FX取引

バイナリー オプション エントリー 根拠

バイナリー オプション エントリー 根拠
バイナリー

バイナリーオプションで負ける!!今すぐやめた方がいい行動5選!!

記事

本日は、バイナリーオプションで負ける原因について見ていきたいと思います。

今回は 負けるトレーダーバージョン となります。

負けを減らす という考え方になります。
なので、こちらの記事を読んで、一つでも当てはまるなと思った方は、

バイナリーオプションの仕組み

それを予想してHigh(上)またはLow(下)にかける取引です。

実際に勝率50%だと利益は-となります

きちんと チャート分析 をすることが必要になってきます。

取引回数が多い

エントリーしたいときに気軽に入れる上、数分後にはその結果が出るものです。

その 手軽さ と、勝った時には 資金が目に見えて増える喜び から、

負けたときに悔しく思う気持ち から、

そのどちらにおいてもまた すぐにエントリーしたくなる ような性質があります。

自分を抑えるのは自分しかいないのですね。

勝ってもまだ取引をしてしまう ことです。

負けて初めて「やらなきゃよかったな」と気づきます

しかし負けたから、その分を 取り返したくなる んですね。

そう、 負けてしまうときは負けが連続してしまいがち だからです。

なかった負担がかかっているからなんですね。

その時点で冷静な判断が出来なくなり始めます

結果、マイナスで 終わって しまった 、とか、

そしてその ルールを必ず守ること 。
そうすることで、翌日に負けを引きづらなくなります。

対策

バラバラな資金管理

資金管理ができていないパターン です。

勝率が60%になるまでは1000円エントリーにする

とか、
70%になったら5000円にする
とか、

きちんと ルールを決めてその通りにトレードする 必要があります。

3回連続で勝っていて、+2550円の利益だったとしても

1回の負けで5000円betしていたらー5000円になってしまい、

「欲」がでてしまうから なんですね。

しかし、まだ練習の段階であっても、そうじゃなくても、 相場は生き物 です。

どれだけの確信があっても絶対ではありません
そのことを腑に落としていればこのような行動には出れません。

「相場に絶対はない」

対策

不安があるのにエントリーしてしまう

”もしかしたら勝てるんじゃないか?”

とくに、根拠がいくつかある場合ですね。 バイナリー オプション エントリー 根拠 バイナリー オプション エントリー 根拠

根拠がこれだけあるんだから、”大丈夫、、なんじゃないかな?”
そんなとき、です。

個人的には、これをしていると 勝ち続けることが出来ない と思っています。

バイナリーオプションは50%の確率で勝てますよね。

利益を出すのは約54%の勝率があればいい です。 バイナリー オプション エントリー 根拠

それなら、少しくらい不安要素があっても勝てるでしょ?
そう思ってしまいますよね。

しかし、いつまでもそういう考えでいると、やはり 安定して勝つことはできない んですね。

東京・ロンドン・NYマーケットオープン時のエントリー

特に ロンドンマーケットのオープン後の30分は市場参加者が一気に増え

つまり 出来高が増え 、トレンドに乗りやすく逆張りで入るわたしたちには危険です。

NYのマーケットオープン時は、ロンドンの市場とも重なっている ため

また、東京も午前9時オープンですが、値動きが大きくあります。

マーケットオープン時には取引しない 、または チャートを閉じる ことをお勧めします。

取引履歴を残さない・振り返らない

勝ち続けているトレーダーがいます。
なぜならそこにはある程度の法則があるからです。

そこに ある一定の法則があるから と言えます。

そして、 多数決で動く相場 の、多数の人が知っている法則を学べば

多数の人が同じように動く可能性があります。 バイナリー オプション エントリー 根拠

そのため、ある程度、 相場のことを勉強する必要があります し、

その法則があてはまるのか、 分析する必要があります

実践で活かしていきます

次の間違えを防ぐ行動ですし、

それが 自分の勝ちパターンなのか、避けるべきパターンなのか

しかし、振り返りをしない人は、同じミスをしてしまいがちです。

しっかりと分析や振り返りをして修正と改善を繰り返していくことで負けを回避できる のです。

当てはまっている方、いらっしゃいましたでしょうか?
当てはまっていらっしゃった方、ラッキーだと思います!!

なぜなら、 上記に上げた行動を避けたら勝率はうんと上がる からです。

てそう より負けない行動

【FXの勝率UP】勝てるエントリーポイントの見つけ方6つと注意点2つ

エントリーポイントの見極め方

新規で売買した価格のこと

エントリーポイントとは、読んで字のごとくエントリーするポイントであり、 新規で買った価格、もしくは新規で売った価格 を指します。

・FXでエントリーポイントが重要な理由

このようにシンプルであるがゆえに、「エントリーポイントを決めた時点で、トレードの勝敗の半分は決まっている」といっても過言ではないでしょう。

FXエントリーポイントを見つける方法6つ

エントリーポイントを見つける方法

最初に、エントリーポイントの具体的な6つの例をご紹介します。

方法1:押し目買い

相場が上昇トレンドの時、一時的に逆行してから元の上昇トレンドに戻る「押し目」が必ず存在します。


押し目は買いのエントリーチャンス なので、ただ漠然とトレンドに沿った方向にエントリーするよりも優位性が高くなります。

押し目がきて下がったところでエントリーするほうが、エントリー後に逆行する可能性が少ないため、エントリータイミングを待ちましょう

方法2:戻り売り

戻りは売りのエントリーチャンス で、漠然とトレンドに沿うよりも戻り売りをしたほうが優位性が高くなります。

方法3:トレンドの転換期

レジスタンスライン

トレンドが転換すると、 反対方向に大きな値動きが発生する 傾向にあります。

ゆえに、トレンドが転換する瞬間にエントリーすると、トレードの勝率を高められるのです。

方法4:ブレイクアウト

レンジ相場が長期間続いているような状況で、値がレンジの上限もしくは下限から 飛び出すような挙動を見せたときはエントリーのチャンス です。

方法5:ゴールデンクロス

ゴールデンクロスとは

代表的なインジケータとして MACD がありますが、ゴールデンクロスと呼ばれるMACDがシグナルを上に抜ける状態は、上昇トレンドに転換する可能性の高さを示しています。

上で述べたようにトレンドの転換点は勝率の高いエントリーポイントのひとつなので、このようにインジケータを用いてエントリーポイントを探すのも有効な手段だといえます。

方法6:ダイバージェンス

ダイバージェンス

ダイバージェンスとは、たとえば 値動きは下降しているのに、MACDは上昇している といった相違が現れる状態を指します。

そのため、 ダイバージェンスは有効なエントリーポイントを示唆する現象 といえるでしょう。

FXエントリーポイントをつかむ3ステップ

失敗リスクを減らして、エントリーポイントの練習をする3ステップ

先にエントリーポイントについて紹介しましたが、実際にエントリーポイントが正しいと判断するにはどんなステップを踏むべきなのでしょうか?

  1. 少額で練習する重要性を理解する
  2. LIGHT FX を活用する
  3. 感覚が掴めたら、自分が利用するFX会社で実践する

1:少額で練習する重要性を理解する

なぜなら最初から大きな金額を扱っていては、 損失も大きくなる可能性があり、リスクは高まる一方 だからです。

初めから大きな損失をしてしまうと、エントリーポイントの練習どころかFXを続けることすら危うくなりますよね。

2: LIGHT FX を活用する

LIGHFX

LIGHT FXは 少額の1,000通貨から取引可能です。

エントリーポイントを練習しながら実際の取引の経験を積むにはLIGHT FXが最適ですよ。

3: 自分が利用するFX会社で実践する

「エントリーポイントはこのタイミングが一番いいな!」といった感覚を掴むことができれば、自分が普段使っているFX会社で実践しましょう。

LIGHT FXで積んだ経験を自分が利用している FX会社でも活かすことができれば、自信につながるし、明確なエントリーポイントだと判断できるようになります。

反対に自分が利用しているFX会社で効果が出ない場合には、機能の使い方に慣れていない・エントリーポイントが不確かなどの原因を把握できますよね。

FXでエントリーする際のコツ3つ

勝率を高めるコツ

以上のようなエントリーポイントにまつわる注意点に対し、どのように対応すればよいのでしょうか。

  • 無理にエントリーしない
  • エントリーポイントを絞る
  • 今のトレンドを見極める

1:無理にエントリーしない

トレードでは「 勝つよりも負けない 」ことが重要です。

ムリなエントリーは、たまにうまくいく場合はあっても長期的に見れば損失に終わるケースのほうが多いのです。

とくに、経済指標の発表前後などの 値動きが荒れているときのエントリーは大損を招く 可能性もあり、盤石な戦略がない限りやるべきとは言えません。

ムリなトレードをせず、期待値が高いと思われる場面でのみエントリーするように心がけましょう。

2:エントリーポイントを絞る

ポジポジ病に陥っている人は、はっきりとしたエントリーの基準を持っていない人が多いです。

  • あらかじめどの通貨ペアで取引をするか
  • どの時間帯にエントリーするか
  • エントリーの根拠とするシグナルは何か

3:今のトレンドを見極める

スキャルピングなどの短い時間軸でトレードしている人も、 長い時間軸のトレンドを把握してからトレードをする 点が大切です。

長い時間軸の大きなトレンドをつかむと、今現在トレンドの高値圏なのか安値圏なのかなどを把握でき、より優れた戦略でトレードに臨めます

エントリーポイントの注意点2つ

エントリーする際の注意点

エントリーポイントは、その期待値を考慮せずに探そうと思えば、いくらでも見つかってしまうため、ついついチャートに張り付いてエントリーするチャンスはないかと必死になってしまいます。

1:ポジポジ病

ポジポジ病とは、初心者から中級者にありがちな症状で、期待値の高いエントリーポイントを知っているがゆえにすべてがチャンスに見えてしまい、 次々とエントリーしてしまう 状態を指します。

ダイバージェンスはバイナリーオプションでも有力な判断材料になる?

バイナリーオプション取引を行うときにはさまざまな指標・目安を参考にトレードを進める必要があります。その中にダイバージェンスというものがあります。ダイバージェンスはテクニカル指標ではなくあくまでも一つの目安ですが、非常に重要なものです。ここではバイナリーオプションの取引で欠かせない存在であるダイバージェンスについて、その意味やダイバージェンスの利用シーンなど徹底的にご紹介していきます。また、総合的にバイナリーで勝つためには?という部分も言及しました。

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

ダイバージェンスとは?

初めにものすごくシンプルに結論からご紹介します。ダイバージェンスとは、実際の相場の値動きとオシレーター系指標の動きが逆行する現象です。

ちなみに一般的にはダイバージェンスが発生すると、その直後あるいは遠くない未来に現在のチャートが逆の方向に動き始めるという判断を下すことができます。

基本的にダイバージェンスが発生している時は相場の勢いが弱まってきている可能性が極めて高く、相場に勢いが弱まっているということは順張りであれ逆張りであれ、行動を起こすべきタイミングが近いことになります。多くの場合は、ダイバージェンス発生時は相場が反発することを教えてくれる予兆の一つとして受け取りますので、逆張りでのエントリーをするときのヒントとなります。 また、上昇トレンドにある中でダイバージェンスが発生した時には、そろそろ勢いが弱まって下がり始める可能性もあるため、警戒感を強めた方が良いケースもあります。

オシレーター系指標って何?

ダイバージェンスを語る上で外せないオシレーター系指標というものがあります。ダイバージェンスとも密接に関係するこの指標ですが、簡単に言ってしまえば「相場が売られ過ぎている・もしくは買われすぎている」という状況に着目する指標のことです。

つまり、相場が売られ過ぎていても買われすぎていても、トレンドが反転する可能性があります。この部分を見極めるのに使えるのがオシレーター系指標というわけです。日本語では逆張り系指標と呼ばれることもあります。

ダイバージェンスは、このオシレーター系指標が示す数値と実際のチャートの動きに反発がある状況を指します。 バイナリー オプション エントリー 根拠

トレンドとは?

ここでいくつか専門用語めいたものが出てきましたので、初心者の方のために解説しておきます。バイナリーオプションでは専門用語が出てきますので、必要に応じてこの後も用語解説を挟んでいきます。まず、ダイバージェンスにおいて重要な「トレンド」ですが、これはバイナリーオプションやFXでも使う言葉で、だいたいどのような値動きをしているか?という傾向のことを意味します。例えば、値段がどんどん上昇していてグラフでみれば右肩上がりとなる状態のことは上昇トレンドと言います。反対に、上昇ではなく下降の方向に力が働いていて右肩下がりになっている状態のことを下降トレンドと言います。

レンジ相場とは?

レンジ相場は、上昇でもなく下降でもなく、 トレンドがうまく読めないような波の荒い状態 のことを指します。ダイバージェンスは、主にこの相場で発生します。上昇トレンドであればこの後もトレンドが上昇していくと判断できたり、下降トレンドであれば、この後も相場が下がっていくなど色々と予測が立てられますが、レンジ相場の場合は初心者にとってかなり状況が読みづらくなります。そのため、そこにダイバージェンスが発生する余地があるというわけです。ダイバージェンスは基本的にトレンドが転換する可能性のある局面を示してくれるわけですから、ダイバージェンスはレンジ相場でよく発生するものと言えます。ただし、バイナリーオプションにおいてダイバージェンスが発生する際は基本的に取れるアクションは限定されています。大体の場合はダイバージェンス発生時には逆張りをすることになります。FXなどであればまた別のアプローチも可能なのですが、バイナリーオプションはシンプルさが人気ゆえに、基本的には値段が上がるか下がるかどちらかを当てるくらいしかありません。そのため、ダイバージェンスが発生したら基本は逆張り(を検討してもよい段階に入ってきている)と考えておきましょう。

なおダイバージェンスの発生以前の問題として、レンジ相場はそもそも様子が読みにくいため、この相場になっている時にはあまり手を出すべきではないと指導する専門家もいます。しかし、オシレーター系指標などをきちんと読み、この後ご紹介するような押さえるべきポイントを押さえておけば、初心者でもレンジ相場である程度色良い結果を出すことができるでしょう。

ダイバージェンスを見極めるメリットは?

ダイバージェンスを見極めて判断材料にするメリットは、まず初心者でも反発のタイミングを見極めやすくなるというものがあります。バイナリーオプションでは様々な手法を用いて相場を分析し値動きを見極めることになりますが、ダイバージェンスはその中でも特に初心者の方が見つけやすく、参考にしやすい予兆のようなものと言えるでしょう。シンプルなトレードスタイルを望まれる方はダイバージェンスを一つのチェックポイントとしておいて差し支えありません。

ダイバージェンスのデメリットはあるの?

ダイバージェンスにもデメリットはあります。詳細は後ほど詳しくご紹介しますがまず一番大きなデメリットとしては、基本的にダイバージェンスが発生したら必ずトレンドが変化するというわけではない、ということがあります。「 ダマシ 」もそこそこ存在するということです。後にご紹介するようなRSIなどのオシレーター系指標によってはダイバージェンスが発生していたとしてもそれが必ずしも反発につながるわけではなく、全く反発しない可能性もあります。これがいわゆる「ダマシ」です。

もう一つの大きなデメリットとしては、ダイバージェンス単体でトレードの判断基準になることはできないということが挙げられます。その他の指標や様々な分析を組み合わせてトレードすべきであり、ダイバージェンスだけを判断基準にするのは少し考えものです。というより、ダイバージェンス単体ではどうしても勝率は安定しないといってよいでしょう。様々な分析を行った際に、 その根拠を後押ししてくれるような存在として認識するのであれば、ダイバージェンスはバイナリーオプション取引において強力な武器となります。

バイナリーオプションとダイバージェンスの関係は?

バイナリーオプションではいくつかの指標をもとにチャートやトレンドの動き方を分析して取引することになりますが、その中でも、ダイバージェンスは一つのわかりやすい目安として扱うことができます。また、ダイバージェンスはバイナリーオプションにおいて強気のダイバージェンスと弱気のダイバージェンスの二つが存在します

強気のダイバージェンス

強気のダイバージェンスは、簡単に言えば現在下降方向に向かっているチャートがこの後上がってくる可能性がある時に見えるダイバージェンスとなります。チャートは下がっているにもかかわらず、各種オシレーターの指標が上がっている状態だともう少し先の未来に、チャートが反転する可能性があります。

弱気のダイバージェンス

弱気のダイバージェンスは、現段階でチャートが上がり続けているためそのまま上昇トレンドなのではないか?と思っていたら、オシレーターの方向は徐々に下がり始めている、という状況を指します。この場合は、チャートは上がり続けていてオシレーターは下がっている状態で逆行現象が来ていますので、上がり続けていたチャートがそろそろ下降トレンドに入る可能性があることを意味します。

ダイバージェンスで見るべきオシレーター指標

ダイバージェンスをバイナリーオプションで判定する時には、いくつかのオシレーター系指標を参考にします。またいくつかのオシレーター指標でダイバージェンスが発生しますので、このあたりはチェックしておく必要があります。まず一番有名でかつ、ダイバージェンスの状態を最も頻回に確認できるのが、RSIというオシレーター系指標となります。

一定期間の間にどれだけ値動きがあったかを分析し、計算結果のRSI数値が70%以上の時は買われすぎの状況となり、 反対に30%を割り込んだ時は売られ過ぎの状態になりますのでそれぞれ、売りの合図・買いの合図として参考にすることができます。

このようにチャートの状態を簡単に分析できるRSIを利用することにより、ダイバージェンスの発生をキャッチすることができます。ただし、RSIはダイバージェンスがかなりの回数発生しますが実際は「ダマシ」と呼ばれる「単純にダイバージェンスっぽい状況が発生しただけで、チャートはその通りには動かない」ということもかなりあります。

もう一つ、ダイバージェンスを見る上で見ておきたい指標があります。それがMACD(通称マックディー)です。こちらもMT4などで簡単に見ることができます。

RSIと比較して、こちらはあまり動きが大きくないケースがほとんどです。また、ダイバージェンスが出ることもまれで、RSIよりは明らかに頻度が少なくなります。しかし、頻度が少ないということは、それなりに根拠があってダイバージェンスが発生すると言い換えることもできますよね?

なお、もともとオシレーター系指標は一つの参考にしかならないとする投資家が多く、実際にオシレーター系指標の動きだけで投資判断をすべきではありません。ただ、簡 バイナリー オプション エントリー 根拠 単に目安にすることができるので、参考にするには見逃せない指標となります。

バイナリーオプションにおけるダイバージェンス、一番信頼できる指標はどれ?

RSIやMACDなど、様々なオシレーター系指標でダイバージェンスを観測することができますが、先ほどまでにご紹介したとおりRSIはダイバージェンスが頻発することが多くその中にはかなりの数の「ダマシ」が入っている可能性もあります。

そして、発生頻度は極めて少ないながらも、ほとんど発生しないため信頼性という部分では逆に鉄板レベルの指標があります。ストキャスティクスでダイバージェンスが発生するパターンです。

ストキャスティクスは元々トレンドが動いたり転換するタイミングを見極めるためにも使われる指標ですが、ダイバージェンスがなかなか起きづらいという性質を利用して、ストキャスティクスでダイバージェンスが発生した時には、ある程度信頼度の高い情報として扱うという方法があります。また、比較的長いスパンで観測する時はCCIという指標を使ってダイバージェンスを見つけるのも一つの手法です。 こちらの指標はバイナリーというよりFXなどでダイバージェンス発生を察知するための指標のひとつとして使われていますが、こちらもバイナリーで利用可能です。

ダイバージェンスの「ダマシ」、回避する方法はある?

完全に回避する方法はありませんが、ある程度ダイバージェンスの「ダマシ」はいくつかあります。

まず、極めて根本的なことですが、オシレーターインジケーター(特にRSI)は基本的にトレンド相場ではほとんど役に立ちません。そのためダイバージェンスが発生したとしても、それがトレンド相場の場合は相場が反発することはあまり考えられません。トレンド相場の真っ最中に逆張りをするのは極めて危険でこれはお勧めできません。 ただし、インジケーターだけを見ているとトレンド相場であるにも関わらずダイバージェンスっぽい挙動をすることがあり、見誤ってエントリーすると「ダマシ」にはまることになります。

ダイバージェンスでバイナリーオプションの勝率は上がる?

初心者の方は特に、ダイバージェンスをきちんと理解していることによってバイナリーオプションの取引で勝つ確率を上げることができると言って良いでしょう。

なぜなら、ダイバージェンスはそれほど難しい指標でもありませんし、分析が極めて難しいものでもありません。初心者の方でもある程度簡単に一つの目安として投資判断を行うことができます。つまり初心者のうちは数少ない判断材料の中で取引を行うことになりますが、そこに一つ大きな判断材料が増えるということになります。

MT4などを使っていてもさまざまな指標の見方やチャートのラインの引き方が分からず、どうしたものか…と悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、ダイバージェンスはある程度簡単に見分けることができるので、 このあたりをきちんと判断材料にすることにより、全くの無防備状態でトレードするよりは勝率を上げることができると言って良いわけです。

しかし、一つ気をつけておかなければならないことがあります。特にRSIを使ってダイバージェンスを判断しているときに発生しやすいのがヒドゥンダイバージェンスという予兆をダイバージェンスと勘違いしてしまうケースです。

ダイバージェンス判定はいつ行うべき?

ダイバージェンスは、基本的に複数のローソク足の状況を見ながら判定することになります。つまり、多かれ少なかれある程度の時間を評価期間として定めて、その間に出てきた複数のローソク足を分析してダイバージェンス判定を行うのが鉄則ということになります。

例えばバイナリーオプションでダイバージェンス判定を5分足ローソクで行った場合、おそらく、ダイバージェンス判定が完了した時には既に相場が動いてしまっている可能性が高いといえます。バイナリーオプションは基本的にリアルタイム取引がメインとなりますので、悠長に5分足ローソクを複数見ている時間はないわけです。

ダイバージェンス判定を行うなら、1分足のローソクを使いましょう。

ダイバージェンスとサインツールの相性は良好?

基本的にダイバージェンスとサインツールの相性はバイナリーオプションにおいて良好です。 ダイバージェンスは判断の材料になるわけですから、サインツールなどを利用して出てくる情報と組み合わせることにより、エントリーの根拠が増えていきます。

エントリーの根拠は何度でも言いますが、多いに越したことはありません。最近のお笑い芸人さんのコメントを借りれば「こんなんいくらあってもいい」というやつです。 もちろんその中でどの根拠を採用するのかは判断していく必要がありますが、判断材料は多ければ多いほど正確な判断をするのを助けてくれるというわけです。バイナリーオプションにおいては、直感だとか動物的勘だとか、いわゆる感覚的なものはあまり役に立ちません。

その時は勝つことができても、不確定要素に頼った勝利になってしまうと、その後同じような場面に当たった時に勝利を再現することができなくなってしまうのです。やはりエントリーの根拠を多く集めて、さらにサインツールの情報なども見極めつつ、勝った時になぜ勝てたのかをきちんと説明できるような勝ち方を心掛けていきたいものですね。

どんなサインツールでもダイバージェンスと合わせれば最強?

これに関しては答えは明確にNoと言えます。

そういった意味ではどんなサインツールでもダイバージェンスとさえ合わせておけば最強か?といえば答えはNoになるというわけです。サインツールやバイナリーオプション向けのツールを併用するときは、そういったツールを出している相手が信頼に足る相手かどうか?その人が出している情報は正確なものかどうか?

またどこか信頼できる根拠があるか?など、ご自身で情報を吟味すべきでしょう。特に数十万円単位で有料販売されているツールに関しては…この業界にいれば何かと情報が入ってきますが、あまりお勧めできないものも正直あります。

【結論】ダイバージェンスはエントリー根拠の足しにしよう

バイナリーオプションにおいては、エントリーをする時に何が根拠でエントリーしているのかを明確にしていく必要があります。エントリー根拠が明確であればあるほど勝率も高く、ブレにくくなります。また反対に負けてしまった時には、何が問題で負けてしまったのかを洗い出すことができます。つまりエントリー根拠のうち、間違っているものがあった時にはそれをアップデートすることが出来るわけです。

そのため、ダイバージェンス発生時にはその他のインジケーターや指標、知識を組み合わせ、最終的に背中を押してくれる存在ぐらいにとどめるのがベターです。そうすれば、最も効率よくバイナリーで勝ち続けることができるでしょう。

またダイバージェンス以外にも言えることではありますが、基本的にバイナリーオプションは複数の指標やエントリーの根拠を並列で考えて、一定以上の根拠が蓄積できた時にはこの行動を起こす、といったルール決めを自分の中でしておくのも良いでしょう。たった一つの根拠でエントリーをしてしまうと、それで勝てれば良いのですが…勝った時にも「何が根拠で勝てたのか?」ということがよくわからず、その勝ちは次につながらない単発の勝ちとなってしまいます。

根拠が複数あり、ルールに基づいてエントリーできていれば、あなただけの勝ち筋を取引の中で見出すことができるようになるでしょう。これが最も重要なことです。

最終的にダイバージェンスに関してRSIは信用せずに、もう少し信頼度の高いストキャスティックスでのダイバージェンスのみ参考にする、エントリーの根拠とするというようなルール決めを行っていければ、あなただけのエントリー根拠がどんどん出来ていくことでしょう。 バイナリー オプション エントリー 根拠

ぶっちゃけ、バイナリーオプションで稼げるようになるには?

例えば、ダイバージェンスである程度チャートの動きを読むことができたり、反発する状態を予測できたとしても、その判断をするあなた自身がメンタルを整えられていないと・・・おそらく「ダマシ」にあった時に、熱くなってどんどんエントリーを重ねてしまうことでしょう。 そうすれば、ダイバージェンスなどの動きを参考にしてある程度チャートの動きが予測できていたとしても、負けが重なってしまい最終的に退場も視野に入ってくることでしょう。

このようにバイナリーオプションは、トレンドの動きやチャートの動きを予測するテクニカルな分析力の他にもきちんとメンタルを保ちつつ、正確に判断を下すことができるメンタル力が極めて重要です。またこのメンタル力が整っていないと、バイナリーオプションで継続的に、そして安定的に稼ぎ続ける事は難しいとすら言えます。

もちろん様々なバイナリーオプションの知識を身に付けることも重要ですが、このようなメンタル的な部分や冷静に判断を行いエントリーをする力も必要です。小手先のテクニックのみならず、 マインド的な部分やもう少し本質的な部分で知恵や経験そして技術を身につけることができれば、バイナリーオプションで稼げるようになるでしょう。

そのあたりについても傾向と対策などをこのブログや私の著書などでもご紹介しています。

そのため「ここぞ」という時には決してダイバージェンスのみを判断の材料にすることなく、あくまでも判断材料として扱うようにしたいところです。 信頼度で言えば、あまりダイバージェンスが発生しないストキャスティクスでダイバージェンスが発生した時が最も高いと言えます。

また、今回ご紹介したようなダイバージェンスなど指標を読み解く力以外にも、バイナリーオプションには様々な知っておくべきことや学んでおくべきマインドセットがあります。私のブログでは、バイナリーオプションの技術的な話や知識面のお話以外にも、投資をして人生をより豊かにすること、そしてお金を稼いでいくことにフィーチャーした内容も数多く取り扱っていますので、よろしければ合わせてご覧ください。きっと、あなたの人生のお役に立てるはずです。

バイナリー オプションで勝率を上げる方法/レジサポの引き方とレンジの考え方

バイナリー オプションで勝率を上げる方法

バイナリー

少しでも今後の バイナリーオプションで勝率を上げる ために

バイナリーオプションで勝率を上げる考え方

私も YouTube 動画でトレード動画をよく見ます。

FX の手法を解説している YouTuber さんは

ただ残念なことにバイナリーオプションの手法を解説している YouTuber さんは

などと説明しているバイナリーオプションの YouTuber さんが多すぎます。

あくまでも補助的なものであり、ローソク足の動きが重要です。

バイナリーオプションで稼いでいるかどうか見分ける方法

  1. インジケーター頼りの手法をたくさんアップしている
  2. チャート画面のローソク足を拡大して解説している
  3. マーチン手法ありきで高勝率を謳っている

このような人たちは、 偽物 だと私は判断します。

バイナリーオプションで勝率を上げるレジサポの引き方

何度も跳ね返されている価格帯

三尊逆三尊、ダブルトップダブルボトムのネックライン

今までにない上下のヒゲ

トレンド転換のきっかけになった押し安値戻り高値

  • 上昇トレンド中のレンジでは上限では売らない
  • 下降トレンド中のレンジでは下限では買わない

特に レンジブレイクの可能性が高い パターンです。

バイナリーオプションは、 FX よりも簡単という人がいますが

関連記事 この記事を読んだ人はこれも読んでいます!

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは ジョン A ボリンジャー氏によって考案された トレンド分析によるテクニカル手法。 ボリンジャーバンドは、 移動平均線の乖離から 導かれるので一般的には逆張りで使っている人が多い。 .

mt4 使い方 初心者向け/快適チャート設定からおすすめインジケーターの入れ方を動画で説明

私が使っている値幅観測論の手法の1つを紹介

20190522-実践記、大失敗の巻

今日の午前中から、別府に1泊2日で旅行に行くので 出発前にササッとエントリーしたが思わぬ3連敗。 そんなに甘いものでは無いと痛感しました!! やっぱり、きちんと時間をかけてライン取りしないといけないと大反省。 .

20190527実践動画

ショートカットキーの設定/MT4でチャート分析の時間を3分の1にしたツール

一目均衡表

一目均衡表とは 一目均衡表は現東京新聞の細田さんという方が 考案したテクニカル手法です。 細田さんは施設研究所を設立し7年の歳月をかけてこの一目均衡表を 作り上げたとされています。 一目均衡表の名前の由来は細田さん.

ADX バイナリー/ DMI ADXの設定と使い方からバイナリー攻略手法まで

DMI ADXのバイナリー攻略手法 今回のDMI ADXのバイナリー攻略手法は トレンドの勢いを確認してからエントリー/ 後出しじゃんけん的手法 になります。 【推奨通貨ペア】 EUR/USD USD/J.

バイナリーオプションのチャート分析で予測精度を上げる見方4つ

バイナリー-オプション-チャート

この記事で解決できるお悩み バイナリー オプション エントリー 根拠 バイナリーオプションのルールを知りたい バイナリーオプションで安定して勝つためにはどんな自分ルールが必要? こんなお悩みを解決できる記事を用意しました。 この記事の「バイナ .

手順3:少額で取引の練習する

3つ目のステップは、 少額から取引の練習をすること です。

少額取引で、 コストを抑えながら知識の確認やチャート分析方法をチェックできます よ!

手順4:取引を振り返り検証する

さらに、 取引の内容や結果の記録をつけて振り返りや検証を行う ことも大切です。

そうすれば チャート分析や相場の予測の精度を高められます よ。

  • 日付、時刻
  • 行ったチャート分析
  • エントリーの条件
  • エントリーの理由、根拠
  • 相場の状態
  • この取引から学んだこと

バイナリーオプション業者の無料チャートアプリ2選

  • iClick外為OPがおすすめ:GMOクリック証券の「外為オプション」
  • 高性能チャートを搭載したアプリ:FXプライムbyGMOの「選べる外為オプション」

iClick外為OPがおすすめ:GMOクリック証券の「外為オプション」

外為オプション

  • 「iClick外為OP」という取引アプリがある
  • 取引画面から経済指標を一目で確認できる
  • 「プラチナチャートプラス」で多くのテクニカル指標を使える

「外為オプション」を提供しているGMOクリック証券は、FXの取引高が8年連続国内第1位(※)なので、 信頼性が高い業者で取引したい人におすすめ のFX会社です。
※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019 年12月)

外為オプションには、12種類の時間足と様々な描画機能を搭載しているスマホアプリの「 iClick外為OP 」があります。

また、パソコンでは38種類のテクニカル指標と25種類の描画オブジェクトを搭載し、自由にレイアウトができる プラチナチャートプラス を利用できます。

高性能チャートを搭載したアプリ:FXプライムbyGMOの「選べる外為オプション」

FXプライムbyGMO「選べる外為オプション」

  • 2時間で結果がわかる
  • 値動きが似ている過去チャートを探す「ぱっと見テクニカル」
  • 「プライムチャート」で多くのテクニカル指標が使える

FXプライムbyGMOが運営している「選べる外為オプション」は、1回の取引時間が2時間と他社よりも1時間短いので、 早く結果が知りたい人におすすめ です。

FXプライムbyGMOには注文や資金の移動がスムーズにでき、パソコンに匹敵する高性能チャートを搭載したスマホアプリ「 PRIMEアプリS 」があります。

また、54種類のテクニカル指標を搭載し、27種類の描画オブジェクトに対応している「 プライムチャート 」を利用することもできますよ。

バイナリーオプションでチャート分析をするときの注意点2つ

ここでは、バイナリーオプションの バイナリー オプション エントリー 根拠 損失のリスクを減らせるように、チャート分析するときの注意点を2つ紹介 します。

  1. チャートは万能ではない
  2. チャートパターンは主観的要素が大きい

注意点1:チャートは万能ではない

ひとつ目の注意点は、 チャート分析をしても相場の動きを100%予測するのは難しいこと です。

国際的な景気・経済状況や各国の経済指標 から分析を行う、 ファンダメンタルズ分析や主な経済指標 について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてくださいね。

ファンダメンタルズ分析|基礎知識と注目したい重要な経済指標4つ

この記事で解決できる悩み FXのファンダメンタルズについて知りたい ファンダメンタルズ分析のやり方を教えて欲しい 注目すべき経済指標はどれなの? といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事 .

注意点2:主観的にチャートパターンを判断しない

もうひとつの注意点は、 バイナリー オプション エントリー 根拠 自分にとって都合のいい判断をせず、視野を広く持って客観的に相場を見ること です。

その理由は、 実際の相場でチャートパターンを見つけるのは難しく、同じチャートを見ていても他のトレーダーが自分と同じようにチャートパターンを認識するとは限らないから です。

【バイナリーオプションのチャート】まとめ

上記で紹介した『 バイナリーオプションのチャート分析を身につける4ステップ 』を実践すれば、今後はチャート分析の方法で悩まなくなり、根拠を持った取引で勝率のアップを目指すことができます。

  • バイナリーオプションは最長3時間で結果が出るので、チャート分析で短期的なチャートの動きを予測すれば勝率を上げることができる
  • チャート分析をすれば、相場のトレンドやトレンド転換のサインがわかる
  • チャート分析をするためには、ローソク足、移動平均線、チャートパターンについて学ぼう
  • iClick外為OPがおすすめ:GMOクリック証券の「外為オプション」
  • 高性能チャートを搭載したアプリ:FXプライムbyGMOの「選べる外為オプション」
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

バイナリーオプション初心者が安全に出金するための3ステップ

この記事で解決できる悩み どうしたらバイナリーオプションの出金ができる? 出金トラブルに遭わないためには? バイナリー オプション エントリー 根拠 安心して出金ができる業者が知りたい! といった悩みを解決できる記事になっています。 この記事 .

初心者必見!バイナリーオプションで儲からない原因と対策7つ

この記事で解決できる悩み バイナリーオプションって本当に儲かるの? バイナリーオプションで儲けるコツを知りたい! バイナリーオプション初心者でも儲けやすいおすすめ業者はどこ? といった悩みを解決できる .

バイナリーオプションの勝率を70%以上にキープするためのコツ4つ

この記事で解決できる悩み バイナリーオプションの勝率を上げるには? バイナリーオプションの勝率とペイアウト率の関係は? バイナリーオプションの勝率毎の期待利益は? こんな悩みが解決できる記事を用意いた .

バイナリーオプションの攻略法4つを解説|負ける原因はたったの2つ

この記事で解決できる悩み バイナリーオプションの攻略法が知りたい バイナリーオプションで勝てない原因と対策を教えて欲しい バイナリーオプションで利益を出すためにおすすめのFX会社はどこ? といった悩み .

体験談から学ぶ!安全にバイナリーオプションをはじめる手順5つ

この記事で解決できる悩み バイナリーオプションで成功した人の体験談を知りたい バイナリーオプションで失敗した人の特徴ってあるのかな? リスクを避けてバイナリーオプションの取引をしたい といった悩みを解 .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる