日本語で徹底解説

オルタナティブ投資とは

オルタナティブ投資とは
エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

第21回 オルタナティブ投資って?

廣澤 知子

「オルタナティブ投資」と聞いてどのように感じられますか? まず言葉が難しいですよね。何であるかの説明では「代替投資」、中身についての説明には「ヘッジファンド」、「プライベート・エクイティ」・・・
投資初心者にはその言葉からハードルに感じることも多いかもしれません。
そもそも世界の市場にオルタナティブ投資というものが登場してから、まだそんなに歴史はありませんし、これがプロだけのものではなく個人投資家にも投資できるものとなってからは、まだ10年の歴史もないくらいなのです。 日本語のぴったりとわかりやすい訳語なども登場する間もなく、英語がそのままカタカナとなって私たちの目に触れるようになったことも、言葉を聞いてイメージしにくい理由の一つなのかもしれません。

また、言葉は新聞や雑誌などを通して見聞したことはあり、中身はわからないけれど、なんとなくイメージだけもっているということも多いのではないでしょうか。
「ヘッジファンド」→「ハゲタカ外資」→「悪者」 といった具合です。
ほとんどの場合、誤解が誤解を生み、イメージが一人歩きしてしまっているようです。

では、オルタナティブ投資ってどういうものなのでしょう?何の代替なのでしょうか?
昔から存在する金融商品の代表として、皆さんご存知の株式と債券があります。投資信託も株式や債券に投資をしている商品です。
国内外の株式市場、債券市場への投資では、一般的に「安く買って高く売る」ことによって利益を得ようとしますね。例えば株式であれば、上場している、誰でもアクセス可能な株式を「買うこと」から始めるのが「伝統的な」投資方法です。
オルタナティブ投資では同じ株式や債券に投資するのであっても先物やオプションなども駆使し、「売っておいて安くなったら買い戻す」という手法も使います。
そういった点が「伝統的」に対して「代替的な」投資方法だということです。
ただ、単に「売ること」から始めるだけではなく、徹底的な情報収集のもと、本来あるべき価格を緻密に計算し、市場価格のほうが高ければ売り、安ければ買い、それらを組み合わせ、時としてそれを借入れなどの方法を使い、手持資金よりずっと大規模な巨額の投資(レバレッジを効かせると言います)を機動的に行っています。

こうした投資はオルタナティブ投資の中でも「ヘッジファンド」と呼ばれるものです。「ヘッジ」とは「防ぐ」「防御する」という意味です。何を防御しているのかといえば、「リスク」からです。市場を荒らす「悪者」のようなイメージが浸透していますが、本来リスクから投資資金を守っている投資といえるのです。
投資資金を守る=元本を守るため、つまり絶対的な収益を目指すため、あらゆる手法を使うプロによる投資といえますね。
もちろん、いかなるプロであっても本当の「絶対」はありませんし、レバレッジを効かせている分、巨額なマイナスにつながることもあることはお忘れなく・・・

このほか、最近は不動産(REITとしてお馴染みですね)や映画、アニメなど様々なものが投資対象となっており、「オルタナティブ投資」という言葉のハードルを、気が付いたら乗り越えている場合もあるかもしれませんね。-----
EXTENDED BODY:

オルタナティブ投資を取り巻く市場環境に変化の兆し

Marc_Gamsin.jpg

PDF版をご希望の方はこちら

空売りの機会が拡大

企業買収の活性化

クレジット戦略では相対価値の格差が不明確に オルタナティブ投資とは

グローバル・マクロ戦略は政治的混乱を味方にできるか?

オルタナティブ カテゴリでよく読まれている記事

オルタナティブ カテゴリの新着記事

運用サービス

アライアンス・バーンスタイン株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第303号
【加入協会】一般社団法人投資信託協会/一般社団法人日本投資顧問業協会/日本証券業協会/一般社団法人第二種金融商品取引業協会
https://www.alliancebernstein.co.jp/

当資料についての重要情報

投資信託のリスクについて
アライアンス・バーンスタイン株式会社の設定・運用する投資信託は、株式・債券等の値動きのある金融商品等に投資します(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)ので、基準価額は変動し、投資元本を割り込むことがあります。したがって、元金が保証されているものではありません。投資信託の運用による損益は、全て投資者の皆様に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。リスクの要因については、各投資信託が投資する金融商品等により異なりますので、お申込みにあたっては、各投資信託の投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交付書面等をご覧ください。


お客様にご負担いただく費用:投資信託のご購入時や運用期間中には以下の費用がかかります
● 申込時に直接ご負担いただく費用 …申込手数料 上限3.3%(税抜3.0%)です。
● 換金時に直接ご負担いただく費用…信託財産留保金 上限0.5%です。
● 保有期間に間接的にご負担いただく費用…信託報酬 上限2.068%(税抜1.880%)です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる