テクニカル分析の基礎

フィボナッチ

フィボナッチ

6/3 日経225先物 トレンド判断と方針 : 日経225先物デイトレブログ


15分、60分

4時間、日足

◆◆━ブログランキングに参加しています。━━━━━━━━━━━━━━━

クリック頂くと「ブログ村・先物人気ブログランキング」のサイトに行きます。
サイトに行った回数で順位が決まります。(同じ日に2度行っても1回として数えられます)
━━━━━━━━━━━━━━皆様いつも応援ありがとうございます。━◆◆

コメントの投稿

トラックバック

相場情報リンク

日経平均先物

相場のお話

日経225平均先物サイト

カテゴリー

RSS ブックマーク

検索フォーム

カレンダー

05 | 2022/06 | 07 フィボナッチ
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

相場塾講師ブログ

DREAM-CATCHER

「夢は未来,夢は力」
あなたの未来に本物の夢をお届けします。
株式投資はお任せください
(株)ドリームキャッチャー

「ドリームチャート」
日経225先物の練習に最適!
当日の動きを再現して実践に近い仮想売買が可能
マルチタイムチャート同時再生
早送り再生で効率良く
ピークボトム合成図作成機能

フィボナッチ

Photo: Jimmy Chin ©

マーケットサマリー

エディターズ・ピック

BTCUSD: ビットコインは底打ちしたのか?【ビットコイン】

(BTCUSD)ドル建てビットコイン 日足 上昇のN波動が出てきたビットコイン 底打ちしたのか? 注目ポイントは? 今回の学びは「Y波動」です。 どういう状況なのかを学んでいきましょう。

USDJPY: 5/31 ポンド円 ポンドドル シナリオと検証

ポンド円はシナリオどうりの指値がヒットしてショート。ポンドドルはそれに合わせ、 (下がるなら、)8Hの1σ1.2623からのショート。ついでにドル円もロング。 根拠はない。自分の得意な波動でもなく、波の途中からのエントリーなので当たるも外れるもたまたまだ。 シナリオも方向が当たった場合に想定されるシナリオであって、当たるかどうかはわからない。と思っている。 ただリスクオフ方向に見ていたが、週足の根拠が破られないので、ポンド円からエントリーし、同様に、ポンド円、ドル円もエントリーした。結果一番の自信のあったポンド円が、敗退、ドル円は決済、ポンドドルは保有している。 チャートパターンで言うなら、ドル円みたいな127円割れたところからのロングは狙い目だ。決まれば短期のショート勢をかれるので、値が飛びやすい。日足のMAなのでこ.

BTCUSD: BTC/USD 4時間 戻り高値の32000$ラインは流石に一旦利食いポイントか

ビットコインは米国株式市場休場の合間に32000$程度までスルスルと戻す展開 若干ショートカバーの観測はあるが、それほどの過熱感もなく、想定される戻りのラインまで戻ったという感じは受ける オシレーターを見ていくと4時間RSIは80付近、教科書通りにいくなら一旦は跳ね返される展開を想像したいが、勢いのある時のビットコインは想像するような動きとはならず、このまま38000$ラインまでの綺麗な戻しも想定しながらのトレードとなりそうか ロングを引っ張れたポジションは一旦の利食いを検討しても良いように見えるが、新規のショートは多少のリスクを考えながらのトレードとなりそう 本日の米国株式市場につられるような動きも想定しながら、次の動きを見ていきたい

USDJPY: USDJPY 2022.5.31 本日月末、今週イベントの週

本日は月末です。また、今週は明日から連日重要指標発表があります。 高値安値切り下げて、今は一時的な戻りの場面。 128.00~126.50のレンジを形成しているようにも見える。 どこかで戻り売りをしていきたい。 場所の情報を確認すると 128.50→FR61.8 128.00→キリ数、レンジ上辺、FR50.0、何度も止められて意識されたポイント 127.85→本日オプション 127.フィボナッチ 65→FR38.2 127.50→キリ数、何度か止められて意識されたポイント、本日ピボット 127.15→FR23.6 127.00→キリ数 126.50→キリ数、レンジ下辺 本日127.85にオプションがあるため、欧州時間に下落して行ってもアメリカ時間にはオプションに向かうことも予想される。そのため、効果が切れて下落して割り込んでいったとこ.

FXアイデア

EURUSD: ユーロドル:レジスタンス抜け後のレンジ

ユーロドル 1時間足に日足を重ねています。 1.0625のレジスタンスを抜けたあと調整が始まり現在はレンジ内。 強いユーロですがレンジの高値圏でもあるのでLONGは慎重になります。 先日も高値更新後に否定されていますから、レンジを抜けてしっかり上昇が見えてくるまで待っていこうと思います。 潰されれば下目線に。

GBPUSD: GBP/USD 6/2 #すばるライン🐝

【エントリールール】 *環境認識で使用する時間足* 長期→日足 中期→4時間足 短期→1時間足 *エントリーする時間足* 4時間足でスイングトレード *注文方法* 指値注文 IFO注文 注文時に利確 損切り位置を決定し、その後分割利確を設定する *トレードルール* 中期チャネルに順張り 中期チャネル上限下限付近へ到達後に短期チャネルを上抜け 短期トレンドが中期トレンド方向へ転換(高値安値更新を確認)水平線エントリー 根拠は2つ以上 *R/R* .

AUDJPY: 超シンプルなチャートで分析・トレード!!三角レンジブレイク。日足上昇トレンドに復帰の兆しか?

前回5/18に >日足上昇トレンドに復帰に向うか? というタイトルで投稿していますが、その後はトレンド感なく89円-91円のレンジでの推移が続いていました。 そして昨日は、ようやくレンジ上限91円をブレイク。 ・上辺が91円のレジスタンスライン ・斜辺は5/12安値からの安値の少しずつの切り上がりのライン。 で、構成された三角レンジの上辺をブレイクした形になりました。 三角レンジブレイクです。 ただ、この三角レンジブレイクは4/20を頂点とした大きな下降の流れから反発の途中でできているので、 大きな上昇の流れの中でできた場合とは違い、弱いかもしれませんが、 フィボナッチ 小さめのリスクで仕掛けられるので、ここから買っていきたいと思います。 ストップは91円割れ 当面の目標は93円〜94円。 順調に上昇ならいつも通り一部は利益確.

USDJPY: FX ドル円 本日の相場分析 2022.6.1

4時間足 GMMAはまだ収束していますが、上向きになってきました。 今はオレンジの点線を目指して上昇中ですね。 これは4時間足の目線切り替えポイントです。 ここを上抜けると4時間足の目線が上になりますので、そうなると上昇しやすくなりますね。 まずはここを抜けられるかどうかが本日の注目ポイントです。 上抜けると131円を目指し、抜けられなければGMMA付近までの下落が考えられます。 ただ、次GMMAにサポートされるとオレンジの点線を抜けてくると思います。 ストキャスティクスは高値圏ですが、MACDはかなり強いですね。 続きはブログで確認😎 _____ ブログでも更新しています。 ブログは " takashi fx " で検索👆 その中の takashi FX channel がぼくのFX.

暗号資産アイデア

BTCJPY: 20220602 BTC上昇反転しても弱い。今年の1月の底値をサポートに出来るのかどうかも未確定。

BTCは、今年の1月の底値をしっかりサポートとして見据える事はできるのでしょうか? 今のところ一時上昇を見せましたが、400万を割っています。 勢いが弱く、今年の1月の底値も割る可能性も出てきました。

GSTUSDT: GSTのギャンチャート(゚Д゚)ノ

ここ落ちたらやばいね…ショート フィボナッチ ステップンのトレードの参考に(゚Д゚)ノ ギャンの見方として円弧は全てレジスタンス・サポートラインとなります。 特にギャンスクエアでオレンジ色、青色の部分。ここを突破するということは、それだけ強い相場と捉えることができる。逆に弱い時は力なく円弧に沿って落ちていく。 つまり、実際のトレードにおいては、斜めの白線、タイムサイクルに来た時、円弧に差し掛かった時、この3つの時は局面といえ、そこでローソクがどのような形を作って次の足に進むのか見極める、大事な時間がいつなのか事前に把握することができる。このようにして、今この通貨がどのような状況に置かれているか把握し、次に相場が動きそうな時間を知ることで、適切なエントリーポイント、損切りポイントが定めることが出来ます。

BTCUSD: BTC/USD 1時間 教科書通りに戻りを叩かれてレンジ形成の流れか

ビットコインは32000$をしっかりと叩かれて再び30000$割れの下落をした。 直近の安値ラインである28000$前後は意識されると思うが、広域レンジを見ていくと26500$までの下落をしてレンジ形成をしても不思議はない 大きなファンダがある訳ではなく、しばらくはレンジ内をウロウロと上下にする動きを想定したい、中間レンジは非常に触りにくいが、レンジの上限下限は意識しつつ、触れそうならエントリーを考えてみたい。 ある程度レンジ上限や下限では、買い下がりや売り上がりできる余裕を持ちつつ、ゆったりと触るくらいが精神安定できそう。 ひとまずは28000$前後を下限に見つつ、反発を狙うロングポイントを探ってみたい。 FRは特に偏りもなく、米国株価市場に連動する流れも継続、このあたりも方向感の無さに拍車をかける。

BTCUSD: 波動分析 〜想定E、Fの確認〜

こんばんは。たわみこです。 本日は短い時間足のカウントからどのように想定E、Fに繋がるかを確認しましょう。 想定E,Fの詳細は関連アイデアの”想定まとめ3”でご確認ください。 表題のカウントはエンディングダイアゴナルが完成したと考えたカウントです。 収縮型ですので、フェイラーで終了しても問題ないですよね。 このカウントは3/29からの下落波のカウントではこのようになってます。 とこのように想定E(インパルス)が考えられますね。 この想定は。。 ブルーライン(前の波のⅣ波)を超えると黄色信号がオレンジラインを超えるとインパルスは破綻となります。 表題のカウントはこのようにダブルジグザグとしてもカウント可能です。 .

株式アイデア

6758: 押し目買い:ソニー

現在株価は反落中、買いのチャンス メタバース中核株 ソニーは米Epic Gamesに対して約268億円の戦略的出資。 ソニーは音楽やアニメなどのエンタメ分野が強い。 音楽ライブとかアニメ関連イベントとかもメタバースとは親和性が高い。 プレイステーションVRを手掛けるVR関連株としても中核株。 現時点で一番の本命

4385: トレンド転換を見抜け ~チャートの注目ポイント~

(4385)メルカリ 日足チャート」 このチャートは今、物凄く分かりやすい下降トレンドとなっています。 移動平均線大循環分析で見ると、第4ステージを継続しています。 一時的に第5ステージになるものの、直ぐに第4ステージに逆行する動きになっています。 いわゆる、ステージの「4→5→4の戻り売り」パターンとなっています。 このような分かり易い下降トレンドは、売りでしっかりと獲りたいところです。 ただ、ポイントとしては、そのトレンド転換するところをいち早く察知することができれば、早く仕掛けることができます。 では、トレンド転換を察知するにはどうすれば良いのでしょう。 それは、常にトレンドラインを引く習慣を持つということです。 ラインを引くことで、トレンドの変化をいち早く察知することができます。 ここでは、ステー.

4568: 【4568】第一三共 ついてる仙人の49なるchart(よくなるチャート)

2日から7日の短期のシナリオを考えています。 週足のトレンドを見てみましょう。 高値 3170-3507(未確定)切り上げ 安値 1981-2288 切り上げ 高値切り上げ安値切り上げの上昇トレンド。 株価はすべての移動平均線の上に出ています。 フィボナッチ 上昇トレンドの上昇波動で、株価はすべての移動平均線の上という強い動きです。 上有利であり、買いを考えていけばいいChartになっています。 日足のトレンドも見てみましょう。 高値 3011-3507(未確定) 切り上げ 安値 2126-2814.5 切り上げ 高値切り上げ安値切り上げの上昇トレンド。 株価は金曜に4MAを割りました。 3月中旬からきれいな上昇になっています。 しっかりと押し目を入れて高値更新という動きです。 金.

9119: [9119]飯野海運 チャーティスト注目!ここから年末にかけて三尊天井を形成するか。テクニカルの面白いサインが満載状態。

短期では、緑線抜けからオレンジ線にかけての ブレイクは期待したい。 いわゆるブリッシュフラッグを形成中。 そこからオレンジ線を激しくブレイクするなら、 さらなる上昇トレンドの発生を期待する 気運が高まるだろう。 しかし、そんなに甘くない。 フィボナッチを見れば、 見事な上昇トレンドの 大波は3つの山を作って2.618タッチ済み。 したがって、年内には上昇トレンドは、 三尊天井を作りながら終わる可能性がある。 テクニカルサイン満載のパターン分析好きにはたまらないチャート形状である。 備えあれば憂いなし I(´(ェ)`)I

指数アイデア

VIX: 【ダウ先物】VIXから予測するダウの未来

SPX: 米国株の大暴落がバブルの崩壊なのかどうか

年初来から始まる米国株の大暴落がバブルの崩壊なのかどうかを種々の背景をもとに考えてみた。(2022年5月29日現在) 結論としては残念ながらバブルの崩壊であり、その低迷は長期化するいう予想になった。 分析の観点は以下の3点。 ①金利の影響 ②国力の影響 ■金利の影響 一番上の図はSP500を世界恐慌が起こった1930年ごろまでさかのぼったものを対数表示したものである。 チャネルの直線性が分かりやすくなるようフィボナッチチャネルを重ねてある。 その中に株価に影響を与えた各時々の出来事を記してある。 続いて2段目グラフは政策金利、米国10年債利回り、インフレ率を示し、 それらから名目金利からインフレ率を引いた実質金利(もどき)を算出したものが3段目の図である。 これらのグラフから分かることは、まずインフレを抑えるために始め.

NI225: 日経225先物 5/31(火)日中 デイトレ シナリオ

現状は上昇トレンドの60分足の調整中 この状況を基に A:27,420より上:上昇トレンドの60分足の調整終了からの再上昇開始と考えて、5分足のあや押しからの買い場探し B:27,420~27,000:上昇トレンドの60分足の調整終了と考えて、支持帯からの上昇で買い場探し C:27,000より下:上昇トレンドの60分足の調整が押し過ぎで、75MA下になり、トレンドレスと考えて様子見

NAS100USD: NAS100 月末月初頃には三角持ち合いを越えてきそう

RCI、月足下落で週足はボトム圏。日足、8h足は上昇傾向で4hはトップ圏。 日足の10日EMAと8hの21EMA付近をレジスタンスライン、底値を切り上げてきたラインをサポートにした三角持ち合い。 今週末か来週には、どちらかに抜けてきそう。 日足の上昇傾向が持続するなら上昇してきそうだが、今までさんざん跳ね返されてきたレジスタンスラインも強く意識されそう。 三角持ち合いを越えても日柄調整がさらに長引く場合も十分考えられるので、トレンドが見えてくるまでは様子見継続。

先物アイデア

NK2251!: 日経225先物 6/3(金)日中 デイトレ シナリオ

現状は60分足のボトム2万7260が確定し。上昇トレンドに転換し、直近ピーク27,620も上回り上昇トレンド継続 この状況を基に A:27,780より上:上昇トレンドの60分足、15分足の短期上昇波動継続と考えて、上有利、上値は追わずに5分足のあや押しからの買い場探し B:27,780~27,560:上昇トレンドの15分足の調整と考えて、支持帯からの上昇で買い場探し C:27,560~27,470:上昇トレンドの60分足の調整と考えて、支持帯からの上昇で買い場探し D:27,470より下:60分足の調整が押し過ぎで、75MA下のなり、トレンドレスと考えて様子見

PL1!: 【プラチナ】【Rゴム】ダブルエントリー

XAUUSD: 【為替・FX】XAU/USD 金・ゴールドの今週のポイント

《XAU/USD 週足》 BBブレイク&回帰 ①4年ぶりのBBセンターブレイク ②トレ転? ③MA200はまだ抜いていない ④MA200抜くまではレンジ予想 ⑤抜いたら本格的なトレ転 ⑥ポイントは1670ブレイク 《XAU/USD 日足》 難易度高すぎ見なくてOK ①何も効いていないチャート ②強いて言うならセンターライン ③ ②の天井化でちょっと面白い展開 《XAU/USD 4時間足》 MA200に期待中 ①上に傾きつつあるチャート ②MA200の天井化が今後の注目点 ③丁度日足のBBセンターと同値 ④そのまま下落できると結構いい感じ 《XAU/USD フィボナッチ 1時間足》 こっちは上のチャート ①完全に上に傾むいたチャート ②MA200の床化 ③1時間のMA200 VS.

SPX: 【米国株】過去の弱気相場(ベアマーケット)を見てみよう

5月20日の米国市場ではSP500が一時弱気相場(ベアマーケット)の領域に入るなど米国株の下落が続いています。(終値ベースではかろうじて免れる) 直近の最高値からの下落率が、60日以上に渡って20%を超えると弱気相場入りと定義されていますが、過去の弱気相場ではどの程度下落して、どの程度続いたのかを米国株の代表指数であるSP500で振り返ってみたいと思います。 相場においても”歴史は繰り返す”もの。 過去の値動きを見ることは、未来を見ることにつながります。 過去の米国株の下落率 以下のチャートは、S&P500の月足に直近高値からの下落率(赤)とその後の上昇率(青)を表示したものです。 .

教育アイデア

QQQ*USDJPY: 円安/ドル高の恩恵を受ける日本の米国株投資家

2022年に入り、米国株は大きく下落していますが、 ドル建て資産を円換算した場合の評価額は、ドル建てほど大きく下げていません。 言うまでもなくこれは円安/ドル高が進行しているためです。 円建てによる米国株インデックスファンド(為替ヘッジ無しタイプ)はこのチャートの赤ラインのようになっています。 また、マネックス、楽天、SBIなどの証券会社の外国株口座で直接ETFを買っている場合も 預け入れ資産の円換算パフォーマンスは同様になっているはずです。 米国株投資では為替変動はあまり気にせずドル建て資産を増やしていくのがもちろん一番大事ですが、 私たち日本人は最終的には日本国内で円建てで資産を現金化して使うので、 円建て換算によるパフォーマンスアップがあるとさらに良いですね。 円安ドル高のメガトレンドが続く間に、本資産である米.

SPY: プロフェッショナルなトレードのマインドセットを構築する為の3つのヒント 🎯

みなさん、こんにちは!👋 今日は、プロフェッショナルなトレードのマインドセットの構築についてお話しします。このトピックは、長年にわたり数え切れないほどの書籍やトレードに関する文献で取り上げられてきましたが、TradingViewのコミュニティにとって最も重要なポイントをいくつかご紹介したいと思います。さっそくご覧ください! 1.) フィボナッチ 確率で考えましょう.

BTCUSD: 次のバブルでしっかりと資産を伸ばすためにも暗号通貨に興味を失わない事が大事だと思います

ビットコイン週足の傾向 ①バブルは週足HHの高値ブレイクからバブルが始まる傾向があります ②調整はカーブをゆっくりと弧を描きながら長い時間をかける傾向があります ③次のバブルまで興味を失わない事が大事だと思います。 調整期間は難易度が高く、 この期間に退場しない事が最も優先され、 尚且つ次のバブルで資産を伸ばすためにも興味を失わない事が最優先されると思います。 結局最後は暗号通貨に本質的に興味があるかどうか、これで資産を伸ばせる確率が変わるかと思います

US05Y-(100-ZQZ2019): 昨日、FOMCの「真の重要点」まとめ

こんばんわ。 今回は昨日発表された、FOMC決定内容について「真に重要な点」をまとめて行こうと思う。 「0.5%の利上げが行われた」、「毎月950億ドル規模の資産償却が決定された」等々、表面的なことではなく、この結果がマーケットにどのような影響を与えていくかを考察していきたい。 まず、昨日発表に発表されたFOMCの最重要点は何と言っても「QT」、FRBバランスシート縮小に関する実施内容の取り決めだ。 昨日発表された「QT実施内容」の影響力を理解するために、昨日発表のQT実施内容と前回2017年に実施されたQT内容を比較し整理していきたい。 以下、いくつかの点について今年に実施されるQTと、前回2017年実施のQT内容の違いをまとめていく。 ———————- ① 「今年QT」 償却最大規模:950億ドル 「.

インジケーター&ストラテジー

AAPL: Liquidity Heatmap LTF [LUX]

This indicator displays column heatmaps highlighting candle bodies with the highest associated volume from フィボナッチ a lower user selected timeframe. Settings LTF Timeframe: Lower timeframe used to retrieve the closing/opening price and volume data. Must be lower than the current フィボナッチ chart timeframe. Other settings control the style of the displayed graphical.

NAS100USD: TASC 2022.6 Ehlers' Loops - Sectors

Inspired by the latest TASC article, the crocker graph is expanded to show 5 tickers. for commodity also draws a side box with current tickers candles so it can be used as standalone.

BTCUSDT: Wolfe Scanner (Multi - zigzag) [HeWhoMustNotBeNamed]

Before getting into the script, I would like to explain bit of history around this project. Wolfe フィボナッチ was in the back of my mind for some time and I had several attempts so far. 🎯Initial Attempt When I first developed harmonic patterns, I got many requests from users to develop script to automatically detect Wolfe formation. I thought it would be easy and started.

ATAUSDTPERP: [Herif's] Harmonic Patterns Projection

Harmonic Pattern Projection open source Bullish and bearish 5-point patterns are based on various Fibonacci retracement levels and signify potential reversal zones (PRZ). As they become 0%-80% complete, the dashed-line pattern will フィボナッチ フィボナッチ appear, displaying the PRZ and giving you time to prepare for a reversal. Different combinations of specific fib retracements and.

動画アイデア

EURUSD: 👑トレードアイデア 今日どうする?EURUSDユーロドルは1.0600~1.1650のオプションに絡むプレイ

皆さんこんにちは。 本日も相場解説していきたいと思います。 今日はユーロドルの解説をしていきたいと思います 昨日からユーロドルは買い方向だと思っていたわけですけれども、今日どうするの?ということをお伝えしていきたいと思います。 まずは中長期的に見ると下落が一旦終わって、戻りやすくなっていて、昨日もECB節総裁のラガルドさんが7月ぐらいにはテーパリング、緩和政策をやめて利上げに転換するよという発言もあって、ポンと上がったと言われていますけども、実際はその前からですね、ポンと上がることはわかっていて、なぜかというと、ここ(1.0650)ですね、ここに今日期日のオプションがあるからですね。 だから昨日も上がることはわかっていて、わかっていた人はここ(1.0600)で買いを仕掛けて今ここで止める段階かなと思います今ここ(.

NI225: 【日経平均・今週5/16~の戦略】下の窓を埋め、リバウンド上昇はどこまで?今週の売買戦略

チャート分析は動画の通りです。 トレンド分析(#りかトレンド)、ボリンジャーバンド、RSI NU/ND型のトレンドフォロー戦略の売買戦略では、トレンドに逆らった取引は行わないのが基本です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる