標。米民間調査会社コンファレンス・ボードが毎月、5000世帯を対象に、現在および6か月後の景気・雇用・家計所得の見通しについてアンケート調査する。1985年を100として指数化した。この指数の変化を観測すると、過去の米国の景気後退入り局面を先行して示唆したケースが多い。

(図表2)米消費者信頼感指数の変化と景気動向(大和総研の作成)

日本国内の証券取引所一覧とその歴史
(図表2)米消費者信頼感指数の変化と景気動向(大和総研の作成)

図表2の右端の赤丸の箇所、直近の2022年4月時点を見ると、指数がマイナス10.2%ポイントに急落している。これが赤線で記したマイナス15%ポイントのラインに達すると、過去のケースから見て非常に危険だ。

「広島サミット」関連銘柄を解説!「広島電鉄」など
今夏から来年の「広島サミット」にかけて株価上昇が
期待できる“広島&インバウンド“の関連株を紹介!

facebook-share

岸田首相は、2023年のサミットを「広島市」で開催することを
日米首脳会談後のバイデン大統領との共同記者会見で表明!

5月23日に行われた日米首脳会談後の共同記者会見で、岸田総理は、 日本が議長国を務める2023年のG7サミット(主要7カ国首脳会合)を広島市で開催することを表明しました 。ロシアによるウクライナ侵攻が収束する見通しもなく、核兵器の使用も心配されるなか、被爆地での初のG7サミット開催が決まったことになります。

2023年に開催される「広島サミット」の関連銘柄として
「広島」に関連し、「インバウンド需要」が見込めるする企業を選定

最近のサミットでは、毎回、環境問題が主要テーマのひとつとして取り上げられることから、 サミットの前後は「環境」関連銘柄へ物色が向かいやすい傾向が見られます

取り上げる銘柄ですが、まず「広島サミット」では、引き続き「環境」関連が注目される可能性が高いでしょう。しかし今回は、あえて少し“外した”テーマとして、 開催地である「広島」に関連する企業に注目しました 。さらに、 サミットが開催された地域はサミット終了後に外国人観光客の増加が期待されますので、「旅行」など「インバウンド」関連を中心に銘柄を絞り込みました

【広島電鉄(9033)】
広島県を中心に路面電車やバスなど運営

広島電鉄(9033)チャート/日足・6カ月

広島電鉄(9033)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【イズミ(8273)】
グループ会社が、広島お好み焼きなどの飲食店を多数展開

イズミ(8273)チャート/日足・6カ月

イズミ(8273)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【阪急阪神ホールディングス(9042)】
グループ会社が、呉市に「呉阪急ホテル」を運営

阪急阪神ホールディングス(9042)チャート/日足・6カ月

阪急阪神ホールディングス(9042)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【ハローズ(2742)】
広島・岡山などで地域密着型の食品スーパーを展開

ハローズ(2742)チャート/日足・6カ月

ハローズ(2742)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【物語コーポレーション(3097)】
広島市内で焼肉屋やラーメン、お好み焼きなどの店舗を展開

物語コーポレーション(3097)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト) ※画像を

物語コーポレーション(3097)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【内海造船(7018)】
グループ会社が尾道市でホテル「ナティーク城山」を運営

内海造船(7018)チャート/日足・6カ月

内海造船(7018)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

売買のタイミングとしては、開催まで1年を切った2022年の夏辺りから、2023年のサミット開催1カ月前辺りが目安となります 。商いが徐々に増えてくるタイミングを見極めたいところです。

↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●防衛 ●アンモニア ●インバウンド
●ウクライナ情勢 日本国内の証券取引所一覧とその歴史 ●メタバース ●高配当株
●NFT ●化石燃料 ●再生可能エネルギー
●株主優待株 ●半導体材料 ●会計ソフト
●米株/旅行 ●米株/燃料電池 ●米株/EV
●米株/シェール ●米株/天然ガス ●米株/2022年戦略

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

「お宝銘柄」発掘術!の関連記事

【2022年版】ネット証券会社の人気ランキング発表! この1年間で口座開設の申し込み数がもっとも多かった ザイ・オンラインで一番人気のおすすめ証券会社を公開(2021.06.24)

【2022年】今すぐ口座開設できる証券会社【最新版】 最短“申込当日”に取引できるDMM.com証券、翌日に 取引可能なSBI証券など、今すぐ株を買う方法を解説 【2022年4月5日更新】(2019.03.01)

株初心者が覚えておきたい「儲かる株」の探し方は? 株価100倍!?に成長するお宝銘柄を見分けるカギは 「営業利益」と「経常利益」にあった! 日本国内の証券取引所一覧とその歴史 ゼロから始める株入門【第2回】(2017.01.02)

今から“株価10倍”も期待できる成長株2銘柄! 従来は 不人気だったが、評価が一転して見直され始めた防衛 関連の「旭精機工業」、資源の関連の「明星工業」を紹介(2022.05.25)

2022年4月に新規上場した「IPO株」9銘柄の中で、 株価上昇に期待の2銘柄! AI技術支援の「セカンドサ イトアナリティカ」、ツイキャスの「モイ」に注目!(2022.05.26)

「お宝銘柄」発掘術! バックナンバー

「広島サミット」関連銘柄を解説!「広島電鉄」など 今夏から来年の「広島サミット」にかけて株価上昇が 期待できる“広島&インバウンド“の関連株を紹介!(2022.05.26)

「インバウンド」関連株を6銘柄紹介! 「サンリオ」や 「JR九州」など、訪日外国人への規制緩和をきっかけに 需要増加が期待できる「インバウンド」関連株を解説!(2022.05.20)

「アンモニア」関連株を解説! 日本国内の証券取引所一覧とその歴史 富士通、豊田自動織機 など、CO2を出さないカーボンフリーの“次世代燃料” として注目される「アンモニア」関連の6銘柄を紹介!(2022.日本国内の証券取引所一覧とその歴史 05.12)

「MaaS(マース)」関連銘柄を解説! 交通機関や各種 サービスの連携で、利便性向上だけでなくSDGs達成も 実現する「MaaS」は、政府が注力する“国策テーマ”!(2022.04.28)

「LNG」関連銘柄を紹介! エネルギー価格の高騰を 背景に、需要増加が期待されるLNG設備向けの素材や 熱絶縁技術、ソリューションを手掛ける企業に注目!(2022.04.21)

八木エミリー お金ビギナーのためのマネ活部

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

    ザイ編集部(2022.5.25) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ編集部(2022.5.20)
    ザイ編集部(2022.5.25) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ編集部(2022.5.20)
    ザイ・オンライン編集部(2022.5.30) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ポイ探ニュース(2022.5.29) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23)
  • DDHD---制度信用銘柄に選定
  • JBR---「ワタミの宅食」と提携
  • 連休明けの米国市場の動向待ち、日経平均は反落も想定内の動き
  • かっこ---不正検知サービス「O-PLUX」が「LIFULL HOME'S」の空…

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所 日本国内の証券取引所一覧とその歴史
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる