仮想通貨で儲ける方法は

仮想通貨デイトレードのやり方

仮想通貨デイトレードのやり方
合点ゴリわかくん

チャート・インジケーターの見方

そして、異なる期間を指定することで複数の単純移動平均線を表示させて、それらの相関関係からトレンド予測を立てることも可能です。 指標となる「シグナル」のなかでも重要なものが2つあります。1つ目は買いシグナルである「ゴールデンクロス」と売りシグナルである「デッドクロス」があります。 期間の短い単純移動平均線が期間の長い移動平均線を上に越えるとゴールデンクロス、逆に、期間の長い単純移動平均線が期間の短い単純移動平均線を上に越えるとデットクロスの状態になります。 ゴールデンクロスは短期的な平均が長期的な平均を上回る状況で、下落後に出ることが多く、価格が上がりやすくなります。 反対にデットクロスは短期的な平均が長期的な平均を上回る状況で、これまで取引されていた価格を短期間で割り込むシグナルとなり、価格が下がりやすくなります。

パラボリック

転換点はSAR(Stop and Reverse / ストップアンドリバース)とも呼ばれており、SARを繋げたものがパラボリックの放物線となります。 一般的に、値動きが大きく、トレンドが発生している市場に向いており、値動きの小さく、トレンドの発生していない市場ではSARが頻発するためあまり向いていません。

パラボリックに活用するためにまず途転について整理します。途転とは自身が持っているポジションを反転させること指します。 例えば、1BTCの買いポジションを決済するとき、2BTCの売りポジションを新たに保有することで常にポジションを持つなどが挙げられます。 上昇トレンドでは買い建玉を保有、下降トレンドでは売り建玉を保有しますが、パラボリックを活用した途転買い・途転売りでは、保有ポジションを切り替える際にトレンドが転換するSARでシグナルを活用し効率的な取引が可能になります。 パラボリックを活用して常に一定のポジションを保有しておくことで、買いのポジションのみを扱う取引や売りのポジションのみを扱う取引よりも、ポジションを保有していない期間を最小限に抑えることが可能となり、売買の機会を増やすことができます。

MACD (マックディー)

MACD(マックディー)は「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語では「移動平均収束拡散」と訳されます。 「単純移動平均線」とコンセプトは似ていますが、MACDの特徴は以下の2つになります。 1つ目は2つの移動平均を利用して価格のトレンド分析することです。 2つ目は単純移動平均線よりも直近の価格変動をより重視した「指数平滑移動平均線」をベースにしていることです。

MACDのメリットとしては、単純移動平均線よりも直近の価格変動を重視しているため、売買サインが早く現れることにあります。 売買のサインは単純移動平均線と同じく「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」となり、MACDがシグナルを上回る(ゴールデンクロス)と買い、MACDがシグナルを下回る(デッドクロス)と売りのサインとなります。 仮想通貨デイトレードのやり方 また、ヒストグラムはMACDからシグナルを引くことで産出されるため、ゴールデンクロスの場合はマイナス圏からプラス圏に、デッドクロスの場合はプラス圏からマイナス圏に転じるため、価格の推移が見やすい指標になっています。

仮想通貨のデイトレードとは? 概要・やり方・取引所を徹底解説!

仮想通貨のデイトレード

仮想通貨デイトレードのメリット(外為ボラティリティ)

出典:Tradingview – USDJPY

つまり、 仮想通貨デイトレードのやり方 1年間で約8.62% の変動率があったことがわかります。

これに対して2019年10月25日のBTCJPYの変動率は、 1日で約16.45% でした。

仮想通貨デイトレードのメリット(ボラティリティ02)

出典:Tradingview – BTCJPY

このように、値動きが大きい仮想通貨は1日あたりの取引の機会が増えるため、デイトレードに適していると考えられます。

ポジション持ち越しの損失リスクがない

株と同じく仮想通貨のデイトレードでは、ポジションの持ち越しによる損失リスクがありません。

ポジションを保有している場合でも、 当日中に決済 するからです。

取引時間に制限がない

株やFXでは取引時間に制限がありますが、仮想通貨の取引では制限がありません。

取引所のシステムメンテナンスを除き、基本的には 24時間365日いつでも取引することが可能 です。

1-3. デメリット

仮想通貨デイトレードのデメリット

取引回数が多く手数料が増える

仮想通貨のデイトレードは、手数料の負担が増えるデメリットがあります。

手数料は 取引の度に発生 するため、スウィングトレードや長期トレードなどと比較すると、取引回数が多くなるデイトレードでは手数料負担が増えてしまうのです。

税金計算が面倒

仮想通貨のデイトレードで得た利益は雑所得に分類され、雑所得は1年間で20万円を超えると税金が発生します。

確定申告の際の利益の計算方法は2通りあり、利確のたびに利益額を計算する方法(移動平均法)にした場合、 利確回数の多いデイトレードは非常に手間がかかります

雑所得は仮想通貨取引だけでなくフリマアプリや講演料など様々な収入を合計するので、年間20万円の利益は意外に到達しやすいもの。

計算ツールを活用するなどして、確定申告に備える必要があります。

チャートの確認などで時間が取られる

1日の間で取引を完結させるため、売買タイミングを探すために より多くチャートをチェック する必要があるからです。

デイトレード割引(日計り取引片道手数料無料)

デイ割 1DAY割引

パターン4.前日買建玉残高有りのA銘柄を信用売返済し、その当日中に信用買建した場合(信用取引 売返済→新規買い)

(1)前日買建玉残高4,000株より、4,000株売返済、4,000株買建て(日計り数量=4,000株)

銘柄 取引 株数 価額 約定代金 合算代金 手数料
A銘柄 買建玉残高 4,000株 - - - ¥2,200
A銘柄 信用売返済 4,000株 ¥540 ¥2,仮想通貨デイトレードのやり方 160,000 ¥0
A銘柄 信用買建 4,000株 ¥500 ¥2,000,000 ¥2,000,000
合計 ¥4,160,000 ¥2,000,000

(2)前日買建玉残高4,000株より、3,000株売返済、2,400株買建て(日計り数量=2,400株)

銘柄 取引 株数 価額 約定代金 合算代金 手数料
A銘柄 買建玉残高 4,000株 - - - ¥2,200
A銘柄 信用売返済 3,000株 ¥540 ¥1,620,000 ¥324,000
A銘柄 信用買建 2,400株 ¥500 ¥1,200,000 ¥1,200,000
合計 ¥2,820,000 ¥1,524,000
  • 手数料トップ
  • 手数料コースの確認・変更について
  • デイトレード割引(日計り取引片道手数料無料)
  • その他の手数料・費用
    > >
  • デイトレード割引(日計り取引片道手数料無料)

AIチャットボットに質問してみる

商号等 楽天証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第195号、商品先物取引業者 加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

デイトレードするならどの証券会社?各証券会社のデイトレ向けサービス・選び方を徹底紹介!

デイトレードするならどこ?各証券会社のサービスを紹介!

そのため、デイトレードをする際は、事前に損切りタイミングを決めておきましょう。「5%の含み損を抱えたら損切りする」「含み損が1万円になったら損切りする」「14時30分を過ぎたら損切りする」など事前に損切りルールを決めておくことで、感情に左右されず計画的な損切りを実行できます。計画的な損切りを実行することで、損失をある程度コントロールできるようになります。デイトレードをする際は、損切りの実行とタイミング(ルール化)を大切にするとよいでしょう。

デイトレードは、次の日まで保有ポジションを持ち越さない短期売買です。そのため、その日のうちにできるだけ株価が大きく動くことが重要になります。株価が動かなければ、十分な利益を得ることができません。デイトレードをする場合は、値動きの大きな銘柄を選ぶようにしましょう。有名企業の銘柄だけでなく、新興市場の銘柄も視野に入れてみてください。

また、売買高が大きい銘柄を選ぶようにしましょう。売買高が少ないと、流動性が低く、希望の価格で売買できない可能性があります。想定より低い価格で売却することになれば、利益が減ってしまいます。取引が活発になりやすい、決算前後やニュースに取り上げられた銘柄を狙うのも有効でしょう。

デイトレードに必要な資金の目安

デイトレードそのものを始めるにあたって、数万円程度の資金があれば十分です。ただしデイトレードで利益を上げるためには、これでは物足りません。リスク分散をするために異なるジャンルの銘柄を複数使って取引したほうがいいからです。複数の銘柄で運用すれば、一方で損した分を他方で出た利益によってリカバリーできるからです。

複数の銘柄でトレードを進めていくのであれば、40~50万円程度の資金を準備しておくといいでしょう。初心者の場合、損する可能性が高くなります。目安以上の資金をマーケットに入れても、マイナスになってしまうリスクが高まります。最初のうちは、大金をいきなり入れないように注意しましょう。

デイトレードの効率的な活用手法

繰り返すがデイトレードは一日の内に複数回取引を行うことで利益を上げる投資手法である。そのため取引ごとに手数料がかかっていては、それだけでも大きな損失になってしまう。1日定額の手数料を設定している証券会社を選択することがまず必要だ。

また、その日のうちに取引を完了させることから、信用取引でも最低限の利子で済むため、「信用取引でデイトレード」という投資家は非常に多い。2013年には信用取引の制度が改正され、低い手数料で、かつレバレッジをきかせてさらに資金効率よく取引を行うことが可能となった。上手に信用取引を活用して、短時間で大きい利益を上げることを目指してみよう。

ちなみにデイトレード初心者なら、まずはレバレッジ1倍(投資資金の2倍まで取引を行う)から始めることが、リスク管理の観点からも重要であるので覚えておこう。

デイトレード の始め方・やり方

デイトレードの始め方・やり方

デイトレードの始め方・やり方

  • 証券会社に口座を開設
  • 証券会社の口座に資金を入金
  • 株式を購入
  • 株式を売却

証券会社に口座を開設

デイトレードを始めるためには、まず証券会社の口座を開設しましょう。世の中には、多くの証券会社があり、それぞれで特徴が異なります。手数料や取引ツール、情報コンテンツ、サポート、サービスなどを比較して、利用する証券会社を決めましょう。

口座開設には、本人情報や勤務先情報など必要事項の入力本人確認書類の提出が必要です。スムーズに口座開設手続きをするために、事前に必要書類を用意しておいてください。証券会社によっては、最短即日で口座開設が可能です。

証券会社の口座に資金を入金

証券会社の口座を開設したら、株を購入するための投資資金を入金します。入金方法は証券会社によって異なります。たとえば、楽天証券の入金方法は次のとおりです。

・振込入金
・リアルタイム入金
・マネーブリッジらくらく入金

株式を購入

証券口座に入金をしたら株式を購入しましょう。値動きの大きさや売買高などを確認したうえで投資する銘柄を選びます。株の注文方法は「成行」「指値」の大きく2種類あります。

成行注文は「いくらでもいいので買いたい(売りたい)」と、具体的に値段を指定せずに注文する方法です。その時の相場で注文価格が決まります。一方、指値注文は「株価1,000円で買いたい(売りたい)」など、具体的に値段を指定する注文方法です。相場状況によっては売買が成立しないこともありますが、希望価格で売買が可能です。

株式を売却

株取引の時間は東京証券取引所の場合前場が9時~11時30分で、後場が12時30分~15時です。15時近くになって注文を出しても、売買が成立しない可能性があります。売却する場合は、できるだけ早い時間帯に注文を出すように注意しましょう。

仮想通貨(仮想通貨デイトレードのやり方 ビットコイン)のスプレッドとは?|一番安い取引所を徹底比較!

ゴリわかくん

ゴリ美ちゃん

結論から言うと、 スプレッドは手数料のようなものですので、短期トレードをメインで行うなら、スプレッドが狭い取引所を利用するのがオススメです!
ということで、今回はスプレッドについてわかりやすく解説していきます!

  • スプレッドとは購入価格と売却価格の差のことで、業者への実質の手数料。
  • スプレッドは取引の度に必要なので、短期トレードをメインで行う場合は、スプレッドが狭い取引所を利用するのが得策。
  • 国内だと「CoinCheck」「bitFlyer」大手取引所で、スプレッドを抑えることができる。
  • 上記2つの中でも「Coincheck」は 販売手数料が無料 なので、圧倒的にコストを抑えることが可能。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは?


まずはスプレッドとはどういったものなのかについて解説していきます。
仮想通貨の取引所だけに限らず、外国為替証拠金取引(巷でFXと呼ばれている)でも使われている言葉です。
FXでは価格の変動が起こった際に通貨の売り買いをすることによって利益を出すことができます。
通貨をトレードする際に発生している、 買う時と売る時の価格の差をスプレッドと言います。

少しわかりにくいですか?

では以下の画像をご覧ください。

上記の画像を見ると、購入価格が733,319円に対し売却価格が715,812円になっていますね。
購入価格から売却価格を引いたもののことをスプレッド と言います。
計算してみると、

となり、スプレッドは17507円です。
スプレッドが大きいほど、ユーザーにとっては不利になります。
たとえば、購入価格が120円で売却価格が100円だった場合、利益を出すには最低でも20円の値上がりを待たなければなりません。
スプレッドは本来の価格に上乗せされた手数料 と考えて良いでしょう。

教えるゴリわかくん

合点ゴリわかくん

スプレッドと手数料の違い

仮想通貨取引所はスプレッドを収入源としているので、取引手数料が無料の取引所は存在しても、スプレッドがない取引所は存在しません。

販売所と取引所で手数料が違う

仮想通貨取引所には販売所と取引所があり、それぞれ手数料が異なります。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドはどうして発生するの?

基本的に、スプレッドは 仮想通貨取引所の手数料 として徴収されています。
仮想通貨取引には2通りの方法があり、それぞれ 「販売所形式」と「板取引」 と呼ばれています。
スプレッドは「販売所形式」の場合にだけ発生します。
販売所形式は、ユーザーと仮想通貨取引所が1対1でコインを売買する形式。下の画像のようなイメージです。

実際の売買画面は以下の通りです。
取引する時点での購入価格と売却価格が表示されており、ユーザーは購入、売却したい数量を入力して取引を行います。

対して板取引は、ユーザー同士が売買を行い、取引所はそのための「場」を提供します。

板取引のトレード画面はこんな感じ。やや本格的なトレードになり、販売所形式よりも少し難しく感じるかもしれません。

そしてスプレッドが発生するのは、販売所形式の場合のみです 仮想通貨デイトレードのやり方
なぜなら、販売所形式では取引所の言い値で売買することになるからです。
販売所は、コインを高く売って安く買い取ることで利益を得ているんです よ。

板取引だとユーザー同士での売買になるので、互いの言い値が合致したところで取引することになります。
板取引の場合は、スプレッドは発生しません。
板取引ではスプレッドの代わりに「取引手数料」がかかりますが、せいぜい価格の0.1%ほど。3%以上のスプレッドに比べると圧倒的に安いです。
板取引は慣れるまで少し難しいですが、手数料を抑えるためにも なるべく板取引でビットコインやアルトコインを購入するようにしましょう。

ただ、全ての仮想通貨取引所で板取引ができるわけではありません。さらに、取引所によってはコインごとに取引方法(販売所形式 or 板取引)が異なります。
つまり、板取引で買いたい(=安く買いたい)なら、 コインの種類別に取引所を使い分ける必要がある ということです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる