外国為替(FX)

バイナリー オプション 10 分 取引

バイナリー オプション 10 分 取引
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

【何分取引が勝てる?】バイナリーオプションの主要な取引時間の特徴とおすすめの取引方法をまとめてみた。

攻略テクニック

悩む女性

数ある投資の中でも、 決済までの時間が決まっているのはバイナリーオプションだけ です。

エントリーした後は相場がどんな動きをしようと設定された時間になれば自動で決済されるため、 取引時間の選択は非常に重要な要素の1つ と言っていいでしょう😊

悔しがる男性

個人的にバイナリーオプショントレードにおける主要な取引時間は 1分、5分、10分 の3つかなと考えていますが、中でも1分と5分は特にポピュラーな取引時間です😁

私

でも1分や5分でトレードしている人って本当にその “取引時間の特徴” をキチンと理解した上でトレードしているでしょうか^^?

なぜなら “各取引時間の特徴によって、それぞれ適切な取引方法が異なるから” です😊

そんなわけで今回は “主要な取引時間(1分・5分・10分)の特徴を比較し、それぞれに合った取引方法” をご紹介していきたいと思います(*´∀`*)

あなたのトレードに合った取引時間は?主要な取引時間の特徴を比較してみる

  1. 【1分取引】の特徴
    • メリット…1トレードがすぐに終わるため回転率が良い
    • デメリット…時間が短すぎることにより予測が反映されづらい/“ノイズ”による予想外の負けが多い
  2. 【5分取引】の特徴
    • メリット…予測が反映されやすく、且つ適度な短さで回転率も悪くない
    • デメリット…予測方向が合っていても、タイミングを間違えると負けに直結しやすい
  3. 【10分取引】の特徴
    • メリット…予測した方向性が合っているだけでも勝てる可能性は高い
    • デメリット…反発リスク(抵抗など)に気づけないとメリットを活かしきれない

【1分取引の特徴】短時間という強みが弱みにもなる

1分エントリー

1分エントリー結果

【オススメの取引方法】デメリットを回数とトータル収益で補う連続トレード!

であれば、 “ノイズによる損失分をカバーできるだけの取引回数をこなして利益が損失を上回る状態を作れば良い” んです(*´∀`*)

どういうことかというと、 相場の方向性を読み取った上でその方向に1分おきに連続でエントリーしていく 方法ですね✋ (あくまでも連打ではなく1分おきの連続エントリーです!連打すると取引口座の凍結リスクが高まるのでご注意を⚠)

1分連続エントリー

しかし逆にもし1分取引で安定して勝ち続けられる方法を見つけることができたなら 最強 です(*´∀`*)

ノイズを意図的に回避するテクニックが必要になるため非常にハードルは高いですが、1分間という回転率の良さに高い利益率が加われば “短時間で稼ぎまくることができます” からね😳

私

結論を言えば1分取引は初心者さんにはあまり向いていませんが、 安定して勝てる方法が確立できれば他の追随を許さないほどのポテンシャルを秘めた取引時間 と言って良いでしょう✨

バイナリー オプション 10 分 取引

バイナリーオプションは時間帯でラダー制とレンジ制を使い分ける

バイナリーオプションでは「ラダー制」「レンジ制」の2つの取引方法があり、それぞれの取引方法で向いている為替の状況が異なるからです。

バイナリーオプション、トレンド相場ではラダー制が向いている

【ラダー制】
判定時刻に通貨ペアの為替レートが、指定したレートよりも高いか低いかを予測する取引です。

高いか低いかを予測するため、値動きのある相場が向いています。

バイナリーオプション、値動きが少ないときはレンジ制が向いている

【レンジ制】
判定時刻に通貨ペアの為替レートが、目標レンジの内になるか外になるかを予測する取引です。

そのため、値動きの安定している相場の方が予測しやすくなります。

ラダー制はトレンド相場の時間帯が勝ちやすい

バイナリーオプション、ラダー取引が勝ちやすい時間帯

・日本時間 9時~10時
・日本時間 17時~19時
(サマータイムは16時~18時)
・日本時間 22時~翌1時(サマータイムは21時~翌0時)

バイナリーオプション、ラダー取引が勝ちやすい時間帯(夏時間)

ラダー制は値動きのある方が予測しやすいため、トレンドの発生する時間帯が向いています。

レンジ制は値動きが無い時間帯が勝ちやすい

バイナリーオプション、レンジ取引に向いてる時間帯

【レンジ制に向いている時間】
・日本時間 11時~15時
(サマータイムの影響は受けない)

先ほどのラダー制とは反対に、 レンジ制は 為替相場の安定度を予測する取引であるため、 値動きの落ち着く時間帯が向いています。 バイナリー オプション 10 分 取引

各市場がオープンしてしばらくすると、値動きは落ち着く傾向にあるので、その時間を狙いましょう。

勝ちやすい時間帯と為替市場の関係

為替で勝ちやすい時間帯と市場の関係

3つの為替市場は値動きが大きくなる

中でも三大市場と呼ばれている、東京、ロンドン、ニューヨークの市場が注目すべき市場です。

通貨ペア別為替取引量シェアの推移

上記表を見てもらうと、 上位3つの通貨ペアが世界の取引量の46.8%を占めている のがわかります。三大市場はこれらの通貨発行国(地域)にあたります。

東京市場(アジア地域)

東京為替市場は午前9時頃から活発になってきます

9時から9時55分までは、仲値に合わせて取引量も増えて、米ドル/円の値動きが活発になってくるのです。

【ラダー取引が勝ちやすい時間帯】
・米ドル/円の値動きが活発となる日本時間 9時~10時

【レンジ取引が勝ちやすい時間帯】
・米ドル/円の値動きが落ち着く日本時間 11時~15時

ロンドン市場(ヨーロッパ地域)

ロンドン市場が開く17時からは取引参加者が増えるめ、値動きが活発になります。

19時頃になると欧州では昼休みに入るため、値動きは一旦落ち着つく傾向にあります。

【ラダー取引が勝ちやすい時間帯】
・ユーロ/米ドルとポンド/米ドルの値動きが活発となる日本時間 17時~19時

ニューヨーク市場

「米ドル/円」や「ユーロ/米ドル」をはじめとした、米ドルを含んだ通貨ペアの取引が活発になる時間です。

特にロンドン市場と、ニューヨーク市場が重なる 日本時間22時~翌午前1時は、取引が最も活発になるトレンドの発生しやすい時間帯です。

日本時間22時〜24時:各種経済指標
ニューヨークの午前中には経済指標の発表が控えています。雇用統計など影響の大きい発表は相場を大きく動かします。

日本時間0時:ニューヨークオプションカット
通貨オプションの権利行使の期限時刻となっており、この時間の前後に為替相場が変動します。

日本時間1時:ロンドンフィックス(ロンドン市場の仲値)
実需要だけでなく、機関投資家の多くがこの時間を利確の目安しているため値動きが活発となります。
ロンドンフィックスの後は、東京の仲値後と同様に値動きは落ち着つく傾向にあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる