無料セミナー

サービスブローカーとは

サービスブローカーとは
図2 マイクロサービスアーキテクチャにおけるデータベース設計

保険仲介・リスクソリューション事業

I&Tリスクソリューションズは主に企業向け保険ブローカー業務(保険仲介)、リスクコンサルティング業務を行っています。
保険ブローカーとしてのノウハウは、伊藤忠商事グループが海外において参画・受注する、各種のプロジェクト案件等によって蓄積してきました。その経験値を最大限に活用しながら、お客様(保険契約者)への総合的なリスク・マネジメント・アドバイス(リスクの分析、検証、分散/リスクヘッジの具体策)をご提供しています。
同時に、保険会社に対しては、お客様にとって最良の保険条件となるように、保険契約内容の詳細について交渉を行い、最適かつ最高条件の保険会社を選択した上で、お客様にご提案しています。
欧米では保険契約は保険ブローカーの媒介によるものが一般的となっており、日本でも1996年4月の保険業法改正により保険仲立人(保険ブローカー)制度が導入されました。弊社は国内ブローカーの中でトップクラスの陣容と実績を持っています。
保険仲介、リスクコンサルティングに関するご相談は弊社サイトよりお問い合わせください。

  • I&Tリスクソリューションズ株式会社

Cosmos Services Co., Ltd

Cosmos Services Co., Ltdはアジアを中心とした世界の保険会社/流通業者向けの再保険仲介事業と、主に法人保険顧客向けに専門ライン及びその他保険商品を仲介する元受保険仲介事業を行っています。同社は伊藤忠商事の子会社として1974年に設立され、35年以上にわたり保険ブローカー事業を行ってきました。現在、香港を本社としてタイ・台湾に拠点を展開し、特約/任意再保険の手配およびポートフォリオ分析・再保険手配の最適化などのコンサルティングサービス、役員賠償責任保険(D&O)や特殊傷害保険などのホールセール再保険手配、ならびに信用保険などの元受保険仲介サービスを提供しており、長年蓄積したノウハウとサービス体制に基づき、各分野の専門スタッフがお客様のご要望にお応えします。

  • Cosmos Services Co., Ltd

Gardia株式会社

Gardiaは飲食店や宿泊施設における「予約の無断キャンセル(No Show)」に対するリスク保証や、サブスクリプション型サービス提供事業者へのリスク保証サービス、プリペイドカード事業者などに対して保証付き後払い決済を行うサービス等を提供しております。
同社はリテール保証事業分野のパイオニアとして、多種多様な個人向けリスクの平準化を図るために新たな保証サービスを開しております。

プライムブローカーとは?

プライムブローカーは、特定のクライアントに特別なサービスを提供するブローカーまたは証券会社です。 これらのクライアントには、多くの場合、ヘッジファンド、ストックスペシャリスト、およびその他のマネーマネージャーが含まれます。 これらのクライアントに共通しているのは、日々のビジネスの過程で証券や資金を借りることができる必要性です。 ほとんどの大規模投資銀行は、これらのクライアントにプライムブローカーサービスを提供しています。

プライムブローカーが通常提供するサービスには、貸付金と証券のほかに、運用サポート、グローバルな管理、およびクライアントがポートフォリオのポジションを追跡できるようにする技術ツールが含まれます。 運用サポートとは、基本的に、プライムブローカーがクライアントと他のすべてのブローカー間のエージェントとして機能することを意味します。 ブローカーは、グローバルな親権の原則のためにこれを行うことができます。 これは、プライムブローカーがクライアントに代わってクライアントの資産を保有することを意味します。また、トランザクションのクローズと資産のサービスのための集中手段を提供します。

プライムブローカーの各クライアントには、ポートフォリオの管理に関連する特定の技術的ニーズがあります。 これらは、毎日の明細書のように単純なものでも、リアルタイムのポートフォリオレポートのように複雑なものでもかまいません。クライアントは、プライムブローカーと緊密に連携して、ニーズが満たされるようにする必要があります。 特定のプライムブローカーは、特定のクライアントにより専門的なサービスを提供しています。 例えば、プライムブローカーは、資金をヘッジするためにオフィススペースをリースするビジネスを行っている場合があり、また、取り決めの一部としてオンサイトサービスを含む場合があります。 特にヘッジファンドが運用を開始したばかりの場合は、リスク管理とコンサルティングサービスがこれらの中に含まれます。

ヘッジファンドの人気の高まりは、近年プライムブローカー間の競争のレベルを高め、それらは金融の世界で重要な存在となっています。 クライアントは、プライムブローカーを使用することにより、多くの実際的なメリットを享受できます。 プライムブローカーは通常、提供する資金調達と、取引を清算する際のアイテムごとの手数料を通じて収益を上げます。

プライムブローカレッジの概念は20世紀後半に生まれ、現在も進化しています。 プライムブローカーが最初に登場したとき、資産管理にすべてのトランザクションのパフォーマンスの退屈な追跡が含まれていた古いシステムよりも大きな利点を提供することがすぐに見られました。 このようにして、プライムブローカーは、ヘッジファンドがより大きく成長し、他の方法よりも収益性を高めることを可能にしました。 プライムブローカレッジにはいくつかのリスクが伴いますが、このリスクは慎重に管理されており、市場での有害事象の準備はビジネスを行うために必要な部分として行われます。

いまや IT サービス プロバイダーはデータ ブローカーである

また、IoT はビジネスをも変革しています。たとえば、GE ではエンジンにセンサーを組み込むことで、エンジンの状態をリアルタイムに近い形で監視できるようにしました。これによって航空会社は 10 ~ 40 % のコスト削減が可能になりました。ルールベースのメンテナンスから、より予測に基づいた介入に移行することで、GE はジェットエンジンを航空会社に販売するビジネスから、包括的な「サービスとしてのエンジン」製品を提供するビジネスに移行したのです。

このような IoT の可能性が多くの業界で認識されるにつれて、データの価値も向上します。そして、データのゲートキーパーであるサービス プロバイダーにとっては、企業が IoT 革命の約束を実現できるよう支援するまたとないチャンスなのです。こうした企業のデータ フローはまだ初期段階にあるため、データ管理やデータ集約、データ分析をまだビジネスにつなげられていません。

さらに大きなデータ市場

チャンスはさらに広がります。サービス プロバイダーが自社のデータ管理/集約プラットフォームを構築すれば、収集したデータの分析が初期段階で可能になり、(これは上流に送るべき情報を決定するのに非常に重要です)そしてこのデータを販売することも可能になります。同じデータ セットが、異なるコンシューマやアプリケーションにとって有用である場合があります。たとえば、乗用車から収集したデータは、その車の製造者、運転手、そして保険会社にも役立つでしょう。

アプリケーションの有効化

こうした新たなチャンスを活用できるデータ管理環境を構築するには、サービス プロバイダーは IoT に適したプラットフォームを開発、展開する必要があります。アプリケーション開発機能を備えたプログラム可能なプラットフォームに移行し、複数の業種別アプリケーションを作成できるようにすることです。

次世代の IoT サービス プロバイダー

こうした移行を実現することは大きな変革であり、多くの課題とチャンスを伴います。現在、通信事業者の準備状況は以下の 3 サービスブローカーとは 段階のいずれかに当てはまります。第 1 段階は、まだアクセス ネットワークを活用するための IoT の接続性や、LoRa などのテクノロジーによるネットワークの強化が重要事項となっています。第 2 段階は、アプリケーションの有効化に向けて移行している途中です。第 3 段階は、理想的な IoT プラットフォームを展開しています。ほとんどの事業者は第 2 段階あたりで、IoT を重視する明確な戦略はありながら、まだいくつか実施事項は残っているという状況です。

ここでシスコがお役に立ちます。目標の達成に役立つ一連のソリューションやプラットフォームを提供することで、Internet of Things に向けた道のりを踏み出すサービス プロバイダーをサポートします。シスコにはさまざまな業界のエンド カスタマーと協働した豊富な経験があり、独自の要件に対応できるソリューションやプラットフォームを確実にお届けできます。シスコのビジネス ソリューション グループが、プロバイダーが前進するために必要な IoT 戦略とビジネス ケースの策定を支援します。これらはすべて、第 3 段階への到達、また「データ」という非常に価値の高い新商品の、真の値打ちを認識するにあたって重要なことです。

こちらで サービスブローカーとは Cisco Expert in Mobility and IoT(モビリティと IoT 分野のシスコ エキスパート)のビデオ インタビューをご覧いただけます。

この記事は、サービス プロバイダー IoT ソリューションのシニア システム アーキテクト Eric Hamel によるブログ「Now IT service providers are data brokers」(2016/8/23)の抄訳です。

プライム・ブローカー・サービス

プライムブローカー・レバレッジ

Interactive Brokers LLCでは、規制によって必要とされる資本をUS $6.2億上回るUS $10.01億以上を、正味の規制資本として保有しています。弊社では独自のソフトウェアを使用してブローカーディーラー機能を自動化し、また取引所とこのソフトウェアを自動的に機能する、ひとつの計算されたプラットフォームにまとめています。お客様によってトレーダー・ワークステーション(TWS)やその他の注文管理システムに入力される注文は、弊社独自の注文ルーティング技術により、電子的にマーケットにルーティングされます。

低リスクのビジネスモデル

Interactive Brokers LLCはお客様の仲介ブローカーとして機能しています。プロップ取引デスクやセールス取引デスクは保有せず、自身のための取引は行いません。

顧客資産の保全

一貫性のあるパフォーマンス

プライムブローカー・チャート

クライアント口座

プライムブローカー・チャート: お客様の資本

お客様の株式
  1. インタラクティブ・ブローカーズ・グループおよびその前身となる関連会社の内容も含めます。
  2. 2021年第4四半期現在。

Interactive Brokers ®, IB SM , InteractiveBrokers.com ®, Interactive Analytics ®, IB サービスブローカーとは Options Analytics SM , IB SmartRouting SM , PortfolioAnalyst ®, IB Trader Workstation SM およびOne World, One Account SM はInteractive Brokers LLCの登録商標です。統計情報等をはじめとする上記の内容の裏付けは別途ご依頼いただければご案内致します。表示される取引のティッカーシンボルは説明目的で使用するものであり、特定の銘柄を推奨するものではありません。

マイクロサービスアーキテクチャとそれを支える技術

さらに、マイクロサービス同士の通信は原則として公開APIを通じてのみ行うことから、これらAPIの仕様を事前に十分に検討しておかなければならない。データベースについても設計時に注意が必要で、マイクロサービスアーキテクチャでは基本的にはマイクロサービスごとに固有のデータベースやストレージを持ち、基本的にほかのマイクロサービスが管理しているデータベースやストレージには直接アクセスできないよう設計するのが基本となっている(図2)。そのため、複数のマイクロサービスにまたがるトランザクションは実現が難しい。

図2 マイクロサービスアーキテクチャにおけるデータベース設計

図2 マイクロサービスアーキテクチャにおけるデータベース設計

マイクロサービスで使われる技術

データベースの選択と設計

一方でこのような設計のために発生するデメリットもある。まず、ほかのマイクロサービスが管理するデータベース内のデータが必要となる場合にそのマイクロサービスを経由してデータを取得しなければならないという点だ(図3)。

図3 ほかのマイクロサービスが管理するデータにはそのマイクロサービス経由でアクセスする

図3 ほかのマイクロサービスが管理するデータにはそのマイクロサービス経由でアクセスする

コンポーネント間通信技術の選定

マイクロサービス同士がやり取りする情報は「メッセージ」と呼ばれる。メッセージのやり取りには大きく分けると同期的な手法と非同期的な手法の2種類があり、同期的なメッセージ通信では送信元と送信先が同期して処理を行う(図4)。

図4 同期的なメッセージ通信

図4 同期的なメッセージ通信

一方、非同期的なメッセージ通信では、マイクロサービスが送信したメッセージはメッセージキューに保存され、送信後に即座に次の処理を実行できるという特徴がある(図5)。

図5 非同期的なメッセージ通信

図5 非同期的なメッセージ通信

同期的なメッセージ通信の選択肢

同期的なメッセージ通信の実現手法として一般的なのが、HTTPベースでメッセージのやり取りを行う手法だ。HTTPは広く普及しており、クライアント/サーバーを実装したライブラリも多数選択肢があるため利用しやすい。ただし、やり取りしたいデータやエンドポイント(接続先URL)をどのような形で表現するかについては複数の手法がある。そのなかでも現在広く使われているのが「REST」と「RPC(RPC over HTTP)」だ(図6)。

図6 RESTとRPCの違い

図6 RESTとRPCの違い

非同期的メッセージ通信の選択肢

非同期にメッセージをやり取りする手法は「メッセージキュー」と呼ばれる。メッセージキューの実装にはさまざまなものがあるが、大きく「ブローカード」と「ブローカーレス」の2つのアーキテクチャに分類できる。「ブローカー」は直訳すると「仲介者」という意味で、その名の通り仲介者となるプログラムを介してメッセージをやり取りするアーキテクチャを「ブローカード」、仲介者なしで直接送信元と送信先がメッセージをやり取りするアーキテクチャを「ブローカーレス」と呼ぶ(図7)。

図7 メッセージキューの実装手法

図7 メッセージキューの実装手法

ブローカードのメッセージキューとしては「RabbitMQ」や「Apache ActiveMQ」などが有名だ。これらはAMQP(Advanced Message Queuing Protocol」というプロトコルのオープンソース実装で、利用の際はブローカーとなるプログラムを立ち上げておく必要がある。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる