外国為替取引

バイナリー オプション 10 分 取引

バイナリー オプション 10 分 取引
2020年7月2日

バイナリーオプション素人が1ヶ月で利益を出せるようになった取引する時の自分ルール公開

2月 戦歴 56戦33勝23敗 勝率 58.9% 金額 +74,050円
3月 戦歴 22戦17勝5敗 勝率 77.2% 金額 +63,750円
4月 戦歴 25戦22勝3敗 勝率 88% 金額 +157,000円
5月 戦歴 88戦51勝37敗 勝率 57.9% 金額 +57,550円
6月 戦歴 39戦26勝13敗 勝率 70% 金額 +57,550円
7月 戦歴 50戦21勝29敗 勝率 42% 金額 -53,550円
8月 戦歴 60戦22勝38敗 勝率 36.6% 金額 -150,550円
9月 戦歴 38戦21勝17敗 勝率 55.26% 金額 2,650円
10月 戦歴 19戦12勝7敗 勝率 63.16% 金額 16,500円
11月 戦歴 32戦21勝11敗 勝率 65.63% 金額 7,700円

なぜ公開しようと思ったか

ルールを見つけるまで

また、業者はハイローオーストラリアを選びました。どこでも良かったけど評判が1番良かったのでこれを選びました。今はペイアウトを考えても1番最初に選ぶんだったらここがいいです。

画像13

画像15

用意するもの

画像1

決めているルールはこちら

設定に関するルール

①ハイローオーストラリアを使って取引をする
実績、信頼が高いのとペイアウト率が高い、これ以外選ぶ理由が見つからないです。

②取引はハイローオーストラリアのTurbo・1分・5分(基本は5分)にする
MT4の1分足・5分足をメインに使うのでその時間と一緒の物を使う。また倍率の高いHighLowスプレッドがありますがですが、HighLowスプレッドでは、購入した時点のレートから、±0.20〜±2.20のレート幅が付いてしまします。

③MT4を開いて4分割にする
開くのはUSD/JPY・GBP/JPY・AUD/JPY・EUR/USDとなり基本的な取引は円での取引となりますがEUR/USDを開いているのはUSD/JPYが逆の動きをするからです。

4分割

④パソコンで繋いでいる人はモニターを2つにする
もし可能であれば1枚のモニターにMT4、もう1枚に取引するハイローオーストラリアを表示して下さい。これをやる事で取引時のロスを回避出来ます。

エントリーに関するルール

①RSI1分足+5分足+出来れば15分足の数字が30%以下(HIGH)もしくは70%以上(LOW)になった時にエントリーをする
1つの場合での勝率はそこまで高くはないので必ず2つ以上特に1分足・5分足がカギを握っているので意識をする。

②5分取引でも1分足を見てローソク足が上がり傾向か・下がり傾向を見る
5分足でのローソク足が黒のまま(上昇)でも1分足をみると白く(下降)なる事があるのでその部分を確りとチェックする。

③MT4のチャートは常に5分足を表示しておく
取引のやる時間のチャートを見るのは当然の事になる、

④今やっている事はギャンブルではなく投資である
メンタルコントロールが大事な部分、ギャンブルと思ってしまうといくらでもエントリーをしてしまう。投資と割り切る事で1つ1つ考えて行動が出来る。

⑤連敗をしても熱くならない
すぐに取り返そうとは思わない。現在、何故こんなに上がっているのか・下がっているのかの情報集め。1度冷静に考え直して市場を見直す、場合によってはその日のエントリーをやめる。

⑥色々なツールはあるが最後は己を信じエントリーする
ツールはあくまで勝率を上げるために使うものです。全ての条件が整ってエントリーをする事は1日でほとんどありません。自分自身でいけると思った時はエントリーをして下さい。

⑦その取引で勝っても負けてもメモを取る
何故勝ったのか?負けたのか?状況だったのか?エントリーして良かったのか?この部分をやる事で頭の中に刻まれていきます。


⑧世界的におかしな市場の時は無理してエントリーをしない

世界情勢がおかしい時は相場が大きく変動する。チャンスでもあるが読みにくくなるのでしっかりと予想を立てるのと情報収集をやる。

自分のルールで取引をする時のポイント・見方を書いていきます

①RSI
現在、グラフがどの位置にあるのかを確りと把握しておく中心にいる際は特に気にしないが30%70%が近づいてきたら1分などの他の時間を見て狙いを定めていく。

画像10

rsi画像1

rsi画像2

rsi画像3

勝利

②移動平均
画像の赤丸がゴールデンクロス・緑丸がデッドクロスとなっています。

移動平均クロス

ゴールデンクロス・デッドクロス

③MACDの場合
だましなどもあるのでその辺はMACDで回避するようにしてください。画像のようにRSIが上がってこない時があります。その際はMACDにてグラフと線が離れていないため上がらないです。ただ、MACDを求めすぎるとエントリー出来なくなるのであくまでも参考程度にして下さい。

画像7

④ボリンジャーバンド
自分は3つの線が出て上下の線に当たると下がると考えている緑丸のような、ただ、赤丸のようにその線にくっついてずるずるとついていく時もあるのでその辺を注意しながら見てください。

ボリンジャーバンドかかる2

ハイローオーストラリアを選択。ほかの業者だとペイアウト倍率2倍が多いなか、ハイローオーストラリアは2.2倍。ハイローオーストラリアが利益が出しやすいのでほぼ一択かと。

ハイローオーストラリアの判定時間を見極める方法と判定時間ごとの攻略法

ハイローオーストラリアの判定時間を見極める方法と判定時間ごとの攻略法

この記事でわかること ハイローオーストラリアでの30秒取引の概要 30秒取引をお勧めしない理由 最短30秒で稼ぎたい方のための取引方法 どうも、あつしです。 突然ですが、あなたに質問があります。 あな .

ハイローオーストラリアでおすすめの判定時間とは?

ハイローオーストラリアでおすすめの判定時間とは?画像

先程の判定時間別の攻略法をお伝えした際に、すでに予想が付いた方もいると思いますが、私がおすすめするハイローオーストラリアの判定時間は 「15分判定」 です。

  • 確定足で判定される
  • MTFが利用しやすい
  • 判定時間変更が容易

ハイローオーストラリアの詳細情報

ハイローオーストラリアは日本で最も多くの顧客数を抱える、大人気のバイナリーオプション取引専門業者です。 高い利益率とスムーズな入出金 を実現しており、初心者から上級者までの多くのトレーダーに選ばれ続けています。

ハイローオーストラリアの口座解約方法と退会前の必要作業について

この記事でわかること バイナリー オプション 10 分 取引 口座解約前の確認事項 口座解約前に行っておくべき作業 ハイローオーストラリアの口座解約方法 どうも、あつしです。 きっと今この記事をご覧頂いているあなたは、海外バイナリーオプショ .

それ詐欺かも?ハイローオーストラリアで本当に稼げるサインツールの選び方

この記事でわかること サインツールの概要 本当に勝てるサインツールの見分け方 サインツールの価格相場 ども、ヤマです。 「バイナリーオプション初心者が、最も必要としているものってなんだろう?」 私は先 .

ハイローオーストラリアで大負けする原因と損失を取り返すための方法

この記事でわかること ハイローオーストラリアで大負けする人としない人の違い ハイローオーストラリアで大負けしてしまうパターン 大負けを防ぐための対策方法 大負けを取り返す方法 どうも、あつしです。 あ .

【ハイローオーストラリア】テクニカル分析でバイナリーオプションを徹底攻略

この記事でわかること テクニカル分析の言葉の意味 テクニカル分析の事前準備 バイナリー オプション 10 分 取引 実際のテクニカル分析の方法 ハイローオーストラリアで稼いでいる人が必ず行なっていること、それを「テクニカル分析」と言います。 .

【後編】酒田五法を使ったバイナリーオプション分析方法を徹底解説

この記事でわかること 前回のおさらい 酒田五法の種類(後編) 今回は前回に引き続き「酒田五法」の解説していきたいと思います。 酒田五法はバイナリーオプションに限らず、チャートが存在するあらゆる投資方法 .

稼げる海外バイナリー比較

投稿日

2020年7月2日

ハイローオーストラリア取引画面

こちらは、 ハイローオーストラリアにある15分取引についてご紹介 した記事です。15分取引を提供している業者は珍しく、 更にペイアウト率も1.85倍 (スプレッドなら2.00倍)と高めです。これもこの業者の人気の1つとなっています。

田中貴之

  • この記事でわかること
  • 15分取引を使うべき理由
  • 15分取引で勝てる攻略法

1. ハイローオーストラリア15分取引とは

ハイロー取引画面

ペイアウト率はハイローでは 1.85倍 、ハイロースプレッドでは 2.00倍 バイナリー オプション 10 分 取引 。

AUD/JPY, AUD/NZD, AUD/USD, CAD/JPY, CHF/JPY, EUR/AUD, EUR/GBP, EUR/JPY, EUR/USD, GBP/AUD, GBP/JPY, GBP/USD, NZD/JPY, NZD/USD, USD/CAD, USD/CHF, USD/JPY

2. 15分取引を使うべき理由

2-1. 順張りがねらいやすい

1つ目の理由は、 順張りがねらいやすいから です。

ハイローオーストラリア取引画面

ハイローオーストラリア取引画面

ハイローオーストラリア取引画面

ハイローオーストラリア取引画面

サイトキャラ

2-2. 急な変動で負ける確率が小さい

トレーディングビューチャート

こちらは下落相場の1分足チャートですが、LOWで入ったときに1分( ① )もしくは5分( ⑤ )で取引していたら負けていたところが、15分( ⑮ )だとしっかり勝てたことがわかりますね。

2-3. 特定の時間をねらった攻略ができる

3つ目の理由は、 特定の時間をねらった攻略ができるから です。

ハイローオーストラリア取引画面

  • 判定時間の例
  • 12:45~13:バイナリー オプション 10 分 取引 00の15分間
  • 12:50~13:05の15分間
  • 12:55~13:10の15分間

ハイローオーストラリア取引画面

どのタイミングで入っても同じ判定時間

これが何を意味するのかというと、例えば10:00まで相場が上がる、13:00には相場が下がるといった相場があれば、 その時間をピンポイントでねらえる というわけです。

時計イメージ

3. 15分取引のおすすめ攻略法

15分取引でおすすめの攻略法は、 RSIという指標を使って逆張りする方法 です。

トレーディングビュー

トレーディングビュー

この線をRSIといいますが、RSIは相場の「買われすぎ」「売られすぎ」を判断できる指標で、買いが多ければ線が 上昇 し、売りが多ければ 下降 していきます。

バイナリーオプションで何分取引が自分に合っているのかを理解しよう

ハイローオーストラリアが人気の理由は、 「使いやすさ」 そして 「ペイアウト率の高さ」 、さらには 「出金の速さ」 に定評があり、総合的に考えて利用しやすいからと言えるでしょう。 オーストラリアの金融ライセンスを所得している と言うこともあり、 取引面、信頼面ともに海外のバイナリーオプションではトップクラス なのがハイローオーストラリアが優良な業者と言われる理由です。
☆キャンペーン情報☆
初回入金時に 5000円分のキャッシュバック キャンペーンを実施中!

No.2 ザオプション

ペイアウト率2.0倍にデモトレード。まずは使ってみて試す事が可能です。シンプルな海外のバイナリーオプション業者らしさをのこしながら、サポートなどの使いやすさも上位に入るか!?比較的新しい業者なのでまだまだ情報量は不足していますが注目の業者です。
☆キャンペーン情報☆
【pick up】

No.3 Bi-Winning

500円からの投資が可能で、デモ口座もありインジケーター付きのプラットフォームを持つバイナリーオプション業者です。1.95倍の最大ペイアウト率に同値判定は払戻し対象の短期取引で攻めやすい点は魅力! 土日も株式や仮想通貨の取引ができたりと土日休みのサラリーマンにもおすすめな魅力的な業者 になります。

No.4 THEBINARY

100円からの投資が可能で、低額から始められるというコンセプトが使いやすいバイナリーオプション業者です。2.05倍のペイアウト率にシンプルイズベストな取引画面! 使いやすさとペイアウト率の高さが合わさると魅力的な業者 になります。

【2022年版】バイナリーオプションで稼ぐための初心者マニュアル

上昇へのエントリー(ハイエントリー)を想定した海外バイナリー取引(ハイロー方式)の仕組み

バイナリーオプションの取引の流れ

取引例

バイナリーオプションの取引時間

バイナリーオプション取引では、エントリーから判定まで最短30秒ものから24時間かかる取引まで幅広い取引時間の種類が提供されています。バイナリーはあらかじめ業者に用意されている取引の中から選択して、エントリーすることになるため、FXとは異なり、例えば「23分25秒後に判定を設定したい」といったように判定時間を自分で調節することはできません。そのため、予めバイナリー業者が「何分取引」を提供しているかを確認する必要があります。

サイキックス

ハイローオーストラリアの取り扱い取引を貼り付けておきます。

ターボ取引(判定時間が変動)
30秒取引、1分取引、3分取引、5分取引

ハイロー取引(判定時間が固定)
5分未満取引、5分以上10分未満取引、10分以上15分未満取引、1時間未満取引、1日未満取引

国内バイナリー業者と海外バイナリー業者の違い

上昇方向かつ、判定レートBでのエントリーを想定した国内バイナリー取引(ラダー方式)の仕組み

その理由は「取引方式の違い」です。国内バイナリー業者がラダー取引という方式を採用しているのに対し、海外バイナリー業者はハイロー取引という方式を採用しています。損益に直結する勝敗の決まり方がラダー方式(国内バイナリー)では、「将来の価格が上がるか下がるか」と「どの程度動くか」まで当てなければならないのに対し、ハイロー方式(海外バイナリー)では「将来の価格が上がるか下がるか」のみを予測すれば利益を得ることができます

国内バイナリー業者の方が日本語対応、信託保全、金融庁、日本の法律によって保護されているという意味で優れている点がいくつかある点があるのも事実です。それでも国内バイナリー業者よりも海外バイナリー業者の方が、取引方式が圧倒的に「ハイロー方式」が有利なことからバイナリー初心者には海外バイナリー業者が強くおすすめできると考えています。

比較対象国内バイナリー海外バイナリー
取引時間1時間〜3時間程度がメイン30秒〜1日まで幅広い
エントリー価格事前に決められている候補の中から選ぶエントリーした時点の価格
勝敗の決まり方事前に選んだ価格よりも判定価格が上回っているかエントリー価格よりも判定価格が上回っているか
利益額と損失額の決まり方
(ペイアウト率)
エントリー価格によって変動取引の種類によって固定

バイナリーオプションとFXの違いを理解する

バイナリーオプションとFXの比較

比較対象バイナリーFX
取引時間30秒〜1日秒スキャ(数秒)〜長期投資(数年)まで自分で選ぶことが可能
取引タイミングエントリーを決めるエントリーと判定を決める
エントリー額1回あたり最低1000円から最大20万円、最大同時保有可能ポジションが500万円数百円〜数億円
レバレッジなし国内だと最大25倍まで(個人)
利益と損失の決まり方エントリー額によって固定決済タイミングに応じて変動

利益のあげ方が違う

FXでは「利益=エントリー額(取引数量)×エントリーから決済までに獲得した利幅(pips)」なのに対し、バイナリーオプションでは「利益=エントリー額×ペイアウト率(払い出し率)」となります。
FXでは、利幅によって変動しますが、バイナリーオプションではペイアウト率は固定のため、予め利益が固定されており、判定時間までにわずか0.1pipでも自分の予想した方向に動けば利益獲得となります。一方で、FXの場合には、自分でポジションの保有期間を決め、エントリー時点から動いたpipsの大きさによって利益額が決まることからトレードごとに利益が変動します。利益の上げ方がFXとバイナリーでは異なるため、トレードで取るべき戦略も異なります。

バイナリーでは次の足がどっちに動くのか「ローソク足1本単位」をピンポイントで捉える必要があり、FXでは大きい利幅を獲得するための「トレンドの波」を捉える必要があります。

バイナリーにはレバレッジが存在しない

バイナリーオプションにはレバレッジが存在しません。バイナリー口座に入れた額の範囲内のみに取引することができます。資金に入れた額以上の取引はできないというのは、一見デメリットに感じますが、同時に「自分が背負える以上のリスクは背負えない」という面でメリットでもあります。

「FXでハイレバレッジで取引を行っていたが、突如相場が急変動し、想定以上に損失を出してしまった」という人は、山ほど存在しますが、バイナリーオプションではエントリーした額(ベット額)以上の損失は絶対に発生しないため、そういった想定外の損失リスクが発生しません。1万円エントリーしたら最大でも1万円しか損しないのです。

手数料の仕組みが違う

ペイアウト率とは…バイナリーオプションで投資した金額が払い戻しされる割合を表す数値のこと(投資して勝った場合に投資した額に対して何倍になって戻ってくるかの指標。)

バイナリーオプションがおすすめの人

  • 資金が500万円以下の人
  • 1日にチャートを見れる時間が3時間以下の人
  • 瞬発的なトレードを好む人

FXがおすすめの人

  • 資金が500万円以上の人
  • 1日にチャートを見れる時間が3時間以上の人
  • シナリオを作って中長期的なトレードをするのを好む人

バイナリーとFXの違い まとめ

  • FXは「エントリーと決済」を自分で行うのに対し、バイナリーはエントリーした時点で判定時間が決まっているため、判定時間時に自動で取引終了する
  • FXは「エントリー〜決済までの差益」が利益/損失になるためエントリーごとに収益が変動するに対し、バイナリーはエントリーした時点で利益額/損失額が決まっている
  • FXはレバレッジが存在し、自分の資金以上の額を賭けることができるが、バイナリーの場合は、自分の資金以上の取引はできない

バイナリーオプションのリスクを理解し、減らす

勝率が高くないと損失を出してしまう

バイナリーオプションでは「ペイアウト率」というバイナリー業者側で設けられている手数料が存在します。

バイナリーオプションは「0.1pipsでも予想した方向へ動けば、利益が得れる」という取引の仕組み上、勝率の高さが利益に直結します。同時に勝率が低ければ損失を出してしまうことでもあります。このバイナリーオプションで損益がちょうどトントンになる勝率を損益分岐点と呼びます。

損益分岐点とは…バイナリーオプションにおいて収支がプラスマイナス0になる勝率のこと

サイキックス

エントリーを行う際には、必ずご自身の取引の種類ごとに損益分岐点と、手法が損益分岐点が上回っているかを確認しましょう。

取引の種類取引時間ペイアウト率損益分岐勝率
HighLow取引15分1.85倍54.1%
1時間1.90倍52.バイナリー オプション 10 分 取引 6%
1日1.90倍51.3%
HighLowスプレッド取引15分2.00倍50.0%
1時間2.00倍50.0%
1日2.00倍50.0%
Turbo取引30秒1.95倍51.3%
1分1.90倍52.6%
3分1.90倍52.6%
5分1.85倍54.1%
Turboスプレッド取引30秒2.30倍43.5%
1分2.20倍45.5%
3分2.05倍48.8%
5分2.00倍50.0%
2021年11月現在のバイナリー業者「HighLow.com」のスプレッド(※スプレッドは業者によって予告なく変更される場合があります)

つい「ペイアウト率高い=儲けやすい」と考えて、ペイアウト率が高いバイナリー業者やオプション取引を選びたくなってしまうかと思います。ですが、実際はペイアウト率が低ければ低いほど勝ちやすい傾向にあります。ペイアウト率が高いのには、それだけその取引が勝ちづらく設計されているからであり、ペイアウト率のみを重視して取引選択をするのは早まった考えだと言えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる