入門講座

テクニカル分析におけるダブルトップ

テクニカル分析におけるダブルトップ

2.ローソク足の組み合わせ

1日の寄り付きから大引けまでの値動きの幅が、前日の高値と安値の幅を包み込んだ格好になった場合を 抱き線 、あるいは 包み足 と呼ぶ。ローソク足は陰陽の区別ができるので、パターンとしては4種類ある(図2-1)。ただし、陽線が陽線を包んだときと陰線が陰線を包んだときの2種類をA種、陰線が陽線を包んだときと陽線が陰線を包んだときの2種類をB種とすると、重要なのはB種の方である。また、これは値位置の影響も受ける。

当日の値動きが、前日の始値から終値の範囲内の動きに終始した足型を はらみ線 と呼ぶ。つまり、抱き線と逆の格好になった場合で、やはり天井や底を形成するときによく出る形である(図2-2)。

上昇相場で大陽線の次に小陰線や小陽線がはらまれた形(図2-2-A)で出ると天井を暗示する。反対に下落相場において、大陰線にはらまれた足型(図2-2-B)が出ると底の可能性が高い。また、いずれの場合においても、はらまれた足型が 寄引同事線 となるとはらみ 寄せ線 と特別の呼び名があるほど天底の可能性が大きくなる。なお、寄引同事線ではなく、 極線(コマ) となった場合も同様とみなしてよい。

かぶせ線とは陽線で引けた翌日、さらに高値で寄り付きながら、前日の足型の値幅内まで下押して引けてしまった形のこと。陽線に陰線がかぶさったというわけで かぶせ線 と呼ぶ(図2-3)。

切り込み線、差し込み線、入り首線

いずれも、かぶせ線の反対のパターンである。陰線引けの翌日に、安く寄り付いたものの、前日の足型の実体部分まで戻して引けた形を言う。このうち、 切り込み線 は前日の実体の真ん中以上まで戻した形で(図2-4)、別名 切り返し線 とも呼ばれる買いのポイントである。

差し込み線(図2-5-A)は反発を示す形だが、上ひげを持つために上値を押さえられたことを意味し、「 戻り売り の急所」と一般的に解釈されている。 入り首線 (図2-5-B)は、前日の中心まで戻しきれない形であり、やはり戻り売りを浴びやすい。

毛抜き天井、毛抜き底

毛抜きの形は、後述のパターン分析における ダブル·トップ、ダブル·ボトム に通じるもので、その小型版と言える。ただし、実戦においてはこういった形が日足で出たからといって天井や底と決めつけ、すぐに仕掛けるのは禁物である。理由は、これらの形が本当に転換を示すものか否かの伴を握るのは翌日の足型しだいだからである。毛抜き天井の形となった翌日に、それまでの高値を簡単に上抜いてしまうこともある。しかし、日足でも毛抜きが2本の大陽線や大陰線、長いひげを持つものであれば、天底形成の確率は高くなる。また、週足チャート上の毛抜きの意味はさらに大きくなる。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる