証券取引

RSIの定義

RSIの定義
第 5 位

RSI(相対力指数)を設定したい

金融庁のホームページに記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。
暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

<暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点>

暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録した暗号資産交換業者です。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

当サイトにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツは一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定のお客様のニーズ、財務状況または投資対象に対応することを意図しておりません。また、当コンテンツはあくまでもお客様の私的利用のみのために当社が提供しているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツ内のいかなる情報も、暗号資産(仮想通貨)、金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品の売買、投資、取引、保有などを勧誘または推奨するものではなく、当コンテンツを取引または売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。
当コンテンツは信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社はその正確性、適時性、適切性または完全性を表明または保証するものではなく、お客様による当サイトのコンテンツの利用等に関して生じうるいかなる損害についても責任を負いません。
当社は当コンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、執筆者によって提供されたいかなる見解または意見は当該執筆者自身のその時点における見解や分析であって、当社の見解、分析ではありません。
当社は当コンテンツにおいて言及されている会社等と関係を有し、またはかかる会社等に対してサービスを提供している可能性があります。また、当社は当コンテンツにおいて言及されている暗号資産(仮想通貨)の現物またはポジションを保有している可能性があります。
当コンテンツは予告なしに内容が変更されることがあり、また更新する義務を負っておりません。
当コンテンツではお客様の利便性を目的として他のインターネットのリンクを表示することがありますが、当社はそのようなリンクのコンテンツを是認せず、また何らの責任も負わないものとします。

暗号資産(仮想通貨)は、移転記録の仕組みに重大な問題が発生した場合やサイバー攻撃等により暗号資産(仮想通貨)が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。
暗号資産(仮想通貨)は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うリスクがあります。
暗号資産(仮想通貨)は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
外部環境の変化等によって万が一、当社の事業が継続できなくなった場合には、関係法令に基づき手続きを行いますが、預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)をお客様に返還することができない可能性があります。なお、当社はユーザーに預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)を、当社の資産と区分し、分別管理を行っております。
バナー広告等から遷移されてきた方におかれましては、直前にご覧頂いていたウェブサイトの情報は、当社が作成し管理するものではありませんのでご留意ください。

遠隔同時通訳(RSI)とは?利用する前に押さえておきたいポイント

RSI(Remote Simultaneous Interpretation)とは遠隔同時通訳のことで、会議の参加者はインターネットを通じて、場所を問わず、あらゆる言語の同時通訳を利用することができるシステムです。
従来の現地開催とは異なり、通訳者や海外参加者の移動の必要がなく、また会場や同時通訳の機材を借りる必要もないため、大幅なコストカットに繋がると同時に、様々なイベントの通訳をオンラインで実現できるためコロナ禍で注目を集め、需要がより一層高まっています。

利用ユーザー5万突破!
オンライン通訳「RSI X」

オンライン通訳「RSI X」

よく使われているWeb会議システムにはZoom、Microsoft Teams、Skype、Cisco WebEx、Google Meetなどがあります。同時通訳を行うためには、RSIシステムを使わずに、Web会議システムだけで通訳を行う方法があります。しかし、利用の際にはいくつかの注意点があります。

注意するポイント

通訳チャンネルを選択するとオリジナル音声はほぼ聞こえない
※オリジナル音声と通訳音声の音量調整ができない

ディスカッションなどスピードを伴う展開にレスポンスが追いつかない

参加者はヒアリング言語と発表言語を統一しなくてはならない
※「英語」の通訳音声を選択し聴講している際に日本語で発言してしまうと、英語チャンネルに日本語が流れてしまい、通訳者の訳出音声と重なってしまう

ブレイクアウトルームでは利用できない
※Zoom Meeting、Zoom Webinarのメインセッションのみ利用可能

トラブル発生時のテクニカルサポートが無い

使用方法の公式トレーニング制度が無い

パートナー(別の通訳者)の姿や音声が確認出来ない

セキュリティ面や方針により導入出来ない企業がある

Microsoft Teams、Skype、Cisco WebEx、Google MeetなどのWeb会議システムで、RSIを使わずに通訳を行う場合、通訳方法により事前の準備や制限が異なります。それぞれの方法を以下でご紹介します。

特別な設定が不要な通訳方法

準備、注意が必要な通訳方法

同時通訳とは、参加者の発言と並行して通訳者が同時に訳し始め、数秒の差で訳し終える通訳手法です。
Zoom以外のWeb会議システムで同時通訳を行うためには、会議参加者が発言するためのメイン回線と、通訳音声を聞き取るためのサブ回線の2回線が必要です。通訳を利用する参加者は、この2回線を準備しなければなりません。

製品名:interpretex(インタープリテックス)

株式会社コングレ・グローバルコミュニケーションズが、RSIの interpreteX を用いて、
同時通訳の新たなソリューションを提供致します。

なぜRSI/遠隔同時通訳システムなのか?

従来の同時通訳の課題(コスト・セキュリティー・手間・確実な手配)を解決!

特長1聴衆はスマートフォン・タブレット・パソコンがあればご利用可能!
アプリのインストールが不要!

  • 同時通訳の専用機材の手配が不要です。それに伴い受信機の配布・回収も不要、紛失リスクもありません。
  • 業務上及び生活上で保有しているデバイスでソリューションが利用でき、高い利便性を実現します。
  • ブラウザで動作するため、アプリのインストールは不要です。
    -パソコンブラウザ:Mac/Win Chrome
    -モバイルブラウザ:iOS Safari / Android Chrome
  • スマートフォン・タブレットはモバイル回線(4G/5G)やWi-Fi での御利用が可能です。

特長2通訳者はクラウドを利用し離れた場所から同時通訳音声を配信可能!

  • ネットワーク環境があればどこでもクラウドを通じて、音声・映像の送受信が可能です(有線LAN必須)。
  • 通訳者が、遠隔地から訳出音声を送信可能。通訳者の出張が不要です
    (国内・海外問わず)。
  • 緊急で通訳手配が必要な場合、通訳者が自宅から同システムで参加が可能です。
  • 通訳業界の繁忙期でも、通訳者および同時通訳機材の在庫を気にせず確実に手配可能です。

特長3WEB会議システムとの併用でリモート会議を円滑に実施!

  • 通訳者は、WEB会議の映像と音声をモニタリングをしながら、 interpreteXに同時通訳音声を流します。
  • 会議参加者が全員在宅勤務の場合、WEB会議システムで会議音声や映像を共有し、interpreteXで通訳音声を流すことで、スムーズな会議進行と通訳音声配信を実現します。

特長4圧倒的なコスト削減を実現!

  • プラットフォーム使用料は「分単位」で、ご利用頂くデータに応じた従量課金制となります。
  • 通訳者の出張に係る費用が不要になります(通訳者を出張させる必要が無くなります)。
  • 同時通訳機材の運搬費、設営・撤去費が不要になります(御用意する機材によってこれらの費用が発生する場合もございます)。

特長5EV SSLを取得!万全のセキュリティ対策

  • SSLより厳格な審査基準のEV SSL*を採用。 RSIの定義
    *EV SSL=Extended Validation SSL
  • 会議ごとに専用のIDとパスワードが付与されるため、
    社内で interpreteX を同時に使う会議が発生しても
    混信することがありません。
  • 企業情報や機密情報を含む音声の送受信を前提に
    厳格な基準のSSLを採用!

特長6同時通訳を行う前提で設計されたソリューション!

  • interpreteX では各デバイス上でオリジナル音声・各言語音声ラインをボタン一つで切り替えて聴くことが可能です。
  • 通訳者用のインターフェイスは、複数名体制が必要な同時通訳業務を推進するための仕様となっています。通訳者の交代、通訳時間計測、チャンネル選択、音声のボリュームコントロール、会議会場の映像の視聴等の機能全てが1画面に集約され、操作可能です。
  • 使用言語3言語以上のリレー同時通訳も対応可能です。
  • ファイル送信可能なチャットで資料データも簡単に共有可能です。

特長7遠隔通訳センターを開設!RSIのメリットを最大限活用します。

  • 遠隔通訳センターにはエンジニアが常駐予定で、RSIシステムに何か問題が発生した場合や、通訳者が使用方法に不安がある場合でもフォローできる体制を整えます。
  • お客様の会議室スペースを使うことなく遠隔通訳の音声をお届けします。
  • ネットワークセキュリティを万全にし、安心して御利用頂ける環境を整備しております。

導入事例の資料はこちら

これまで当社が行ってきたinterpreteXの導入事例をまとめた資料集を無料で配布しております。

品目 単位 単価
Client (聴衆) 4.00円/分 (60分利用で240円)
Interpreter (通訳者) 人・台 20.00円/分 (60分利用で1,200円)
Streaming (配信者) 20.00円/分 (60分利用で1,200円)

リモート通訳

Copyright (C) 2018 Congres Global Communications Inc. All Rights Reserved.

【RSIまとめ】RSI(相対力指数)一定期間の値幅から値動きの強弱を分析


Warning: Use of undefined constant php - assumed 'php' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/media/runcha-app.com/public_html/technical/wp-content/themes/technicalbook/content.php on line 4
-->

図解で分かるRSI 相対力指数の使い方

要するにRSIとは

  • 特定期間の上昇幅と下落幅の合計に対して、上昇幅の合計がどれくらいの割合かを表したもの
  • 一般的に「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断するために使われる
  • 上昇トレンド・下降トレンドの判断にも利用できる

RSIとは英語表記 「Relative Strength Index」 の略で 「相対力指数」 のことです。

RSIをアプリで表示

DMM FX

DMM FXのスマホアプリでRSIを表示 DMM FXのPCツール(DMMFX PLUS)でRSIを表示

TradingView

TradingViewのスマホアプリでRSIを表示 TradingViewのPCツールでRSIを表示

SBI証券

SBI証券のスマホアプリでRSIを表示 SBI証券のPCツールでRSIを表示

MT5

MT5のスマホアプリでRSIを表示 MT5のPCツールでRSIを表示

RSI計算式

RSIの計算式

RSIの計算式

【FX】RSIは買われすぎ売られすぎを判断する指標って誰が言ったの?

『RSI』は買われすぎ売られすぎを判断する指標って誰が言ったの?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

【勘違い】RSIは「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する指標ではない

RSI(Relative Strength Index)

RSI(Relative Strength Index)

一般的には、相場の「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する指標であると解説されることが多いですね。

正しくは、一定期間の価格変動に対する上昇値動きの割合(%)を算出したものであり、上昇圧力(勢い)が強いか弱いかを判定する指標です。

RSIとは?Relative Strength Index(=相対力指数)

そもそもRSIが何の略なのかを明確に知れば、RSIの誤った捉え方はなくなるはずです。

RSIは、 R elative S trength I ndex の頭文字をとったものです。

R elative(相対的)
S trength(強度・力)
I ndex(指数)

Relative Strength Indexを日本語に直訳すると、「相対強度指数」となります。一般的には「相対力指数」などと呼ばれたりしますね。

【2022年6月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

RSIの考案者は誰?

RSIを考案したのは、あのJohn Welles Wilder.Jr(J.RSIの定義 W.ワイルダー)です。ワイルダーといえば、RSIだけでなく、ADXやSAR、パラボリックなども考案したことで知られるアメリカの著名テクニカルアナリストです。

買われすぎ・売られすぎ…ではなく「上昇の勢いの強弱」をグラフ化した指標である

冒頭で、RSIは一定期間の価格変動に対する上昇値動きの割合(%)を算出したものと述べました。

全体の値動き幅に対する相対的( R elative)上昇力( S RSIの定義 trength)の割合を算出した指数( I RSIの定義 ndex)…ということですね。

  • RSIの値が高い(50%以上)=上昇圧力(勢い)が強い
  • RSIの値が低い(50%未満)=上昇圧力(勢い)が弱い

「買われすぎ」「売られすぎ」というよりは、上昇圧力(勢い)が強いか弱いかを判定する指標と考えたほうが、RSIの本質を正しく捉えていると言えます。

RSIが「買われすぎ」「売られすぎ」を判断する指標だと勝手に思いこんでしまうと、トレンド発生時にRSIのダマシが連発する理由を説明できなくなります。むしろ、

  • RSIが50%を超えてきたら上昇圧力が強まってきている
  • RSIが50%を割ってきたら上昇圧力が弱まってきている

RSIの計算方法(計算式)

RSIは、一定期間の価格変動に対する上昇値動きの割合(%)を算出したものであると解説しましたが、それはRSIの計算式をみればすぐに理解できるはず。

John Welles Wilder.Jr(J.W.ワイルダー)の原書『New Concepts in Technical Trading Systems』に記載されているRSIの計算式がこちら。

RSIの計算式(原書より)

※上の計算式はRSIを最初に考案したワイルダー(Wilder’s RSI)のものです。その他にワイルダーRSIをベースにしたカトラー氏考案のRSI計算式(Cutler’s RSI)などが存在します。

RSI(期間14)が70%ならば14日間における上昇値動きが占める割合が70%であると判断するのが正しい

RSIの計算式をご覧のとおり、一定期間内における”上昇値動きが占める割合”を0〜100%で数値化(グラフ化)したものがRSIです。

仮にRSI(期間14、日足)が70%ならば、14日間における上昇値動きが占める割合が70%であると捉えるのが正しい判断です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる