FXのおすすめ勉強法

僕がFXを辞めた理由

僕がFXを辞めた理由
吉良

かんたんにFXに手を出すな!怖いと思った本音の理由

fxは怖い

春川

吉良

レバレッジで収益拡大

ただ レバレッジというのは諸刃の剣 僕がFXを辞めた理由 と呼ばれ、大きく収益がでるという 反面大きく負けるというデメリットがあります。

スマホでもできる

FXには様々な手法がある

fxチャート

しかし、そのテクニカル分析だけでも様々な手法が存在します。

テクニカル分析の種類

  • 移動平均線
  • 一目均衡表
  • ボリンジャーバンド
  • RSI
  • ストキャスティクス
  • MACD

fx本

複数のチャートを併用

そして、ここからは 僕が実際にこれらの知識を得たうえでFXが怖いと思った理由をお伝えします。

FXが怖いと思う理由

重要ポイント

価格の上下に100%は存在しない

FXに絶対はありません。 僕がFXを辞めた理由

人の戦略を真似しても通用しない

fx3

  • 強気のシグナルがでたら買い
  • 移動平均線の上昇トレンドにのる
  • グランビルの法則を使う
  • 一目均衡表のクモを利用
  • ボリンジャーとMACDの併用

春川

吉良

人の絶対的心理で損切ができない

FXで初心者が負ける理由は「損切ができない」というのが有名です。

自動取引という手段を使っても、人は自分の心理に勝てないんです。

収益が欲しい人ほど負ける

春川

吉良

先ほどのような事例は、収益が欲しい人ほど絶対やります。

なので、 「副業で稼いでやる!」 なんて人は特にアウトです。

うまくいっているときはいいのですが、 どんなプロでも5回連続で失敗するとか10回連続で損切するとかいう不調が起きます。

負けるときは一瞬

『FXで6億稼いで、その後FXで6億なくした男』

副業よりも転職を

仕事選び

なぜなら、 僕がFXを辞めた理由 稼ぎたい人ほど人間の絶対的心理に勝てないんです。

こういう人はいいですが、 給料が少なくてFXをしたい人であれば転職した方がいいです。

正社員だと安定的な収入

  • 子供が学校に行くからお金がいる
  • 保険に入りたい
  • 家を買いたい
  • 新車が欲しい
  • 電化製品の寿命が一気にきた

実際に FXがきっかけで離婚した人というのも何度も聞きました。

信用が違う

FXでどんなに稼いでも、社会的な信用度は低いです。

なので、もし 僕がFXを辞めた理由 今の給料が不満でFXに挑戦しようと考えているなら、 転職する方が現実的 だと思います。

  • FXは誰でもできるほど仕組みはかんたん
  • 手法は多くあるが、実際にすると成功しない
  • 損切は理解しても人間の心理に勝てない
  • 副業として考えるより転職を。

スポンサーリンク

☆当サイトの人気転職エージェント☆

全て無料で実績の高いサイトです。

求人数 地域 年代
300,000件以上 全国 20~50代
サポート 実績 料金
無料

【編集者のコメント】
業界の中でも圧倒的な求人数を誇る転職エージェント。業種や年齢を問わず幅広い求人を取り扱っているのが特徴で、レジュメを使った書類作成ツールも便利。 最初にどれを利用するか悩んだらリクルートで間違いなし!

求人数 地域 年代
140,000件以上 全国 20~40代
サポート 実績 料金
無料

【編集者のコメント】
転職サイトと転職エージェントが一体型のエージェント。企業からのスカウト企業も便利ですが、何より利用者満足度1位という実績がアドバイザーの質の高さを示しています。 積極的に仕事を探したい人におすすめ

  • 四国専門の地元に強いエージェント
  • 大手のエージェントにはない企業の情報を知っている
  • ここでしか応募できない限定案件が多数

求人数 地域 年代
非公開 四国 20~40代
サポート 実績 料金
無料

【編集者のコメント】
地元に特化した四国専門の転職エージェント。地元の年収の相場や求人票では分からない企業の社風も詳しいため、大手のエージェントよりも深い相談ができる。 ハローワークの活用法も親身に答えてくれるなどサポートが丁寧

「勝てない理由」から逆算するトレード戦略

「勝てない理由」から逆算するトレード戦略

一見して、 勉強して極めれば、勝てるようになるように思いますが、実は勝てているのは「手法や理論やメンタル」のおかげではない んですよ。逆に、その手法などでいずれくる「調子が悪い」という名の、大負け要因を生み出しているんです。いいでしょうか。アナリストとか、経済に詳しい(笑)人のツイートや目線や先出は、あなたが「プラス利確」する妨げになっているんです。もっと要因にフォーカスする必要があるということをご理解いただけたでしょうか。

そもそも教則本の内容やみんな信じてる理論とか手法とか商材とかチャートパターン、プライスアクション、インジケーターって、「それで勝てる」って実証された明確なデータってあったんでしたっけ?

「有料note」や「サロン」もそうですが、その内容に確率が掲載されている際、チャート中のどの指数をどう計算して、それを実際に検証し、今も続けられている実証データもあるんでしょうか? EAテストで出た勝率や、サロン手法主のトレード画面を載せただけの勝率なんて、そもそも何のデータにもならないですよ。 だって、簡単に言えば、日々ボラティリティが変動するので、値動き自体「定量化できない」わけで、その点をどんな計算でカバーできるのでしょうか。

そもそも、FXは勝率100%はほぼ不可能です。 あなたが信頼しているトレーダーやサロン/商材主の人って「どのくらい負けていますか?」 。もし、その辺が不透明で在れば、普通に怪しいので近づかないほうがいいですよ。

「いつか稼げる」という気持ちがFXを楽しくさせてしまいますが、負けているのに続ける時点で、依存してしまっているので、投機は出口と言いますが、しっかり”FXを辞める選択肢”も持ってくださいね。

どうでしょうか。ここまでで 「検証と思っていることは検証ではなくカーブフィット 」で「 そもそも勝つことは難しくないのに負け要因を自分で増やしている 」わけで、「 勝率というのも当てにならない 」ということをざっくり書きました。

そして、もしこの本質的なトレード方法を本物と見抜いてくださった方は、以下の目次に沿って複合的に実践してみてください。 最重要注意点は「他の手法や他のトレーダーの内容を絶対に組み合わせない事」。すべてでバランスを取っているので、書いていない事を組み合わせるとすべてが無駄になります。 そして、これらは「勝ち方」でも「稼ぎ方」でもありません。

では、まとめになりますが「余計な事をやめてトレードしましょうね」ってのがこのサイト、及び 僕の主催する勉強会 僕がFXを辞めた理由 です。勉強会の道具のひとつとして 異世界アラート を添えていますがこれも「余計なことしないため」のものです。なので、アラートを使うかどうかは関係なく、後述する目次の「バイアス=思い込みを外す」がめちゃくちゃ重要なページになります。 逆に「異世界アラートを欲しい」って思ったら、商材脳なんで、しばらくFXやめた方がいいと思いますよ。これで勝てるなら、さすがにお金取りますから。笑

【入門編】FX・バイナリーオプションを始めたきっかけと、現在のTATSUYA。

投資に興味を持ったきっかけは、勤めていた業界(製薬業)ではまだ珍しかったリストラを目の当たりにしたことでした。

サクッと辞めていった先輩もいれば、「こんなはずじゃなかった、、、」と悔しそうに去っていった先輩もいて、様々でした。

不動産投資をスタート

様々な情報を収集しましたが、最終的に不動産投資にチャレンジすることとなります。

FX自動売買を始めるきっかけ

後輩から勧められたFX自動売買

販売額はなんと35万円( ゚д゚)

開始から3ヶ月ほど稼げていました。

その後のTATSUYA

自動売買システムとの決別

アフィリエイターとして紹介しておりましたので、自分が稼働させないわけには行かず無理やり稼働し続けておりました。

これにより「もう限界だな」と判断しました

・「主導権を自分で握り、自分自身が誰にも奪われない知識と経験を得ることができる」

ユーザーから紹介者側へ

家族がいて、安定した収入があるけれど、将来が不安、、、。

これからも、一人でも多くの方に 「きっかけ」 を与えられるよう、コツコツ頑張ろうと思います。

IMアカデミーについて

金融リテラシーを学ぶ

孤独感と無縁

自動売買との付き合い方

【自動売買システムを使うべき人とは?】

✔︎指標や要人発言などのタイミングは 僕がFXを辞めた理由 「自主判断で」 稼働を停止

✔︎原因が明らかな一方への逆行は 「自主判断で」 損切り

✔︎万が一の為に資金には余裕を持って 「自主判断で」 稼働する

その為にIMアカデミーがベストだと判断しました。

「やりたくないことをやらない」という選択は簡単ではないと思います。

にわかに信じられない方は、まずは 僕にアクセスしてみて下さい!

最後まで記事をご覧頂きありがとうございました!

記事の内容で気になる部分があれば、 LINE公式アカウント より友達登録を して頂き、ガンガンご質問ください!

超初心者の僕がトレードで勝てるようになるまでの道のり|①FXトレードとの出会い


高校の部活も総体が終わり、いよいよ大学受験の時期になって
半年くらいは毎日6時間くらい勉強 をしていました。

全然面白くない話ですが、
頭脳的には良くも悪くもなく、普通の進学校で真ん中くらいの順位をいつも取っている、
ものすごい平均的な人間でした。

考え方も平均的で、その辺の普通の大学に行って、
大学に行きながら商売のこととか考えようかな~と思っていました。

で、いよいよ大学受験の時期に来て、
推薦で受けられる、合格確実だろうと先生も、親も、僕も思っている 滑り止めの大学 を受けて、
記念に受かったらいいなっていう ハードルの高い県外の大学 を2つ受けました。

2つのうち1つは直前の模試で D判定 で、
「どうかな~、ちょっと厳しいよな~」
というところと、

もう1つは直前の模試で 僕がFXを辞めた理由 E判定の合格率20%以下 で、
「まあ無理でしょ」
というところでした。

2つとも友達に
「一緒にこの大学受けようよ!」
と誘われたところで、まあ本当に受かったらラッキーという感じで受験しました。

ほどなくして、一番最初に通知が来たのが 滑り止めの大学 でした。

直前の模試でも A判定 で受かっているであろうところなので、
軽い気持ちで母親に声をかけると、ニコニコしながら僕の部屋までやってきました。

母親もどうやら合格を確信しているらしい感が出ていましたが、
それでも今まで受験戦争らしい受験戦争というものはなく、スイスイ序列的に小中高と来たので、
初めての子供の初めての 合否通知 にはやはり緊張しているようでした。

開き直るしかありません。

さあ、浪人するならどこで勉強するか・・・
このまま自宅学習でいくか、それとも予備校に行かせてもらおうか・・・

まあでも、あと 2校 受けてるし、それが決まってからだな。


この流れのお約束のように 2校とも合格 しました。

大学から新卒社員時代で挫折


大学に進学し、そしてかねてより目的であった お金 について、再度興味を持ち始めました。

大学でお金の勉強が出来たらいいな~と思っていて、
母親が税理士事務所に勤めていたのもあって、
お金儲けをしたいならお金の勉強をした方がいいよな と。

しかし、当然のように税理士を目指すのは難しく、
普通頭脳の僕では簿記2級を取るところで挫折 してしまいました。

そして体育会系の部活で頑張り、
ありがちな感じで授業もほとんど出ず、単位もギリギリで卒業して、
普通にサラリーマンとなりました。

サラリーマンになったらなったで欲が出て、
その会社で社長になるのも手だな・・・!

そして 幹部候補生 ということで迎え入れていただき、
必死に営業員としての職務をこなしました。

結果、新人社員では営業実績1位!!

全体の営業員でも約40人中8位と新人ながらまあまあの成績 を出すようになっていきました。

しかし、その仕事を続けていくうちに、
「このまま営業をやってても社長になれそうにないし、営業を頑張ったところで給料もたかがしれてるよなぁ・・・」
と思うようになりました。

この先このままいっても面白くないよなと思い、このままダラダラ生きててもな~・・・
と、軽く 人生に絶望 していました。

そんな時に先輩社員から、 僕の転機となったネットワークビジネスのお誘い がありました。

ネットワークビジネスでも挫折・・・


世間一般ではネットワークビジネスと言えばもの凄くイメージが悪くて、
「ねずみ講でしょ・・・」
「違法でしょ・・・」
「強引に洗剤売りつけるやつじゃないの?・・・」
みたいな感じで蔑まされていました。

「こんな仕事が世の中にあったのか・・・!!!」
と、純粋に感動しました。

「これ、みんなやるやつやんか!!」
「あの人も、あの人も、あの人も・・・みんなやったらハッピーになれるやんか!!」

本気でそう思った25歳のころ です。

そして家族や友達に声かけまくりました。

しかし、 20人に声かけてやっと1人 という、
そんな感じなので結局上手くいかない状態が続きました。

そんな中、その会社がお金を出してくれて参加した 自己啓発セミナー があり、
そこで出会ったNさんに別のネットワークビジネスを誘われて、
本気で僕の成功を願ってくれているというのを感じて、そっちに移りました。

しかし、もう1つ本音があって、
取り組んでいたネットワークビジネスが上手くいかず、
新しいものならこれから流行るかもしれない・・・
上手くいくんじゃないか・・・

という 逃げ腰スタンス でした。

それでも割と本気で活動していたと思いますが、
仕事の合間などでも活動をしていたら会社にバレて、

1、会社で営業社員をそのまま続ける?
2、退職してネットワークビジネスを続ける?

「このまま会社辞めたら次の就職は出来ないようにするよ」

と、上司に優しい口調で脅され、何故そんな権力があるのかわかりませんでしたが、
それでも僕はネットワークビジネスを選択し、
会社を退職して本気でネットワークビジネスをやることになりました。

両親はとても真面目 で、高校卒業してからずっと同じ仕事を続けてきたような人で、
「副業なんて・・・」
みたいな人です。

しかし思い切ってそれを両親に知らせると、
父親は何も言えず、
母親は「何てことを・・・」というようなことを言っていた気がします。

それからは毎日のように
「仕事を探して!」
「ノイローゼになる・・・(泣)」
「気になって仕事もまともにできない(悲)」

そんなメールが母親から届くようになりました。

そんなのが嫌になって僕は実家を出て、
一人暮らしをしている県外の友達の家を転々 とするようになりました。

そして主に大阪の友人宅を居候して回っていましたが、
本当は迷惑だったと思いますが、
嫌な顔もせずに受け入れてくれたのは本当に今でも感謝でいっぱいです。

ほどなくして資金が底をつき始めて、
活動を続けることはもちろん、ご飯を食べることも厳しい状態になっていきました。

本当にお金がない時はご飯に回すお金がもったいなくて、
ネットワークビジネスの商品を注文すると段ボールが届くんですが、
その段ボールの中に商品が傷つかないよう詰められている発泡スチロールのようなものがあり、
トウモロコシを原料に作られていて食べても害がないということで、
それを食べて凌いでいました。

・銀行でカーローンでお金を借りると低金利で借りれる 僕がFXを辞めた理由 僕がFXを辞めた理由
・振込先は車の販売会社が必要なのでNさんが持っていた会社を使っていい

ということで、 100万円借りて活動 することになりました。

それが結果として、より本気スイッチが入って良かったんだと思いますが、 僕がFXを辞めた理由
月20万円くらい ですが貰えることが出来るようになりました。

そして最悪なことに、
僕が銀行から借りてNさんの会社に振り込まれたはずの100万円のうち60万円しか受け取れず、 僕がFXを辞めた理由
あとの40万円は、実はNさんが抱えていた多額の借金返済の一部に充てられていた
ということが発覚しました。

・大勢の前で話をすること
・いろんなところに連れていってもらったこと(彼女か!)
・多くの人と出会わせてもらったこと

などを考えると感謝の気持ちが出てきて、 僕がFXを辞めた理由 あまり怒るという感じにはなりませんでした。

ただそれでも、Nさんを信じて続けていくのは難しく、
信頼関係が崩れてもう そのネットワークビジネスを辞めることになりました。


余談ですが、Nさんはその後も活動を続けて、かなりの地位を獲得
その勢いで妻もいましたがネットワークビジネスで出会った女性たちと遊びまくって離婚
明石家さんま がMCをやっていた”恋のから騒ぎ”僕がFXを辞めた理由 に最前列で座っていた女性と再婚
多額の借金の返済のため、詐欺的なことにも手を出して信頼を失い、グループは崩壊
借金を抱えながら女性たちと遊んでいることに気づいた妻は気が狂いそうになって再度離婚
そしてほとんど周りに人がいなくなって海外に逃亡した・・・

ビジネスで挫折して・・・


ネットワークビジネスを辞めてからは自宅に住んでいたため、
幸いそこまでお金は必要ではありませんでした。

ですが無収入の状態なので、 両親からは無言のプレッシャー がのしかかってきます。

そう思っていた時に、
ネットワークビジネスで出会ったIさんと一緒に仕事を始めることになりました。

その仕事は大した収入にはならなかったんですが、 僕がFXを辞めた理由
・中古のPC販売
・プリペイド携帯の販売

中古のPCは新聞等の広告欄に出して宣伝し、
プリペイド携帯は今はありませんが、免許不要で使えるため足が付かないということで、
夜系の人たちが住んでいそうなアパート等にチラシをまく
という感じで毎日活動していました。

一緒に仕事をしていたIさんは年上で変わった人で、今までサラリーマンをやったことがなく、
「サラリーマンをするくらいなら収入無くてもいい」
と言っていた人でした。

かなり男前で、昔は結構やんちゃで女遊びも適度にして、
その人はならなかったけど、 友人は何人かヤクザになった 、というような人でした。

そんなこんなでビジネスをやっていましたが、
やはりそれもそうそう上手くいかず、どうしようかと悩んでいた時に、
ビジネスの師匠でもあり、Nさんの元嫁の兄になるKさんから FX を勧められました。

Nさんとは連絡も取っていませんでしたが、
Kさんとはネットワークビジネスを辞めてからもやり取りは続いていて、
Kさん自身はカフェで成功を収めていた人で、色々と面倒を見てもらっていました。

【簡単】FX初心者でもわかる副業としてオススメしない理由

FX読書

もくじ1 プログラミンについての興味は何か2 プログラミングを学ぶ色々な選択肢3 仕事とプログラミングスクールを両立させる苦行4 プログラミングスクールのメリットとデメリット5 プログラミングスクール .

兼業ブロガーがアフィリエイトの勉強でブロバーに行ってみた

こんにちは、しば(@sibambajinji)です。 特化型がいいのか雑記でもいいのか日々迷いながら生きています。 この記事はブログ初心者のぼくが、最近噂の「ブロバー」に行った体験談です。 ブログを始 .

ブログ初心者が悩んでいることを整理して恥ずかしげもなく告白

こんにちは、しば(@sibambajinji)です。 この記事は ブログはじめたんだけど全然読まれないし、自分だけ周りに遅れているんじゃないかと錯覚している初心者のあなたに向けて書いています。 記事の .

専門卒がビジネススクールでMBAをとって気づいた5つの事実

こんにちは、しば(@sibambajinji)です。 ぼくは社会人になってから自分の能力がどこまで上がるか実験中です。 社会人になったら仕事や人間関係など悩みはつきません。 そうした場合は本やセミナー .

学び直しって必要なの?ぼくが行政書士を1年700時間勉強して受験しなかった話

もくじ1 仕事に何か役に立ちそうな資格を探した2 本以外を使って初めて自分で学習をした3 最後までカリキュラム通りに進めてみた4 まとめ 仕事に何か役に立ちそうな資格を探した こんにちは、しば(@si .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる