超初心者向け

はじめてのFX 基礎知識こそわかりやすく

はじめてのFX 基礎知識こそわかりやすく
基礎知識

【超入門】FXとは?やり方・始め方、危険性やリスクもわかりやすく解説

FX(エフエックス)とは?

基礎知識

FXトレーダー

FXでお小遣い稼ぎしてるって話ちょくちょく聞くけど…そもそもFXって一体なんなんだろう?本当に儲かるの?

FXは株式投資などに比べ、4000円ほどの少額から取引できる投資方法。近年では会社員だけでなく、お小遣い稼ぎで始める主婦や学生の方も珍しくないんですよ。

FXは性別・学歴・職業に関係なくほぼ誰でも始められ、 平等に稼ぐチャンス が開かれています。

FX投資家

FXのやり方始め方、初心者が知っておきたい危険性リスクもわかりやすく解説します。

FX(エフエックス)とは?意味・仕組みは?

FX取引のやり方

FXとは、”Foreign Exchange“の英略。日本語では正式に「外国為替証拠金取引」といいます。

仕組みを簡単に説明すると、外国の通貨に両替して利益を狙う投資方法です。

エフエックスの意味

例えば、同じ米ドル(アメリカの通貨)でも、1ドル110円のときもあれば115円のときもありますよね。

もし1ドル=110円(円高)のときに米ドルに両替をして、その後1ドル=115円(円安)のときに両替しなおせば、それだけで5円の利益が得られます。

もしこのとき1万ドル買っていたら、 5万円の利益 になるってわけか…!

また、FXにはレバレッジという仕組みがあり、少額の資金でも最大25倍の取引が可能!

例えば4000円の資金でも、最大10万円分の取引ができるんですよ。この仕組みについては、後ほど詳しく解説します。

FX初心者

実は簡単!FX取引のやり方・始め方

こちらのチャートは、実際に今現在日本円を米ドルに両替したら1ドルいくらになるかを示したものです。

FXの取引は、簡単に説明すると「買う」か「売る」の二択

FXのやり方

上がる!」と思ったら、なるべく安く買って高く売り…

エフエックスのやり方

下がる!」と思ったら、高い値段で売って安い値段で買い戻します。

みんなのFX 取引ツール

FXのやり方

みんなのFX スマホアプリ

もちろんパソコンだけでなく、スマホでも簡単に取引可能!

みんなのシストレ 使い方

後述しますが、 機械が勝手にトレード してくれる自動売買(システムトレード)という仕組みも存在するので、初心者でも利益を出すことが十分に可能です。

『はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール』って読んでみたけど…

はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール

1日の中にはキーポイントとなる時間がある。

●午前9時55分 – この時間は、東京の銀行の『仲値』が発表されます。(中略) 物品の購入などで一時的に決済の必要が生じた企業などは仲値で決済を行うことが多く、たいていはドル買い円売り方向がおおくなります。また、個人の海外旅行や外貨預金などの両替需要もドル買い方向の人が多いため、基本的には仲値はドル買い円売りとなります。特に企業の決済日になりやすい、いわゆるゴトウ日(5、10日)や月末は大量のドル買いが出ることがあり、ドルが買われやすい時間帯です。

●午後3時 – これはオプション取引の『東京カット』と呼ばれる行使期限の時間です。(中略) オプションには多種多彩なものがあるので、ひと言で説明するのは難しいですが、例えば、期限までに120円を付けなければ利益がもらえ、逆に付いてしまうとその権利がなくなるというオプションがあります。今のレートが119円台だとすると、このオプションを持っている参加者は、何とか付けないように119円90〜99銭の水準でドル売り注文を入れてきます。しかし、そうした動きは午後3時を過ぎてオプション自体がなくなると、もう出ないものです。そのため、今まであった売り注文が一気になくなってしまうどころか、それまでに売った分の買い戻しまで出て一気に上昇することもあります。

●午後9時半 – この時間帯は米国の主要な経済指標が発表されます。市場の注目度の高い米国の雇用統計や貿易収支などは、それまでの市場の動きを一変させることもあるので要注意です。

●午後11時 – この時間は、オプション取引の『ニューヨークカット』と呼ばれ、ほとんどのオプション取引は午後3時か午後11時のいずれかを選択して期限が決められます。特徴は午後3時と同じです。

午後0時 – ロンドンフィックス(仲値)とも呼ばれ投信の設定などの際に基準となるレートによく使用されます。クロス円での利用が多いとも言われており、まれに、ドル円、クロス円などがこの時間帯に合わせて大きく買い進まれることがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる