オプション取引方法

本質的価値の定義

本質的価値の定義
この 2つの仕事が掛け合わさった時、独自の価値が最大化され、「ブランド力」として顧客の頭の中に認知されるのです。あくまでも顧客の頭の中に、他社には負けない「選ばれる理由」が明確にある 事で、「シード権」のようなブランド連想が付加されるわけです。よく見かける例として、売れない理由を一方的に「商品力」と決めつけてしまうケースがあります。

本質的価値の定義

西洋立憲民主主義には明確な政治的性質と目的がある。その中には、三権分立、多党制、総選挙、独立した司法、国有化された軍隊などの特徴がある。これらは資本家階級の国家概念、政治モデル、制度設計である。立憲民主主義という概念は、はるか昔に生まれたものであり、最近になってこの概念が頻繁に誇張されるようになってきた。

これは主に次のように表現されている。憲法制定30周年を記念して、「憲法を守る」「法の支配」の旗を掲げている人がいる。中国には「憲法はあるが、立憲政府はない」と言って、党の指導者を憲法の上に置いていると攻撃している。一部の人々はいまだに「立憲夢」という言葉を使って、「立憲民主主義が唯一の出口だ」「中国は世界の立憲統治の流れに追いつくべきだ」などと言って、中国国家の偉大な再生という中国の夢を歪曲している。西洋立憲民主主義の要点を公言するポイントは、党の指導部とその憲法・法律の実行に反対することだ。彼らの目的は、西洋の立憲民主主義を利用して、党の指導部を弱体化させ、人民民主主義を廃止し、わが国の憲法だけでなく、わが国の確立された制度と原則を否定し、西洋の政治システムを中国に持ち込むことで、忠誠心の転換をもたらすことにある。

「普遍的価値観」を唱える目的は、西洋の価値観は時間と空間を超え、国家と階級を超え、すべての人類に適用されると主張することである。

経済、軍事、科学、技術の分野で欧米諸国が長期的に優位に立っていることを考えると、これらの主張は混乱を招き、欺瞞的なものになりかねない。このようなスローガンの目的は、西洋の価値観と私たちが提唱する価値観との間の本質的な違いを曖昧にし、最終的には西洋の価値観を利用して社会主義の中核的な価値観に取って代わることにある。

新自由主義は、自由奔放な経済自由化、完全民営化、完全市場化を標榜し、国家によるいかなる干渉や規制にも反対する。米国を中心とする欧米諸国は、「グローバリゼーション」という名目で新自由主義的なアジェンダを実行し、ラテンアメリカ、ソ連、東欧に壊滅的な結果をもたらし、国際金融危機にまで引きずり込んでいる。

一部の人々は、「報道の自由」を口実に、欧米のジャーナリズム思想を推進し、メディアは党の精神を注入すべきであるというわが国の原則を損なっている。

メディアを「社会の公器」「第四の財産」と定義し、マルクス主義的なニュース観を攻撃し、「インターネット上の情報の自由な流れ」を促進し、インターネットの取り締まりと称して、インターネット管理を改善しようとするわが国の努力を中傷し、メディアは法の支配ではなく、指導者の恣意的な意志によって支配されていると主張し、中国に西洋の原則に基づいたメディア法を公布するよう求める。また、中国は報道の自由を制限していると主張し、プロパガンダ部門の廃止を主張している。欧米のメディア観を擁護する究極の目的は、抽象的で絶対的な報道の自由の原則を唱え、メディアにおける党指導部に反対し、我々のイデオロギーを浸透させるための口火を切ることである。

ある者は、発展の矛盾や問題を改革開放のせいにしている。彼らは "改革開放は行き過ぎた "と言い、"我々は社会主義の方向性から逸脱してしまった "と言う。彼らは、中国が今やっていることがまだ本当に社会主義であるかどうかを疑問視しているかどうか、または、彼らはそれを単に "資本主義社会主義"、"国家資本主義"、または "新しい官僚資本主義 "と呼んでいるだけである。また、「改革はまだ遠く、実現していない」とか、「政治体制の改革は遅れており、経済の改革を阻害している」と言う人もいる。いわゆる "徹底した改革 "を達成するためには、いかに西洋の基準を使うべきか、ということを喧伝しています。本質的には、第十一回党大会第三回全会での道筋から出ている一般政策と具体的政策に反対し、中国的特徴を持つ社会主義に反対しているのである。

欧米の反中勢力と内部の「反体制派」は、中国のイデオロギー圏に積極的に潜入し、わが国の主流イデオロギーに挑戦しようとしている。彼らの最近の主要な取り組みには、以下のようなものがある。一部の人々は、公開書簡や宣言書を配布し、請願署名を組織して、政治改革、人権改善、「政治犯」の釈放、「6/4」(天安門大虐殺)の評決の取り消しなどの政治的要求を声高に訴え、役人の資産開示、インターネットによる汚職との戦い、政府のメディア監督、その他の敏感な話題の問題で騒いでおり、これらはすべて党と政府への不満を煽っている。中国国内で活動している欧米の大使館、領事館、メディア事業、NGOは、様々な隠れた形で欧米の思想や価値観を広め、いわゆる "反政府勢力 "を育成している。海外での反政府出版物の仕込み 中国の国境内では、一部の民間組織が反政府的な地下出版物を作成しており、また、他の民間組織は、敏感な主題に関するドキュメンタリーを撮影し、政治的な風評を流布し、党と国家指導部を誹謗中傷している。チベット人の自爆テロを操作して誇張し、新疆での暴力テロを捏造し、民族・宗教問題を利用して[国家]を分裂・分断させている者たち。インターネットへの侵入を加速させ、国境内での違法な集会を行う。"反体制派 "や "権利擁護 "と認定された人々が活動している。その中には、欧米の反中勢力と手を組んで、反響し合い、お互いの支持を頼りに活動している者もいる。このことは、イデオロギー圏での潜入と反潜入努力の争いが相変わらず厳しいことを明確に示しており、中国共産党指導部と中国の特性を持った社会主義に固執する限り、緊急改革を求める圧力に対する欧米反中勢力の立場は変わらず、欧米化・分裂・「カラー革命」の急先鋒を中国に向け続けることになるだろう。これらの脅威に直面して、私たちは油断したり、警戒心を弱めたりしてはならない。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる