FXを始めよう

実質コストがもっとも安いファンドは

実質コストがもっとも安いファンドは
サイト管理人

投資信託(インデックスファンド)のオススメは?手数料やパフォーマンスを選び方から徹底比較– category –

サイト管理人

投資信託とは?【基礎編】

仕組み・特徴

投資信託の仕組み

投資信託のメリット

  • 小額から投資が可能
  • リスクを抑えた分散投資が可能

小額から投資ができる

リスクを抑えた分散投資が可能

注意点・デメリットは?

サイト管理人

投資信託の選び方・手順

  1. 投資方針・資産配分を決める
  2. 各資産毎に該当ファンドを選ぶ
    (基準:ベンチマークとの乖離、信託報酬、実質コストなど)

サイト管理人

投資信託を選ぶ前に重要な運用方針の決定

事前準備が必要|投資信託を選ぶ手順・流れ

  1. インデックス・アクティブ運用を選ぶ
  2. 資産配分(アセットアロケーション)を決定

サイト管理人

1986年、ゲイリー・P・ブリンソン(Gary P. Brinson), ランドルフ・フード(L. Randolph Hood)、 SEIのギルバート・L・ビーバウアー(Gilbert L. Beebower) (以下BHB)らは、1974年から1983年までにおける91の大型年金基金のアセットアロケーションに関する研究を発表した。[15] BHBらは、年金基金の、株式、債券、現金同等物の選択内容を、それぞれ対応する市場インデックスへ置き換えた。 その結果、四半期リターンでは、インデックス(ベンチマーク)へ置き換えたほうが、年金基金の実際の選択内容よりも高かった。 また、双方は線形相関で平均決定係数93.6%を測定した。 1991年の、ブリンソン、シンガー(Singer)、ビーバウアーらのフォローアップ研究では、平均決定係数91.5%を測定した。研究の結論としては以下を述べた。[16]

個々の結果は大きく異なるものの、一般的には投資成績と投資行動の間に 正の相関関係を見つけることは困難だった。たとえば、ベンチマークよりも多いリターンは、アクティブ運用のレベルとは無関係のように見えた。
マネージャーは債券と現金のベンチマークよりも、株式のベンチマークを上回ることが困難と思われた。年金基金のポートフォリオにおいて、より多くの利益貢献が債券と現金からあった。
資産配分についてのこれら過去の研究結果は、今後の投資判断、とくにリスクの取り方について役立つと思われる。

引用元:Wikipedia-アセットアロケーション

【2022年5月】NISA・つみたてNISA銘柄のおすすめ人気ランキング40選【徹底比較】

スキラージャパン株式会社代表取締役、伊藤亮太FP事務所代表。 ファイナンシャル・プランナーとして、年間平均約100~200件の相談(資産運用、相続、保険の見直し、住宅ローンなどのローン相談等)を行うほか、証券外務員やFP資格取得講師、金融経済情勢、富裕層顧客開拓スキル、ドクターマーケット開拓、年金、四季報活用講座などの研修講師を行う。 東洋大学経営学部非常勤講師 大手前大学現代社会学部非常勤講師 〔主な著書〕 『図解金融入門 基本と常識』(西東社) 『FP技能士2級・AFP重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 実質コストがもっとも安いファンドは 『FP技能士3級重要過去問スピード攻略』(成美堂出版) 『円安で利益倍増!ウマイ投資法がわかる本』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) 『不動産投資44の法則』(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア、共著) など

法人向けの資産相談業務やグループ企業の経営管理、分散金融市場における資産運用事業を手がける。その他、大手のビジネス系メディア「マネー現代:講談社」「ITmediaビジネスオンライン」「四季報オンライン」等で執筆も行っている。 OKOSUMO(公式サイト):https://okosumo.実質コストがもっとも安いファンドは com/ Twitter:https://twitter.com/full_tangent

検証のポイント

検証① 信託報酬の安さ

検証② リターンの高さ

検証③ リターンのブレ幅

自社施設

NISAとは?つみたてNISAとの違いは?

NISAとは?つみたてNISAとの違いは?

NISAとは、一般NISAとつみたてNISAに分かれ、一定額までの投資による運用益が非課税になる制度のこと。

たとえば、株式や投資信託を売却した際に10万円の利益が出た場合、本来は10万円に対して20.315%の税金が発生します。一般NISAやつみたてNISAを利用して投資していると、10万円の運用益をそのまま受け取ることが可能。運用を効率的に進めたい人に、おすすめな制度といえます。

一般NISAとつみたてNISAの主な違いは、非課税となる金額・期間・対象商品です。一般NISAは年間120万円分の投資が5年間非課税になるのに対し、つみたてNISAは年間40万円分の投資が20年間非課税に。最終的に非課税で運用できる金額も、NISAは600万円、つみたてNISAは800万円と異なります。

また、一般NISAでは株式・投資信託など対象商品が幅広いですが、つみたてNISAは金融庁が定めた基準をクリアした投資信託・ETFのみ。どちらも長所はありますが、一般NISAはさまざまな商品に自由に投資したい人、つみたてNISAは長期運用でコツコツ派の人向けといえます。ただし、一般NISA・つみたてNISAは、年間でどちらかしか利用できないことには注意してください。

投資信託とは?

投資信託とは?

投資信託とは、プロに運用をお任せできる初心者でも始めやすい商品のこと。集めた資金の投資先や売買のタイミングをファンドマネージャーが決定してくれます。そのため、投資経験がなく知識面で不安のある人でも気軽に投資に参加できますよ。

また、リスクを抑える分散投資をしてみたい人にもおすすめです。投資信託では、株式・債券・REITなどへ、運用のバランスを考えながら分散して投資されます。リターン重視の株式特化型商品でも、さまざまな業種の株式で運用されるため、特定銘柄だけの運用よりリスクが軽減されるのも魅力的です。

ただし、投資信託はリアルタイムでの売買ができません。価格の更新はそれぞれの市場が終了したあとの1日1回だけなので、注文時に確認した値段と約定した値段ではズレが出ることに注意しましょう。なお、投資信託も株式と同じように、元本保証ではないことも忘れないでください。

インデックス型とは?アクティブ型との違いは?

インデックス型とは?アクティブ型との違いは?

インデックス型とは、日経平均などの指数に値動きが連動する投資信託のこと。アクティブ型は、目標とした指数を上回るために運用担当者が企業などをリサーチして、投資する銘柄を選定する投資信託のことです。

インデックス型は、指数を上回るパフォーマンスを実現するための企業調査を行わないので、コストは比較的安くなります。対象となる指数も、さまざまな業種の株式で構成されているため、自然とリスク分散されるのもメリット。NISAでは、長期での運用がメインとなるので、リスク分散でき、コストの安いインデックス型はうってつけといえます。

一方、アクティブ型は状況に応じて自由に取引できるのが魅力的です。相場がよいときは株式などを増やし、悪いときは現金などの比率を増やすなど臨機応変に対応可能。ファンドマネージャーの実力によりますが、値上がり・値下がり幅をインデックス型よりもよい方向に向けられる商品もあるでしょう。

アクティブ型は、成長力が高く、時価総額の小さい株式にも投資できるのがメリット。日経平均やS&P500などの指数には、一定の基準を満たす銘柄が採用されます。そのため、インデックス型では投資できない株式にもアクティブ型なら投資できますよ。

しかし、アクティブ型で指数の成績を上回っている商品は全体でも1〜2割ほどです。パフォーマンスがどうなるか担当者次第のアクティブ型より、低コストで効率よく運用できるインデックス型のほうが無難といえるでしょう。

NISA・つみたてNISA銘柄の選び方

NISA・つみたてNISA銘柄を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

① まずは信託報酬の安い投資信託を選ぼう。初心者ならインデックス型が無難!

まずは信託報酬の安い投資信託を選ぼう。初心者ならインデックス型が無難!

効率的に利益を出したいなら、信託報酬が安い投資信託がおすすめです。

検証における信託報酬の平均は、インデックス型が0.21%・アクティブ型が1.28%となりました。それぞれ100万円で20年間運用した場合は、最終的に約21万円ほどの差に。運用に自信のない初心者は、コスト面で有利になるインデックス型を選んでおくのが無難でしょう。

投資信託の主なコストは、購入手数料と信託報酬の2種類。購入手数料は購入時のみですが、信託報酬は運用期間中は常に発生します。そのため、保有期間中に年率で発生する信託報酬が安い商品ほど、最終的な利益をより大きくできますよ。

実質コストがもっとも安いファンドは

\ネット証券 口座数No.1/

SBI証券の公式サイトへのリンク

2. SBI証券の「つみたてNISA月間積立設定金額ランキング」総括

SBI証券の「つみたてNISA月間積立設定金額ランキング」総括

2.1.「米国株式型」「世界株式型」を選ぶ人が多い

「米国株式型」「世界株式型」を選ぶ個人投資家が多い

  • 米国株式型:4本
  • 全世界株式型:4本
  • 先進国株式型:1本
  • バランス型:1本

米国株式型が4本もあることから、 世界経済の中心である米国の長期的な株価上昇を期待して積立設定をした人が多かった と考えられます。

2.2. 資産形成の鉄則は「長期・積立・分散」

資産形成の鉄則は「長期・積立・分散」

資産形成の鉄則は、信託報酬が低いインデックスファンドによる 「長期・積立・分散」 です。

ただし、 今後も経済の成長が期待でき、長期的に見ると株価が右肩上がりになる確率が高い国や地域に投資することが前提であることを忘れてはいけません。

米国は移民を受け入れて人口が増えており、労働者が生み出すサービスの価値の合計(=GDP)の増加とともに長期的な株価の上昇が期待できます。

\ネット証券 口座数No.1/

SBI証券の公式サイトへのリンク

3. 資産形成には「インデックスファンド」が最適

インデックスファンドのイメージ図

繰り返しになりますが、 資産形成の基本は、低コストのインデックスファンドによる運用 です。

数ある選択肢のなかから、あえて信託報酬が安いファンドを選ぶということは、 わずかなコストの差が10年や20年といった長期になると大きなパフォーマンスの差になって表れる ことを個人投資家は知っているからだと考えられます。

信託報酬の違いによるパフォーマンスの優劣比較

そのため、同じ資産クラスの投資信託で迷ったら、 初心者の方は信託報酬が低いほうを選んでおくことをおすすめします。

実質コストがもっとも安いファンドは

実質コストがもっとも安いファンドは \ネット証券 口座数No.1/

SBI証券の公式サイトへのリンク

2. SBI証券の「つみたてNISA月間積立設定金額ランキング」総括

SBI証券の「つみたてNISA月間積立設定金額ランキング」総括

2.1.「米国株式型」「世界株式型」を選ぶ人が多い

「米国株式型」「世界株式型」を選ぶ個人投資家が多い

  • 米国株式型:4本
  • 全世界株式型:4本
  • 先進国株式型:1本
  • バランス型:1本

米国株式型が4本もあることから、 世界経済の中心である米国の長期的な株価上昇を期待して積立設定をした人が多かった と考えられます。

2.2. 資産形成の鉄則は「長期・積立・分散」

資産形成の鉄則は「長期・積立・分散」

実質コストがもっとも安いファンドは 資産形成の鉄則は、信託報酬が低いインデックスファンドによる 「長期・積立・分散」 です。

ただし、 今後も経済の成長が期待でき、長期的に見ると株価が右肩上がりになる確率が高い国や地域に投資することが前提であることを忘れてはいけません。

米国は移民を受け入れて人口が増えており、労働者が生み出すサービスの価値の合計(=GDP)の増加とともに長期的な株価の上昇が期待できます。

\ネット証券 口座数No.1/

SBI証券の公式サイトへのリンク

3. 資産形成には「インデックスファンド」が最適

インデックスファンドのイメージ図

繰り返しになりますが、 資産形成の基本は、低コストのインデックスファンドによる運用 です。

数ある選択肢のなかから、あえて信託報酬が安いファンドを選ぶということは、 わずかなコストの差が10年や20年といった長期になると大きなパフォーマンスの差になって表れる ことを個人投資家は知っているからだと考えられます。

信託報酬の違いによるパフォーマンスの優劣比較

そのため、同じ資産クラスの投資信託で迷ったら、 初心者の方は信託報酬が低いほうを選んでおくことをおすすめします。

実質コストがもっとも安いファンドは

20代(男性) 独身20代(男性) 独身

20代(男性) 独身20代(男性) 独身

実質コストがもっとも安いファンドは 実質コストがもっとも安いファンドは
ファンド名 毎月の投資額 つみたて投資
開始時期
eMAXIS Slim
先進国株式
インデックス
10,000円 2016年1月
eMAXIS Slim
新興国株式
インデックス
20,000円 2018年1月
eMAXIS Slim
米国株式
(S&P500)
20,000円 2019年7月

  • ※ 上記は、掲載内容は個人の見解であり、必ずしも所属する企業や組織の立場、戦略、意見を代表するものではありません。
  • 2020年7月31日時点

30代(男性) 既婚(子ども2人)20代(男性) 独身

30代(男性) 既婚(子ども2人)20代(男性) 独身

ファンド名 毎月の投資額 つみたて投資
開始時期
eMAXIS Slim
全世界株式
(オール・カントリー)
50,000円 2019年1月
eMAXIS Slim
新興国株式
インデックス
33,333円 2019年5月

  • ※ 上記は、掲載内容は個人の見解であり、必ずしも所属する企業や組織の立場、戦略、意見を代表するものではありません。
  • 2020年7月31日時点

30代(女性) 既婚(子ども2人)20代(男性) 独身

30代(女性) 既婚(子ども2人)20代(男性) 独身

ファンド名 毎月の投資額 つみたて投資
開始時期
eMAXIS Slim
先進国株式
インデックス
10,000円 2019年1月
eMAXIS Slim
新興国株式
インデックス
10,000円 2019年1月

  • ※ 上記は、掲載内容は個人の見解であり、必ずしも所属する企業や組織の立場、戦略、意見を代表するものではありません。
  • 2020年7月31日時点

40代(男性) 既婚(子ども2人)20代(男性) 独身

40代(男性) 既婚(子ども2人)20代(男性) 独身

ファンド名 毎月の投資額 つみたて投資
開始時期
eMAXIS Slim
全世界株式
(オール・カントリー)
33,000円 2019年11月
eMAXIS Slim
全世界株式
(除く日本)
20,000円 2018年5月

2019年8月
日本株式
インデックス
ファンドA
(他社商品)
10,000円 2017年1月

  • ※ 上記は、掲載内容は個人の見解であり、必ずしも所属する企業や組織の立場、戦略、意見を代表するものではありません。
  • 2020年7月31日時点
  • ※ 上記は三菱UFJ国際投信社員のうち、eMAXIS Slimを保有している社員へのインタビューを元に作成、掲載しております。上記は個人の意見であり、必ずしも所属する企業や組織の立場、意見を代表するものではありません。また、将来の運用成果を保証するものではありません。投資に関する決定はお客様ご自身のご判断と責任のもとに行っていただきますようお願いいたします。
  • 2020年7月31日時点

保有者の声をもう一度見る

eMAIXS お客さま感謝祭は、
SBI証券でも大人気、eMAXISシリーズの"メーカー"である
三菱UFJ国際投信のファンドマネージャーも登場。
より運用会社や投資信託を身近に感じていただけるイベントです。

<eMAXIS Slimのリスク> 実質コストがもっとも安いファンドは
●基準価額の変動要因
基準価額は、株式・リート市場の相場変動による組入株式・リートの価格変動、金利変動による組入公社債の価格変動、為替相場の変動等により上下します。また、組入有価証券等の発行者の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の影響を受けます。これらの 運用により信託財産に生じた損益はすべて投資者のみなさまに帰属します。
したがって、 投資者のみなさまの投資元本が保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。
投資信託は預貯金と異なります。
主な変動要因は、価格変動リスク、為替変動リスク、信用リスク、流動性リスク、カントリー・リスクです。上記は主なリスクであり、これらに限定されるものではありません。くわしくは投資信託説明書(交付目論見書)をご覧ください。

ファンドにより定められた一定率 (年率0.0968%(税抜 年率0.0880%)以内〜年率0.22%(税抜 年率0.2%)以内) を日々の純資産総額にかけた額

《ご注意》
上記のリスクや費用項目につきましては、eMAXIS Slimを構成する投資信託を想定しております。費用の料率につきましては、eMAXIS Slimを構成する投資信託のうち、ご負担いただくそれぞれの費用における最高の料率を記載しております。投資信託に係るリスクや費用は、それぞれの投資信託により異なりますので、ご投資をされる際には、事前によく投資信託説明書(交付目論見書)でご確認の上、慎重にお選びください。

<指数について>
●東証株価指数(TOPIX)(配当込み)
東証株価指数(TOPIX)(配当込み)とは、東京証券取引所第一部に上場する内国普通株式全銘柄を対象として算出した指数で、わが国の株式市場全体の値動きを表す株価指数です。東証株価指数(TOPIX)(配当込み)(TOPIXといいます)の指数値およびTOPIXの商標は、東京証券取引所の知的財産権であり、株価指数の算出、指数値の公表、利用などTOPIXに関するすべての権利およびTOPIXの商標に関するすべての権利は東京証券取引所が有します。

●MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)
MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)とは、MSCI Inc.が開発した株価指数で、日本を除く世界の先進国で構成されています。MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)は、MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、米ドルベース)をもとに、委託会社が計算したものです。また、MSCIコクサイ・インデックスに対する著作権及びその他知的財産権はすべてMSCI Inc.に帰属します。

●S&P500指数
S&P500®指数とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLCCが公表している株価指数で、米国の代表的な株価指数の1つです。市場規模、流動性、業種等を勘案して選ばれたニューヨーク証券取引所等に上場および登録されている500銘柄を時価総額で加重平均し指数化したものです。
S&P500指数(配当込み、円換算ベース)は、S&P500指数(配当込み)をもとに、委託会社が計算したものです。
S&P500指数は、S&P Globalの一部門であるS&P Dow Jones Indices LLCまたはその関連会社(「SPDJI」)の商品であり、これを利用するライセンスが三菱UFJ国際投信株式会社に付与されています。Standard & Poor’s®およびS&P®は、S&P Globalの一部門であるStandard & Poor’s Financial Services LLC(「S&P」)の登録商標で、Dow Jones®はDow Jones Trademark 実質コストがもっとも安いファンドは Holdings LLC(「Dow Jones」)の登録商標であり、これらの商標を利用するライセンスがSPDJIに、特定目的での利用を許諾するサブライセンスが三菱UFJ国際投信株式会社にそれぞれ付与されています。当ファンドは、SPDJI、Dow Jones、S&P、それらの各関連会社によってスポンサー、保証、販売、または販売促進されているものではなく、これらのいずれの関係者も、かかる商品への投資の妥当性に関するいかなる表明も行わず、当インデックスのいかなる過誤、遺漏、または中断に対しても一切の責任を負いません。

●MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み)
MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み)とは、MSCI Inc.が開発した株価指数で、世界の先進国・新興国の株式で構成されています。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)は、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、米ドルベース)をもとに、委託会社が計算したものです。また、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックスに対する著作権及びその他知的財産権はすべてMSCI Inc.に帰属します。

●MSCIエマージング・マーケット インデックス(配当込み)
MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)とは、MSCI Inc.が開発した株価指数で、世界の新興国で構成されています。MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円換算ベース)は、MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み、米ドルベース)をもとに、委託会社が計算したものです。また、MSCIエマージング・マーケット・インデックスに対する著作権及びその他知的財産権はすべてMSCI 実質コストがもっとも安いファンドは Inc.に帰属します。

●MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み)
MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み)とは、MSCI Inc.が開発した株価指数で、日本を除く世界の先進国・新興国の株式で構成されています。MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)は、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、配当込み、米ドルベース)をもとに、委託会社が計算したものです。また、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本)に対する著作権及びその他知的財産権はすべてMSCI Inc.に帰属します。

●FTSE世界国債インデックス(除く日本)
FTSE世界国債インデックス(除く日本)は、FTSE Fixed Income LLCにより運営され、日本を除く世界主要国の国債の総合収益率を各市場の時価総額で加重平均した債券インデックスです。同指数のデータは、情報提供のみを目的としており、FTSE Fixed Income LLCは、当該データの正確性および完全性を保証せず、またデータの誤謬、脱漏または遅延につき何ら責任を負いません。このインデックスに対する著作権等の知的財産その他一切の権利はFTSE Fixed Income LLCに帰属します。FTSE世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)とは、FTSE世界国債インデックス(除く日本)をもとに、委託会社が計算したものです。

●S&P先進国REITインデックス 実質コストがもっとも安いファンドは
S&P先進国REITインデックスとは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCが有するS&Pグローバル株価指数の採用銘柄の中から、不動産投資信託(REIT)及び同様の制度に基づく銘柄の浮動株修正時価総額に基づいて算出される指数です。S&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み、円換算ベース)は、S&P先進国REITインデックス(除く日本、配当込み)をもとに、委託会社が計算したものです。S&P先進国REITインデックスはS&P Dow Jones Indices LLC(「SPDJI」)の商品であり、これを利用するライセンスが三菱UFJ国際投信株式会社に付与されています。Standard & Poor’s®およびS&P®はStandard & Poor’s Financial Services LLC(「S&P」)の登録商標で、Dow Jones®はDow Jones Trademark Holdings LLC(「DowJones」)の登録商標であり、これらの商標を利用するライセンスがSPDJIに、特定目的での利用を許諾するサブライセンスが三菱UFJ国際投信株式会社にそれぞれ付与されています。当ファンドは、SPDJI、Dow Jones、S&Pまたはそれぞれの関連会社によってスポンサー、保証、販売、または販売促進されているものではなく、これら関係者のいずれも、かかる商品への投資の妥当性に関するいかなる表明も行わず、S&P先進国REITインデックスの誤り、欠落、または中断に対して一切の責任も負いません。

合成ベンチマークを構成する指数
【eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)】
[国内株式]東証株価指数(TOPIX)(配当込み)、[先進国株式(除く日本)]MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)、[新興国株式]MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)。構成する各指数の詳細な説明は、上記をご参照下さい。

【eMAXIS Slim バランス(8資産均等型】
[国内株式]東証株価指数(TOPIX)(配当込み)、[先進国株式(除く日本)]MSCIコクサイ・インデックス(配当込み)、[新興国株式]MSCIエマージング・マーケット・インデックス(配当込み)、[国内債券]NOMURA-BPI総合、[先進国債券(除く日本)]FTSE世界国債インデックス(除く日本)、[新興国債券]JPモルガンGBI‐EMグローバル・ダイバーシファイドとは、J.P.モルガン・セキュリティーズ・エルエルシーが算出し公表している指数で、現地通貨建てのエマージング債市場の代表的なインデックスです。現地通貨建てのエマージング債のうち、投資規制の有無や、発行規模等を考慮して選ばれた銘柄により構成されています。JPモルガンGBI‐EMグローバル・ダイバーシファイド(円換算ベース)とは、J.P.モルガン・セキュリティーズ・エルエルシーが算出し公表しているJPモルガンGBI‐EMグローバル・ダイバーシファイド(ドルベース)をもとに、委託会社が計算したものです。当指数の著作権はJ.P.モルガン・セキュリティーズ・エルエルシーに帰属します。[国内不動産投資信託証券]東証REIT指数(配当込み)、[先進国不動産投資信託証券(除く日本)]S&P先進国REITインデックス。構成する各指数の詳細な説明は、上記をご参照下さい。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる