ビットコインの始め方

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは
ローソク足チャート

売りか? 買いか? 投資家やトレーダーは, どの有価証券 (以下, 証券) をいつ売買するべきかという複雑な疑問と常に向き合っています。証券取引では, 運が良ければ誰でも推測や直感で利益を上げることができるかもしれません。しかし, 株券などの金融商品や先物を含むデリバティブ (金融派生商品) の取引, またはFXといった外貨為替取引においては, 「 ⁠テクニカル分析」 によるシステム的な運用計画や戦略を立てることにより, さらなる利益を生み出せる可能性があります。

テクニカル分析で市場の動きを見極める

テクニカル分析において, トレーダーは現在の市場の状態や今後の変化を示す視覚的なテクニカル指標を基にして, どの証券をいつ売買するのかを判断できます。最適化された戦略とアルゴリズムを駆使してコンピューター化された売買取引が行われる近年において, テクニカル分析はさらに大きな役割を果たします。過去のデータを利用してパフォーマンスを検証するバックテストに基づいた最適化戦略は, それぞれの証券の最適な取引パラメーターを選択するのに役立ちます。しかし, とある証券において効果的な戦略は, 必ずしもその他すべての証券でも効果を上げるとはかぎりません。また, バックテストで効果的だった戦略が, すべてのデータにおいても有効であるとはかぎりません。そこで, LightningChart® Traderのビルドイン機能を使用することにより, それぞれの証券の最適な取引パラメーターを選択するためのシステム的な運用計画や戦略を立てることができます。

LightningChart® Traderとは?

Arction社が提供する.NET向けデータ視覚化ツールのLightningChart® .NETには, 証券取引アプリケーションの開発プロセスを大幅に簡素化できるチャートコンポーネントのLightningChart® Traderが含まれています。LightningChart® Traderは, 証券取引アプリケーションをビルドするためのプロパティやメソッドを含む簡易的なインターフェイスを提供し, APIオーバーヘッドなしでアプリケーションを開発できます。LightningChart® Traderを使用して生成したチャートは, 堅牢かつ高速なLightningChart® APIの上にビルドされます。LightningChart® TraderのUIコントロールをアプリケーションに追加して証券と日付の範囲を選択することで, Webサービスから読み込まれた最新の取引データの中から対応するデータセットを取得できます。また, カスタムデータプロバイダークラスを実装したり, プログラムで任意の場所からデータを取得したりすることで, 配列やCSVファイルとしてチャートに渡すこともできます。

図1 価格は, ローソク足チャート, 棒グラフ, ラインチャート, またはマウンテンチャートとして表示可能

図1 価格は,ローソク足チャート,棒グラフ,ラインチャート,またはマウンテンチャートとして表示可能

テクニカル指標で市場のトレンドや過熱度を判断する

LightningChart® TraderのUIコントロールには, それぞれのデータ値をトラッキングするためのデータカーソル, 非取引期間の自動削除, そして公開済みのデータセットから指定のパラメーターに基づいて計算されるテクニカル指標など, いくつかのビルドイン機能があります。

テクニカル指標には, 市場における上昇や下降トレンドを分析するトレンド系 (順張り系) 指標と, 買われ過ぎや売られ過ぎといった市場の過熱度を分析するオシレーター系 (逆張り系) 指標があります。LightningChart® Traderは, これら両方の指標を提供します。たとえば, 以下の指標を利用できます。

  • 単純移動平均 (SMA)
  • 加重移動平均 (WMA)
  • 指数移動平均 (EMA)
  • ボリンジャーバンド
  • 相対力指数 (RSI)
  • 移動平均収束拡散法 (MACD)
  • ボリューム, 出来高
  • 未決済の建玉 (OI)

図2 移動平均, 相対力指数, 移動平均収束拡散法指標, ボリューム, 未決済の建玉

図2 移動平均,相対力指数,移動平均収束拡散法指標,ボリューム,未決済の建玉

LightningChart® Traderは, 支持線や抵抗線, 回帰直線などのラインに基づいたデータ分析を行うための描画ツールも提供します。上記の指標とこれらのラインをチャート領域内の任意の位置に描画することで, 証券取引データの動きをさらに分かりやすく視覚化します。たとえば, 以下の描画ツールを利用できます。

  • フィボナッチリトレースメント
  • フィボナッチファン
  • フィボナッチアーク
  • トレンドライン
  • エクステンションを備えたトレンドライン
  • 線形回帰ライン
  • 標準偏差に基づく線形回帰チャネルおよびRaffチャネル

図3 ボリンジャーバンドおよびフィボナッチファン

図3 ボリンジャーバンドおよびフィボナッチファン

図4 フィボナッチアークおよびRaffチャネル

図4 フィボナッチアークおよびRaffチャネル

証券取引市場では, 短期間でさまざまな証券の価格が変動することは珍しくありません。証券取引では, 推測や直感だけではなく, さまざまな指標を基にしたテクニカル分析や戦略に沿って将来の価格変動をできるだけ正確に分析することも証券売買の重要な判断要素になりえます。一方で, 一般的に使用される指標であっても, それぞれの証券データをもとに手動で計算するには膨大な時間と労力が必要となります。そこで, LightningChart® Traderのビルドイン機能により, これらの指標を自動で導き出し, 独自のUIコントロールを通して証券データを分かりやすくチャート上に表示することができます。LightningChart® Traderを使って, 効率的な証券取引を実現するためのアプリケーション開発をはじめましょう。

LightningChart® Traderは, LightningChart® .NETのコンポーネントの一部として提供されます。LightningChart® .NETの製品ライセンスをお持ちの方は, LightningChart® TraderのAPIソースコードを無償で利用できます。また, GPUアクセラレーターで最適化されたレンダリング性能を活用してカスタム機能を実装できるLightningChart® .NETのAPIもフルで利用できます。

エクセルソフト株式会社では, この記事で紹介した証券取引をはじめとする幅広い専門分野向けのチャート生成を支援するLightningChart® .NET製品のほか, JavaScriptおよびTypeScript向けに高いリフレッシュレートと高精度なデータ視覚化を瞬時に実現するLightningChart® JS製品も販売しています。サブスクリプションをお持ちの方を対象に, 日本語での技術サポートも提供しています。

使用の際に役立つスタートガイド, ユーザーマニュアル, チュートリアルなどのリソースも日本語にて無償で提供されていますので, まずは無償体験版をダウンロードして, LightningChart®製品によるデータ視覚化の性能をご確認ください。

【公開講座】投資の肝であるテクニカル分析を学び投資の知識を高めましょう

1名さまから参加できる研修サービス・公開講座

講座趣旨

主催団体

本講義は、 明治大学リバティアカデミー が主催しております。

講義概要

日付 内容 各回の詳細 担当講師
1 2021/05/15 テクニカル分析の総論 テクニカル分析とは何か、なぜ必要なのか、信頼できるのか、その歴史を踏まえて全体像を説明します。 水口
2 2021/05/15 トレンド分析 すべての分析手法の基本 投資の基本であるトレンド・イズ・フレンドの実践法を学びます。 水口
2 2021/05/22 移動平均 株価推移の本質的な動きをとらえる 移動平均と株価、複数の移動平均の相互関係から、相場推移をどのように判断するかを学びます。 野坂
4 2021/05/22 バンド分析 株価が一定の範囲内で推移することに注目 代表的なボリンジャーバンド、エンベロープの考え方と使い方を学びます。 野坂
3 2021/05/29 オシレーター分析 テクニカル分析とは 価格推移の行き過ぎやトレンドの転換点をとらえる RSI、ストキャスティクスなど代表的な指標の見方と使い方を学びます。 中村
6 2021/05/29 サイクル分析 価格推移の周期性に注目 企業活動や機関投資家の行動によって生まれるアノマリーの周期性などサイクル分析の基本を学びます。 中村
4 2021/06/05 出来高分析 売買高の推移から株価の動向を予想 価格は需給によって動くとの考えから、出来高の見方と利用法を学びます。 高橋
8 2021/06/05 パターン分析
過去の価格推移から将来の価格推移を予想
特徴的な価格推移が投資家心理やその後の価格推移に影響を及ぼすことについて学びます。 高橋
5 2021/06/12 一目均衡表 昭和初期に日本で考案され、現在は世界でもファンが多い相場理論です。基本的な考え方と使い方を学びます。 東野
10 2021/06/12 その他のテクニカル分析手法およびまとめ テクニカル分析の基本的な理論や手法を理解し、その他の総合的な判断方法について質疑を交え学びます。 東野
テクニカル分析とは

研修時間/合計回数

留意事項・備考

【事前に必ずご確認の上お申込みください】
*事前のお席の確保などのご対応致しかねます。
*お申込み内容は、翌営業日以降に確定いたします。
*お申込み後、満席などでご受講できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。満席の場合は、別途ご連絡申し上げます。

テクニカル分析が役に立たない(意味がない)とされる理由は?

テクニカル分析のチャート

テクニカル分析の用語 テクニカル分析で使用する用語をまとめました。 A-Z MACD(マックディー) Movin .

https:テクニカル分析とは //biztouben.com/technical-analysis-glossary/

デメリット5:心理的なコントロール力が求められる

そのため、エントリーの正確なタイミングをとったり、ポジションの維持やエグジットの判断をするのに恐怖心などの心理的な影響をコントロールする必要があります

このようにシステムトレードに比べると、トレードの心理が売買に影響しやすいというのもテクニカル分析にデメリットだといえます。

テクニカル分析に向いた人と役に立たないとされる理由

テクニカル分析のチャートのイメージ

このようなテクニカル分析の特徴から、株式投資やFXでテクニカル分析に向いている人は、 サイエンスとアートとメンタルのバランスの取れた人 だといえます。

テクニカル分析に向くのは、サイエンスとアートの両立がはかれる人だといえます。

ただし、テクニカル分析は、デメリットの3つ目でみたようにシステムトレードよりも心理面の負担が大きいことから、メンタルのコントロールを保つことも必要です。

テクニカル分析は、トレードの入り口としてはとても入りやすいものですが、その高みに至るためにはサイエンス、アート、メンタルそれぞれの要素が高い水準で、高度なバランスが成り立っていることが求められるといえます。

初心者のためのテクニカル分析

初心者のためのテクニカル分析

チャート、チャート、チャート
テクニカル分析を習得しようとするなら、腕まくりをしてチャートと向かい合う準備をしましょう。チャートにはテクニカルトレーダーの主要なツールとなる、正当な理由があります。すべての市場情報が価格に反映されているとすれば(もちろん理論上の話です)、トレーダーが考慮しなければならないのは価格変動だけ、ということになります。チャートにはどんな種類があるのでしょう?チャートの前に、2種類の動物について、お話しましょう。熊と雄牛です。

市場のトレンド

ブル・ベア市場

ブル市場(強気市場)
ブル市場は価格が上昇中、または上昇が見込まれる金融市場のことです。このタイプの市場は「楽観主義」と特徴付けられ、トレーダー間では一般的に自信が感じられます。伝統的には「ブル市場」という場合株式市場を意味していましたが、現在ではこの言葉は商品や通貨取引の描写にも使われています。

ベア市場(弱気市場)
ベア市場はブル市場の反対です。このような市場では、価格は下落中または下落が予測されています。ベア市場は一般的に悲観的でトレーダー間の不安定性と不確実性で特徴付けられます。

もっとチャート

チャートタイプ

ラインチャート

バーチャート

バーチャート

バーチャートの例はこちらです。

ローソク足チャート

ローソク足チャート

支持線と抵抗線

支持線と抵抗線

取引量の概念の理解
これは、オンライントレーダーにとって非常に重要な概念で、特定の取引可能銘柄の取引されている契約の総量を指します。たとえば株式の場合、ある取引日の間に持ち主が変わった株の数が取引量です。なぜ取引量が重要なのでしょう?通常、取引量が多いほど価格はより速く変動し、オンライントレーダーに、より多くの機会を提供します。新商品や買収についてのニュースや、予想外の四半期報告書、主要な発表は、すべて株式取引量の一時的な増加につながる可能性があります。

相対力指数の理解 テクニカル分析とは
相対力指数(RSI)はある銘柄または市場が買われすぎているのか売られすぎているのかを測る、興味深い指標です。その方法ですか?実際の計算方法は省きますが、この計算で最近の下げ幅と上げ幅を一定期間で比較します。RSIは一般に運動量指標として分類されます。

ピボットポイント

MACDとは

MACDはMoving Average Convergence/Divergenceの略(移動平均収束拡散法)です。簡単に言えば、株価のテクニカル分析に使われる取引指標です。理論的には、方向、強さ、感覚、トレンドの勢いの変化を見出すとされています。今から数学の講義が始まると思いましたか?必要な計算をマスターしたいと思った方は、その前に他の資料も少し読んでみて、この指標があなたに役立つかどうか考えてみてください。

エリオット波動

ボリンジャーバンド

他にも興味深い要素があります。価格動向の約90%はこのバンドの範囲内に収まっています。このバンドを上または下に突き抜けると、主要なイベントとみなされます。しかしながらこのような突き抜けを取引シグナルと混同しないように注意しましょう。この突き抜けは将来の価格変動の程度や方向を示唆するものではありません。

もちろんこれらはボリンジャーバンドがあなたの取引に役立つということを意味するわけではありません。これはあなたが自由に、使うか使わないか選択できる理論であり、使うことにした場合でも、ボリンジャーバンドは通常は単独では使われず、他の標準的な方法と併用されます。

フィボナッチ戦略

フィボナッチ数列は、最初の2つの数字に続くすべての数字は、その前の2つの数字の和であるという事実によって特徴づけられます。以下は現代のフィボナッチ数列の例です。
0 , 1 , 1 , テクニカル分析とは 2 , 3 , 5 , 8 , 13 , 21 , 34 , 55 , 89 , 144 , …

「テクニカル分析が無意味」と言う人の4つの根拠|あなたはどっち派」

テクニカル分析が無意味という人の根拠

しかし、チャートパターンだけでは将来的な値動きを完璧に予測することは困難であり、自身が立てた仮説が裏切られるケースも多いことから、「テクニカル分析は無意味」という意見を持つ方も存在しているのです。
そこで本記事では、無意味とする根拠やテクニカル分析のメリットについてを詳しく解説していきます。
一方、最初に初心者の方に注意して頂きたいのは、「無意味としているトレーダーはテクニカル分析を知った上で結論付けている」ということです。
そのため、100%勉強する必要がないという趣旨の記事ではないことを、あらかじめ押さえて読んで頂ければと思います。

「テクニカル分析が無意味」と言う人の4つの根拠

相場の動きはランダム

テクニカル分析は無意味という人の根拠として、相場の「ランダムウォーク理論」があります。
これは、どの時点であっても上昇と下降の可能性が1/2となっていて、過去のトレンドやデータで将来の値動きを予想することはできないという理論です。

すなわち、過去のチャートに似ているパターンがあるからといって同様の動きを見せるとは限らず、相場は完全なランダムであり規則性は無いという考え方を持つ方も多くなっています。

科学的な根拠がない

実際のところ、全く経験のない初心者と相場に長けた専門家がテクニカル分析を用いて売買すると、収支結果に大きな差があると言われていますが、トレンドライン等は結果が出てから後付けで引かれているものです。
したがって、テクニカル分析が有効なら「なぜ将来に対してトレンドラインを引かないのか」という懐疑的な意見が少なくありません。

機能しない相場もある

反対に、トレンド相場に強い移動平均線であってもレンジ相場には弱いことから、1つの指標であらゆる相場に適用できるテクニカル分析は存在しないのです。

誰でも手間なく見ることができる

テクニカル分析は同じ手法、ツールを用いれば誰でも同様の結果を参照することが可能であり、そういった手軽さが無意味という根拠に繋がっています。

そして、日常的にテクニカル分析を行う投資家の絶対数が増加したことで、機関投資家が裏をかいた時のインパクトも大きくなってきているかもしれません。

テクニカル分析にはメリットも

水準が可視化できる

そこでもし、チャートやローソク足が存在しなければ、直近で反発しやすいか、どこでいくらの指値を入れれば良いのかを自分自身で記録しておかななくてはなりません。
すなわち、テクニカル分析やチャートがあるからこそ、いつでも株価等の水準を知ることができるのです。

また、歴史的な株安から切り返した場合は、当面の最安値として機能してもおかしくありませんが、「その価格を割り込んで推移したら」別の戦略を取ることもできます
したがって、そういった適材適所の売買水準を可視化できる点は、テクニカル分析の存在意義として大切な要素といえるでしょう。

値動きの推移を明確にすることができる

テクニカル分析は直近の値動きだけでなく、数年前、あるいは数十年前に遡って推移を把握することができます。

それによって、自身が保有している銘柄がどんな理由で上昇トレンドを形成したかが分かるため、今後の投資家心理の予測にも役立つでしょう。
そのため、先ほど触れたランダムウォーク理論ではメリットとして考えられていませんが、必ずしも将来的な相場の分析に役立たないわけではないのです。

売買の再現性が高い

参考までに、そういった機関投資家の手法を見抜くには「ローソク足」「移動平均線」「出来高」の3つに注目する必要があります。そして、それらはテクニカル分析の基礎でもあるのです。

上手にチャートと付き合うためには

ここまでは、テクニカル分析のメリットと無意味という人の根拠について解説してきましたが、結論としては必ずしも全てが無意味とは言えないでしょう。

ただし、高すぎず安すぎない株価位置にある良好な企業に投資してくことが株式投資の基本でもあり、その際はテクニカル分析を行うのがおすすめです。

初心者は「テクニカル分析を覚えなければいけない」と難しく考えてしまうケースも少なくありませんが、分析手法は場数をこなせば確実に身についていきます。

このeBookは 直近22年分の株価データ を集計して、
・日本株がもっとも上がりやすかった月、下がりやすかった月
・時期折々の上がりやすかったセクター、下がりやすかったセクター

など、実績が豊かな注目セクター・注目銘柄を 全98ページ にわたって細かく解説しています。

西村剛(にしむらつよし)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。
著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

大口の株の見分け方|仕手株の手口を知って危険な罠を回避せよ

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 仕手株とは 株式投資で大きく儲けるにはできる限りボラティリティのある銘…

  • 2021年5月18日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

1Q・2Q・3Q・4Qとはなんの略?企業の決算をチェックせよ

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 決算発表は1度だけじゃない 株式投資では自身が保有している銘柄に起…

  • 2021年7月9日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

時価総額の推移の調べ方|一瞬で過去70年分の時価総額を見る裏ワザ

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 株式投資のご経験がある方は、時価総額と言う言葉をほぼ間違いなく目にして…

  • 2021年4月22日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

海外売上比率を調べて読み解く方法|売上高の比率を株取引に活用せよ

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 海外売上比率を読み解けば株取引の精度が上がる 株式をスクリーニングする…

  • 2022年5月16日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

株価一覧のダウンロードができるサイト9つをまとめて紹介

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 株価一覧を有効活用すれば投資が変わる 株式投資を有利に進めるために…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる