投資

金融機関員のFXブログ

金融機関員のFXブログ

金融機関員のFXブログ


私がいた頃の銀行は、かつて池井戸潤氏の「半沢直樹」、更には幸田真音氏や高杉良氏が描いた金融小説の主人公のように熱い人間ばかりだった。
自分の担当先企業が売上を伸ばす為には、どうしたら良いか?担当先企業が考えている事業を実現させる為に、金融のプロとして何をアドバイスすべきか?その事業を実現させる為に、銀行はどこまで腹を括って融資すべきか?(自分の銀行がメインバンクだったら、下位取引銀行の協調融資が必要かも含め)どうやって貸出稟議を通して、担当先企業の夢を実現させるか?
そんな事ばかり考えていた。金融のプロとしての自覚と志を決して忘れることなく、担当先企業の事業や事業計画には積極的に介入し、時には経営者と大喧嘩したこともある。生産工程のボトルネックを探るために、銀行の渉外活動中につなぎに着替えて旋盤を油まみれになりながら動かしたこともある。なぜ、在庫過多なのか?なぜ、在庫を一般的に健全と言われる財務指標以上に用立てする必要があるのかを理解するために、半日間担当先の冷凍倉庫で営業部長と議論を交わしたこともあった。協調融資が必要な時は、他行の担当者も集めて熱く議論したこともあった。


でも、今の銀行員はどうだろう。
「これは担保なければ無理ですね」「御社は設立1年以内だから、あと半年経ってから来てください」「御社は、在庫が多すぎるから、これ以上貸せません」そんな話ばかり…。確かに、融資・財務分析の基本で言えば、いずれも正解だ。ただ形式や表面の財務指標だけで判断するのは如何なものか。
企業の財務状況を胡麻化すような不健全融資をして、銀行の貸出資産を劣化させろと言っているのではない。もっと金融のプロとして、更に銀行は金融の中核であるとの自覚を持ち、担当先企業を育成・指導していくぐらいの気概がないとダメだ。どこまでリスクテイク出来るか、その裏付けは自身のコンサルティングによる案件の事業性評価を“きちんと”固めることでしかない。保証協会の保証が有れば良いというものではない。
そこまでリーダーシップを発揮して、担当先企業と、その地域の、ひいては日本の経済を「人・もの・金」の中でも「金を回す(融通する)」事で支えていく。単に銀行は金を貸せば良いというものではないはずだ。企業の健全性や将来の事業計画に積極的なコンサルテーションを銀行が行う事で、企業の信頼性が高まり、銀行もリスクテイクしやすくなると考える。難しい事ではない。ひと昔前の銀行がやっていたことだ。

初心者コーナー復習動画

2005年に会社員として働く傍らで、株のデイトレードをスタート。2006年FXに転向。2007年から投資ブログ「3万円からのFX投資生活」をスタート。そして2010年からのFXレバレッジ規制を機に、バイナリーオプション、CFD、日経225先物、商品先物なども幅広く取引するようになる。2012年のアベノミクス相場では6か月で3千万円稼いだ実績も。2013年7月投資利益を資本金とする株式会社を設立。専業トレーダーとなり現在に至る。
2018年2月に発行した著書「テクニック無用! 1分でできる本格「FX」投資術」では、シンプルかつ堅実に成果を上げるトレード法や、当社独自の自動売買ツール「オートレール」について紹介している。

関連リンク

本セミナーでは、セミナーでご紹介する商品等の勧誘を行うことがあります。
マネックス証券株式会社および説明者は、セミナーおよび関連資料等の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。
提供する情報等は作成時または提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社および説明者はセミナーおよび関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。
銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、セミナーおよび関連資料等は当社および情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。記載内容に関するご質問・ご照会等にはお応え致しかねますので、あらかじめご容赦ください。

FX PLUS(店頭外国為替証拠金取引)に関する重要事項

FX PLUSでは、取引対象である通貨の価格の変動により元本損失が生じることがあります。また、取引金額が預託すべき証拠金の額に比して大きいため(具体的な倍率は当社ウェブサイトをよくご確認ください)、取引対象である通貨の価格の変動により、その損失の額が証拠金の額を上回る(元本超過損)ことがあります。 さらに、取引対象である通貨の金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。FX PLUSは、店頭取引であるため、当社・カバー先の信用状況の悪化等により元本損失が生じることがあります。FX PLUSでは、損失が一定比率以上になった場合に自動的に反対売買により決済されるロスカットルールが設けられていますが、相場の急激な変動により、元本超過損が生じることがあります。加えて、相場の急激な変動により、意図した取引ができない可能性があります。

FX PLUSでは、取引通貨の為替レートに応じた取引額に対して一定の証拠金率以上で当社が定める金額の証拠金(必要証拠金)が必要となります。一定の証拠金率とは以下のとおりです。ただし、相場の急激な変動等の事由が発生した場合には当社判断により変更することがあります。
(個人口座)
原則4%(一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)
(法人口座)
金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号の定める定量的計算モデルにより金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率です。ただし、金融先物取引業協会の算出した為替リスク想定比率が、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率(原則1%、一部の通貨ペアでは8%、詳細は当社ウェブサイトをご確認ください)を下回る場合には、当社が通貨ペアごとに定める最低証拠金率を優先させることとします。

マネックス証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第165号 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 日本暗号資産取引業協会、一般社団法人 日本投資顧問業協会

当サイトは、株式会社新生銀行が同行の金融商品仲介をご利用のお客様へ勧誘する際に使用されることがあります。
株式会社新生銀行 登録金融機関:関東財務局長(登金)第10号 加入協会:日本証券業協会・一般社団法人 金融先物取引業協会

金融機関員のFXブログ

結局「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」以上、重要な機能を通称銀行の3大機能と言い、これらは銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」それにその銀行の持つ信用によってこそ機能しているものであると考えられる。
よく聞くFXとは、業者に補償金を預託し、外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出す取引のこと。外貨を扱っても外貨預金や外貨MMFよりも利回りが良く、さらには為替コストも安いという特徴がある。FXをはじめたい人は証券会社またはFX会社で購入できる。
よく聞くコトバ、外貨MMFって何?国内であっても売買できる貴重な外貨建て商品である。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りが高いうえ、為替の変動による利益は非課税であるという魅力がある。証券会社で誰でも購入できる。
一般的にバブル経済(80年代から91年)とは?⇒市場価格の動きが大きい資産(不動産や株式など)が取引される金額が度を過ぎた投機により経済の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、当然の結果として投機による下支えができなくなるまでの経済状態である。
タンス預金の盲点⇒物価上昇の(インフレ)局面では、物価が上昇した分だけ相対的に価値が目減りするのである。暮らしに必要のない資金だったら、安全性が高くて金利が付く商品にお金を移した方がよい。
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債であったり短期金融資産で運用する投資信託というものです。注意:取得後30日未満に解約の場合、手数料には違約金も合わせて請求されるということである。
15年近く昔の平成10年12月、総理府(現内閣府)の外局として大臣をその委員長と決められた新しい組織である金融再生委員会が設置され、のちに金融庁となる金融監督庁は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管理下に約2年7か月組み入れられたという事実がある。
信用格付機関による格付けを使用する理由(魅力)は、難しい財務に関する資料が読めなくても評価によって金融機関の財務状況が判断できるところにあって、ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することまで可能なのだ。
最終的には「重大な違反」になるかそうでないかは、監督官庁である金融庁が判断をすることだ。たいていのケースでは、小粒の違反がひどくあり、その影響で、「重大な違反」評価を下すことになる。
聞きなれたバンクという単語はイタリア語で机やベンチを意味するbancoに由来している。ヨーロッパで最も古い銀行⇒西暦1400年頃に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァで設立され大きな影響力のあったサン・ジョルジョ銀行です。
【用語】ペイオフってどういうこと?唐突な金融機関の経営破綻による倒産をしたことに伴い、預金保険法により保護対象とされている個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。 金融機関員のFXブログ
日本橋に本部を置く日本証券業協会の目的⇒協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の有価証券に関する売買等に関する取引業務を公正、そして円滑にし、金融商品取引業界全体の調和のとれたさらなる進歩を図り、投資してくれた者を保護することを目的としているのだ
全てと言っていいほど株式を公開している企業であるならば、運営の上で、資金調達が必要なので、株式の上場だけではなく社債も発行するのが当たり前になっている。株式と社債の一番の違いは、返済義務なのである。
このように「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上、3機能のことを銀行の3大機能と称することが多く、銀行の本業である「預金」「融資」「為替」、そしてその銀行の持つ信用力によってこそ実現されていることを忘れてはいけない。
結論として、第二種(一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が新たな金融商品としてファンドを発売し、適正に運営するためには、とてつもなく大量の「やるべきこと」、業者が「やってはいけないこと」が事細かに法律等により決められているのである。
クレジットカード スピード発行

出演者情報一覧

エミン ユルマズ

トルコ・イスタンブール出身。16歳で国際生物学オリンピックの世界チャンピオンに。97年に日本に留学。1年後に東京大学理科一類に合格,東大工学を卒業。その後同大学院で生命工学修士を取得。2006年野村証券入社,投資銀行部門、機関投資家営業部門に携わった後,2016年に複眼経済塾の取締役・塾頭に就任。
*主な著書* コロナ後の世界経済(集英社)米中新冷戦のはざまで日本経済は必ず浮上する(かや書房)、それでも強い日本経済!(ビジネス社)

大橋 ひろこ

大山 季之

岡村 友哉

小川 麻希

フリーアナウンサー。ラジオDJ。
大学卒業後フリーアナウンサーとして活動を開始。テレビではキャスター、リポーター、生中継、ナレーション等を経験。2019年、東京FM「TOKYO SPORTS GOOD」を担当以降、ラジオDJとしても活動の幅を広げている。趣味はよさこい、アユ釣り、スポーツ全般。特技はパントマイム、どんな言葉にもエコーをかけることができること。大学在学中には埼玉西武ライオンズの公式チアパフォーマーを務めていた。

小川 真由美

沖津 那奈

フリーアナウンサー。
前職はPR会社に勤務、2013年からフリーアナウンサーとして活動を開始。広報番組や競馬番組などでキャスター、リポーターの経験を積んだのち経済キャスターになりたくて猛勉強。その後、WORLDMARKETZ(ストックボイス・MX2)、東京マーケットワイド(ストックボイス・MX 1)で経済キャスターを務める。FP2級、趣味は温泉・サウナ・テンバガー株探し。

河野 恵

岸田 彩加

窪田 朋一郎

倉橋 麻生

齋藤 瑞穂

佐竹 明咲美

白幡 玲美

須貝 茉彩

鈴木 翔

高井 ひろえ

たけぞう

田嶋 智太郎

土谷 環

企業財務コンサルタント
リエゾン・マネジメント株式会社代表取締役。一般財団法人 日本・ベトナム文化交流協会事務局長。外資投資銀行、国内証券会社、銀行勤務を経て現職。財団法人や中小企業向けの財務経理顧問業務に従事。

天海 源一郎

東大金融研究会

中島 梓

西原 憲一

花咲 あいり

元宝塚歌劇団 金融機関員のFXブログ 宙組娘役 94期生。ダンスが得意な娘役として幅広い役で活躍。TAKARAZUKA SKY STAGE(CS)でスカイナビゲーターズを務め、番組のメインMCを経験。退団後は、ピラティスのマットインストラクター資格、マタニティピラティス産後運動指導資格を取得し、レッスンを開催する他、CMに出演など、タレントとしても活動している。

平松 伴康

タレント、ラジオパーソナリティ。名古屋学院大学卒業。 金融機関員のFXブログ
大学在学時からイベントMCやモデルなどを務め、卒業後はラジオパーソナリティとして活動。2012年から現在に至るまでFC岐阜のスタジアムDJを担当している。
2017年より活動拠点を東京へ拡大。現在は朝の情報番組や、事件事故の現場リポーターなどを担当している。趣味は料理やサッカー。プライベートでは育児にも積極的に参加。愛称はひらとも。

フランクリン クスマン

CFA協会認定証券アナリスト/キャピタル・アセット・マネジメント運用本部 株式運用部
2016年10月よりシニア・ポートフォリオ・マネージャーとして勤務している。2017 年 1 月に日本で最初の公募のESG 日本株ファンドである「CAM ESG日本株ファンド」を設定した。日本政府の奨学金を受けて来日し、筑波大学において飛び級第一号生として3 年間で学部を終了し、筑波大学大学院経営・政策研究科の修士号を取得した。
1994 年に MSCI(旧 BARRA Inc.)に入社し、ポートフォリオ・リスク・コンサルタントを務め、機関投資家における定量的なリスク管理の普及を図った。1996 年から 2016 年までロンドン証券取引所グループ(旧トムソンロイター)に勤務し、ロンドンでロイター通信の主力情報端末のグローバルプロダクトマネージャーを担当、東京に戻ってからは機関投資家向けの情報サービスのビジネスマネージャーとして従事した。日本のリッパーファンドアワード確定拠出年金(金融機関員のFXブログ DC ファンド)部門を開催した。

金融機関員のFXブログ

結局「金融仲介機能」、「信用創造機能」そして3つめの「決済機能」以上、重要な機能を通称銀行の3大機能と言い、これらは銀行の本業である「預金」「融資(貸付)」「為替」それにその銀行の持つ信用によってこそ機能しているものであると考えられる。
よく聞くFXとは、業者に補償金を預託し、外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出す取引のこと。外貨を扱っても外貨預金や外貨MMFよりも利回りが良く、さらには為替コストも安いという特徴がある。FXをはじめたい人は証券会社またはFX会社で購入できる。
よく聞くコトバ、外貨MMFって何?国内であっても売買できる貴重な外貨建て商品である。外貨建ての商品でも外貨預金と比較して利回りが高いうえ、為替の変動による利益は非課税であるという魅力がある。証券会社で誰でも購入できる。
一般的にバブル経済(80年代から91年)とは?⇒市場価格の動きが大きい資産(不動産や株式など)が取引される金額が度を過ぎた投機により経済の成長を超過したにもかかわらず高騰し続け、当然の結果として投機による下支えができなくなるまでの経済状態である。
タンス預金の盲点⇒物価上昇の(インフレ)局面では、物価が上昇した分だけ相対的に価値が目減りするのである。暮らしに必要のない資金だったら、安全性が高くて金利が付く商品にお金を移した方がよい。
【用語】MMF(マネー・マネジメント・ファンド):公社債であったり短期金融資産で運用する投資信託というものです。注意:取得後30日未満に解約の場合、手数料には違約金も合わせて請求されるということである。
15年近く昔の平成10年12月、総理府(現内閣府)の外局として大臣をその委員長と決められた新しい組織である金融再生委員会が設置され、のちに金融庁となる金融監督庁は2001年に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管理下に約2年7か月組み入れられたという事実がある。
信用格付機関による格付けを使用する理由(魅力)は、難しい財務に関する資料が読めなくても評価によって金融機関の財務状況が判断できるところにあって、ランキング表で複数の金融機関の健全性を比較することまで可能なのだ。
最終的には「重大な違反」になるかそうでないかは、監督官庁である金融庁が判断をすることだ。たいていのケースでは、小粒の違反がひどくあり、その影響で、「重大な違反」評価を下すことになる。
聞きなれたバンクという単語はイタリア語で机やベンチを意味するbancoに由来している。ヨーロッパで最も古い銀行⇒西暦1400年頃に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァで設立され大きな影響力のあったサン・ジョルジョ銀行です。
【用語】ペイオフってどういうこと?唐突な金融機関の経営破綻による倒産をしたことに伴い、預金保険法により保護対象とされている個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
日本橋に本部を置く日本証券業協会の目的⇒協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の有価証券に関する売買等に関する取引業務を公正、そして円滑にし、金融商品取引業界全体の調和のとれたさらなる進歩を図り、投資してくれた者を保護することを目的としているのだ
全てと言っていいほど株式を公開している企業であるならば、運営の上で、資金調達が必要なので、株式の上場だけではなく社債も発行するのが当たり前になっている。株式と社債の一番の違いは、返済義務なのである。
このように「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上、3機能のことを銀行の3大機能と称することが多く、銀行の本業である「預金」「融資」「為替」、そしてその銀行の持つ信用力によってこそ実現されていることを忘れてはいけない。
結論として、第二種(一種業者とは取り扱い内容が異なる)金融商品取引業者が新たな金融商品としてファンドを発売し、適正に運営するためには、とてつもなく大量の「やるべきこと」、業者が「やってはいけないこと」が事細かに法律等により決められているのである。
クレジットカード スピード発行

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる