営業の攻略法

楽天証券について

楽天証券について

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 楽天証券について 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

投資信託のリスクと費用について

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式 組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が円建て公社債 楽天証券について 金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの 組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「買付手数料」:ファンドによって異なります。 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用 「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。 ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込) 楽天証券について 楽天証券について
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 楽天証券について 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込) 楽天証券について
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

投資信託のリスクと費用について

投資信託の取引にかかるリスク

主な投資対象が国内株式 楽天証券について 組み入れた株式の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が円建て公社債 金利の変動等による組み入れ債券の値動きにより基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。 主な投資対象が株式・一般債にわたっており、かつ、円建て・外貨建ての両方にわたっているもの 組み入れた株式や債券の値動き、為替相場の変動等の影響により基準価額が上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。

投資信託の取引にかかる費用

お買付時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「買付手数料」:ファンドによって異なります。 保有期間中に間接的にご負担いただく主な費用 「ファンドの管理費用(含む信託報酬)」:ファンドによって異なります。 ご換金時にお客様に直接ご負担いただく主な費用 「信託財産留保額」「換金手数料」:ファンドによって異なります。

楽天証券NISA口座初めてガイド 楽天証券NISA口座初めてガイド 楽天証券NISA口座初めてガイド 楽天証券NISA口座初めてガイド

目次

NISAとは?

楽天証券NISA独自の魅力

商品の選び方

申込方法

サポート窓口のご案内

NISAとは

STEP1 非課税がNISAのメリット

NISAとは:通常の投資では、株式・投資信託の配当金(分配金)や値上がり益に対しては、
20.315%の税金がかかりますが、 NISA口座で運用した利益 には 税金がかかりません。
つまり、NISA口座で運用すると、投資で得た利益がまるまる手に入ります!

資産運用で10万円の利益がでたとしたら… 楽天証券について 資産運用で10万円の利益がでたとしたら

STEP2 つみたてNISAと一般NISAを知る

NISAには 「つみたてNISA」 と 「一般NISA」 があります。
投資方法や対象商品、利用できる期間等が異なるので、各自の投資スタイルにあわせて、
自分に合う口座を選びましょう(どちらか1つしか選択できません)。

国内株式のリスクと費用について

国内株式の委託手数料は「超割コース」「いちにち定額コース」の2コースから選択することができます。
〔超割コース(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 楽天証券について 取引手数料
5万円まで 55円(税込)
10万円まで 楽天証券について 99円(税込)
20万円まで 115円(税込)
50万円まで 275円(税込) 楽天証券について
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超 1,070円(税込)

〔超割コース(信用取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 99円(税込)
20万円まで 148円(税込)
50万円まで 198円(税込)
50万円超 385円(税込)

超割コース大口優遇の判定条件を達成すると、以下の優遇手数料が適用されます。大口優遇は一度条件を達成すると、3ヶ月間適用になります。詳しくは当社ウェブページをご参照ください。
〔超割コース 大口優遇(現物取引)〕
1回のお取引金額で手数料が決まります。
取引金額 取引手数料
10万円まで 0円
20万円まで110円(税込)
50万円まで 261円(税込)
100万円まで 468円(税込)
150万円まで559円(税込)
3,000万円まで 886円(税込)
3,000万円超936円(税込)

〔超割コース 大口優遇(信用取引)〕
約定金額にかかわらず取引手数料は0円です。

〔いちにち定額コース〕
1日の取引金額合計(現物取引と信用取引合計)で手数料が決まります。
1日の取引金額合計 取引手数料
100万円まで0円
200万円まで 2,200円(税込)
300万円まで 3,300円(税込)
以降、100万円増えるごとに1,100円(税込)追加。
※1日の取引金額合計は、前営業日の夜間取引と当日の日中取引を合算して計算いたします。
※一般信用取引における返済期日が当日の「いちにち信用取引」、および当社が別途指定する銘柄の手数料は0円です。これらのお取引は、いちにち定額コースの取引金額合計に含まれません。

  • カスタマーサービスセンターのオペレーターの取次ぎによる電話注文は、上記いずれのコースかに関わらず、1回のお取引ごとにオペレーター取次ぎによる手数料(最大で4,950円(税込))を頂戴いたします。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引には、上記の売買手数料の他にも各種費用がかかります。詳しくは取引説明書等をご確認ください。
  • 信用取引をおこなうには、委託保証金の差し入れが必要です。最低委託保証金は30万円、委託保証金率は30%、委託保証金最低維持率(追証ライン)が20%です。委託保証金の保証金率が20%未満となった場合、不足額を所定の時限までに当社に差し入れていただき、委託保証金へ振替えていただくか、建玉を決済していただく必要があります。
    レバレッジ型ETF等の一部の銘柄の場合や市場区分、市場の状況等により、30%を上回る委託保証金が必要な場合がありますので、ご注意ください。

【貸株サービス・信用貸株にかかるリスクおよび費用】

リスクについて 貸株サービスの利用に当社とお客様が締結する契約は「消費貸借契約」となります。株券等を貸付いただくにあたり、楽天証券よりお客様へ担保の提供はなされません(無担保取引)。
(信用貸株のみ) 株券等の貸出設定について 信用貸株において、お客様が代用有価証券として当社に差入れている株券等(但し、当社が信用貸株の対象としていない銘柄は除く)のうち、一部の銘柄に限定して貸出すことができますが、各銘柄につき一部の数量のみに限定することはできませんので、ご注意ください。

当社の信用リスク 当社がお客様に引渡すべき株券等の引渡しが、履行期日又は両者が合意した日に行われない場合があります。この場合、「株券等貸借取引に関する基本契約書」・「信用取引規定兼株券貸借取引取扱規定第2章」に基づき遅延損害金をお客様にお支払いいたしますが、履行期日又は両者が合意した日に返還を受けていた場合に株主として得られる権利(株主優待、議決権等)は、お客様は取得できません。 投資者保護基金の対象とはなりません 貸付いただいた株券等は、証券会社が自社の資産とお客様の資産を区別して管理する分別保管および投資者保護基金による保護の対象とはなりません。 手数料等諸費用について お客様は、株券等を貸付いただくにあたり、取引手数料等の費用をお支払いいただく必要はありません。 配当金等、株主の権利・義務について 貸借期間中、株券等は楽天証券名義又は第三者名義等になっており、この期間中において、お客様は株主としての権利義務をすべて喪失します。そのため一定期間株式を所有することで得られる株主提案権等について、貸借期間中はその株式を所有していないこととなりますので、ご注意ください。(但し、信用貸株では貸借期間中の全部又は一部においてお客様名義のままの場合もあり、この場合、お客様は株主としての権利義務の一部又は全部が保持されます。)株式分割等コーポレートアクションが発生した場合、自動的にお客様の口座に対象銘柄を返却することで、株主の権利を獲得します。権利獲得後の貸出設定は、お客様のお取引状況によってお手続きが異なりますのでご注意ください。貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金については、発行会社より配当の支払いがあった後所定の期日に、所得税相当額を差し引いた配当金相当額が楽天証券からお客様へ支払われます。 株主優待、配当金の情報について 株主優待の情報は、東洋経済新報社から提供されるデータを基にしており、原則として毎月1回の更新となります。更新日から次回更新日までの内容変更、売買単位の変更、分割による株数の変動には対応しておりません。また、貸株サービス・信用貸株内における配当金の情報は、TMI(Tokyo Market Information;東京証券取引所)より提供されるデータを基にしており、原則として毎営業日の更新となります。株主優待・配当金は各企業の判断で廃止・変更になる場合がありますので、必ず当該企業のホームページ等で内容をご確認ください。 大量保有報告(短期大量譲渡に伴う変更報告書)の提出について 楽天証券、または楽天証券と共同保有者(金融商品取引法第27条の23第5項)の関係にある楽天証券グループ会社等が、貸株対象銘柄について変更報告書(同法第27条の25第2項)を提出する場合において、当社がお客様からお借りした同銘柄の株券等を同変更報告書提出義務発生日の直近60日間に、お客様に返還させていただいているときは、お客様の氏名、取引株数、契約の種類(株券消費貸借契約である旨)等、同銘柄についての楽天証券の譲渡の相手方、および対価に関する事項を同変更報告書に記載させていただく場合がございますので、予めご了承ください。 税制について 株券貸借取引で支払われる貸借料及び貸借期間中に権利確定日が到来した場合の配当金相当額は、お客様が個人の場合、一般に雑所得又は事業所得として、総合課税の対象となります。なお、配当金相当額は、配当所得そのものではないため、配当控除は受けられません。また、お客様が法人の場合、一般に法人税に係る所得の計算上、益金の額に算入されます。税制は、お客様によりお取り扱いが異なる場合がありますので、詳しくは、税務署又は税理士等の専門家にご確認ください。

楽天証券について

【問い合わせ先】
東京都港区南青山2-6-21
楽天証券株式会社 人事総務部採用担当まで

  • システムの維持・管理
    システムを安定して運営する為の定常業務、システム監視アラート発生時の復旧業務等を推進していただきます。
  • 社内外からの問い合わせ対応
    社内外からの商品先物取引関連サービス、システムに関する問い合わせに対応していただきます。
  • システム運用企画立案~推進
    当社の商品先物取引関連システムは、複数の外部委託先に運用を委託している為、外部委託先と協力して安定化・効率化の施策を立案、対策を推進していただきます。

必要業務経験

  • オンライン取引システム開発経験
  • 商品先物取引業務知識
  • 証券会社/商品先物業者での就業経験
  • 複数の外部委託先をマネジメントし、システム運用を実施した経験
  • 障害対応マネジメントスキル(優先度判断や指示、エスカレーション)
  • 運用マネジメントスキル(運用保守計画の作成、実行管理・報告)

IT企画・管理

  • プログラムマネジメント
    IT部門対応事案の横断管理
  • ITファイナンス業務
    システム投資・経費計画策定、モニタリング・分析・評価
  • ITリソース(要員)管理
    要員(社内・外部委託)計画策定、モニタリング・分析・評価、外部委託先評価、社員育成管理
  • その他IT管理業務の強化・改善企画立案・実行

必要業務経験

  • IT関連業務(システム開発/管理に関する知識:エンジニア経験でなくとも可)
  • 楽天証券について
  • 業務プロセスの企画・構築・改善業務
  • コスト管理、要員管理
  • 証券会社・金融機関での就業経験
  • プロジェクト管理業務(PMまたはPMO)
  • 会計関連知識(簿記二級程度)
  • 基幹データベースシステム負荷状況の確認・予測・対策
  • トラブルシューティングから問題解決まで一連の障害対応
  • パフォーマンスチューニング、環境設定、構成変更、スクリプト作成などの運用改善
  • 内製/外注開発に対する技術サポート、アドバイス
  • 新製品や新機能の調査、検証

必要業務経験

  • Oracle データベース設計・構築業務の経験
    もしくはOracle データベース運用業務の経験(どちらか一つの経験でも可)
  • OEMやStatsPack/AWRを利用した、Oracle Databaseチューニング経験
  • Oracle Exadata に関する知識、経験
  • Oracle データベースサポート経験
  • SQL Server、MySQL、SolidDBに関する知識、経験(どれか一つでも可)
  • Amazon AWS、Windows Azure、Oracle Cloud等のクラウドの経験
  • 要件定義から運用保守までの一連の流れの経験

ネットワークエンジニア

必要業務経験

  • ルータ、スイッチ、ファイアウォール、ロードバランサの知識・経験
  • ネットワーク構成図(論理図、物理図)の作成
  • ネットワークの障害対応(モニタリング/解析)
  • ネットワーク環境の整備(構築、運用サポート業務)
  • システム開発/運用経験が5年以上あること
  • メンバマネジメントの経験があること
  • オープン系システムの構築/運用経験があること
  • 膨大なトラフィックを適切に分散処理した経験をお持ちの方
  • 楽天証券について
  • 主要ネットワーク
    Cisco Catalyst6500,LB:F5 BIG-IP6800,PRION2400 ,FW Juniper NetScreen ISG2000、SRX3600

システム運用管理

  • 当社のお客様向けシステムのシステム監視チームを統括いただきます。
  • 日々のシステム運行において発生する課題について、方針、対策を策定し、システム監視チームはもとより、インフラエンジニア、アプリケーションエンジニアを巻き込んで、課題解決にあたっていただきます。
  • システム運用の効率化のための企画を立案し、改善のための施策に取り組んでいただきます。

必要業務経験

  • ORACLEを中心にUNIX/LINUXを用いたクライアント・サーバシステムの構築プロジェクトにおけるプロジェクト・リーダの経験
  • UNIX/LINUXのシステム管理者の経験
  • 上記プロジェクトにおいて、システム運用要件定義、運用設計、構築・導入いずれかの実務経験
  • システム運用監視構築の経験(JP1、OVO、Zabbix)
  • システム運用監視業務(オペレータ)の経験

システム運用設計・構築エンジニア

  • 当社のお客様向けシステムのシステム開発プロジェクトに携わっていただきます。
  • 各プロジェクトにおいて、システム運用要件を定義し、適切な設計をし、システム運用の構築から導入までの管理業務を担当いただきます。
  • システム導入後は、導入したシステムの運用状況のフィードバックを受け、よりよいシステム運用を実現すべく、課題設定とその実現に取り組んでいただきます。

必要業務経験

  • ORACLEを中心にUNIX/LINUXを用いたクライアント・サーバシステムの構築プロジェクトにおける、プロジェクト・リーダもしくはプロジェクト・マネージャの経験
  • 上記プロジェクトにおいて、システム運用要件定義、運用設計、構築・導入いずれかの実務経験(特にシステム運用設計の経験)
  • UNIX/LINUXのシステム管理者の経験
  • システム運用監視構築の経験(JP1、OVO、Zabbix)
  • システム運用監視業務(オペレータ)の経験
  • 案件管理
    プロジェクト毎の案件概要、予算執行状況、スケジュール進捗状況、リリース日、主要ベンダの管理。
  • 外部委託先管理(ベンダー管理)
    外部委託先計画立案、計画モニタリング、外部委託先評価、ベンダミーティングの調整などを実施。
  • 要員管理(準委任)
    要員別のアサインプロジェクト、期間、役割、評価を実施。

必要業務経験

  • PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)業務経験

プロジェクトマネジャー

必要業務経験

  • 証券システムの設計又は開発経験5年以上(FX含む)。
  • 社内及び社外とコスト/スケジュール交渉の実務経験。

アプリケーション開発(ビジネスアナリスト/プロジェクトマネージャ)

必要業務経験

  • 証券(国内外株式、上場デリバティブ等)システムの設計又は開発経験5年以上。
  • プロジェクトマネージメント(計画、リスク・課題管理、コスト管理、進捗管理、リリース・移行計画)経験3年以上。
  • 制度対応に係る既存システムのメンテナンス
  • 新しい商品の追加
  • スマートフォンやタブレットに代表される新しいチャネルへの対応等
  • その他、ユーザー部門からの要求に対しシステム要件を取り纏め、実現に向け開発会社との調整
  • PM業務(プロジェクト管理・ベンダーコントロール等)を中心にご担当いただきます。また、開発以降の業務は協力会社に外部委託しています。
    エンドユーザー向けシステムをはじめ、社内アプリケーション等幅広い開発に携わっていただける可能性があります。以下は一例です。
    • オンライントレーディングツール「マーケットスピード」(MARKETSPEED)
    • モバイルトレーディングツール「アイスピード」(iSPEED)
    • 各種社内業務支援ツール
    • 各種新商品取扱のシステム対応 など

    必要業務経験

    • 証券システムの設計又は開発経験3年以上(FX含む)
    • Webやスマートフォンの設計/開発経験
    • 社内及び社外とコスト/スケジュール交渉の実務経験者
    • 証券外務員資格保有者
    • 個人顧客獲得のための企画業務(データ分析、レポート作成、キャンペーン推進などを含む)
    • 社内・社外関係部署との連携(グループ連携)
    • 経営陣へのレポート

    必要業務経験

    • 金融業界(銀行・証券)での実務経験をお持ちの方
    • お客様向けサービス企画など企画関連業務経験をお持ちの方

    マーケティングデータ分析

    マーケティング部にて、データ分析業務をご担当いただきます。
    口座会員、および新規ユーザの動向、利用状況、売上推移などの各種データをデイリーにて集計・分析し、有効な材料を日次でグラフ化し社内展開までを担当します。
    当該データは、同社の経営向け資料として戦略策定や楽天グループ内の報告時に提出される際に使われる、重要なものとなります。
    当初は、デフォルトのフォームを使いながら抽出や加工を行いますが、いずれそのグラフやデータ自体の作り方、加工の仕方に関してより良いものにするために積極的にアイデアを出していただくことが期待されます。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる