ポジション取引戦略

トレンドライン

トレンドライン

ヘッドボードとサイドレールの美しいラインが特徴的なフレームです。
張り出したフッドボードはベンチとしても使用できます。どの方向から見ても美しいフォルムは、RUF社のデザイン力の成せる業であり、人々を惹きつけます。

【甘い】FXはトレンドラインだけで勝てる?思わぬ落とし穴と対処方法を解説!

【甘い】FXはトレンドラインだけで勝てる?思わぬ落とし穴と対処方法を解説!

上図のように、ラインが引けたからと言って絶対にそこで止まるというものではありません。しかし、トレンドラインを引くことによって、ここで止まるかもしれないと言うおおよその目安が付けられます。トレンドラインが使えないと言っている人は 「そこで絶対に止まる」とか「突破したら絶対に上に行く」といった具合に絶対視して使えない と言っています。トレンドラインに限らず相場を分析するものに絶対正しいというものは存在しません。

トレンドラインの意味2

上記の図では下降トレンドの始点・終点を記載しております。この図のようにどちらかへ一方通行になる事はなく、上下に波を形成しながらいる事がわかります。また、始点・終点の事は相場では 「主な高値」「主な安値」 といわれています。

主な高値が 前回の主な高値より高く 、主な安値が 前回の安値より高い場合 を 上昇トレンド と定義します。
主な高値が 前回の主な高値より低く 、主な安値が 前回の安値より低い場合 を 下降トレンド と定義します。

トレンドラインとはその名の通り、トレンドに対してラインを引く作業となりますので、 始点同士を結ぶ事が基礎・基本 です。(これは主な高値と主な安値で引くということと同義語です)

1-3. トレンドラインの引き方は多数ある

トレンドライン実体のみ

トレンドライン ヒゲ考慮

トレンドラインが機能する理由は単純で 「大勢が見てるから機能する」 ということです。

少しキツイ表現をしますと 「そのラインを見ているのは世界であなた一人ですよ」 という箇所にトレンドラインを引くから勝てないのです。

1-4. そもそもトレンドラインの引き方が間違っている

引き方自体に100%の答えはありませんが基礎・基本として波の始まった 「始点から引く」 これだけです。たったこれだけにも関わらず、引けない人が多いのは「始点」の意味が分からないからだと思います。

株のトレンドラインの見方や使い方は?主な相場のパターンも

基本的なトレンドの見方として、株価の山(高値)と山(高値)、谷(安値)と谷(安値)を比較します。以下の図をご覧ください。

安値「B」が以前の安値「A」を上回り、直近の高値「a」を上回ったときに「上昇トレンド」に転換したと判断します。そして高値と安値を連続的に切り上げる値動きのときは、「上昇トレンドを形成している」と判断するのです。

3.トレンドの転換を見極める

3-1.買いのポイント(下落トレンド→上昇トレンド)


下落トレンドから上昇トレンドへの転換は、「買いのサイン」になります。下落トレンドがしばらく続いた後、株価がレジスタンスライン(上値抵抗線)を超えて上昇した場合、上昇トレンドに変わったと判断できるので、買いのサインになります。

3-2.売りのポイント(上昇トレンド→下落トレンド)


上昇トレンドがしばらく続いた後、株価がサポートライン(下値支持線)を割り込んで下がった場合、下落トレンドに転換して売りのタイミングになったと判断します。ただ、一時的にサポートラインを割り込んだだけで、再び上昇トレンドに戻る場合もあります。

RUFのトレンドライン002 trendrine002 of RUF

ヘッドボードとサイドレールの美しいラインが特徴的なフレームです。
張り出したフッドボードはベンチとしても使用できます。どの方向から見ても美しいフォルムは、RUF社のデザイン力の成せる業であり、人々を惹きつけます。

Bed トレンドライン bases ステーションタイプ

全体図 トレンドライン002


ヘッドボードとサイドレールの美しいラインが特徴的なフレームです。
張り出したフッドボードはベンチとしても使用できます。どの方向から見ても美しいフォルムは、RUF社のデザイン力の成せる業であり、人々を惹きつけます。

ヘッドボード トレンドライン002

フレームタイプ

Bed bases ステーションタイプ

全体図 トレンドライン002

■Bed bases ステーションタイプ

寸法図 トレンドライン002


■Size:サイズ

※BH(ボトムハイ):床から、マットレスを設置する面までの高さです。
※SH(サイドハイ):床から、フットボードの上面までの高さです。
※サイドレール下スペースサイズ:1.5cm

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる