FX初心者必見

仮想通貨取引所の元トレーダーが解説

仮想通貨取引所の元トレーダーが解説

BANK Flowはビットコインの大口投資家の動きをとらえるための指標の一つです。世界最大のBTCレンディングサービス(BTCを預けることで金利がもらえる)である「Blockfi(ブロックファイ)」やKrakenといったデジタル資産銀行からのビットコインの流入量をチェックできます。取引所への流入数をより細かく観測できます。

ENHANCING VALUE EXCHANGE WITH BITCOIN TECHNOLOGY .

金融庁のホームページに記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。
暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

<暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点>

暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録した暗号資産交換業者です。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

当サイトにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツは一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定のお客様のニーズ、財務状況または投資対象に対応することを意図しておりません。また、当コンテンツはあくまでもお客様の私的利用のみのために当社が提供しているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツ内のいかなる情報も、暗号資産(仮想通貨)、金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品の売買、投資、取引、保有などを勧誘または推奨するものではなく、当コンテンツを取引または売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。
当コンテンツは信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社はその正確性、適時性、適切性または完全性を表明または保証するものではなく、お客様による当サイトのコンテンツの利用等に関して生じうるいかなる損害についても責任を負いません。
当社は当コンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、執筆者によって提供されたいかなる見解または意見は当該執筆者自身のその時点における見解や分析であって、当社の見解、分析ではありません。
当社は当コンテンツにおいて言及されている会社等と関係を有し、またはかかる会社等に対してサービスを提供している可能性があります。また、当社は当コンテンツにおいて言及されている暗号資産(仮想通貨)の現物またはポジションを保有している可能性があります。
当コンテンツは予告なしに内容が変更されることがあり、また更新する義務を負っておりません。
当コンテンツではお客様の利便性を目的として他のインターネットのリンクを表示することがありますが、当社はそのようなリンクのコンテンツを是認せず、また何らの責任も負わないものとします。

暗号資産(仮想通貨)は、移転記録の仕組みに重大な問題が発生した場合やサイバー攻撃等により暗号資産(仮想通貨)が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。
暗号資産(仮想通貨)は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うリスクがあります。
暗号資産(仮想通貨)は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
外部環境の変化等によって万が一、当社の事業が継続できなくなった場合には、関係法令に基づき手続きを行いますが、預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)をお客様に返還することができない可能性があります。なお、当社はユーザーに預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)を、当社の資産と区分し、分別管理を行っております。
バナー広告等から遷移されてきた方におかれましては、直前にご覧頂いていたウェブサイトの情報は、当社が作成し管理するものではありませんのでご留意ください。

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】bitFlyer Lightningの使い方

まずはbitFlyer Lightningの概要を解説します。「bitFlyer Lightning」は、ビットコイン取引量で6年連続*で国内ナンバーワンのビットフライヤーが提供している取引サービスです。仮想通貨(暗号資産)の現物・FX・先物取引に対応しており、チャート分析や条件注文、レバレッジ取引の利用など様々な機能を備えています。*Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の年間出来高、差金決済/先物取引を含む。

  1. 現物: BTC/JPY, XRP/JPY, ETH/JPY, XLM/JPY, MONA/JPY, ETH/BTC, BCH/BTC
  2. Lightning FX:BTC-FX/JPY
  3. Lightning Futures:BTC/JPY-1週間先物、2週間先物、3か月先物

②bitFlyer Lightningの画面構成

bitFlyer Lightning ではチャート表示を、LightChart・Cryptowatch・Originalの3種類から選べます。今回はデフォルトのLightChartを選択して、bitFlyer Lightningの画面構成から解説していきます。

bitFlyer Lightning dispay

bf scalping


中央の取引板を見ると、現在価格を挟んで「買い板」と「売り板」が上下に分かれてます。グラフで視覚的に注文量の多い価格帯が把握できるデザインとなっています。注文数量は小数第8位まで記載されていますが、明暗を工夫して不要な数字を意識しなくても済むようになっています。

【仮想通貨取引所の元トレーダーが解説】オンチェーンデータでのファンダメンタルズ分析

On chain 1


一般的に仮想通貨の取引方法は、取引所かOTC(相対取引)で行われます。長期投資家が仮想通貨を売却する際には、流動性の大きい大手の仮想通貨取引所を使用します。

デジタル資産銀行から取引所への流入

On chain 2


BANK Flowはビットコインの大口投資家の動きをとらえるための指標の一つです。世界最大のBTCレンディングサービス(BTCを預けることで金利がもらえる)である「Blockfi(ブロックファイ)」やKrakenといったデジタル資産銀行からのビットコインの流入量をチェックできます。取引所への流入数をより細かく観測できます。

2-2. アクティブ・アドレス数

On chain 3


アクティブ・アドレス数とは、トランザクションが発生したアドレス数の増減を示すデータです。

2-3. BTC投資家の流動性 (Liquidity of BTC held)

Chainalysis

ChainalysisのLiquidity of BTC heldは、流動性とは、エンティティが自分のウォレットに保有する資産を動かした割合を示します。非流動的なエンティティは沼として機能するため、購入可能な資産の数を減らします。したがって、流動性の低い資産が増加するほど、価格を上昇させる要因となります。

4月11日時点の過去1週間で、非流動的なBTCは過去8週間で最も減少しました。37120 BTC減少して1562万BTCになっています。

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

仮想通貨取引所おすすめランキング!初心者に人気の8社を評判・口コミで徹底比較!

仮想通貨取引所おすすめランキング!初心者に人気の8社を評判・口コミで徹底比較!

ビットコイン(BTC), イーサリアム(ETH), イーサリアムクラシック(ETC), ビットコインキャッシュ(BCH), ライトコイン(LTC), リップル(XRP), ネム(XEM), ステラルーメン(XLM), ベーシックアテンショントークン(BAT), オーエムジー(OMG), テゾス(XTZ), クアンタム(QTUM), エンジンコイン(ENJ), ポルカドット(DOT), コスモス(ATOM), シンボル(XYM), モナコイン(MONA), カルダノ(仮想通貨取引所の元トレーダーが解説 ADA), メイカー(MKR), ダイ(DAI), チェーンリンク(LINK)

DMM Bitcoin

DMM BitcoinのLP画面

  • 取引手数料、送金手数料が無料!(BitMatch取引手数料を除く)
  • 徹底されたセキュリティー運用体制
  • 初心者でも電話&LINEで解決。安心のカスタマーサポート

DMM Bitcoinの強みはレバレッジ取引ができるアルトコイン数が国内No.1という所でしょう。
現物取引よりもレバレッジ取引を中心に行いたいと考えている人には最適 な取引所と言えるでしょう。

また、新規口座開設で2000円が貰えるキャンペーンも実施しているので、初心者の方はまずはココから初めてみるのありでしょう!

大手という安心感、完璧なサポート、手数料が無料。国内海外含め10個の取引所を使っていますがDMMさんはオススメです。特に初心者経験者問わず業者に対しての疑問などあると思いますがLINEで手軽に質問できます。以前質問した際は、物腰も低く丁寧に解答をくださりました。
また、色々な手数料が無料で未だ表立ったトラブルなども聞かないので資金の置き場所にもうってつけかと思います。(30代男性のクチコミ)

スプレッドキャンペーンで手数料の評価は上がった。 (その前は3点くらいでしたが) アプリは使い込むほど良さが出てきた。横向き対応やチャートなど。
セキュリティは他社と違い金融庁からの改善命令はでてないし、 仮想通貨取引所の元トレーダーが解説 FXでのノウハウもあるため安心 して使ってます。(30代男性のクチコミ)

ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) オーエムジー(OMG) テゾス(XTZ) エンジンコイン(ENJ) シンボル(XYM)

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)のトップイメージ

  • 国内最大級のアルトコインの取り扱い
  • 初心者にも使いやすいスマホアプリ
  • 取引サービスも豊富

Coincheck(コインチェック)は仮想通貨の取扱数が国内トップレベルとなっています。 ビットコイン以外のマイナーな通貨にも積極的に投資をしたい人にオススメ できます。

また、スマホアプリの使いやすさにおいても国内トップレベルの評判で、誰でも簡単に仮想通貨を買うことができます。

さらに、コインチェックは、話題のNFTアートを簡単に売買できるマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」を提供しています。
仮想通貨だけでなく、NFT取引でも利益を狙いたい、最新技術の流行を追っておきたいという方にもコインチェックはおすすめです!

スプレッドが高すぎる点がマイナス。売買時に大口で出来るのはプラス。ビットフライヤーと違い現物売買で制限がかかりにくいのは評価が高い 。後いうならば乖離がしやすいのが難点であり利点(30代男性のクチコミ)

アプリの使い方は非常に使い勝手が良いのではないかなと感じでいます。ただ、手数料をもう少し安くして欲しいと思います。そうするとより使う頻度は増えるのかなと感じています。今後も改善していただければと思います。(20代男性のクチコミ)

ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) イーサリアムクラシック(ETC) リスク(LSK) リップル(XRP) ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) モナコイン(MONA) ステラルーメン(XLM) クアンタム(QTUM) ベーシックアテンショントークン(BAT) アイオーエスティー(IOST) エンジンコイン(ENJ) オーエムジー(OMG) パレットトークン(PLT) サンド(SAND)

BITPOINT(ビットポイント)

bitpoint(ビットポイント)のトップイメージ

  • 500円と小額から仮想通貨へ投資が可能
  • 現物取引にかかる手数料が全て無料
  • アルトコインに強い

BITPOINTの強みは何と言っても手数料にあると思います。
現物取引にかかる手数料がすべて無料で、即時入金手数料、暗号資産(仮想通貨)の出金手数料、口座管理料なども無料です。

さらに 新規口座開設で3,000円相当の暗号資産が貰えるキャンペーンもやっているため、メイン口座を別に持っていたとしても作っておいて損のない取引所 と言えるでしょう。

まだ登録したてですが、取引手数料、入出金手数料等全て無料なのは、他ではありえないくらいありがたいです。もっと早く知っていれば良かったです。ほかの取引所は物凄く手数料が高く、困っていました。 また、チャートの日足、時間足の切り替えがしやすく使いやすそうです。(40代男性のクチコミ)

ハッキングが以前にあったりと評判を落としたが、最近は取り扱い通貨も増え、 何と言っても手数料が無料で24時間の出金対応という他の取引所にはない強さを持っている 。以前よりも格段に使いやすくなった印象。レバは出来ないので、現物でのトレードなら優秀。(40代男性のクチコミ)

2021年に国内のホワイトリスト充実に貢献した業者。新規取り扱いのほぼすべてが国内初であったため、周回遅れの国内業界に新しい風を吹かせてくれました。販売所からの扱いも多いですが、キャンペーンが充実している点は良いと思います。全ての仮想通貨を板取引にしてほしいですね。(30代男性のクチコミ)

ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) リップル(XRP) 仮想通貨取引所の元トレーダーが解説 ネム(XEM) ライトコイン(LTC) ビットコインキャッシュ(BCH) ベーシックアテンショントークン(BAT) トロン(TRX) エイダ(仮想通貨取引所の元トレーダーが解説 ADA) ジャスミー(JMY) ポルカドット(DOT) チェーンリンク(LNK) ディープコイン(DEP)

ブロックチェーン・暗号資産(仮想通貨)業界、フォローしておくべきインフルエンサー特選

暗号資産・ブロックチェーン業界でフォローすべきインフルエンサー

野田俊也氏(ブリティッシュコロンビア大学 経済学部 Assistant Professor)と奥村恭平氏(東京大学大学院 経済学研究科博士課程)との共著にて、論文『「Bitcoinの難易度調整アルゴリズムの欠陥と、その解決策について」』を発表したほか、人気動画チャンネル「ビットコイナー反省会」へのレギュラー出演、イベント・セミナーでの登壇、Lien公式アンバサダーなど積極的な活動を行っています。橋本欣典氏の本名よりも、ハンドル名が有名です。

ジョナサン・アンダーウッド氏

田上智裕(たがみ ともひろ)氏

福島良典(ふくしま よしのり)氏

堀次泰介(ほりつぎ たいすけ)氏

ブロックチェーン上の分散型アプリケーション(DApps)にトークン流動性を提供するプロトコル「Kyber Network」を開発するKyber Network日本責任者。シンガポールに活動拠点を構えるKyber Networkは、DeFiに関連する同名プロジェクトおよびコミュニティを主宰しています。同氏は、Medium「DeFi Japan」にて編集・ライターも務めており、主にDeFiについての情報を多く発信しています。

山田宗俊(やまだ むねとし)氏

SIer、ベンチャー企業、日立コンサルティングでのプロジェクトマネージャーを経て、エンタープライズ向けブロックチェーンCordaを開発するR3に日本人社員第1号として参画。その後、SBIとR3との合弁会社SBI R3 Japan株式会社ビジネス開発部長に就任しました。Cordaエバンジェリストとして、Cordaで企業のデジタル・トランスフォーメーションを推進する業務に携わっています。

渡辺創太(わたなべ そうた)氏

Stake Technologies株式会社CEO。ブロックチェーンで分散型のあたらしいWeb(Web 3.0など)を目指し、Polkadotに接続するトランザクションの高速処理に特化した日本発のパブリックブロックチェーン「Plasm Network」を開発。プロダクト開発事業、R&D、技術コンサルティング事業を行っています。Web3財団から6度の助成金獲得の他、Parity TechnologiesやUC Berkeley、Chainlinkなどと技術的な連携を行うなど、世界で活躍しています。

ビジネスマン向けインフルエンサー

新井進悟(あらい しんご)氏

「ブロックチェーンや暗号資産を末端から最先端まで楽しむ」がコンセプトの専門メディア「CRYPTO TIMES(クリプトタイムズ)」の編集長。アラタ(arata) / Shingo Araiの名称で、主にTwitterにて情報発信を行っています。国内のみならず、海外の情報についても積極的にツイートしており、その内容からは国内外における暗号資産・ブロックチェーン業界の動向を知ることができます。

岩村充(いわむら みつる)教授

日本銀行企画局兼信用機構局参事を経て、1998年より早稲田大学教授(現職は早稲田大学大学院経営管理研究科教授)に。ゼミでは、金融ビジネスと企業財務戦略について研究。『貨幣進化論 「成長なき時代」の通貨システム』『中央銀行が終わる日 ビットコインと通貨の未来』『金融政策に未来はあるか』など、著書多数。政府の各種委員会の座長や委員など、要職を歴任する人物です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる