FX戦略編

暗号資産を一目均衡表で分析しよう

暗号資産を一目均衡表で分析しよう

拡大画像表示

"FXトレード"の世界大会で優勝した専業トレーダーが
サラリーマンにおすすめのワザを伝授! トレンドが
できている通貨ペアで、短期トレードを仕掛けよう!

facebook-share

バカラ村さん

専業トレーダー。トレードの世界大会で優勝。取引を公開するメルマガ「バカラ村のFXトレード日報!」も好評。

「まずはいろいろな通貨ペアのチャートを見比べて、4時間足でトレンドがハッキリ出ている通貨ペアを探してみましょう。 トレードの基本はトレンド方向への順張り。 4時間足のトレンドが上昇なら買い、下落なら売りのチャンスを探します」

つまり、4時間足のチャートを見て上昇トレンドのときは、「 買い」から入るチャンスを探して、利益を確定する際は「売り」 で決済する。反対に、4時間足のチャートで下落トレンドのときは 、「売り」から入るチャンスを探して、利益確定は「買い」 で決済をすればいいというわけだ。

ここで注意しないといけないのは、4時間足を見て「下がってる! 」と思っても、すぐには発注しないこと。5分足や15分足などの 短い時間軸のチャートに切り替えて、 エントリーするタイミングを計るのが重要だ。

短い足のチャートで『買われすぎ』の水準まで上がっているときに売るんです。 下落トレンド中の高値で売っていく『戻り売り』です」

4時間足チャートを見てトレンドができている通貨ペアを選ぶ


拡大画像表示

「『買われすぎ』や『売られすぎ』を教えてくれるのは、MACD(マックディー)やRSIなどの『オシレーター系』と呼ばれるテクニカル分析。上がっていたMACDが下がり始めたら『戻り高値』をつけたと考えて売っていくんです。このとき損切りは必ず入れてください。元金10万円、1万通貨で取引するなら 損切りは50pips (ピップス。為替の最小単位のことで、 米ドル/円なら1pipは1銭、50pipsは50銭)以内。 直近の高値・安値などを目安にして発注後に『逆指値注文』 を入れておきます」

「逆指値注文」とは、 自分の考えと逆行したときに損失を限定するのに便利な注文方法で 、「指定した価格以上に上がれば買い」「 指定した価格以下に下がれば売り」という注文ができる。例えば、 米ドル/円で円安になると考えて1米ドル=110円のときに米ド ルを買った場合、想定と反対に円高の方向に進んだ場合に備えて1 09円50銭のところに「逆指値注文」を入れておけば、損失を5 0銭に限定できるのだ。

初心者に必要なのは経験。FXを始めて3日で退場なんてことにならないよう、着実に損切りしながら経験を積んでください。 チャート重視かファンダメンタルズ重視か、短期か長期か、順張りか逆張りか──FXにはいろいろな手法があります。どんな手法を使うにしても、最初はリスクを抑えながら経験を積み重ねて、結果の出たやり方を繰り返し、自分にぴったりの手法を見つけてください」

儲けているFXトレーダー17人の投資方法の詳細は、
ダイヤモンド・ザイ9月号をチェック!

ダイヤモンド・ザイ9月号

今回は、発売中の ダイヤモンド・ザイ9月号 の特集「FXで副業生活」から、バカラ村さんの投資方法を抜粋して紹介した。同特集ではバカラ村さんを含む、著名なFXトレーダー17人の投資方法を公開しているので、これからFXを始めてみたい人はもちろん、FXであまり勝てずにいる人も、ぜひ参考にしてみてほしい。

また、 ダイヤモンド・ザイ9月号 は「高配当株 超入門」を大特集! 「買っていい高配当株の利回りランキング71」や、「買ってはダメな高配当株の6つの特徴」「いま買いの高配当株ベスト58」などを掲載している。ほかにも「企業型&iDeCo 確定拠出年金お悩み相談室」「iDeCoで買える全191本の投信の実力をメッタ斬り!」「米国や中国など高い成長力が魅力!『海外株』入門」「2018年 夏の要注意株10」など、今月もお得な情報を盛りだくさん。

ダイヤモンド・ザイ9月号 は、全国の書店や アマゾン 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 楽天ブックス にて発売中!

【バカラ村さんのメルマガはこちら!】

「バカラ村のFXトレード日報!」 では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。 ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝 で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:4968円・税込)」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」には、 10日間の無料期間 もありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

株主優待名人の桐谷さんお墨付きのネット証券!最新情報はコチラ!

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・楽天証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBI証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・LINE証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・SBIネオトレード証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・松井証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・マネックス証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・GMOクリック証券の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・DMM.com証券(DMM株)の公式サイトはこちら

【証券会社おすすめ比較】編集部おすすめ!・野村證券の公式サイトはこちら

【SBI証券×ザイ・オンライン】タイアップ企画
新規口座開設+条件クリアした人 全員に
現金2000円プレゼント! ⇒関連記事はこちら

岡三オンライン証券の口座開設はこちら!

松井証券の口座開設はこちら!

ダイヤモンドZAi最新記事の関連記事

「FX」がサラリーマンの副業に向いている理由とは? 少額の資金で始められて、夜間に取引ができるので、 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 実は忙しい会社員におすすめの「FX」の魅力を紹介!(2018.08.04)

「高配当株」がサラリーマンにおすすめな理由とは? 「株主還元」の強化で増え続けている株の配当金を もらって、給料が増えない中でも収入アップを目指せ(2018.07.22)

高配当で、かつ株価10倍も期待できる2銘柄を紹介! 5年で株価10倍になった「第一カッター興業」など、 地味でも高利回りの銘柄は、株価上昇力がすごい!(2018.07.27)

株主優待株でもっと得する2つの「投資ワザ」を紹介! 株主優待株は"1単元の保有時が一番お得"という鉄則を 活用し、効率よく株主優待をゲットするコツを伝授!(2018.08.02)

つみたてNISA(積立NISA)を始めるなら、おすすめの 証券会社はココだ!手数料や投資信託の取扱数などで 比較した「つみたてNISA」のおすすめ証券会社とは?(2019.08.01)

ダイヤモンドZAi最新記事 バックナンバー

還元率が高い、おすすめのクレジットカードを紹介! クイックペイを利用すれば還元率3%になる「セゾンパ ール」など、年会費が実質無料で注目の3枚をチェック(2022.06.02)

「つみたて投資」をする投資信託を1本だけ選ぶなら、 海外株の「インデックス型投信」がおすすめ! 信託報 酬の安さと投資対象の幅広さに注意して商品を選ぼう(2022.06.01)

「つみたて投資」で利益が出ている人の実例を紹介! “億り人”のようなダイナミックな運用成績ではないも のの、つみたてをコツコツ続けて資産は着実に増加!(2022.05.31)

なぜ「つみたて投資」は初心者でも儲けやすいのか? “ドルコスト平均法”の効果で、安値のときにたくさん 買えて、資金や時間がなくても始められる人に最適!(2022.暗号資産を一目均衡表で分析しよう 05.30)

投資初心者が「つみたて投資」を始めるべき理由を解 説! 預金だとお金はほぼ増えないので、大きく増える 可能性も高い「つみたて投資」が今注目されている!(2022.05.29)

太田忠の勝者のポートフォリオはこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

  • アメックスのクレジットカードを対象レストランで使うと、10%分が還元されるキャン…
  • 「マイナポイント第2弾」で公金受取口座の登録をする方法を解説! マイナンバーカー…
  • 楽天証券の“サービス改悪”で、個人投資家がSBI証券に大移動!? 移管手数料が全…
  • 暗号資産を一目均衡表で分析しよう 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
  • 「楽天モバイル」の新プランの料金を解説! 無料プランが終了する代わりに、楽天市場…
  • 「アメックス・プラチナ」の会員がもらえる「バースデートラベルクレジット」を使って…
    ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ編集部(2022.5.25) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ編集部(2022.5.25) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ザイ・オンライン編集部(2021.6.10)
  • 前場に注目すべき3つのポイント~押し目買いのスタンスとし、目先的には27500円…
  • 強弱材料 6/2
  • FCホールディングス---22/6上方修正 営業利益11.0億円←9.5億円
  • ダイサン---23/4予想 営業損益は黒字を計画

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【マイルの貯まりやすさで選ぶ!高還元でマイルが貯まるおすすめクレジットカード!

「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードならヒルトンホテルで朝食無料になる「ゴールド」会員になれるほか、カード利用で無料宿泊も可能に! 【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開!

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!
暗号資産を一目均衡表で分析しよう
ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに! 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

暗号資産を一目均衡表で分析しよう


■市場レポート(毎週火曜日更新)
グローバルで大きな取引シェアを持つ暗号資産マーケットメイカーのB2C2社からのデータ提供を基に、SBIリクイディティ・マーケット社が作成しております。 暗号資産を一目均衡表で分析しよう
直近のマーケット動向の概要に加え、暗号資産別、地域別、参加者別の売買比率等も掲載されております。

■テクニカルレポート(毎週月曜日更新)
SBIリクイディティ・マーケット社が作成しております。
分析対象はBTC、ETH、XRPの3銘柄で、一目均衡表、MACDなどテクニカル分析の結果を配信しております。
これまではTwitterを中心に配信しておりましたが、「マーケット情報」欄にも掲載いたします。

■本日の予想レンジ(毎営業日更新)
SBIリクイディティ・マーケット社が作成しております。
予想対象はBTC、ETH、XRPの3銘柄で、オーバーナイト翌日物オプションのインプライド・ボラティリティや短期のヒストリカル・ボラティリティ、BTC/JPY、ETH/JPYの水準等を参考に計算しております。また、前日の予想結果についても併せて掲載しております。
これまではTwitterを中心に配信しておりましたが、「マーケット情報」欄にも掲載いたします。

インフォメーション

© SBI VC Trade Co., Ltd.

暗号資産を利用する際の主な注意点
暗号資産は、日本円、ドルなどの「法定通貨」とは異なり、国等によりその価値が保証されているものではありません。
暗号資産は、価格変動により損失が生じる可能性があります。
暗号資産は、移転記録の仕組みの破綻によりその価値が失われる可能性があります。
当社が倒産した場合には、預託された金銭及び暗号資産を返還することができない可能性があります。
暗号資産は支払いを受ける者の同意がある場合に限り、代価の支払いのために使用することができます。
当社の取り扱う暗号資産のお取引にあたっては、その他にも注意を要する点があります。お取引を始めるに際してはサービスごとの「サービス総合約款 」(新VCTRADE)、「暗号資産取引サービス約款」(旧VCTRADE)、「暗号資産取引説明書(契約締結前交付書面)」(新VCTRADE)、「暗号資産の売買等に関するご説明(契約締結前交付書面)」(旧VCTRADE)、等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただきご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。
秘密鍵を失った場合、保有する暗号資産を利用することができず、その価値を失う可能性があります。
PDF書面のご確認には、当社が推奨いたしますブラウザソフト、ならびにPDFファイル閲覧ソフトが必要となります。

手数料について
口座管理費、年会費、日本円の入金手数料、暗号資産の受取・送付(入出庫)手数料はかかりません。ただし、旧VCTRADEに関しては日本円の出金に対しては手数料がかかります。詳しくは「手数料」をご確認ください。

商号等SBI VCトレード株式会社(暗号資産交換業者)
登録番号関東財務局長 第 00011 号
加入協会一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

上記に加え、暗号資産関連店頭デリバティブ取引を行う場合の主な注意点
暗号資産関連店頭デリバティブ取引に関して顧客が支払うべき手数料 、報酬その他の対価の種類ごとの金額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要及び当該金額の合計額若しくはその上限額又はこれらの計算方法の概要は、「レバレッジ手数料」(新VCTRADE)に定める通りです。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引 を行うためには、あらかじめ日本円又は暗号資産(BTC、 ETH、XRP、LTC、BCH、LINK、DOT)で証拠金を預託頂く必要があります。預託する額又はその計算方法は、「証拠金について」(新VCTRADE)をご確認ください。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、少額の資金で証拠金を上回る取引を行うことができる一方、急激な暗号資産の価格変動等により短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うことや、取引額が証拠金の額を上回るため、証拠金等の額を上回る損失が発生する場合があります。 当該取引の額の当該証拠金等の額に対する比率は、個人のお客様の場合で最大2倍、法人のお客様の場合は、一般社団法人日本暗号資産取引業協会が別に定める倍率(法人レバレッジ倍率)です。
暗号資産関連店頭デリバティブ取引は、元本を保証するものではなく、暗号資産の価格変動により損失が生じる場合があります。「暗号資産取引説明書(契約締結前交付書面)」(新VCTRADE)等をよくお読みのうえ、リスク、仕組み、特徴について十分に理解いただき、ご納得されたうえでご自身の判断にて取引を行って頂きますようお願いいたします。

一目均衡表の使い方をマスターしよう【GMOコイン編】

2つ目の波動論は、一目均衡表ではおおまかに3種類の波動(I波動、V波動、N波動)で表現できるという考え方です。
最後の値幅観測論は、いわゆる波動から目標値を推測する考え方です。
今回は、基本的なところを抑えるために、時間論に重点をおいて説明していこうと思います。
「もーよくわからない><」と思った人も多いと思います。
学術的なことは置いておいて、一目均衡表は、トレンドを分析して未来の価格推移を予想するために作られているということだけは頭の隅においておきましょう。

一目均衡表の線の種類

一目均衡表は、
基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパン
の5本の補助線を使って表されています。

一目均衡表の線 転換線 (9日間最高値+9日間最安値)÷2 基準線 (26日間最高値+26日間最安値)÷2 先行スパン1 基準線と転換線の中値を26日先行させたもの 先行スパン2 過去52日間の最高値と最安値を平均して26日先行させたもの 遅行スパン 終値を26期間分過去に戻して表示させた線

先行スパン1と先行スパン2が囲っている狭間は、がいわゆる価格抵抗帯で、 「雲」 と呼ばれます。雲は、時折サポートラインやレジスタンスラインになります。

一目均衡表

出所:GMOコイン「ビットレ君」

一目均衡表の売買サインは

  1. 転換線が基準線を下から上に突き抜ける(好転)
  2. 遅行スパンがローソク足を上抜ける
  3. ローソク足が雲を上抜ける

一目均衡表 三役好転

  1. 転換線が基準線を上から下に突き抜ける(逆転)
  2. 遅行スパンがローソク足を下抜ける
  3. ローソク足が雲を下抜ける

三役好転 1-3がそろったとき、強い買いシグナル
三役逆転 1-3がそろったとき、強い売りシグナル
だと判断されます。

ポイント1 基準線と転換線の位置関係をみる

ポイント2 雲と価格推移の関係をみる

実線が雲の上にある場合、上昇トレンドとみなすことができる場合があります。
この時、先行スパン1が雲の上限、先行スパン2が雲の下限であると上昇トレンドの典型になります。
→先行スパン1が下限、先行スパン2が上限の雲の場合、価格推移が雲の上であっても上昇トレンドは不安定な状態だと判断します

実線が雲の下にある場合、下降トレンドとみなすことができる場合があります。
この時、先行スパン1が雲の下限、先行スパン2が雲の上限であると下降トレンドの典型になる
→先行スパン1が上限、先行スパン2が下限の雲の場合、価格推移が雲の下であっても下降トレンドは不安定な状態だと判断する

ポイント3 遅行スパンと現在価格の関係をみる

遅行スパンが実線を下から上に抜けた時、遅行スパンの好転
遅行スパンが実線を上から下に抜けた時、遅行スパンの逆転
として、考える売買があります。

雲のねじれって何?

また、雲が薄い場合は、連続したねじれが短い期間に形成されることがあり、非常に不安定な方向性であることを示しています。なので、一概にはねじれが起こったからと言って絶対にトレンド転換が起こるわけではなく、雲の厚みや実線の方向性といった点も注意してみてみましょう。

雲のねじれ

出所:GMOコイン「ビットレ君」

実際のチャートに表示させていこう

設定画面

チャートボタンを押します。
設定ボタンを押して、チャート設定」、一目均衡表にチェックを入れましょう。

一目均衡表を開くと設定値が出るので、
転換線 9、基準線 26、スパン 26 になっていることを確かめましょう。

一目均衡表 ビットコインチャート

出所:GMOコイン「ビットレ君」

TKS9 黄緑線 転換線
KJS26 黄色線 基準線
SKS1 26 濃い黄色線 先行スパン1
SKS2 52 橙色線 先行スパン2
CKS26 赤色線 遅行スパン

タイミングの遅れを補うには

SMA併用した場合

出所:GMOコイン「ビットレ君」

テクニカル指標解説リスト |ボリンジャーバンド |トレンドライン・水平線 |移動平均線(SMA) |一目均衡表 |RCI |MACD |RSI |ストキャスティクス

人気タレントJOYさんを「FXなび」のWebCMに起用!独占赤裸々インタビューもアプリ限定で公開



今回のWebCMでは、体験型投資学習スマホアプリ「FXなび」をJOYさんに実際使っていただき撮影しています。アプリのプレイ中、JOYさんのめまぐるしく変わる表情やおおはしゃぎする様子が、観る人もワクワクしてしまうWebCMとなっています。
また、今回のWebCMご出演に合わせて、JOYさんの日常生活からお金や資産運用の話を根掘り葉掘りお伺いし、JOYさんに赤裸々に語っていただくインタビューも実施しています。インタビューは以下の構成になっており、「FXなび」アプリ内で3回にわたってお届けします。ぜひアプリをインストールしてお楽しみください!


JOYさんについて

体験型投資学習アプリ「FXなび」について

「FXなび」は、これからFXを始めたい方や投資未経験の方必見の、ゲーム感覚でFXが学べる投資初心者向けスマホアプリです。累計310万件以上インストールされており、FXデモトレードアプリとしては世界最大級のモンスターアプリです。FXの醍醐味であるレバレッジや、スプレッドにも対応した超本格デモトレードで、FX初心者にもわかりやすいチャートを使って本番さながらに利益と損失を体験できます。また、今年3月にリリースした、FXをギャンブルにしないためのテクニカルチャート分析スキルを無料で習得できる「STEP UP」機能(プレスリリース→ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000009745.html )は、現在、アプリユーザー様以外にも、著名トレーダーや専門家の方々からも大変ご好評をいただいております。


*備考
・App StoreはApple Inc.のサービスマークです。
・iPhone、iPadは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
・iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
・Android , 暗号資産を一目均衡表で分析しよう Google Playは、 Google Inc. の商標または登録商標です。
・「株たす」「FXなび」「グリーンモンスター」「グリモン」はグリーンモンスター株式会社の登録商標です。


グリーンモンスター株式会社について

「株たす」「トウシカ」「FXなび」「暗号資産なび」など「体験型投資学習アプリ」シリーズを運営。ユーザー体験に寄り添ったプロダクト開発を強みに、投資学習金融教育資産形成支援のオープン化と低価格化を目指しています。お金の勉強にお金はいりません。
今後は「お金や資産形成のための投資」という考えからステップアップし、「消費者から支援者へ」と人々と社会とのかかわり方を変え、投資がより普及することで、挑戦とイノベーションの土壌を培い、日本の世界における新たなプレゼンス発揮を促進してまいります。
(グリーンモンスター株式会社ホームページ https://greenmonster.co.jp )

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

【指標発表予定】15:30 4月スイス小売売上高

blockHeadVisual

2022年6月のポンド相場は、景気と地政学というすぐに解決できそうにない問題があるため、ポンド売りがメインシナリオになりそうです。ただ円安要因も依然としてあるため、ポンド円はレンジを形成しながら長期目線では下落、ポンドドルはドル買いが強まっているため、下落方向を意識しています。目次[非表示]6月のポンド円予想円安傾向が強いが、ポンド安の影響もありレンジ相場継続かポンド円のチャート分析6月のポンドドル予想 ポンドドルの下げに備える理由ポンドドルのチャート分析ポンドのファンダメンタルズ分析景気地政学6月のポンド円予想6月のポンド円は、下降気味のレンジを想定しています!円安傾向が強いが、ポンド安の影響もありレンジ相場継続かポンド円は上値が重くなっています。円安要因が強いのでポンド円も上昇しやすいはずなのですが、ポンドの下落圧力が強く、円安ポンド安でレンジを形成するか、ポンド安の影響の方が強くポンド円は下落するかのどちらかであると考えています。円安要因としては、「日銀による緩和政策継続」と「貿易赤字」の2点。先日の日本のCPI(消費者物価指数)が、日銀の目標とする年2%を超えましたが、一時的な要因として日銀は緩和政策の継続を強調しています。世界的な物価上昇で、各国中銀が引き締め政策を進めることで金利が上昇している中で、日銀がYCC(イールドカーブ・コントロール)政策を継続することで日本の金利は低水準で推移しています。世界の金利上昇と日本の低金利で金利差が拡大していき、円売りが進むと考えられます。また、コロナ感染症のため入国制限継続の影響で、外国人観光客によるインバウンド収入も見込めないことから、外貨を獲得できず、資源価格の上昇などもあり貿易赤字が拡大していることも円安要因と考えています。緩和政策はこのまま継続すると思いますが、岸田政権が入国制限を大きく緩和し、インバウンド需要が拡大した場合は貿易赤字の縮小に繋がり、円高要因になる可能性があるので注意しておきましょう。円高へ転じるきっかけは、日本への外国人観光客増加かもポンド円のチャート分析5月末時点の、ポンド円日足チャートを分析してみます。ポンド円は大きく下落し、一時156円を割りました。その後は持ち直すものの、160円を起点にレンジを組んでいます。画像引用:TradingView押し目の第1ターゲット:157.7円押し目の第2ターゲット:156.4円押し目の第3ターゲット:155.5円レンジ相場になる場合も、上記の価格帯のような抵抗帯付近で落ち着くことが多い傾向です。6月はレンジを想定しているので、押し目がきたら積極的に買っていこうと思っています。画像引用:TradingView戻りの第1ターゲット:163.5円戻りの第2ターゲット:165.3円戻りの第3ターゲット:167.7円ファンダメンタルズの大きな変化がない限り、この価格では売りを検討しています。相場から長い時間離れる場合は、指値の売りを入れるのもありです!6月のポンドドル予想 6月のポンドドルも下降気味のレンジを想定しています!ポンドドルの下げに備える理由ポンド安とドル高でポンドドルは下落圧力が強いと考えています。ドル高は、FRBによる引き締め政策によるものですが、ドル高トレンドがどこまで続くかがポイントです。FRBによる引き締め政策をマーケットが織り込んでしまうと、ドル買いは弱くなってしまいます。利上げ幅の見通しが拡大しているうちは、金利が上昇しドル買いが続きますが、利上げ幅のピークが見えてくるとドル買いもピークアウトする可能性が高いです。また、引き締め政策を進めることで、景気を冷やす可能性と金利上昇による株安もドル売り要因となります。今までは、利上げを進めるなどの発言が出ると金利が上昇しドルが買われていましたが、あまりにペースが速いと景気を冷やす効果の方が注目され、景気後退が懸念されドル売りが進むようになります。金利の上昇は、資金を借り入れている企業の利払い負担につながり、それが引き金となって株価の下落、ドル売りという流れにつながります。ですから、これからはタカ派発言が出てきたときに金利上昇によるドル買いで反応するのか、株安に繋がりドル売りで反応するのかに注目していきましょう。FRBだけでなく、英中銀も引き締め政策を進めているので英国でも同じことがいえますが、FRBの方が早いペースで引き締めているのでドル売りがポンド売りに追いつく可能性も考えられます。その場合、ポンドドルはレンジを形成する可能性が高いでしょう。タカ派発言でドルがどうなるかを見ていきます!ポンドドルのチャート分析5月末時点での、ポンドドルの週足チャートです。画像引用:TradingView押し目の第1ターゲット:1.225押し目の第2ターゲット:1.216押し目の第3ターゲット:1.205買いを仕込みやすそうな価格はこのあたりでしょう。下落要因に気をつけたうえで、買いを入れていこうと思います。画像引用:TradingView戻りの第1ターゲット:1.271戻りの第2ターゲット:1.暗号資産を一目均衡表で分析しよう 288戻りの第3ターゲット:1.310戻り売りを狙うか、あるいはブレイクしたら高値を追いかけるかは、ファンダメンタルズ分析も参考にしてください。メイン戦略は戻り売りにしたいと思います!ポンドのファンダメンタルズ分析なぜポンドが弱いのか解説していきます!5月のポンドは大きく下落しました。ポンドの売り要因は大きく分けて、「景気」と「地政学」に分けられ、この流れは6月も継続するのではないかと考えています。景気5月の英中銀で発表されたインフレーションレポートでは、今後の物価見通しが上方修正された一方で、景気見通しは下方修正されていました。このことで、物価上昇と景気後退が同時に起きる「スタグフレーション」が意識され、ポンド売りに繋がっています。スタグフレーションとは景気が後退しているにも関わらず、物価の上昇(インフレ)が同時発生する現象のことです。原材料の高騰などにより不景気の中でも物価が上昇することがあります。景気後退で賃金が上昇市内にも関わらず物価が上昇するのは、市民にとって非常に苦しい状況です。そのため、通貨は売られやすくなります。今後の英国景気でポイントとなるのが、「物価高」と「引き締め政策」の2点。ロシアへの制裁によるエネルギー価格の上昇や、ウクライナから穀物などが輸出されないことによる食料価格の上昇が問題となっています。また、英国がEUから離脱したことで、欧州から低賃金労働者が出稼ぎに来れなくなり、人手不足につながり、人件費が高騰していることも物価高の要因です。物価高が進めば消費意欲は低下し、景気後退につながってしまいます。物価高を抑えるため、英中銀は引き締め政策を進めますが、引き締め政策は景気を冷やす効果があります。物価高を抑えることを優先するのか、それとも景気を優先するのか難しい局面で、これがポンドの上値を抑えています。地政学5月のポンド売り要因として、地方議会選挙での与党大敗も大きく影響したと考えています。昨年末のロックダウン中にパーティーに出席したことで、罰金を支払うこととなったボリス・ジョンソン首相は支持率を落としており、辞任が噂される事態に。物価高が進んでいることも政治批判に繋がっており、これが与党への支持率低下につながり、地方議会選挙での与党大敗につながったと思われます。このような政治不安は、すぐに改善する見込みがないことから6月も続くと考えられ、さらなる政治不安を呼ぶのではないかと注目されています。ボリス・ジョンソン首相の辞任、解散総選挙となれば、政治空白が生まれ、ポンド売りにつながるでしょう。その他にも、地方議会選挙ではEU残留支持政党が勝利していることから、今後EUとの離脱交渉に大きく影響するのではないか、北アイルランド議定書の履行などに影響が出てくるのではないかとの不安を呼び、ポンド売りに繋がる可能性にも備えています。景気と地政学のリスクは、どちらもすぐに解決できる問題ではないことから、当面ポンドの上値が重い状況は続くと見ています。ただ、IMM通貨先物ポジションを見ると、ポンドショートが溜まっています。IMM通貨先物ポジションとは米国のシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の国際通貨先物市場で行われる通貨先物取引のポジションのことです。FXでは、市場全体の縮図として考えられている、非商業部門が特に注目されます。ヘッジファンドをはじめとする投機筋の動向は、市場に影響を与えることが往々にしてあり、その偏りや変遷を見ることで、今後の相場の予想に役立ちます。IMM通貨先物ポジションは、米国商品先物取引委員会(CFTC)のホームページで、毎週金曜日の取引終了後に公表されます。ただし、数値は毎週火曜日の取引終了時点のものであり、タイムラグがあります。景気もしくは地政学のリスクどちらかでも改善が見えた場合は、ショートポジションの巻き戻しで一気にポンド買いが出てくる可能性があるので、念のため、注意しておきましょう。すぐに解決しにくい問題があるため、ポンドは下げ目線が正解かと!

2022.05.31 (火) 21:00

自民党が岸田トークンを配布!仮想通貨コミュニティの反応は?

2022年5月、自由民主党青年局が「岸田トークン」と呼ばれるNFTを配布しました。また、メタバース空間での街頭演説を計画しています。Twitter(ツイッター)では、キーワード「岸田トークン」がトレンド入りするなど、自民党による仮想通貨(暗号資産)関連技術の活用が話題となっています。一方で、トークンを取得できるQRコードの漏洩などが起きたことで、悪い意味でも注目を集める結果となりました。目次[非表示]岸田トークンを発行した自民党ブロックチェーン分野の発展目指すQRコード漏洩などが話題にQRコード漏洩コンプライアンス問題自民党によるNFT使用の効果税制改正を期待仮想通貨への関心の高まり岸田トークンの効果に期待岸田トークンを発行した自民党岸田トークンとは、岸田文雄総理大臣の顔写真付きのNFTです。その他にも、小泉進次郎代議士や、野田聖子大臣などのNFTも発行しています。これらのNFTは、譲渡や売却ができない仕様であり、集会への出席証明や記念品としての活用が想定されています。塩崎彰久青年局次長は、「NFTを使って今後会議の出席や意思決定、投票の場にも活用できるかもしれない。まずはNFTに慣れてもらうことで、エンゲージメントの仕方を模索していきたい」とコメントしており、様々な活用方法も視野に入れています。一般に配布されたものではないため公式画像などは出回っていませんが、小倉まさのぶ代議士のツイートでイメージ画像が公開されていました。画像引用:小倉まさのぶ代議士のツイートまた、自民党は、2022年6月5日に「メタバース演説会」の実施を計画しています。このメタバース演説会には、河野太郎代議士等の登壇が予定されており、コロナ禍における環境の変化への対応や、若い世代の支持獲得の狙いがあると考えられます。メタバースとは、インターネット上に構築された三次元の仮想空間を指します。仮想通貨業界では、このメタバースを利用したプロジェクトが次々と誕生しています。ブロックチェーン分野の発展目指すブロックチェーン分野では諸外国が先手を取っており、そして優秀な人材が海外に流出しています。これを受けて、2022年4月、自民党のプロジェクトチームは、大枠となる国家戦略を制定すべきだと提言しました。具体的には、Web3.0担当大臣の任命や、経済政策の策定です。岸田総理もWeb3.0に言及するなど、政府・自民党はブロックチェーン分野を発展させる方針です。このような流れの一環として、自民党はNFTやメタバースの活用に踏み切りました。日本は、アニメや漫画、アイドル、音楽、スポーツなどのコンテンツが豊富です。NFT市場で強みを発揮し、Web3.0時代の到来で他国をリードする可能性があります。Web3.0とはWeb3.0とは、分権化された次世代のインターネット環境を指します。現代の中央集権型インターネット環境(Web2.0)は、大手IT企業が強い影響力を持っています。その一方、Web3.0では個々のユーザーが重要な役割を担います。QRコード漏洩などが話題にこのような自民党の動きに対して、日本国内では主要なメディアがこぞって報道しています。岸田トークンは仮想通貨コミュニティ内で大きな話題となっており、良くも悪くもインターネットミーム化して流行しつつあります。OpenSeaなどの大手NFTマーケットプレイスにパロディ作品や偽物が出品されているのに加え、岸田トークンに関するツイートが大量に投稿されています。Twitter(ツイッター)上では、仮想通貨市場の発展を期待する声もあるものの、トークンを入手できるQRコードを誤って公開してしまった自民党のITリテラシーの低さやコンプライアンスが問題視されている模様です。QRコード漏洩岸田トークン発行に際し、塩崎青年局次長は、ツイッターで会合の様子などを投稿していました。ところが、投稿画像にトークンのQRコードが映り込んでいました。本来、岸田トークンなど自民党のNFTは、集会の参加者のみに特典として配布される予定でした。しかし、誰でもQRコードを読み込める結果となり、アドレスを割り出してNFTを自由に発行可能となってしまいました。リテラシーの低さを批判するのは簡単なものの、一般の人々は仮想通貨を使い込んでおらず、同様の問題が色々な所で起きているでしょう。今回のQRコード公開は、仮想通貨の取り扱いの難しさを政治家が体験する機会になった可能性があります。一般ユーザーをいかに保護するかを検討する際、今回の事例が役に立つかもしれません。コンプライアンス問題岸田トークンなどのNFTは、ポリゴン(MATIC)ブロックチェーン上で発行されています。NFTは完全自主開発ではなく、ブロックチェーン企業「IndieSquare」のサービス「HAZAMA BASE」を採用しています。そして、MATICは日本国内で未上場であり、運営企業が岸田トークンに使用したMATICの出所を遡ると海外取引所のBinance(バイナンス)に行き着きます。Binanceは日本の金融庁に登録しておらず、日本居住者を対象とした営業が禁止されています。また、無登録業者として金融庁から警告を受けています。このため、仮想通貨コミュニティでは、自民党が金融庁の規制に違反しているとの批判が出ています。IndieSquareはこの批判に対し、以下の3点の趣旨を公開し、違法性がないこと、倫理的にも問題がないことを示しています。同社の海外居住者名義口座で、適法に仮想通貨を得た。トークン管理者は同社であって、自民党でない。譲渡不可、換金不可の設定なお、仮想通貨取引所がドバイの金融ライセンスを取得する流れが加速しており、Binanceもドバイのライセンスを保有しています。自民党によるNFT使用の効果今回配布されたNFTには金銭的価値がなく、参加賞のような意味合いしかありません。しかし、短期的にも中長期的にも、複数の影響を期待できます。例として、下の2点を紹介します。税制改正を期待仮想通貨への関心の高まり税制改正を期待岸田トークンの報道やリリースでは、譲渡や売却ができない仕様であると明記されています。その理由は書かれていませんが、税制が大きく影響していると推測できます。仮に自由に譲渡可能になる場合、このトークンに価格がつく可能性があります。すると、自民党は期末時点のトークン保有額に対して課税されます。しかし、ビットコインのような流動性を期待できないため、岸田トークンを売却して納税原資を得るのは困難でしょう。また、納税のために岸田トークンを売るのは、政治的影響を考慮すると難しいかもしれません。すなわち、この問題を回避するには「譲渡不可、換金不可」が必要です。岸田トークンは使い道が限られてしまい、利用価値がほとんどありません。この問題は、一般の事業会社にも当てはまります。日本で起業すると、期末の納税額が膨大になって破産する可能性があります。ブロックチェーン分野で有名な日本発の企業には、トークン「DEP」の発行会社「Digital Entertainment Asset 暗号資産を一目均衡表で分析しよう Pte.Ltd.」や、「ASTR」の発行会社「Astar Network」があります。ところが、本拠地は日本でなくシンガポールです。日本で起業すると、トークンを発行して保有するだけで税金を課せられてしまい、破産する可能性があるからです。有能な人材が海外に逃げ、その分だけ日本の発展が失われ、さらには雇用も失われ、税金は海外に納められます。岸田トークン発行を検討するにあたり、自民党はこの問題を明確に認識したと期待できます。税制に関して、国民民主党の玉木雄一郎代表が「仮想通貨は課税を雑所得ではなく20%の申告分離課税にする」、「発行法人が保有するトークンは、期末時価評価の対象から除外し、実際に収益が発生した時点で課税する方式に見直す」べきだと発言しており、岸田総理も賛同しています。与野党で足並みが揃えば、比較的早期の税制改正を期待できます。仮想通貨への関心の高まり次に、仮想通貨への関心の高まりを期待できる点です。仮想通貨、そしてブロックチェーンは日々発展しており、各国の政府や中央銀行を巻き込んだ大きなトレンドになっています。しかし、投機の対象に過ぎないという認識も一般的に存在するでしょう。また、政治に関心はあるが仮想通貨には無関心な層も一定数存在するでしょう。そのような層も、岸田トークン発行を受けて、多少は関心を持ってくれる可能性があります。日本の第一党が政党活動でトークンを利用する、その行動自体に影響力があります。岸田トークンの効果に期待岸田総理はWeb3.0の推進を支持しており、今年(2022年)6月に策定される経済財政運営の指針「骨太の方針」にも、Web3.0の環境整備が明記される見込みです。政府・自民党が積極的にブロックチェーンを利用することにより、日本の産業界全体への波及効果を期待できます。

2022.05.31 (暗号資産を一目均衡表で分析しよう 火) 20:30

MT4は段階的に廃止へ!MT5への移行は進むのか?

ユーザーにとって利便性の高いMetaTrader4(MT4)は2005年に開発されたもので、近いうちに利用できなくなるのではないかとの不安の声が上がっています。実は、メタクォーツ社(MetaQuotes)は2018年1月に既にMT4を段階的に廃止する方針を明らかにしており、MetaTrader5(MT5)への移行を目指しています。メタクォーツ社は2022年現在でもMT4のセキュリティアップデートやバグの修正などは対応していますが、新規機能の開発は終了しており、MT5への移行を推奨しています。将来的にはMT4廃止が見込まれていることも背景に海外FX業者は続々とMT5に対応しています。しかし、完全にMT4が使えなくなる時期は明示されていないことから、引き続きMT4を利用するユーザーも多い状況です。この記事では、メタクオーツ社の移行の方針や、MT4への移行が進まない理由などを解説します。目次[非表示]将来的にMT5へ完全移行の方針MT4の新規契約は終了MT4旧バージョンのサポート終了MT6の開発はなしMT5への移行は停滞気味ユーザーが移行に消極的MT4のEA・インジが利用できないMT5の導入が加速するFX業界MT5は機能面がユーザーに好評各種機能が充実スマートフォンで取引可能MT5への完全移行は間近?将来的にMT5へ完全移行の方針MetaTrader4(MT4)とMetaTrader5(MT5)はどちらも、メタクォーツ(MetaQuotes)社が開発した取引プラットフォームです。MT4が2005年にリリースされ、MT5はその後継版として2010年にリリースされました。気配値表示やナビゲータなど、画面の配置や操作性はMT4との共通点も多く、MT4利用者であれば比較的スムーズに利用することができます。MT4のリリースから13年後の2018年、メタクォーツ社は、「MT4は時代遅れのプラットフォームであり、業界の期待に沿えなくなった」ことを理由に段階的に廃止する方針を決定しています。MT4の新規契約は終了メタクォーツ社は、2018年1月に新規ブローカーに対するMetaTrader4の提供廃止を発表しています。これにより、2018年以降、メタクォーツ社との契約を2018年以降にした場合、MT4の提供はできず、MT5のみを提供するようになっています。FXGTはMT5のみ提供仮想通貨に注力していることで知名度があるFXGT(エフエックスジーティ)は2019年に設立された新興ブローカーです。メタクォーツ社が新規顧客へのMT4の提供を廃止したあとに設立されたブローカーであるため、取引プラットフォームはMT5のみです。今後設立されるブローカーは、原則MT5のみの提供となり、業界全体でMT5へと移行させるというのがメタクォーツ社の狙いのようです。MT4の提供廃止は新規ブローカーに対してであり、契約中の既存ブローカーはMT4を継続利用することができます。テクニカルサポートやセキュリティアップデート、バグ修正などは引き続きメタクォーツ社が行っているため、この廃止がユーザーのMT5の移行への決定打とはなっていません。MT4旧バージョンのサポート終了メタクォーツ社は、MT4やMT5のバージョンアップを継続して行っており、ユーザーが自身のPCでアップデートを拒否すれば、旧バージョンを使い続けることもできます。しかし、古いバージョンのMT4は順次サポートが終了され、利用が不可能になっています。2021年8月25日には「MetaTrader4 Build1320以前のバージョン」サポートが終了することが発表されています。Build1320以前のMT4は、2021年10月1日以降サポートが停止され、ログインもできなくなりました。MT4を利用する場合は、1320より後のバージョンを利用することになります。メタクォーツ社はMT4の新規開発を終了しており、今後は不具合修正やセキュリティ強化のみの対応であることを発表しています。しかし、最新バージョンを含めていずれ全てのMT4が利用できなくなるのかどうかについては特に発表を行っていません。MT6の開発はなしMT5も10年以上前に開発された取引プラットフォームであり、ユーザーの間からは、近いうちに後継機としてMetaTrader6(MT6)がリリースされるのではないかと予想する人もいます。しかし、メタクオーツ社は今のところ、MT5のアップデートを積極的に行っており、MT6の開発を行っているという情報はありません。MT5は、動作スピードも早く、今の時代でも十分利用できる取引プラットフォームであるため、当面はMT5を使い続けられると考えて問題ないでしょう。MT5への移行は停滞気味MT4のサポートを段階的に打ち切ることでメタクォーツ(MetaQuotes)社は積極的にMetaTrader5(MT5)への移行を促してはいますが、実際のMT4からMT5への移行はメタクォーツ社の期待ほどに進んでいません。それには、以下の理由が考えられます。ユーザーが移行に消極的カスタムインディケータやエキスパートアドバイザー(EA)が少ないユーザーが移行に消極的1つ目は、MT4の完成度が非常に高かったということが考えられます。2005年にリリースされたMT4は、シンプルな操作性を持ち、テクニカルチャートやオブジェクトの表示が充実しており、FX取引に十分な機能をしっかりと備えていました。一方、MT5はMT4の後継版として一部機能が改善されているものの、基本的な操作性ではMT4とほとんど変わらず、既存ユーザーにとってMT5への移行のメリットが感じられなかったことが要因の1つです。既存のユーザーにとって、それほど機能に不満がないのであれば、MT4を利用し続けるというのは自然な選択といえます。MT4のEA・インジが利用できないエキスパートアドバイザ(EA)やカスタムインディケータは、メタクォーツ社が提供しているものではなく、MT4/MT5のプログラム言語であるMQL4/MQL5を利用してプログラムを作成します。しかし、MT4とMT5はプログラム言語が異なっており、MT5で利用するためにはMT5のプログラム言語であるMQL5で作成し直す必要があります。MQL5に対応できる作成者が少ないことから、MT5用のEA・インディケータがあまり販売されておらず、入手しづらい状況です。このため、こうしたツールを引き続き利用したいユーザーは、MT5へ移行しにくいという事情があります。MT5の導入が加速するFX業界2020年頃からメタクォーツ(MetaQuotes)社によるサービス改善等を受け、最近になってMetaTrader5(MT5)を導入するFXブローカーの数は増えつつあります。当初、XMTrading (エックスエムトレーディング)やExness(エクスネス)といった大手ブローカーが先駆けてMT5を導入していましたが、その他の海外FX業者も続々とMT5の提供を開始しています。中堅業者にも導入が広がる大手のみならずGEMFOREX(ゲムフォレックス)のような中堅海外FX業者もMT5導入を発表するなど、業界全体にMT5移行の流れが広がってきています。また、FXGT(エフエックスジーティー)やBitterz(ビッターズ)など、MT5のみ利用可能というブローカーもあります。今後、取引プラットフォームでMT4のみ提供するブローカーは徐々に少なくなっていくとみられます。大手・中堅問わず海外FX業者がこぞってMT5を導入している背景には、導入しないと顧客を逃してしまうリスクがあるからだと考えられます。MT5を希望するトレーダーが他の海外FX業者を検討している場合、MT5に非対応だと選択肢から外れる可能性が高まります。その他、多くの海外FX業者がMT5を導入している中で、MT4しか提供していなければ、古いサービスを提供しているという印象を持たれてしまうでしょう。さらに、今後MT5が主流となって、メタクォーツ社がMT4のサポートを完全に打ち切った場合、MT4しか利用できなければ顧客がいなくなり、大きな損失が発生してしまいます。MT5は機能面がユーザーに好評MetaTrader5(MT5)は近年は拡張機能の追加によって、ユーザーからの人気も着実に高まりつつあります。具体的には以下のとおりです。表示機能が充実使いやすいスマートフォンアプリ版MetaTrader各種機能が充実MT5はMetaTrader4(MT4)と比較すると、基本的な各種機能が充実しています。項目MT4MT5表示できる時間足921テクニカルインディケータ3040オブジェクト3038一括決済機能×〇経済カレンダー×〇表示できる時間足MT4MT5921テクニカルインディケータMT4MT53040オブジェクトMT4MT53038一括決済機能MT4MT5×〇経済カレンダーMT4MT5×〇テクニカルインディケータの数は、MT4が31種類なのに対してMT5は40種類と大きく増加しています。また、オブジェクトの種類はMT4が30種類なのに対してMT5は38種類となり、表示できる時間足の種類についてもMT4は9種類、MT5は21種類と選択肢が大きく広がりました。MT4は決済機能に弱点があり、複数のポジションを保有している場合、1つずつポジションを決済しなければならない仕様になっていました。この決済機能の弱点により、超短期取引スタイルであるスキャルピングをするトレーダーの中には、MT4ではなく、決済機能が充実しているcTraderを好んで利用している人もいます。2022年5月にMT5のアップデートが実施され、MT5に一括決済・注文機能が追加されました。ポジションの一括決済はもちろん、10種類以上の一括決済・注文機能が利用できるようになっています。重要な指標発表経済カレンダーといったサポート情報もMT5の機能に追加され、これらの情報を見るためにブラウザに切り替えて外部サイトを参照する必要もなくなりました。スマートフォンで取引可能スマートフォンアプリ版「MT4/MT5」では、インディケータやオブジェクトを利用した本格的なトレードが可能です。スマートフォンでのインターネット利用が主流になりつつある昨今、メタクォーツ(MetaQuotes)社もスマートフォンアプリの開発に力を入れています。PC版MT5よりも表示できるインディケータやオブジェクトの種類は少なく、画面は小さいですが、基本的な機能はしっかりと備わっています。また、MT5版アプリには、ワンクリック注文機能などMT4版アプリにはなかった機能が追加されています。全体的な機能面でも、MT5の方が充実しているといえるでしょう。MT5への完全移行は間近?メタクォーツ(MetaQuotes)社は2018年よりMetaTrader4(MT4)廃止に向けた動きをしていますが、海外FX業者も2020年に入って続々とMetaTrader5(MT5)の導入を開始しています。まだMT4が完全廃止されるとの情報は入っていませんが、2018年に段階的な廃止が決定されていることから、ずっと使い続けられることが保証されているわけではありません。多くの海外FX業者がMT5に対応していますので、今後の完全移行に備えてMT5を利用してみるのがおすすめです。当サイトMyforex(マイフォレックス)では、MT5の使い方を詳細に解説した、「MetaTrader5 ご利用ガイド」を公開しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる